Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

階層別研修とは?階層別研修のメリット・デメリット各3つ

階層別研修をご存知でしょうか。知らないのであれば、この記事で階層別のメリットとデメリットから学んでみましょう。また、階層別研修の具体例と活用術もご紹介します。初めて階層別研修を行う方も是非最後まで読み、理解に役立ててみて下さい。

階層別研修とは?階層別研修のメリット・デメリット各3つ

階層別研修とは?

階層別研修とは、人材の能力や立場に合わせて教育を行うことを意味します。

次項から、階層別研修における定義とコンセプト、優秀な人材を育成することについてご説明します。階層別研修を理解するためにも、ぜひ読んでみて下さい。

階層別研修における定義とコンセプト

階層別研修における定義とコンセプトは、人材の状況に合わせて教育を行うことで人材が飛躍的に成長を遂げさせることです。

やはり、同じ組織内であっても年齢や立場や目的の違いがあるため、人材に対してふさわしいアプローチをした方が大きな成長が行われるためです。

優秀な人材を育成するためには

優秀な人材を育成するためには、個別に考えられた教育を行う方が望ましいとされています。

大人数を集めて研修を行うと、どうしても参加者の全員に合わせて平均的な研修をせざるを得ず、優秀で将来性のある人物だけに専門的で高度な教育を受けさせることができないからです。

階層別研修のメリット・デメリット

階層別研修のメリット・デメリットが3つずつあります。まずは、階層別研修のメリット・デメリットを把握して、階層別研修を取り入れるべきかを判断してみましょう。

また、階層別研修のメリット・デメリットを学んだら、自分独自の階層別研修を考えてアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。

階層別研修のメリット3つ

これから階層別研修のメリット3つについて詳しくお話していきます。

メリット3つとは、「階層別に合わせた能力や技術を身に付けるための環境の場を提供できること」「新たな視線で現場を見つめ直すことが出来ること」「視野を広げ本来の仕事に対する目的意識を再認識すること」です。

メリットを学んでおくことで、階層別研修を受ける受講者にも階層別研修の意義を教えてモチベーションアップを図れるでしょう。

1:階層別に合わせた能力や技術を身に付けるための環境の場を提供できる

階層別研修は、階層別に合わせた能力や技術を身に付けるための環境の場を提供しています。やはり、組織内でも年齢や能力や目的の違いがある場合が多いので、階層別の研修の場があると組織内の人材それぞれに合った教育を与えられることになります。

例えば、新卒社員に何十年も組織にいるような人材が受けるような研修をさせても、難易度が高過ぎて混乱させるだけになってしまいます。

2:新たな視線で現場を見つめ直すことが出来る

階層別研修を受ける人は、新たな視線で現場を見つめ直すことができるでしょう。なぜなら、自分で学習したり現場で試行錯誤したりしているだけでは思い付かない新しい視線を提供してもらえるからです。

そして、階層別研修は人材それぞれの状況に合った教育を提供するため、受講者が階層別研修で得た新しい視線を取り入れ易いでしょう。

3:視野を広げ本来の仕事に対する「目的意識」を再認識する

階層別研修を受けた人は、視野を広げ本来の仕事に対する「目的意識」を再認識するでしょう。

階層別研修は普段と異なる角度から教育を行います。結果として人材自身の視野が広がり、自分自身が何のために働いているか・誰のために働いているのかを考え直す機会となります。

モチベーションが足りなかったり仕事の目的を見失っていたりする社員がいたら、積極的に階層別研修受講の検討をしましょう。

階層別研修のデメリット3つ

これから階層別研修のデメリット3つについて詳しくお話していきます。デメリット3つとは、「各キャリアに合わせたプログラム構成で時間と費用が掛かること」「参加者が少ないこと」「その内容が実践や結果に繋がりにくいこと」です。

階層別研修のデメリットも把握した上で、人材に対して階層別研修をすべきかどうかを決定しましょう。また、階層別研修のデメリットよりもメリットの方が上回る場合は、階層別研修を実施しても損はないと言えます。

1:各キャリアに合わせたプログラム構成で時間と費用が掛かる

階層別研修のデメリットの1つ目として各キャリアに合わせたプログラム構成で時間と費用が掛かることが挙げられます。

やはり、人材それぞれのニーズや悩みを調べた上で研修を行うため、大人数に漠然と教育を施す場合よりもお金や時間がかかってしまいます。

階層別研修を行っていきたいなら、人材それぞれに「何を・どこまで」対応するかを明確にすると、階層別研修を導入しやすくなるでしょう。

2:参加者が少ない

階層別研修のデメリットの2つ目として参加者が少ないことが挙げられます。

階層別研修でどのようなメリットが得られるかを事前にお知らせしておくと、参加者が増加する可能性があります。階層別研修を勤務の一環として組み込み、給与を支払うことで参加者を増加させる方法もあります。

3:その内容が実践や結果に繋がりにくい

階層別研修のデメリットの3つ目として、内容が実践や結果に繋がりにくいことが挙げられます。

階層別研修を行うのが目的ではなく、どのような結果を出したいかをハッキリさせた上で実施しましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

階層別研修の具体例2つ

階層別研修の具体例には、OJT研修とOFF-JT研修の2つがあります。それぞれで異なる意味を有しているため、階層別研修をしたい場合は2つを使い分けると良いでしょう。

以下ではOJT研修とOFF-JT研修について解説していますので、階層別研修を成功させるためにも読んでおきましょう。

1:OJT研修

階層別研修のOJT研修とは、実務を通じて教育を行うことです。実務をさせながら人材教育が行われるため、研修の成果が実際の業務に反映され易いです。

ただ、階層別研修として高度な理論に基づいた実務を教える場合、高度な理論を事前に把握していなければ人材を混乱させるだけになってしまうケースもあります。階層別研修の難易度も考えて行いましょう。

2:OFF-JT研修

階層別研修のOFF-JT研修とは、社外教育を受けさせることです。社内では習得できない知識や考えを身に付けるために行われます。具体的には、大人数のセミナー形式で実施されることが多いです。

ただ、階層別研修のOFF-JT研修は、参加者が目的意識を持って社外教育を受けなければ、有益な話を聞いただけで終わってしまうケースもあります。

階層別研修の活用術3つ

階層別研修の活用術が3つあります。経営力実行力の強化・利益となる経営力の強化・各階層に必要なスキルの3つです。

この3つのどれかを目的にして階層別研修を行うことで、有益な階層別研修となるでしょう。

1:経営力実行力の強化

階層別研修の活用術には、経営力実行力の強化があります。経営者自身や管理職が階層別研修を受けることで、組織の経営力と実行力のアップを目指します。

経営者や管理職は組織内での影響力が大きいため、階層別研修が成功すれば組織全体にメリットがもたらされるでしょう。

2:利益となる経営力の強化

階層別研修の活用術には、利益となる経営力の強化があります。利益基準で階層別研修が行われるため、組織全体が収益を上げやすい集団になっていけるでしょう。

月間や年間の収益が黒字になっていなかったり、より多くの収益を必要としている場合、利益となる経営力の強化を目指した階層別研修をおすすめします。

3:各階層に必要なスキル

階層別研修の活用術には、各階層に必要なスキルを上げるなどがあります。各階層のスキルがアップするため、取引先やお客様のニーズに応え易くなるでしょう。

また、各階層のスキルが上がることで、組織全体が抱えていた問題を解消する答えが自然と生まれて来る可能性も高いと言えます。

人材育成は色々な視点から見ることが大事

人材育成の階層別研修には、メリットとデメリットがあることをご説明してきました。メリットとデメリットの両方を把握した上で、階層別研修を実施すると良いでしょう。

そして、階層別研修の具体例や活用術も解説してきています。実際に階層別研修を行う際に、活用してみてください。

Related