Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

プランド・ハップンスタンスとは?キャリア形成に活かすために必要なスキル5つ

プランド・ハップンスタンスという言葉をご存知でしょうか。偶然によるキャリア形成について説く理論のことです。そこで今回は、プランド・ハップンスタンスとはなにかを、プランド・ハップンスタンスをキャリア形成に活かすために必要なスキル5つとともにご紹介していきます。

プランド・ハップンスタンスとは?キャリア形成に活かすために必要なスキル5つ
バナー

プランド・ハップンスタンスとは?

プランド・ハップンスタンスとは、偶然を必然に変えるキャリア履歴のことです。

ポジティブ・シンキングによる偶然が、スキルに関わらずキャリアを発展してくれるという理論です。近年、プランド・ハップンスタンスに基づく教育が企業で行われています。

1999年にスタンフォード大学の教育学・心理学教授であるクランボルツ教授が提唱したプランド・ハップンスタンスは、予期せぬ偶然によるキャリアアップという意味です。

プランド・ハップンスタンスの理論的骨子

プランド・ハップンスタンスの理論的骨子は、3つあります。その1つが、キャリアの8割は偶然の予期しない出来事によって作られるという内容です。そしてその予期しない偶然の出来事を本人が努力と自身の資質によって最大限に活用することで、キャリアへと発展させていくことができるという考えがもう1つの骨子です。

そして最後に、偶然の予期しない出来事を引き寄せるのは自身の創造性や積極性だという理論です。

プランド・ハップンスタンスの歴史的背景

プランド・ハップンスタンスの歴史的背景についてご紹介していきます。

プランド・ハップンスタンスの考えが注目を浴びた背景には、当時のアメリカの職業環境が大きな影響を及ぼしています。自分自身で職歴を積み上げることが正当な生き方としたキャリア理論が、クランボルツ教授が行った、一般社会人を対象に行ったアンケートで覆されたからです。

18歳の時に希望していた職業に就業できた人は、わずか2パーセントでした。

プランド・ハップンスタンスが提示するキャリア形成に活かすために必要なスキル5つ

プランド・ハップンスタンスが提示するキャリア形成に必要なスキル5つをご紹介していきます。

プランド・ハップンスタンスは、ただ偶然を待ってキャリアアップをすればいいという理論ではありません。ふさわしい資質がその人にあって初めて、プランド・ハップンスタンスが起こります。

プランド・ハップンスタンスのために、自分自身を磨いて常にアンテナを張り巡らせておきましょう。そのための5つの資質を見ていきましょう。

1:好奇心

プランド・ハップンスタンスが提示するキャリア形成に活かすために必要なスキルに好奇心があります。

好奇心とは仕事に関することだけに集中しないで、他の分野やまったく新しいことも学習していかなくてはプランド・ハップンスタンスを引き寄せることができないという意味です。

2:持続性

プランド・ハップンスタンスが提示するキャリア形成に活かすために必要なスキルに持続性があります。

仕事は一度こうと決めたら、あきらめないことです。飽きずに同じ行為を持続させることができない人は、プランド・ハップンスタンスを引き寄せることができないという意味です。

何事もこつこつと粘り強く続けられる人が、結果的にキャリアアップができます。

3:柔軟性

プランド・ハップンスタンスが提示するキャリア形成に活かすために必要なスキルに柔軟性があります。

どのような環境でも、状況になっても、柔軟に対応できるスキルがプランド・ハップンスタンスには必要です。そのために、不測の事態をいつも想定して物事を行っていきましょう。

頭の中で考えているとおりに人生もキャリアも進まないと思って進んでいけば、トラブルに遭遇しても、慌てず騒がず冷静に対処できるはずです。

4:楽観性

プランド・ハップンスタンスが提示するキャリア形成に活かすために、必要なスキルに楽観性があります。

楽観的に物事を考えられないと発展はしていきません。なぜなら、新しい出会いや分野への躍進には常に恐怖が付きまとうからです。それに対応するには、楽観的に物事に対処できる気軽さです。

仕事上で余裕が無ければ、プランド・ハップンスタンスを引き起こすことはできません。そのためには楽観性がたいへん必要です。

5:冒険心

プランド・ハップンスタンスが提示するキャリア形成に活かすために必要なスキルに冒険心があります。

プランド・ハップンスタンスにもリスクが伴います。リスクがある新しい世界へ踏み出すには冒険心がなければできません。プランド・ハップンスタンスを起こしてキャリアアップするには、未知の世界を開拓する冒険心が必須となっています。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

キャリア・アンカー理論の限界とプランド・ハップンスタンスの可能性

キャリア・アンカー理論の限界とプランド・ハップンスタンスの可能性が現代社会で叫ばれています。

高度成長の時代が終わり、人工知能AIなどの台頭で職業に変化が訪れています。それによりキャリア・アンカー理論が限界を迎え、プランド・ハップンスタンスの可能性が示唆されるようになりました。

では、キャリア・アンカー理論とはなんなのかを、いまいちど考えてみることにしましょう。

キャリア・アンカー理論とは?

キャリア・アンカー理論とは1978年に米国のエドガー・H・シャイン博士が提唱した理論で、キャリアは自らの意思決定が左右するという考え方です。

アンカーとは船のいかりのことで、どうしても譲ることができない自分の価値観や欲求を表しています。それらの内訳は8つあり、社会貢献・自分のペース・創造性・安定・専門分野・責任・チャレンジ・ワークライフバランスなどです。これらを核としてキャリアを形成していきます。

キャリア・アンカー理論の限界

現在、キャリア・アンカー理論の限界が始まっています。

現代は仕事に多様性が求められる時代です。キャリア・アンカー理論に沿って生きてきた人たちが、行き詰まりを感じ始めています。

人工知能AIなどにより職業を奪われる人たちが出始めています。いつまでもキャリアや仕事への価値観や欲求というこだわりにすがりついている人間たちが淘汰されていくなかで、プランド・ハップンスタンスの可能性が叫ばれています。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

偶然を味方につける3つのスタンス

プランド・ハップンスタンスで偶然を味方につける3つのスタンスについてご紹介していきます。

プランド・ハップンスタンスの心構えについて詳しく見ていきましょう。新しく就職する方たちは特に、プランド・ハップンスタンスの考え方を参考にして仕事に対する姿勢を変えていけば、これからの時代に沿った働き方ができるはずです。

1:方向性だけ定めて将来の職業(仕事・職種)は決めない

プランド・ハップンスタンスを引き寄せるために、方向性だけ定めて将来の職業(仕事・職種)は決めないことがポイントです。

現在、人工知能AIなどで職業そのものが変革されています。この状況で自分の職種を断定して将来まで見越して働き続けることは危険です。

プランド・ハップンスタンス理論を信じて、このような方向性の仕事をしたいという分野だけを特定して、仕事を決定していくことをおすすめします。

2:常に開かれた心(オープンマインド)を持ち続ける

プランド・ハップンスタンス理論に基づき、常に開かれた心(オープンマインド)を持ち続けることが大切です。

人工知能AIや技術革新で、これから先の時代は予測がつかない状況です。目の前にある仕事や勉強を持続した上で、オープンマインドな気持ちを常に持ち続けることが重要です。

チャンスはいつ、どのような形でやってくるのかは誰にもわかりません。柔軟な心と明るく前向きな意識がプランド・ハップンスタンスには大切です。

3:「出来事」や「出会い」を大切にする

プランド・ハップンスタンスのために「出来事」や「出会い」を大切にしてください。

プランド・ハップンスタンスは偶然のキャリアアップです。キャリアの形成には必ず人間同士の交流が必要です。「出来事」や「出会い」を大切にすることがプランド・ハップンスタンスの基本だといっても過言ではありません。

普段から人間関係には特に気を配ってください。人と人との繋がりが、プランド・ハップンスタンスを創造してくれるからです。
バナー

ポジティブなキャリア形成につなげるための積極的な行動理論

プランド・ハップンスタンスとは、偶然をポジティブなキャリア形成につなげるための積極的な行動理論です。

プランド・ハップンスタンス理論が打ち出された1999年当時のアメリカと現代日本は酷似されているといわれています。現在、日本では働き方改革や人工知能AIなどの技術の台頭で、職業が混沌としてきている時代です。

プランド・ハップンスタンスの考え方を参考にして、上手に現代社会を乗り切っていきましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related