Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月28日

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント

この記事は、SMARTの法則を使って効率的な目標設定を行いたいという方を対象にしたもので、目標設定の重要性からSMARTの法則を5つの項目に分けて説明しています。また、効果を最大限にするポイントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント

成長には目標設定が欠かせない!

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
個人や会社が成長するには目標設定をすることは必須となります。目標が設定されていないと行動に移すことができません。さらに、行動したとしてもその行動に対する評価をすることもできません。

近年では、よく「PDCAサイクル」という言葉が言われていますが、PDCAを行う前提として、目標を設定することはとても大切なこととなります。

なぜ目標設定が大事なのか

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
目標を設定することでどのようなことが期待できるようになるのでしょうか。これを知らないと目標を設定することは難しくなります。目標設定が大事な理由は、目標がないと適切な行動に移すことができないからということが言えます。

適切な行動ができていないと、効率的に仕事をすることができなくなり、企業にとっても迷惑となります。そのため、企業全体で、目標を設定し、共有することも大切となります。

目標を設定するSMARTの法則

SMARTとは、目標を達成させるための5つの成功因子で、「Specific」「Measurable」「Achievable」「Relevant」「Time-bound」の頭文字をとってつけられた名前であります。

SMARTは経営コンサルタントが目しょうを設定する際に使用されるということが多いです。また、一般のビジネスパーソンでも十分に活用することができるフレームワークです。

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
これからは、SMARTの法則を5つの項目ごとに説明していきます。SMARTの法則を5つの項目とは、「Specific」「Measurable」「Achievable」「Relevant」「Time-bound」のことを指します。

SMARTの法則を活用して効率的な目標設定をしたいという方は、それぞれの項目の意味などをしっかり理解して、ビジネスやプライベートでも活かせるようにしましょう。

1:Specific(具体性)

Specificとは、日本語で具体性という意味を持っています。

目標設定をする際は具体的なことを考えながら行わなければなりません。漠然とした目標を設定しても効果は小さく、明確で具体性のある目標を設定することで、これまで以上に仕事またはスポーツでもパフォーマンスを向上させることができるようになります。

2:Measurable(計量性)

Measurableとは、日本語で計量性という意味を持っています。目標設定をする際は売上金額や収益額、顧客満足度などといったことを計量的に行う必要があります。

目標を達成させるためには、どれくらいの売り上げが必要か、現状はどうなのか、目標と現状のギャップを埋めるためにはどのようなことをしなければいけないのかということを考えることによって、PDCAもうまく回せるようになります。

3:Achievable(達成可能性)

Achievableとは、日本語で達成可能性という意味を持っています。目標を設定するときに、あまりにも現実とはかけ離れた目標を設定すると、成功することは難しくなります。

達成することが不可能な目標を設定して、のちに目標を達成することは不可能であると知ったら、モチベーションが下がり、行動すらしなくなってしまいます。モチベーションを上げるためにもあまりにも高い目標を設定することは避ける必要があります。

4:Relevant(関連性)

Relevantとは、日本語で関連性という意味を持っています。目標を設定するときは、設定した目標を達成したときに、達成したことが何につながっているのかということを意識することで、モチベーションを上げることができる、または維持することができるようになります。

例えば、営業での目標を達成することで得られるインセンティブで自分が欲しかったものを買うことができるということなどがあります。

5:Time-bound(期限)

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
Time-boundとは、日本語で期限という意味を持っています。目標を設定する際には、目標を達成させる期限を決めなければダラダラと行動してしまい、具体性のある行動をすることができません。

期限を決めていない目標に向けて行動しようとしたとき、いつか頑張ろうという気持ちになってしまい、言い訳をして目標達成のための行動をしないという可能性も十分にあります。

SMARTの法則が効く理由

SMARTの法則はご紹介した5つの項目をバランスよく取り入れるながら目標を設定することで、立てた目標が具体性を持ち始め、実際の行動に移すことができたり、モチベーションを上げたり、維持することができるようになります。

このような理由から、SMARTに目標を設定することで、立てた目標は達成する可能性が上がります。

SMARTの法則の応用形

SMARTの法則には、「Specific」「Measurable」「Achievable「Relevant」「Time-bound」5つの項目以外にも、いくつかの応用形があります。

これからは、そのSMARTの法則の応用形を説明していきます。より高度な目標設定をしたいという企業や個人はぜひ参考にしてください。

Achievableの応用

SMARTのAchievableとは、達成可能性という意味を持ちますが、これに変わって、異なることが説明される場合もあります。

Attainable:目標に到達することができるか、Agreed upon:同意は取れているのか、Action-oriented:行動を促すことができるのかの3つが説明される場合もあります。

Relevantの応用

SMARTのRelevantとは、関連性という意味を持ちますが、Achievableと同じように他のパターンで説明されるという場合があります。

Realistc:現実的な目標であるのか、Reasonable:その目標は合理的なものであるのか、Rewarding:その目標設定はやりがいのあるものになっているのかという3つが説明される場合もあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

SMARTの法則の効果を最大化させるためのポイント

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
SMARTの法則を活用することで、目標設定をする際に目標を達成させる確立が大幅に上がります。

これからは、SMARTの法則の効果を最大化させるためのポイントを5つご紹介していきます。これらのポイントをしっかり把握することで目標設定の効果を最大限に発揮することが期待できます。

SMARTの法則を活用し、目標設定を効率的に行いたいという方はぜひ参考にしてください。

成果目標だけではなく行動目標にも意識を向ける

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
目標のすべては、理想の未来像を指す成果目標と効果的な行動を指す行動目標の2つがあります。

行動目標は成果目標を達成させるために大きな影響を与えるため、とても重要な要素となります。そのため、行動目標を成果目標の達成に向けたものにすることで、SMARTの法則が発揮する効果を最大限に活かして目標達成を目指すことが可能になります。

PDCAサイクルを回す

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
PDCAサイクルを回すことで、計画の質と成功する確率を高めることが可能になります。SMARTの法則に加えて、PDCAサイクルを用いることで目標設定の質や精度をより高めることができるようになります。

SMARTの法則とPDCAサイクルを用いる際は、周りの環境の変化や共通認識を保つことができているかなどをこまめにチェックや改善する必要があります。

SMARTの法則の派生パターンからヒントを得る

本記事でもご紹介しましたが、SMARTの法則には派生パターンがあります。SMARTの法則を最大限に活かすためには、派生パターンからヒントを得る必要があります。

ヒントを得るためには、一つ一つがどのような目的を持って生み出されたのかということをしっかり理解し、企業や個人の目標を設定する際に適しているのかどうかということを判断することが大切となります。

独自の目標設定SMARTシートを作成・活用する

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
企業や個人が独自の目標設定SMARTシートを作成し活用することで、自社や自分の周辺の環境に合ったSMARTの法則の派生パターンに含まれる成功因子を選んで、目標設定をすることができるようになります。

また、ここで成果目標と行動目標を意識することで、目標の関連性を明確にすることができ、評価や改善策といった項目を設けることでPDCAサイクルをうまく回せるようになることが可能になります。

SMARTの法則の特性を正しく理解し活用方法を見出す

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
SMARTの法則の特性を正しく理解していないと、変化が激しい現代社会や具体化が難しい課題に対応することができなくなってしまいます。そこで、独自の目標設定SMARTシートを活用することで、短期間でPDCAサイクルを回すことが可能になり、課題を解決することが簡単になります。

SMARTの法則を正しく理解することで、より大きな効果を得られることができるようになります。

SMARTの法則で効果的な目標設定をしましょう

SMARTの法則を5つの項目ごとに徹底解説|効果のポイント
目標を達成させるためには、前提として達成させることが可能であるという適切な目標を設定することが大切であります。本記事でご紹介したSMARTの法則は、目標を設定する際にとても有効的なフレームワークとなっています。

それぞれの企業や個人の目的に応じて適切なSMARTの法則のフレームワークを行い、使い分けをすることで、効率的で効果的な目標を設定することが期待できます。

Related