Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

ティーチングの効果を最大限に高めるコツ3つ|コーチングとの違い

スポーツや教育の分野で登場したのがティーチングです。このティーチングそのものは昔から存在し、今ではビジネスの世界でも効果に期待が寄せられています。ティーチングを最大限に高めるコツについての3つを中心に、コーチングとの違いも含めた特集です。

ティーチングの効果を最大限に高めるコツ3つ|コーチングとの違い

ティーチング

現代では教育の現場や企業などのある一定の層に向けて、主体性を引き出す育成手法として導入されているのがコーチングの概念です。しかしあまりコーチングに頼ろうとし過ぎると、実はもっと肝心な部分が欠落し始めてしまいます。

そこで再び注目されているのが、元来からあるティーチング手法です。今回はティーチングをメインにしながら、コーチングとの意味合いを比較しながらの特集です。

ティーチングとコーチングの意味の違い

一見同じように扱われそうでいながら、ティーチングとコーチングとの意味の違いは歴然としています。簡単に言ってしまえば、コーチングは受け手と送り手が双方向でのやり取りをしながら成長させていく手法です。

教師やメンターなどが、ある概念や理論を教諭して、多数の人々に伝える意味があります。なのでティーチングは一方通行で、教える側のほうに主導権があります。ではその辺の、さらに詳しい間柄について、コーチングとティーチングの主な特徴をご紹介していきます。

テーチングとコーチングのポイント

ティーチングとコーチングでは、その意味や概念が似ているようでいて違いが明白です。では具体的にこの二つの意味の違いとは何でしょうか。ここでは、ティーチングとコーチングのさまざまなポイントを押さえていきながら、その意味合いの違いを確認していきましょう。

ティーチングの効果を最大限に高めるコツ3つ

近年では、学校教育やスポーツの世界だけではなく、ビジネスコミュニケーションの重要スキルとして、ティーチングの概念も注目されています。組織の成長と成果をあげるには、スタッフの能力をアップデートする工夫が必要です。そのためにもティーチングが欠かせなくなりました。

では、ティーチングで成果を上げるための、主なポイントをご紹介します。

ティーチングの効果を高めるコツ1:WHY(なぜやるか)

ティーチングを行う以前に、それを行う目的が何かを明確にしておかなければなりません。それをやる意味を初めに分かっているかどうかがポイントです。

例えば、英会話をマスターしたいと思う方はたくさんいます。しかし、なぜ今の自分に英会話が必要なのかにまで、厳密に行き着いている人は限られています。多くの場合が何となくで終わっています。

重要なのは、それをやる理由、なぜなのかを決めておくことにあります。

ティーチングの効果を高めるコツ2:WHAT(何をやるか)

ティーチングの効果を高めるためには、具体的な何かが必要です。達成する目的を決めたのであれば、そこに到達するために、今から自分がやるべきことを決めて行くという意味です。

何をやるかの詳細を決定させることが、実は一番難しいとされています。もしかすると、始めてみたものの、全く方向性がずれてしまうことも想定されます。何度も修正や改善をしながら精度を高めていきます。

ティーチングの効果を高めるコツ3:HOW(どうやるのか)

ティーチングの効果を高めるために、さらに必要なことは、どのように実行するのかという流れを組むことです。

ある目標を達成させるには、それ相応に時間を要します。その過程の中で何をどうこなしていくのかのプランを決めて行くことです。少しずつでもそのプランに則りながら進化していくことで、やる気や実力がついていくからです。

コーチングをする際の重要なポイント3つ

一方、コーチングとは、コーチとクライアントが双方向にやり取りをしながら、一つの目標に向かいます。その際の上下関係はなくコーチは答えを持っていません。いつも最終的な答えは、受け手が自分で見つけることになり、コーチはその手助けをするだけです。

では、コーチをする際のポイントを3つご紹介します。

コーチングをする際のポイント1:傾聴

コーチングをするにあたって、まず最も大切な心得が傾聴です。傾聴とは、相手の話を聞くことですが、単に聞くというのではなく積極的に興味を持ちながら、相手へ注意深く耳を傾けることを意味する行動です。

傾聴は意外と難しく、相手の話す言葉の裏にある表情を読み取ること、本音の部分を探り出すために注意深くなることが大切です。

コーチングをする際のポイント2:質問

コーチングとは、クライアントと対話形式で行われるパターンです。それはただの日常会話のようでいて違っています。コミュニケーション全体を意識的に段階を追っているからです。

客観的な見解をしながら目的を果たすための指針を促すコミュニケーションをします。そのスキルとして使われるのが質問です。コーチはクライアントに、あらゆる角度から質問を投げかけ、それをクライアントが自分で考えて答えを見つけるのが筋道です。

コーチングをする際のポイント3:承認

コーチングをする際の最後の砦となる方法こそ「承認」です。この意味は読んで字のごとくで、相手を素直に認めることです。人は誰かに自分を認めてもらうことで安心感を持ち楽になります。そのため何かの行動をした際はその結果がどうあれ認めるということが大切です。

目標達成や問題解決が完了したことでの安堵感と賞賛されて自信を持つことで、次への意欲が生まれます。

それぞれの短所と使い分け

ティーチングは、既存の学校教育での教師と生徒の間柄でも馴染があるように、教える側が一方的に受け手へ伝授するという手法です。そしてコーチングは、双方向の対話形式で、相手に気づかせるという方式で、近年最も注目されているコミュニケーションです。

ただしこれらもメリットだけではなくデメリットも存在します。ここではティーチングとコーチングが意味するデメリットについてご紹介します。

ティーチング

ティーチングのデメリットは、教える側が一方的に受け手へ向けることによる格差が生じることにあります。特に学校教育の事例でも顕著なように、すべてを画一化してしまうことで、ある分野に能力のある人がいても、結局その才能を見出せずに終わってしまうことがあります。

ティーチングは、コーチングに比べて双方の距離があります。よほど細部にわたってまでトリートメントができないと効果が半減してしまいます。

コーチング

コーチングは最近注目されているためメリットばかりが紹介されていますが、それなりなデメリットもあります。まだ導入されて日が浅く、コーチングの本来の良さを発揮できない人も多いという点です。

自分で答えを探すことに日本人は慣れていません。それが正しい答えなのかも不安になり、かえって混乱してしまうことも生じます。ティーチングによる教育や意味に慣れ過ぎている日本人は、自分の意見が持てないことがデメリットです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

部下が気づかないうちにコーチングをする方法3つ

コーチングをマスターすることは、とても意味があり役に立ちます。そのノウハウを知っているか否かによっては、部下とのコミュニケーションに差が出てきます。

もちろんプロとしてコーチングを行うのであれば、経験値と知識を磨く必要がありますが、普段から部下に気づかれないところでコーチングを行う方法は可能です。

方法1:相手の力を信じること

部下へコーチングをしてみようと奮起すると、かえってその下心が見えてしまいかねません。そんな時は「コーチングマインド」を持つ程度で接してみましょう。コーチングマインドは、相手の可能性を信じることから始まります。

先入観を何も持たないで部下と接すること、正解や正しさを求めるのではなく、部下が最適な状態、かつ向上できる状態を見つける意味で、あなたが囚われないということです。

方法2:相手と自分は価値観が違う

誰しも考え方や思想があります。自分のこうあるべきというポリシーや哲学を持っています。コーチングを行う時には、相手の気持ちに寄り添うことになります。それは、相手が思い描いている価値観に気づくことでもあります。

例え価値観が自分の考え方とずれていても、その人の価値観や立場を尊重する姿勢を見せることです。今のあなたの職場で、部下たちはどのような価値観で毎日仕事と向き合ってるのかを認識しておきましょう。

方法3:信頼を積み重ねる

コーチングはコミュニケーションスキルの一貫です。ある意味テクニックでもありますが、それだけでは成立しません。偉い先生やメンターから高額なスキルを学んでさえすればできるというのは大間違いです。

コーチングは人と人との間にある何かです。理屈じゃない信頼があります。どんなに有能な上司でも信頼がなく嫌いな人物からは、コーチングなど受けたくないはずです。なので安全で公平な関係性を築くことです。

信頼を積み重ねるために必要なこと2つ

先に述べているように、コーチングでは信頼関係を築いていくことは大前提です。またティーチングでも然りです。信頼は目に見えないし数字に表せないことなので、理屈で達成できません。ではどうしたら信頼が築けるのかをここではご紹介します。

信頼関係とコーチングやティーチングの意味を、しっかり照合して認識しておきましょう。

信頼を積み重ねるために必要なこと1:相手の言った言葉の意味を受け止める

コーチングでは本来「認める」スキルを養うことから始めます。コーチングでの認めるというのは、ただそのまま存在や行動を認めることを意味します。事実として受け止める意味です。評価は一切行ないません。

仮に、あなたのパートナーが髪をカットした場合、髪をカットしたねと言葉を交わすことが認めるという意味です。その事実をそのまま受け止めているだけなので、似合うかどうかには言及しません。

信頼を積み重ねるために必要なこと2:話を聞く(傾聴)

傾聴こそコミュニケーションの最大のポイントです。これは相手の話を聞き入れる能力です。人の話を聞くというのは案外とパワーが要ります。なぜなら、自分の意見も主張したくなるのが人間だからです。

聞いていたつもりが、蓋をあけてみたら自分が勝手に意見や説教をしていることもあり得ます。ティーチングならば一方的に話しても成立するのですが、コーチングで信頼関係を築きたいのなら、とにかく相手の悩みや考えを最後まで聞き込むことは重要です。

ティーチングの意味について理解を深めよう!

ティーチングの内容や意味をテーマにしながらお送りしました。多くの人々に意思や概念を伝えるための手法として、古代から続いているのがティーチングです。知らないことを教えてもらう意味で、ティーチングは欠かせません。

しかしそれだけでは人間関係は築けない時代です。悩みや問題を聞いてくれる対象が必要です。コーチングの要素とも併用しながら、ティーチングのスキルを発揮できるように心がけていきましょう。

Related