Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月31日

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順

新人教育をする企業では、目的に合わせて教育スタイルを考えることが多いでしょう。では、新人教育のスタイルや新人教育はどのような目的でおこなうのか、気になる目的を10個をご紹介します。さらに、新人教育成計画の手順もお伝えしますので、ぜひ、参考にしてみてください。

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順

新人教育とは

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
新人教育は、社員に対して研修を行うことを目的としています。現在、会社で働く社員のモチベーションを上げるために研修を行い、いい仕事をし、企業の業績を伸ばす社員にするために行います。

また、新人社員に対し、研修施設や会議室で、数週間から数ヶ月の研修を受けさせることもあります。では、新人教育のスタイルや集合教育、OJT教育、e-ラーニングから新人教育とは何を目的としているかご紹介しましょう。

新人教育のスタイル

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
新人教育のスタイルには、集合教育、OJT教育、e-ラーニングがあります。教育マニュアルを用いての新人教育では、戦略、経営学、マナーなど幅広く教えます。

新入社員の質の向上をはかるため、より高い新入教育計画を立てて、効果が早く出る、精度の高い新人教育を実施します。社員の目的から新入教育のスタイルを選び、研修を取り入れる企業は多いでしょう。

集合教育

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
集合教育の目的は、多くの新人社員を一箇所に集めて新人教育を行うことです。業務から離れた場所で実施されることが多い集合教育は、ワークショップ・セミナーなどの手法が人気です。

ほとんどの集合教育は、勤務時間内に専門的な知識や技術を持つ講師を招いて行うことが多いでしょう。

どの現場、部署に配属されても、素早く、正確に対応できるよう、共通の教育プログラムで教育を行うことが多いのが集合教育です。

OJT教育

OJT教育とは、職場の上司が部下に対して仕事を与えることで、仕事に必要な知識や技術、技能を訓練させることを目的としています。

OJT教育は計画的、持続的に指導し、社員の技術力や知識を高めるでしょう。仕事に前向きになることで社員の意欲も高まりますので、より学習する力も養えて、前向きに仕事に取り掛かれるようになります。

e-ラーニング

e-ラーニングは、インターネットを利用して、社員へ社員教育を行うのが目的の新人教育です。企業研修にも最適なこのe-ラーニングは、社員一人一人にパソコンやモバイルを与えることでより詳しく教材を見せ、学ぶことができるでしょう。

場所や時間を気にせず、学習させるe-ラーニングは売れる営業についての極意を学ばせたり、経営管理、ビジネスマナーなどを学ばせる企業も多くあります。

新人教育をおこなう10つの目的

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
どうしてお金をかけて、時間をかけて新人教育をおこなうのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここからは、どのような目的で新人教育をおこなうのか、気になる目的10個についてご紹介します。

新人教育の目的1:マインドチェンジ

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
新人教育の目的はマインドチェンジをすることです。企業に採用され、これから社員として働き、貢献できるように、新人教育をするでしょう。

マインドチェンジをするためには、会社で前向きに働くとの気持ちにさせることが大切です。そのため、新入教育を行い、社員一人一人の気持ちを変えることが必要になります。

新入教育をすれば集団で団結力を養い、グループの一員として支え、仕事をして、成果を上げるようにするのが目的です。

新人教育の目的2:コミュニケーション力養成

コミュニケーション力養成をするのが新入教育の目的となります。社員同士が顔を合わせれば親近感がわき、話しやすい環境を作れば、職場でもわからないことがあれば気軽に聞き、仕事を進めることができるでしょう。

また、協力し合える環境は新入社員にとって心強く感じ、不安なく仕事を進めることができるようになります。

コミュニケーション力養成なら惹きつける楽しい会話能力や話をしっかり聞ける能力を養うことが多いでしょう。

新人教育の目的3:ビジネスマナー習得

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
ビジネスマナー習得をすることが新人教育の目的です。来客の接待の仕方から挨拶の仕方まで幅広くマナーを学ぶことが多いでしょう。

また、ビジネスマナーでは電話の丁寧な応対の仕方に上司への報告の仕方、お茶の出し方に名刺の交換の仕方まで教えます。

相手に対して失礼のない会話の仕方や上手くいく職場の人間関係の常識、ビジネスマナーを教えることで、業務をより円滑に進められるようにするでしょう。

新人教育の目的4:積極性・チャレンジ精神養成

チャレンジ精神養成をすることが新人教育の目的となります。仕事を積極的に進めるには、自分から難しい仕事も進んでやれる社員になることが必要です。

それにはチャレンジしてみて、駄目ならどうして失敗したかを見直し、次回からどのように気をつけて仕事をすればいいか失敗点を考えられるようにするでしょう。

失敗点を考えられるようになれば失敗も恐れず、積極的にチャレンジできる社員になることができます。

新人教育の目的5:自律性養成

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
自律性養成を新入社員の新人教育の目的とする企業は多いでしょう。上司から言われた仕事を指示どおりにやっていても自分のスキルは高められませんし、新しい発想を生み出す能力も高めることはできないでしょう。

ですから、自律性を養成して考える力を高め、自分を管理し、質のいい仕事を立派に進めることができる社員になるよう、新人教育では自立性養成を進んでおこないます。

新人教育の目的6:チームワーク養成

チームワーク養成をするのが目的の新人教育は、チームとしての共同作業、動作をスムーズに進めるために行います。

一人一人違う考え・行動をしないようチームの連帯感を強くすれば新入社員が協力し合って仕事をやるようになるでしょう。

チームで輪になり、色々な意見を言い合い、考えを出し合っては一つのプロジェクトを完成させることができるように、チームワークを高めることが目的です。

新人教育の目的7:会社への帰属意識醸成

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
新人教育の目的は、会社への帰属意識醸成になります。会社に所属して働く自覚と意識を強め、企業のためにいい成果を出すため仕事を頑張り、業績を伸ばすために仕事をする社員になるよう意識を高めるでしょう。

組織の基盤が磐石なものとなる会社への帰属意識が高いほど、仕事での高い成果を生み出すことができます。社員一人一人の仕事の質とモチベーションを上げ、組織としての一体化を高めることが新人教育の目的です。

新人教育の目的8:業務知識・スキルの習得

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
業務知識・スキルの習得をすることが目的なのが新人教育となります。ビジネス基礎スキルの習得、ITパスポートなどの資格取得などを学ばせることが目的です。

先に新人教育をすることで教育担当者が質のいい業務知識を教え、使えるスキルを高めるための教育をすれば、より効率的で質のいい教育が可能となるでしょう。

社会人としての心構えの醸成、システム構築開発基礎知識、技術知識などを教えるのも新人教育での目的となります。

新人教育の目的9:コンプライアンス意識の醸成

コンプライアンス意識の醸成をはかることが目的の新人教育では、企業で働き、給料を貰う立場の社員としての意識を持たせることが大切です。

企業の一員として意識を強めることで会社のプライバシーを守り、横領、データ改ざんなどの不正を防ぐことができます。

社員が企業の評価を低くする行動をしなくなれば、世間から高い評価をされる信頼ある企業、社員教育がなされている優秀な企業としてみなされるでしょう。

新人教育の目的10:目標達成意識養成

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
目標達成意識養成をすることが新人教育では目的となります。レベルの高い仕事をここまでやると目標を立ててやり遂げれば、新人社員は達成感に包まれ、仕事への意欲が高まるでしょう。

自分でしっかり計画を立てて、目標に対する意識を強く持てるようになった社員は、能力と仕事への意欲を高めることができます。

新人教育では目標の立て方を教え、目標達成した時の喜びを疑似体験をさせて目標達成意欲を高めることが目的です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

新人社員育成計画の手順

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
新人社員育成計画では、育成計画の立案をし、カリキュラムの設計、計画書の政策、テキストの作成をします。では、手順の詳細について、新人社員育成計画の手順を順番ごと追ってご紹介します。

育成計画の立案

新人教育の新入社員育成計画の手順では、育成計画の立案をすることが大切です。新入社員の質を上げるために、どのような育成計画を立てればいいかを考えましょう。

育成計画の立案では、将来実現したいことを考えたり、目標設計と現状把握をすることも大切なことです。

状況を客観的に把握することと、主体的に行動を起こす人材を育てることを考えることもポイントとなります。

カリキュラムの設計

カリキュラムの設計をすることが新人社員育成計画の手順となります。カリキュラムの設計では経営者の人材育成方針をし、ヒアリングをして新入社員に身に付けさせる知識とスキルをチェックすることが必要です。

研修で学びたいことや学べずに困ったことを新入社員に聞き、社員に最適な新人教育のカリキュラムの設計をします。

ビジネスマナーや電話応対、ビジネスライティングのカリキュラムを取り入れ、高めることがポイントです。

計画書の作成

新人社員育成計画で大切な計画書の作成の手順は、社員にスキルを身につけさせ、計画に対して現状を把握します。

現在の会社の状態がどうなっているかを考えてから計画書に記入し、すぐに覚えておくといいスキルなど、人事育成の理想スキルを計画します。

部下の伸ばしたい理想スキルをまとめ、全員で集まってから討論会を行い、人材育成のための計画を立て、その計画書を経営がチェックてはいらない部分は削除し、計画書が完成です。

テキストの作成

テキストを作成するのが新人社員育成計画が最終手順となります。全体的像と考え方の軸を掲示、明確化にしてから到達も目標を示し、求められるスキルを明確化にすることが大切です。

実務の確認点をチェックリストで示し、一見わかりにくい事柄には注釈を記載します。クレーム・トラブルの事例を研修テキストに記入し、最後に要約を意識して記入して完成するでしょう。

新人教育を通して人材育成を図りましょう

新人教育とは|新人教育をおこなう10つの目的|新人社員育成計画の手順
新人教育をとおして人材育成を図りましょう。集合教育やOJT教育、e-ラーニングから人材育成をしやすい教育方法を選んでみることがよりいい教育ができるポイントになります。

マインドチェンジしたり、積極性・チャレンジ精神、自立性や会社への帰属意識醸成、目標達成意識養成などの新人教育をするといい影響を新人教育できるでしょう。社員がいい方向に変わることで、会社に仕事の生産性を上げることもできるようになります。

Related