Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

成長企業に見られる組織と人の特性|社員が成長する組織作り7つのポイント

企業と社員が成長していく方法をご存知でしょうか。分からないのであれば、今回の記事で学んでみましょう。社員が成長する組織作り7つのポイントを理解し、実際に自分の組織に取り入れましょう。社員が成長する組織作りに役立つ本もぜひご参照ください。

成長企業に見られる組織と人の特性|社員が成長する組織作り7つのポイント

成長企業に見られる組織と人の特性

成長企業に見られる組織と人の特性を2つ紹介します。それは、成長企業に必要な2つの要素があること、組織風土の基本原則がみられること、人材の基本原則がみられること、良い習慣を続けることで組織も人も変わること、の4つです。

まずはこの4つを組織に取り入れることで、企業を成長させていきましょう。以下でそれぞれについて説明していきます。

成長企業に必要な2つの要素

成長企業に必要な2つの要素は、組織風土と人材です。企業を成長させたいなら、組織風土を整えて人材を集めると良いでしょう。

以下では、組織風土と人材の基本原則をご紹介しますので、企業成長のためにも読んでおきましょう。

組織風土の基本原則

組織風土には、基本原則があります。具体的には、経営者がビジョンを明確にしているだけでなく、社員への賞罰が厳格になっていることです。

やはり、組織のトップが方向性を明示しておかなければ、社員たちはどこに向かって良いか分からなくなるからです。また、社員が組織に貢献したり害を与えてしまったりした場合に賞罰を徹底することで、組織の在り方が定まるからです。

人材の基本原則

人材には、基本原則があります。人材として扱わずに一人の人として、心を見てあげることです。社員は人ですから大切にされれば応えようと思うでしょうし、反対に雑に対応されれば反抗してしまうでしょう。

そして、組織のトップ自身が人として成長してくことも重要です。なぜなら、組織のトップが向上してこそ下の社員たちも見習って成長していけるからです。

良い習慣を続けることで組織も人も変わる

良い習慣を続けることで、組織と人が変わるでしょう。やはり、良い事柄も少しの間行っただけでは組織や人に浸透し難いからです。

また、良い事柄で人や組織に結果が出ていない状況でも、習慣と呼べるほど長い期間行うことで結果に結びついていくこともあります。組織と人を作るためには、長い眼で見ることも重要でしょう。

社員が成長する組織作りの7つのポイント

社員が成長する組織作りには、7つのポイントがあります。それは、経営理念やビジョンを社員に浸透・目的や目標の共有・経営計画書と人事評価制度を連動・行動理念を明確にする・5年後のビジョンを考える・リーダーの育成・的確なフィードバックの7つです。

社員が成長する組織作りを望んでいるなら、今回の7つのポイントを使ってみましょう。7つを一気に取り入れようとするよりも、導入し易いものから順番に行うことをおすすめします。

社員が成長する組織作りのポイント1:経営理念・ビジョンを社員に浸透

社員が成長する組織作りには、経営理念・ビジョンを社員に浸透させることが重要です。なぜなら、経営理念・ビジョンを社員自身が理解してこそ経営理念・ビジョンが実現されるからです。

組織のトップは、経営理念・ビジョンを社員に分かるように説明したり社員誰もがすぐに分かるような経営理念・ビジョンを掲げたりすると良いでしょう。

社員が成長する組織作りのポイント2:目的・目標の共有

社員が成長する組織作りには、目的・目標の共有があります。やはり、目的・目標の共有が行われていないと、社員自身が日々どこに向かうべきか迷ってしまうからです。

そして、目的・目標は社員それぞれが努力次第で達成可能なものにしましょう。目的・目標の難易度が高過ぎると、社員たちが始める前から挫折してしまうケースがあるためです。

社員が成長する組織作りのポイント3:経営計画書と人事評価制度を連動

社員が成長する組織作りのためには、経営計画書と人事評価制度を連動させる必要があります。経営計画書の目的を達成した人を賞したり、目的を達成していない人を罰したりする人事評価制度にしていくと良いでしょう。

例えば、経営計画書だけを素晴らしいものにしたとしても人事評価制度が連動していなければ、経営計画書の目標を成し遂げたとしても賞与がもらえないということが生じ、社員が不満を持ってしまうでしょう。

社員が成長する組織作りのポイント4:行動理念を明確にする

社員が成長する組織作りには、行動理念を明確にすることが重要です。やはり、行動理念が明確にしてあると、どのような社員でも次に何をすれば良いかが分かるからです。

社員の動きが遅いと感じている経営者は、社員を叱るよりも行動理念を明確にすることで、動き易くしてあげると良いでしょう。

社員が成長する組織作りのポイント5:5年後のビジョンを考える

社員が成長する組織作りには、5年後のビジョンを考えることが重要です。なぜなら、5年後を考えているからこそ、明日に何をすれば社員が成長する組織にしていけるかがハッキリするからです。

そして、5年後より先の10年後や100年後のビジョンを考えてみるのもおすすめします。できるだけ未来のビジョンを想像しておくことで、社員が成長する組織作りのために一生涯何をしたら良いか迷うことすらなくなると言えるからです。

社員が成長する組織作りのポイント6:リーダーの育成

社員が成長する組織作りには、リーダーの育成が重要です。やはり、中心になって社員たちを率いる人が実力を持っていてこそ、社員たちにもリーダーからの良い影響が及ぼされていくからです。

組織の社員の中で誰を育成していくか迷ったらまずは、リーダーの育成に力を入れてみましょう。リーダーは要となるため、社員全員が自然と成長していくでしょう。

社員が成長する組織作りのポイント7:的確なフィードバック

社員が成長する組織作りには、的確なフィードバックが重要です。日々仕事に取り組んでも上司や組織のトップから何も言われなければ、自分の問題点に気付けないまま業務を続けてしまうからです。

そして、フィードバックを社員に対して行う際は、アドバイスが的確になるように心掛けると良いでしょう。感覚や勢いでフィードバックしてしまった場合、社員に話が伝わらなかったり悪影響を与えてしまったりするだけになるためです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

社員が成長する組織作りをする際のおすすめの書籍紹介

ここでは、社員が成長する組織作りをする際に、おすすめの書籍を3冊紹介します。組織作りに悩んでいる人は、3冊すべてを読んでみると良いでしょう。また、時間がない人はどれか1冊でも読んで参考にしましょう。

そして、一度読むだけでなく組織作りにつまずく度に何度も読み返して活用してください。

キングダム 最強のチームと自分をつくる

社員が成長する組織作りのために、「キングダム、最強のチームと自分をつくる」を読んでみましょう。なぜなら、人気漫画のキングダムのキャラクターのセリフや名シーンから仕事の本質が学べる本になっているからです。

そして、キングダムのキャラクターからビジネスを学べるため、本が苦手な人も学び易いでしょう。

若手や中堅に向けた本とのことだけど、もっと幅広い層にも読み応えあると思います。
軽快な文調で書かれているので、一気に読むことができるのですが、出会う一言一句はとても深く重みがありハッとさせられることがたくさんありました。

例えば私の場合、人に伝えることが嫌いではないけどあまり得意ではありません。
だからこそ、本質、核心を柔らかくわかりやすく書かれてる一行に「ああ、こう伝えればいいのか!」なんて伝える側としての気づきも得られました。
もちろん、自分自身にとって勉強になること、再発見もあります。
著者はベンチャー育成や経営大学院で多くの生徒を排出してきていると伺っていますが、そんな著者の熱く人を大切にする人柄がこの本を通じて感じることができました。

良書は2回、3回と繰り返し読むことで毎回あたらしい気付きがあります。
読みやすい本だからこそサラッと読み飛ばしてしまうことのないように、繰り返し読んでみようと思います。
年間、かなり多くの本を読んでいますが久々に出会った良書でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%8... |

社員が成長し業績が向上する人事制度

社員が成長する組織作りのために、「社員が成長し業績が向上する人事制度」を読んでみましょう。人事制度を整備することで、年商3億から16年で年商175億円(一部上場)となった方法が学べるからです。

そして、導入会社が「離職率がほぼゼロに」「売上が5倍」「全社員が互いに助け合って成長」「賞与10か月出せた」とされています。読まない方が損、と言えるでしょう。

人事評価を作りたくて一気に5冊くらい買いましたが、その中で一番読みやすかったのがこれです。
装丁は小難しそうで分厚いですが、文章がわかりやすく書かれていて、一番しっくりきますね。
成長塾のフロント本としての意味合いも強そうですが、成長塾に興味が湧くほどいい本だなと思います。
これから人事評価を作りますが、これからある程度できそうだなと思わせてくれる内容です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%8C%E6%8... |

社員が成長するシンプルな給与制度のつくり方

社員が成長する組織作りのために、「社員が成長するシンプルな給与制度のつくり方」を読んでみましょう。なぜなら、「分かりやすい」「使いやすい」「長持ちする」制度の考え方から構築と運用まで書かれているからです。

そして、シンプルで合理的な給与制度を確立することの大切さも解説してあるため、給与制度の本質や意義も学べます。給与制度を軽んじている人は特に、読んでおきましょう。

今まで賃金に関するルールがほぼなく、社長の独断で決めていたのですが、人手不足を期に賃金制度の見直しを考えていたので、非常に参考になりました

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%8C%E6%8... |

社員が成長する組織作りをしていきましょう

成長企業に見られる組織と人の特性だけでなく、社員が成長する組織作りの7つのポイントもご説明しました。これらを取り入れることで、企業だけでなく組織が成長していく体制を整えられるでしょう。

そして、社員が成長する組織作りをする際のおすすめの書籍もご紹介しました。できれば全部を何度も読むことで、深く理解することができますので、これらを活用して社員が成長する組織づくりを目指して下さい。

Related