Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル

人材育成制度は、身近ですがあまり理解していない人が多いです。そこで、ここでは人材育成制度について紹介していきます。人材育成制度について知りたいと考えている人は、チェックしていきましょう。会社の利益や自分のスキルアップに繋がるはずです。

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル

人材育成とは

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
人材育成とは、人を何よりの資本と考えて研修や教育、実践などを通してスキルをアップしていく制度です。生産性の高い人材を多く確保することで、会社の生産性を大きく上げる効果が期待できます。

人材について投資することは、会社の将来をより良いものにすることに繋がります。人材育成制度を見直していくことは、会社の将来設計に大きく関わることだと言えるでしょう。

人材育成制度をすることのメリット

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
人材育成制度をすることのメリットは、サービスや商品の質が向上するということです。その結果、会社の利益に繋がっていくと言えるでしょう。

さらに別のメリットとしては、組織の質がよくなるということです。組織の質が良くなれば、離職率を減らすことに効果が期待できます。人材の流出を防ぐことは、人手不足の現場にとって何よりも大事なポイントになってくることでしょう。

人材育成制度の手法3つ

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
ここからは、人材育成制度の手法について代表的な例を3つ紹介していきます。人材育成制度について見直したい人やこれから新設しようと考えている人は、チェックしていきましょう。

もし制度について不安がある人事担当者は、専門的に行っている会社に依頼して人事育成制度の手法がこれで良いか確認してもらうこともおすすめです。費用は掛かりますが、将来への投資として有益なものになるはずです。

人材育成制度の手法1:OJT

OJTは、オン・ザ・ジョブ・トレーニングの略で実際に現場に出て仕事をするという人材育成制度です。全体的な業務処理能力や力量を付けることができるので、多くの企業で導入されている制度です。

この人事育成制度では、指導員となる上司や先輩が具体的な指示を与えながら業務に対応されることが多いです。新入社員は、仕事しながら仕事を学んでいきます。

人材育成制度の手法2:Off-JT

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
人材育成制度の手法で有名なのが、Off-JTです。Off-JTは、オフ・ザ・ジョブ・トレーニングと呼ばれ業務を離れて座学や実技で確認するという方法と言えます。

この方法は、体系的かつ段階的に行われることが多いです。いきなり現場で高いレベルを求められてもできないことが多いですが、Off-JTなどを通して事前に学んでおけば実際の業務でも活かすことができます。

人材育成制度の手法3:SD(自己啓発)

人材育成制度の手法の3つ目は、SD(自己啓発)です。この方法は、会社だけでなく社外のセミナーに参加したり、本を読んだりしてスキルアップを図ってもらうことができます。

会社の中には、通信教育の費用などを助成する制度などが整っている場合もあります。自由度の高い人材育成制度なので、社員がどの程度モチベーションがあるのかを確認する効果も期待できるでしょう。

人材育成の4つの施策

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
それでは、人材育成の4つの施策について紹介していきます。人材育成制度について理解を深めることができたなら、4つの施策についても理解を深めてみましょう。

正しい施策が取れていないと、良い結果の出る人材育成することが難しいです。人材育成の4つの施策をチェックして、人事制度をより充実したものにすると良いでしょう。人事で人事育成に悩みのある人は、確認していくことをおすすめします。

人材育成の施策1:人事評価制度

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
人事評価制度は、評価をベースにして人材育成および会社のサービス力向上に努めていくという点です。定期的な面談や上司からのフォローもあるので、自分でも納得の人事評価が得られるはずでしょう。

評価制度を導入する場合は、社員の誰もが納得した評価基準であることがポイントです。納得できないルールであれば、逆効果になることもあります。数値化されたものを見て納得できない人が多ければ、見直す必要があるでしょう。

人材育成の施策2:目標管理制度

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
目標管理制度は、目標を上司などと管理して人材育成に努めていくことです。目標を達成するために今はどうしたらいいのかをこまめにチェックして、企業利益に繋げていくと良いでしょう。

この目標管理は、会社の目標と合わせて作ることがおすすめです。会社全体の目標から個人の目標を考えることも良いでしょう。グループ全体の目標を決めて、個人に移していくということでも良いです。

人材育成の施策3:タレントマネジメント

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
タレントマネジメントは、戦略的な人材育成の管理方法です。社員が持っているパフォーマンスを最大限に生かすことで、組織がさらに活性化していくことになります。

この制度は、アメリカが発祥とされています。いかに素晴らしい人材を自社で長く働いてもらえるかを考えた末に生まれた制度です。グローバル化が進む中でタレントマネジメントの重要性は、ますます増えています。

人材育成の施策4:eラーニング

eラーニングは、どこでも手軽にできる学習法です。手軽にできるeラーニングは、人事育成制度に興味がある多くの会社で導入されています。パソコンなどがあれば、職場の机の上で行うことも可能です。

この人事育成の施策は、学習データを人事異動の参考資料とすることもできます。会社のニーズに合ったコンテンツを提供している場合もあるので、チェックしてみましょう。

【対象別】人材育成の方法10選

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
ここからは、人材育成の方法について対象別に紹介していきます。制度の導入を検討している人は、どのような立場の人にどのような制度を提供すれば良いかを確認していきましょう。

どれほど制度が素晴らしくても、その人のレベルに合っていないものであれば意味がありません。誰にどのような制度で対応するかをチェックすることは、会社の利益にも繋がります。

新入社員

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
まずは新入社員に対する人事育成方法を紹介していきます。新入社員は、他の社員と比べて知識や実力の差が明らかです。しっかり人事育成してあげないと、会社生活を続けられないことが多いでしょう。

そのため、特に制度については慎重に決定する必要があります。毎年多くの新入社員を受け入れるという会社の場合は、その年代の新人の特徴にあった制度を使う必要があるでしょう。

人材育成の方法1:内定者研修

内定者研修は、最も早い人事育成制度だと言えます。単に入社前にスキルを磨き即戦力として働いてもらうことを求めるだけでなく、経験を積み重ねて社会人生活の土台となるスキルを身に着けてもらう必要があるでしょう。

具体的には、ビジネスマナーや基本的なパソコンのソフトの使い方などをレクチャーすると良いでしょう。あまり大人数でない場合は、個別の不安を聞いてみてそれらに対応した研修をしてみることも良いでしょう。

人材育成の方法2:新入社員研修

新入社員研修は、実際に入社してすぐ行うことが多い人事育成制度です。内定者研修よりもより踏み込んだ内容になることが大半です。新入社員研修を専門に行っている会社もあるので、研修を依頼してみることも良いでしょう。

この制度を有効活用したい場合は、実践に即した研修にすることが大事です。人事だけでなく現場の声を聞いて拾いあげていくことが成功のポイントになるでしょう。

人材育成の方法3:OJT研修

新入社員の人事育成制度でメインになるのが、OJT研修です。実際に実務で行うので、理解度や身につくスピードも格段に高いでしょう。多くの会社で導入されている制度です。

ただ、いきなり新入社員をOJT研修に入れるのはおすすめできません。戸惑うことも多いので、座学からスタートした方が良いでしょう。また現場で受け入れる社員への研修なども充実させると良いです。

人材育成の方法4:フォローアップ研修

入社して慣れてきた頃には、フォローアップ研修が必要です。フォローアップ研修は人事育成制度を充実させるのに大事なポイントになってきます。理解度を深めることで、さらに業務を遂行する力が増えていくでしょう。

このフォローアップ研修は、理解度を測る目的もあります。簡単なテストなどを合わせてしてみることもおすすめです。人材育成制度に対するアンケートなども取ってみても良いでしょう。

人材育成の方法5:ブラザー・シスター制度

ブラザー・シスター制度は、現場で直接指導してくれる年齢の近い社員のフォローや指導と言う人事育成の手段です。まるで本当の兄と姉のように親身に指導してくれると、離職率も大幅に減るでしょう。

さらにこの人事育成制度は、ブラザー・シスターになる社員に対しても良い刺激になります。指導を通して自分の理解度を試したり、マネージメントの勉強をすることもできます。

若手・中堅社員

ここからは、若手・中堅社員の人事育成制度について紹介していきます。若手・中堅社員になると、なかなか周りに質問することが恥ずかしくなったり人材育成制度を上手く活用できない人も増えてきます。

そのため、定期的に人事育成研修などに参加させる必要があります。若手・中堅社員となると上司として部下を指導する立場の人もいるので、きめ細やかな対応が必要です。

人材育成の方法6:中堅社員研修

中堅社員研修は、おすすめの人事育成方法です。スピード感を持って業務にあたってもらうには、業界の最新情報などを研修で教えていくことも大事でしょう。

さらにこの研修では、久々に同期が集まるというメリットがあります。違う部署に行った人同士でなかなか交流ができないという人の場合は、良い刺激になることでしょう。お互いに工夫していることを発表しても良いです。

人材育成の方法7:リーダーシップ・フォロワーシップ研修

リーダーシップ・フォロワーシップ研修は、中堅や若手におすすめです。リーダーシップ・フォロワーシップ研修を受ければ、上司やリーダーとしてグループをマネージメントする力やリーダーをフォローする身につきます。

この人事育成の方法は、組織を活性化させるためにも必要な研修制度です。リーダーシップ・フォロワーシップ研修は、外部の講師を招いても良いでしょう。

人材育成の方法8:ジョブローテーション

ジョブローテーションは、近年注目を集めている人材育成方法です。多くの業務を経験するので、多角的に仕事を行える社員を育成することができます。

この人事育成制度は、本当に向いている部署や適正を測ることができます。そのため、人事異動の参考資料が欲しいと考える場合にも利用してみると良いでしょう。ジョブローテーションすることで、職場に活気もできます。

人材育成の方法9:メンター制度

メンター制度は、上司とは別の先輩社員がフォローに回るという人事制度です。普段上司には言えないことも話すことができるので、悩みなどを共有することができるでしょう。

さらに自分が相談役になることで、色々な物の見方を学ぶことができます。メンターになることメリットも多いので積極的に参加してみると良いでしょう。社内での人脈作りにも役立ちます。

人材育成の方法10:権限委譲

権限委譲は、上司の献言を部下に移譲する人事育成制度です。社員の自律性を向上させる効果が期待できるので、上司の仕事について理解を深めることができます。

さらに上司の仕事の負荷を減らすことで、グループ全体の活性化を図ることができる人材育成と言えるでしょう。別のことができた上司は、部下の様子の細やかな変化などに気が付くことができるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人材育成担当者に求められるスキル3つ

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
ここからは、人材育成担当者に求められるスキル3つを紹介していきます。人材育成担当になったけれど、どのような力が必要なのか分からない人は、チェックしてみると良いです。

材育成担当者に求められるスキルは、他の部署の担当者とは違ったスキルである事が多いです。まずは、スキルを磨いて信頼される人材育成担当者になって頑張ってみましょう。

人材育成担当者に求められるスキル1:リサーチ力

人材育成担当者に求められるスキル1は、リサーチ力です。リサーチして現場の声を調べることで、本当に必要な研修は何なのかをチェックする必要があります。

さらに会社の業績を上げるためには、人事育成制度を常により良いものに変えていく必要があります。社会のトレンドなどをチェックする力もいるので、業界研究などはまめにしておきましょう。

人材育成担当者に求められるスキル2:人間関係構築力

人間関係構築力は、人材育成担当者に求められるスキルです。人材育成担当者だと強く認識されて周りの社員から警戒されていては、本音を聞き取ることができません。

さらに社員が多い会社では、初対面の人に研修をすることもあるでしょう。そのため、瞬時に相手と打ち解け悩みやスキルの状態をチェックする必要があります。

人材育成担当者に求められるスキル3:コミュケーション力

コミュケーション力は、人材育成担当に必要なスキルです。人見知りの人は、人材育成担当者に向いていないでしょう。コミュニケーション能力が低いと自覚している人は、社外セミナーなどに参加するようにしましょう。

話しやすいかどうかは、人材育成担当者にとっては必須のスキルです。

人材育成制度を理解しよう!

人材育成制度の手法3つ|対象者別人材育成の方法10選と必要スキル
人材育成制度を理解して活用することは、社会人にとって大事なことです。会社の人事育成制度をチェックして、上手く利用してみても良いでしょう。人材育成について知ることは、会社の利益にも繋がります。

Related