Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ

英語研修を導入しても成果を感じないと辞めてしまうことはありませんか。せっかくコストと時間をかけても成果が出ないのでは企業も困るでしょう。そんな企業の英語研修の実情をご紹介します。さらに、英語研修を成功させるポイントもお伝えしますので、参考にしてみて下さい。

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ

英語研修を導入しても成果を感じられている企業は少ない

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ
英語研修を導入しても成果を感じられている企業は少ないでしょう。外国人教師を呼んで英語の練習をしてもネイティブな英語をマスターできる人は数少なく、ほとんどの人が簡単な単語しか覚えられずに終わってしまいます。

スラスラと外国人相手に通じる英会話ができるようになるには、個人個人で学習することも大切です。結局は多額の費用を投じ無駄に終わっただけで、英語をマスターできた社員は少ないという現実もあります。

企業の英語研修の実情10個

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ
社員を集め、英語研修をする企業が増えています。しかし、なかなか成果が表れないと悩む企業が多い現状となっています。では、企業の英語研修の実情を10個取り上げて、その内容を詳しくご紹介します。

企業の英語研修の実情1:英会話トレーニングだけでは効果が出ない

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ
英会話トレーニングだけでは効果が出ないのが企業の英語研修の実情です。日本語ばかり話している社員に英語で話しなさいとトレーニングをしても、上手くイントネーションが分からないですし、英文の基本すら分からないのに話すことは難しいでしょう。

テキストを見ながら英会話のトレーニングをしても、テキストを見ずに話すことはできません。結局は外国人と話す時は簡単な英語しか話せず、会話ができずに終わることが多いです。

企業の英語研修の実情2:社員によって学習成果にバラつきがある

社員によって学習成果にバラつきがあるのが企業の英語研修の実情です。年齢にばらつきのある人が多く働く企業では、習った英語も違えば、発音も違ってきます。

英語の基本を忘れている社員もいれば、英語の専門学校に行っていて英語が得意な社員もいます。学習能力が違う社員を同じクラスで学習させても、同じ学習成果はでないでしょう。

特に、英文も書け話せる社員は学習成果が高すぎて周囲がついていけないことがあります。

企業の英語研修の実情3:拠点の制約がある

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ
企業の英語研修の実情では、拠点の制約があることがマイナス点です。一箇所でしか英語研修が行われないので、他の支社から研修のために一箇所に集まるのは面倒でしょう。

また、移動時間に時間がかかることになると、なかなか社員は積極的に英語研修へ参加するのは難しいと参加できません。

部屋の広さも制限されることになり、参加できる人数まで限られるので、都合のいい時には参加できないとの問題が出てきてしまいます。

企業の英語研修の実情4:コストの範囲内で必要な人数に提供できない

企業の英語研修の実情は、コストの範囲内で必要な人数に提供できないことです。企業で英語の教師を雇うには限られた予算内で依頼して、英語を教えてもらいます。

そのため、多くの社員が集まってしまえばコスト的に全員に英語を教えることが難しいので、学べる人数に制限を設けることになるでしょう。

全員に満遍なく提供できなければ、結局は全員の英語能力を高めることにならず、一部の人しか英語は上達しないでしょう。

企業の英語研修の実情5:自発的に学習する社員が少ない

自発的に学習する社員が少ないのも企業の英語研修の実情です。企業で一生懸命に英語教室を開いて研修に参加するよう呼びかけても、なかなか積極的に参加しない社員が多い現実があります。

仕事が忙しいから、子育てをしているからなどの理由で自発的に英語を学習する社員も少なく、なかなか英語が上達しないでしょう。

プライベートで英語を使うから覚えたい、勉強が好きだからという社員しか自発的に学習していない実情があります。

企業の英語研修の実情6:途中で挫折してしまう社員が多い

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ
途中で挫折してしまう社員が多いのが企業の英語研修の実情です。最初は無料だから、面白そうだからとの理由で英語研修に参加した社員は多くいます。

しかし、仕事の忙しい時期は英語研修に出る時間もないし、毎日残業と子育てで疲れているから勉強などしていられないと途中で挫折してしまいます。

英語の勉強が疎かになってしまうと上達した社員についていけなくなり、今からやっても駄目だろうと勉強すらしなくなってしまいます。

企業の英語研修の実情7:仕事が忙しくて研修に出られない

英語研修に出たいのに、仕事が忙しくて出られない実情があります。英語をマスターしたいから研修には絶対出たいのに急な仕事を任されてしまい、研修に出られなかった社員は多いでしょう。

次の日の英語研修には出ようとしていたらまた仕事が入ってしまうと、研修に出られないことが続けば英語をする気力も無くなります。

仕事が忙しい時期は気持ち的にも余裕が無くなっては余計に英語研修に出られず、次第に英語から遠ざかってしまいます。

企業の英語研修の実情8:研修の成果指標が達成できていない

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ
企業の英語の実情は、研修の成果指標が達成できていないことが挙げられます。研修を受講する受講率は高く、テスト結果も高くても、実際に職場で英語を使えるようになるには英語研修の目的が直接的に結びつかない場合が多いです。

また、研修率を高めても英語をマスターするには3000時間ほど英語に触れる必要があるのに、英語を勉強する時間が1週間あたり90分で12週間研修を行っても足りないため仕事で英語を活かせません。

企業の英語研修の実情9:用途分けしていないと効果が出ない

用途分けしていないと企業の英語研修では効果が出ないのが実情です。とりあえず社員をたくさん集めれば採算が合うからいいだろうと用途分けもせずに勉強させます。

しかし、マネジメント、営業や企画関連、事務と用途分けしていないと実践的に使える英語を学ばせることができません。

営業と企画関連の社員にはプレゼンテーションを、マネジメントには管理職に合う英語研修をさせますが、実際にはやっていない場合が多いでしょう。

企業の英語研修の実情10:上司や同僚の刺激でモチベーションが上がらない

上司や同僚からの刺激でモチベーションが上がらないのが企業の英語研修の実情です。上司から与えられるプレッシャーが強すぎて英語研修に自分から参加したいというモチベーションは下がります。

また、周囲の社員が英語研修に参加せず、モチベーションが低いと英語を学びたいとのモチベーションが上がらない社員は参加しないでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

英語研修を成功させるポイント3つ

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ
コストをかけてまで社員に英語研修に出てもらいたいと強く考える企業は多いでしょう。では、英語研修をやるからには絶対に成功させたいと考える企業のために、英語研修を成功させるポイントを3つご紹介します。

英語研修を成功させるポイント1:安価で効率的に行う

英語研修を成功させるポイントは、安価で効率的に行うことです。多額のコストをかけたとしても、その社員一人一人の英語レベルに合わない難しすぎる英語研修では挫折する人が増えてしまいます。

しかし、一人一人の能力に合ったオンライン教室を利用してみたり、アプリを利用して英語の基本や発音、英文の書き方を学習させることで、それほどコストをかけずに英語研修を受けさせることは可能です。

英語研修を成功させるポイント2:英語学習を習慣化する

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ
英語研修を成功させるポイントは、英語学習を習慣化することです。たまに英語学習をしても社員はモチベーションが上がらず、勉強して頑張ろうと考えないでしょう。

しかし、しっかり何曜日の何時から英語学習をすると決めて学習させればモチベーションが上がり、自然と学習するようになって習慣化します。

習慣化すれば英語研修の日だから時間を空けておこう、用事を早く済ませておこうと行動するようにもなるでしょう。

英語研修を成功させるポイント3:学習状況を見える化する

学習状況を見える化にすることが英語研修を成功させるポイントです。今の学習状況はどのようになっているか情報を集め、その情報を元に、問題や課題は何かを知ることで見直す部分がチェックできます。

再発しないように問題と予防する対策方法も考えて、どのような英語研修に改善すれば社員一人一人がしっかり英語をマスターできるか、個人で学習するようになるかを考えれば、おのずと成功に近づくでしょう。

英語研修を成功させましょう

企業の英語研修の実情10個|英語研修を成功させるポイント3つ
英語研修を成功させ、英語研修を定期的に導入して、社員に英語学習を習慣化させることで前向きに勉強するようになります。

企業で取り入れたい英語研修は、学習成果にバラつきがある社員に応じた研修をして、何度も発音のトレーニングをするなど、しっかり成果が出る対策をした研修を行うことが大事です。

社員が自発的に学習をするようになり、途中で挫折しないような英語研修を取り入れましょう。

Related