Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?

今回は就職活動に使われる内定者SNSでの自己紹介について、一体どんな目的が有るのか、を始め、自己紹介を上手に使うことで、どのようなメリットが生まれるのかを説明しています。また、おすすめの内定者SNSの紹介もしていますので、参考にしてください。

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?

内定者自己紹介の目的

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?
ジョブサーチをする際にネットを駆使するのはあたり前の時代です。内定を得るまで一貫して使える採用SNS、アプリなどがたくさんあります。内定後もSNSは企業と連絡を取るための大切なツールです。

内定者は、SNSを使って内定後も自己紹介などのプロフィールを充実させることで自分をアピールすることができます。自己紹介をする目的は、内定者同士の親睦を深めるためです。企業もその人となりをしれます。

内定者自己紹介にも使う内定者SNSとは?

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?
ネット社会の今は、会社で仕事をしていない時でもSNSでの繋がりが必要とされます。会社向けのSNS内に、内定者同士のSNSネットワークがありそこでまずは内定者同士が、お互いをよく知るために自己紹介や親睦を深めるための連絡を取り合う場合もあります。

市場に出回っている内定者SNSアプリを活用している企業もいます。採用した会社もみていますので、内定者は自分をPRするチャンスがSNSにあると言えます。

内定者SNSや懇親会の自己紹介に盛り込むポイント7つ

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?
実際、内定者SNSでの自己紹介で内定者はどのようなことを書くとよいのでしょうか。内定者同士だけでなく、企業側も見ている内定者SNSで、自己紹介を自分の今後に役立てるには、どのような活用をするとよいのでしょうか。

今回は、内定者として内定者SNSの自己紹介に書いておくとよいこと7つのポイントとしてあmとめてみました。参考にして自分なりの自己紹介を考えましょう。

内定者SNSや懇親会の自己紹介に盛り込むポイント1:大学名と名前を名のる

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?
内定者向けのSNSでの自己紹介で、最も書きやすいのが出身大学もしくは大学の専攻、学部などでしょう。会社以外のプライベートでの自己紹介でも、このあたりから自己紹介を始めるでしょう。

〇〇大学xx学部出身、あるいは△△専攻などと内定者に向けて自己紹介することで、今までどのような勉強をしてきたのか、学部や専攻を通して分かってもらえます。もしかしたら、企業の中には、自分と同じ大学の出身がいる場合もあります。

内定者SNSや懇親会の自己紹介に盛り込むポイント2:簡潔にまとめる

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?
内定者が、自分自信についての自己紹介を長々とSNSに書き込むことは、内定者のメリットになるどころか、反対にデメリットになるケースが多いです。自己紹介は、短く、伝えたいことだけをまとめて、内定者のSNSに書くのがおすすめです。

ここは自分として他の内定者に知っておいて欲しいという点を、箇条書きにしてそれに軽く肉付けをする形で。内定者向けSNSの自己紹介に書くと良いでしょう。

内定者SNSや懇親会の自己紹介に盛り込むポイント3:硬くなりすぎない内容にする

すでに大学名、専攻や学部などで何を学んだかは、他の内定者に伝わっています。あまり専門的な話を自己紹介に入れるよりは、柔らかめの話を盛り込んだ方が、他の内定者や企業が共感しやすいでしょう。

自分が、他の内定者の自己紹介の内容があまりにも小難しい内容だったらどう感じかを考えると、自ずと自己紹介でかく内容がみえてくるでしょう。またやわらかすぎてセクハラまがいにならないように、気をつけましょう。

内定者SNSや懇親会の自己紹介に盛り込むポイント4:会話のキッカケになる内容を入れる

内定者のSNSでの自己紹介は、文字での会話となりますので、文章には注意して書きましょう。文字だけで自己紹介をすると印象が冷たくなりがちです。あなたのSNSでの自己紹介を読んだ他の内定者が、話しかけてみたくなるような話題を書き込むのもおすすめです。

内定者SNSや懇親会の自己紹介に盛り込むポイント5:それぞれの個性が出る内容を入れる

堅苦しくなく、会話のきっかけとなるような自己紹介をSNSで書くのがポイントであることは前述よりわかりました。では、具体的にどのようなことを書くと、他の内定者に自分を理解してもらえるような自己紹介となるのでしょうか。

奇天烈を狙う必要は、あなたの趣味、あなたの得意な事、好きな食べ物など身近な話題で個性をだしていきましょう。

内定者SNSや懇親会の自己紹介に盛り込むポイント6:今後の抱負や目標を宣言させる

仕事に関係ないことばかりで、内定者SNSの自己紹介を締めるのも、問題があるでしょう。今後、会社でやっていきたいかなどにも軽く触れておくと、よりよい自己紹介になるでしょう。また、他の内定者にもその人の働く姿勢が見えてよいでしょう。

また、口に出してはなかなか言えないような抱負や宣言めいたことも、SNSという文字の中では言いやすいことがあります。よいチャンスなので、上手に内定者SNSを利用しましょう。

内定者SNSや懇親会の自己紹介に盛り込むポイント7:フリートークを設ける

内定者SNSや懇親会では、自分だけが一方的に話をして自己紹介終わりとならないように気をつけましょう。

前述したように、内定者SNSや懇親会での自己紹介は、次の会話につながるような膨らみがあったほうがおすすめです。フリートークができる余白がある自己紹介を、SNSや懇親会ではするよう心掛けましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

内定者SNS活用のメリット

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?
それではここからは内定者向にとってメリットのあるSNSの活用方法をご紹介します。SNSを使うことで、就職にメリットがあるだけでなく、内定者となった後も企業との連絡がスムーズにできます。

SNSの活用の仕方一つで、内定者と企業の距離が近くなったり遠くなったりします。内定者の思いが伝わりやすいだけでなく、企業側の考えも内定者に伝わりやすいのがSNSの特徴です。

内定者SNSオススメサービス4選

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?
それでは、ここからは実際に具体的なSNSを紹介し、活用方法をご紹介していきます。それぞれのSNSには特徴がありますので、それらを理解してSNSを利用していきましょう。

内定者SNSオススメサービス1:エアリーフレッシャーズ

まず最初におすすめするのが、エアリーフレッシャーズです。クラウド型の新卒採用コミュニケーションプラットフォームです。マッチングアプリとして、企業がどのような人材を欲しがっているのか熟知しているので、希望の企業と会える確率ぐんと高くなります。

企業にとっては、内定者の動向がよく見えてとても便利です。内定者も辞退するつもりがある場合はSNSで伝えると良いのでとても楽です。

内定者SNSオススメサービス2:内定者パック

次に紹介する内定者パックという内定者SNSの特徴は、フォロー、研修そしてツールの3つに特化していることです。内定者向けのイベントが多いので、定期的な連絡もスムーズにつきます。オープンなので、内定者同士が仲良くなりやすいです。

また、これから就職するにあたって不安な部分などを、掲示板機能などを使って解消できます。eラーニングも充実しているので内定者が自分磨きにいろんな講座を受けれます。

内定者SNSオススメサービス3:エブリONE

動作環境が快適ということで知られるの内定者ツールが「エブリOne」です。内定者専用のアプリになります。セキュリティもしっかりしていて、通知はプッシュ通知で迅速です。ログインも煩わしくないので、見たい時にさっと見れて、情報を得ることができます。

システム会社が自社で完全に開発し、ユーザーの声が反映されやすく改良が重ねられています。多くの学生がpcより携帯を使うために、スマートフォン操作がしやすいです。

内定者SNSオススメサービス4:スタートラインSNS

最後のスタートラインSNSは、もとは広島地域限定のSNSでしたがノウハウを構築し、内定者SNS、新卒採用支援のツールです。パソコン、携帯の両方から使いやすくなっているのが特徴です。

掲示板がとても充実していて、企業と内定者どのコミュニケーションが図りやすくなっています。また、利用するのにリーズナブルなツールなので、経費も削減できます。

内定者SNSでの自己紹介のポイントを知ろう!

内定者SNSなどの自己紹介に盛り込むポイント7つ|内定者SNSとは?
採用されて内定者になるまでの間、色々な内定者SNSツールを使って自分をPRしましょう。そのためには、内定者SNS内のプロフィール蘭がいかに興味をひけるかが、鍵となるでしょう。この学生を採用してみたいな、会話をしてみたいと思わせるような素敵な自己紹介を作りましょう。

Related