Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月13日

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!

人材育成をしていくにあたって、知っておくと便利な8つのポイントとはいったい何でしょうか。今回は人材育成の成功事例を企業ごとに見ながら、8つのポイントを分かりやすく詳しくご紹介していきますので、ぜひ人材育成の参考にしてください。

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!

人材育成とは?

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!
人材育成に携わることになったり、責任ある立場になった方が少しでも人材育成をスムースに進めていけるように、今回は人材育成のいろはについてご紹介していきます。人材育成は責任のある仕事なので、自分勝手に行なってはいけません。

従業員の能力を高めていくことが目的なのですが、知識や技術の向上だけではなく「人として」成長していけるように導きましょう。

人材育成のポイント8つ

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!
それではさっそく人材育成のポイントを8つご紹介していきましょう。人材育成は初めて行なう人にとってもですが、慣れてきたつもりの人でも不安になる仕事です。

なぜなら、どれだけ正しいことを教えても反応には個人差があって当然だからです。そんなときの道しるべとなるように、今回はポイントをお伝えします。

人材育成のポイント1:人材育成の意味や目的を明確にする

人材育成とは何なのか、人材育成をなぜ行なうのかと言った意味や目的については明確にしておきましょう。これについては、人材育成の初日や事前資料などで早い段階で伝えておくことをおすすめいたします。

人材育成について伝えるということは、「なぜ育成されるのか」という根本的な企業方針を知ってもらうことでもあるからです。

人材育成のポイント2:人材育成がうまくいかない理由を知る

人材育成がうまくいかない理由はたくさんありますが、自分の場合はどれにあてはまるのかを知ることが大切です。理由は、根本的な相性の悪さや、資料の内容レベル、生徒側の興味の無さなど多岐にわたることが、安易に想像していただけるのではないでしょうか。

しっかりと理由を見極めて、解決に向けての方法や手段を検討してみてください。

人材育成のポイント3:スキルマップを作成する

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!
スキルマップとは、従業員たちの個人スキルがどのような内容かをまとめてあるマップのことです。検定や資格はもちろんのこと、いつ社内のどのような業務ができるようになったのかなど、マップの項目は作成者によって自由です。

こうしなければいけない、というマップルールは一切ありません。自分や人材育成担当者がわかりやすいスキルマップを作りましょう。

人材育成のポイント4:どのような育成手法にするか

人材育成の手段については、しっかりと学んでから検討することをおすすめいたします。人材育成はどのように行なえば良いのか、育成初心者さんにはつらい悩みでしょう。

人材育成の手段に確実に結果が出る見本はありません。悩んでしまったときには「歌を使って学ばせよう」などと大ジャンルを決めて、さり気なく本人にどう思うか聞いてみましょう。

人材育成のポイント5:研修の結果とコストが見合うかどうか

研修の結果とコストが見合うかどうかは、企業として真剣に考えていかなくてはいけません。研修の結果によっては、採算が見合わずに他の方法やアプローチに変更しなくてはいけません。

1つの方法などにこだわらずに、生徒に合わせて、また企業の根本的なニーズに合わせたアプローチを考えてみてください。飽くなき探究心が求められるでしょう。

人材育成のポイント6:研修を外注する方法もある

研修の種類や専門性などによっては、外注をする企業もたくさんあります。さまざまな専門家が生み出されている現代社会では、それらのプロフェッショナルたちに外注することは恥ずかしいことではありません。

曖昧で不確かな知識や技術、情報を与えることがないように、プロフェッショナルたちに要望を伝えて対応してもらいましょう。

人材育成のポイント7:上司の育成

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!
人材育成は、上司の育成も入っています。たとえ直属の部下たちの人材育成を任されていたとしても、育成を通じて自分自身も成長しようとする上司はやり手が多いです。

社会に出たら、毎日が勉強であり日々前進していかなくてはいけません。人材育成担当者だからと言って、「自分自身は完成されている指導者だ」、なんておもってはいけません。

人材育成のポイント8:対等な意見交換

従業員や生徒たちと、人材育成についてやその他の意見に就いて対等に意見交換ができるかどうかも、人材育成が成功をするかの基準となってきます。対等な意見交換とは、口調や距離感などではなくて伝える内容が、それぞれの本音なのかどうかということです。

対等であれば、一方的な意見ではなくて一緒に答えを模索していける意見が飛び出すことでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人材育成の成功事例6選

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!
人材育成の成功のためのポイント8つがわかったところで、続きましては人材育成の成功事例を実際の企業名を公表した上でご紹介していきましょう。人材育成は100パーセントで成功するものは無いと言いましたが、共通点が見出せることもあります。

ぜひこの機会に人材育成の成功した事例をチェックしていってください。信憑性が高いので安心でしょう。

人材育成の成功事例1:部下と対話する時間をとる(グリー株式会社)

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!
部下と対話をする時間をとることによって、信頼関係がバツグンにアップしていきます。お互いに「好きな食べ物について知ったから、次は趣味について話そう」などと考えているのならば、かなり成功している事例だと言えるでしょう。

趣味嗜好などをベースに、部下と上司がわかり合っていると「あの取り引き先との会食に、彼のトークが活かせるな」などと検討できます。

人材育成の成功事例2:コーチング研修を実施する(Sansan株式会社)

コーチングとは、相手の要望や目標が少しでも早くスムースに達成できるようにサポートをすることです。コーチング研修は、それらのスキルをアップさせるために行なわれます。

コーチング研修をすることによって、指導者としての生徒との距離感などが備わります。なぜかと言うとコーチングは直接的な提案や助けはしません。あくまで相談役だからです。

人材育成の成功事例3:成長につながる目標設定をおこなう(株式会社マッチングエージェント)

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!
成長には目標が具体的な方が良いです。できるだけ成長を実感できる確かな目標設定を行ないましょう。

例えば、新入社員がいきなり「社長になる」と言っていたとしたら、人材育成担当者は「その実現のためにできる具体的なこと」を挙げさせて目標に設定させましょう。人材育成ではプロセスに気付かせることも必要です。

人材育成の成功事例4:フラットな組織形態で自律的成長を促す(株式会社ISAO)

上司や先輩がいることは当然のことですが、頼り切ってしまうケースも少なくないので、フラットな組織形態で自立を促しましょう。

例えばミスなども、質問して答えてくれたり助けてくれる存在は必要ですが、そのジャンルに詳しくない上司よりスキルのある後輩や同期を頼った方が解決が早いです。

適材適所を浸透させて実行しましょう。

人材育成の成功事例5:キャリアパスを明示し、可視化する(株式会社フィードフォース)

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!
キャリアパスとは、役職が上がっていったり部署移動を行なう際の基準となるキャリアステップのことです。どの業務ができたら、どの部署に入れるのかなどが可視化されるので人材を導きやすくなります。

この経験の次はあれをさせよう、となるのは人材育成担当者たちからしても、「次は何を教えようか」と悩まなくていいのでわかりやすいのではないでしょうか。

人材育成の成功事例6:キャリアアップできる仕組みをつくる(ユナイテッド株式会社)

キャリアアップを目指している人材は、転職を決めてしまうことも多いため、自社内でキャリアアップができる仕組みを作ると長期的な在職が見込めます。

やはり自社が長い人材の方が、仕事も慣れていますし教育費もかかりにくいです。しっかりとひとりひとりを育てていくことによって、安定的な人材確保ができるでしょう。ぜひともキャリアアップのベースを作りましょう。

人材育成のポイントを知ろう!

人材育成のポイント8つとは?|人材育成の成功事例6選も紹介!
いかがでしたでしょうか。人材育成のポイントを知ることによって、人材育成担当者である、自分自身の道しるべになることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

担当者であっても、成長する意識を忘れずに上から目線ではなくて、心に寄り添う人材育成をしていけるように学んでいきましょう。企業に対して大きな貢献となります。また、目先の利益ではなくて将来性のあるビジョンを持って人材育成することが大切です。

Related