Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月04日

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?

ダイバーシティマネジメントをご存知でしょうか。ダイバーシティという言葉の意味や、企業におけるダイバーシティマネジメントの重要性、日本で浸透しない原因、ダイバーシティマネジメントを上手く取り入れるポイントや日本での成功例などをご紹介します。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?

ダイバーシティマネジメントとは?

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
ダイバーシティマネジメントとは、企業が人材の持つ多様性を受け入れ、多様性を活かして組織を強化することです。

ダイバーシティとは「多様性」を意味します。そこには年齢や性別、国籍だけでなく、身体的特徴、生活環境、宗教、生き方や価値観なども含まれます。

ダイバーシティマネジメントの重要性

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
ダイバーシティマネジメントは、少子化の避けられない現代の企業組織では重要な経営方法です。

人口減少や高齢化により、企業では人材不足が顕著になっています。企業がこれまでの事業を継続していくためには、時短勤務や65歳以上の人材などを含め、あらゆるカテゴリーの人材を活用していく必要があります。

つまり、ダイバーシティマネジメントは、経営戦略においてすでに必要不可欠なものになっているといえます。

海外ではすでに浸透してきている

世界ではダイバーシティマネジメントが経営戦略のうえで重要な要素であると浸透しています。

ダイバーシティマネジメントは、アメリカで公民権運動や女性運動が盛んになったことで最初の理念が誕生しました。そのため、現在アメリカではごく当たり前のこととして行われています。

ヨーロッパや東南アジア諸外国においても、異なる国や文化が隣り合っている地域柄もあり、多様性を受け入れるのはごく自然なことであるといえます。

ダイバーシティマネジメントが日本で浸透しない原因4つ

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
ダイバーシティマネジメントは、日本ではまだメジャーではありません。

日本も一昔前に比べると、組織の多様化は進んでいます。しかし、単純にさまざまな人材を雇用するだけではダイバーシティには不十分です。

ここでは、なぜ日本でダイバーシティマネジメントが浸透していないのか、その原因について説明します。

ダイバーシティマネジメントが日本で浸透しない原因1:子育てや介護の支援制度が不十分

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
日本では子育てや家族の介護に関する支援が十分ではありません。

子育て世代の女性や、介護が必要な家族を抱えている人材が働くには、今以上に社会や企業のサポートが必要です。

今後、日本の企業がダイバーシティマネジメントを推進していくためには、まずはそういった働くのが難しい事情を抱えた人材のフォロー体制を整える仕組みを作ることが重要となります。

ダイバーシティマネジメントが日本で浸透しない原因2:言語の壁や文化の壁が高い

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
日本では文化の違いや宗教の壁を乗り越えるのが難しい特徴があります。

ダイバーシティに取り組むためには、異なる国籍、人種の受け入れも必要となります。また、グローバルな事業を展開する上で外国人を含めた人材の確保は急務となっています。

しかし島国独特の風土もあり、日本ではダイバーシティマネジメント推進の難易度が高いといえるでしょう。

ダイバーシティマネジメントが日本で浸透しない原因3:男女の役割の認識

日本では女性が家を守り、男性は外で働くという意識が根強く残っています。

いまでも女性は、妊娠や結婚を機に仕事を辞め、家庭に入って子供を育てるという役割に振り分けられがちになっています。

日本でダイバーシティマネジメントを浸透させるには、子育て中の女性でも外に出て働けるという認識を一般化させる必要があるでしょう。

ダイバーシティマネジメントが日本で浸透しない原因4:外国人労働者の受け入れに積極的でない

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
日本はまだ外国人労働者の受け入れに積極的ではありません。

もともと日本政府の外国人労働者の受け入れスタンスは、専門的な技術やスキルを持つ人材は積極的に受け入れ、それ以外の外国人は原則受け入れないというものでした。

近年の人口減少による労働力不足により、外国人労働者の受け入れ態勢は整ってきているといえますが、国内残留率が低いことからいまだ十分ではありません。

ダイバーシティマネジメントを企業に上手く取り入れるポイント5つ

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
多様な人材がともに働くためには気を付けるべきポイントがあります。

これからの企業が必要な人材を確保するためには、ダイバーシティマネジメントは必須です。ですが、多様性を受け入れることで人材の間に意識や価値観のずれ、スキルのばらつきなどが生じることもあります。

ここでは、企業がダイバーシティマネジメントを上手く機能させるために必要な取り組みについてご紹介します。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント1:社員同士のコミュニケーションを意識的に行う

企業は多様な社員同士が意思の疎通を図る場を提供する必要があります。

ダイバーシティにより多様化が進んだ企業では、社員同士が積極的にコミュニケーションを取らなければ意思疎通が図れません。仕事に支障をきたさないためにも、ミーティングルームを増設するなど、企業はさまざまな手法でコミュニケーションを促進させましょう。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント2:多様な働き方を受け入れ環境を整える

企業にはフルタイム勤務が難しい人材や外国人が働ける環境づくりが必要です。

短時間労働者が無理なく働くためには、専用の仕事の割り振りを行う必要があります。また、在宅勤務を採用する場合には、職場に繋がるインターネット環境を整備しなければいけません。

そのほか、外国人労働者を受け入れる場合は文化の違いを事前に把握し、トラブルを未然に防ぐなど、企業側でできる努力を行いましょう。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント3:多様な考え方を企業価値観に取り入れる

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
企業にはさまざまな価値観を受け入れる企業理念が必要です。

同じ職場に多様な国籍や文化を持った人材が集まると、人々はそれぞれの価値観から、各々勝手な方向へ向いてしまいます。多様な人材が足並みを揃えるためには、企業は明確な意思や理念を提示し、人々に共感を持ってもらう必要があります。

つまり企業は、多様な人々の行動指針となるように、会社の価値観を社員に浸透させる必要があります。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント4:対応すべき重要なダイバーシティ属性を定める

多様な人材の中でも、特に重要視すべき属性を決めることが必要です。

例えるなら、65歳以上のシルバー労働者も働ける職場や、子供のいる女性こそ活躍できる企業といった属性です。優先するダイバーシティの属性に個性を出すことで、企業はイメージ戦略も可能となります。

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5:ダイバーシティ推進の理由を明確にする

企業はダイバーシティマネジメントを取り入れる明確な理由を提示する必要があります。

ただ単に人材不足を理由にダイバーシティマネジメントを取り入れるのは、マイナスの施策です。明確な理由を提示せずに、特に外国人労働者など言葉や文化の壁のある人材を受け入れると、既存の社員から反発を受ける可能性もあるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

日本のダイバーシティマネジメント導入成功事例3つ

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
日本でもダイバーシティマネジメントが成功している事例があります。

これまで日本では歴史的文化的背景から、ダイバーシティが浸透しにくい弱点があるということを説明してきました。ですが、実際に導入に成功した例もあります。

ここでは、日本企業でどのようなダイバーシティマネジメントの成功例があるのかご紹介していきます。

日本のダイバーシティマネジメント導入成功事例1:宗教の事例

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
日本の環境では働きにくい宗教でも働けるように、職場環境を整えた事例があります。

例えば、イスラム教徒の方のために職場に祈祷用の部屋を用意したり、祈祷の時間を確保したりすることで、イスラム教徒でも働ける環境となります。

他にも、宗教上ドレスコードがある場合は職場指定の服装よりも優先し、ハラルなど食事制限に配慮してメニューを決めるなど、宗教上のハードルをなくすことで人材の確保が可能となりました。

日本のダイバーシティマネジメント導入成功事例2:外国人雇用の事例

グローバルな人材への対応として、必要な資料を全て英語翻訳した事例があります。

日本語ができない外国籍社員用に、研修教材も紙ではなくデータで配布し、それぞれの母国語に翻訳して研修に取り組めるようにしました。さらにテストも翻訳版を用意することで、日本語が堪能でなくても働ける職場環境となりました。

日本のダイバーシティマネジメント導入成功事例3:障害者雇用の事例

身体的な障がいがある人材でも働ける工夫を行った事例があります。

講習会では聴覚障がいのある方にはノートテイカーを用意し、講習の内容をPCでタイピングすることで内容を伝えられます。また、視力が弱い方には電子データで教材を配布することで、自身にあったサイズでディスプレイ表示し、問題なく講習会に参加できるようにしました。

ダイバーシティマネジメントについて理解し働きやすい環境を整えよう

ダイバーシティマネジメントを取り入れるポイント5つ|導入成功事例は?
ダイバーシティマネジメントとは、多様な人材が集まった企業組織です。

ダイバーシティマネジメントには、女性や高齢者、国籍、宗教、生活環境、身体的特徴など、個性の異なる人々が無理なく活躍できる職場環境づくりが必要です。日本ではまだ浸透していませんが、ルールや職場環境を整えることで成功した事例もあります。

今後グローバル化が進む現代社会において、企業は多様化を受け入れ、活用していく必要があるでしょう。

Related