Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月02日

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ

ITが身近な存在であった若い世代を中心に、ITリテラシーの低さが問題となっています。使い方は知っていても、上手に使いこなす方法や知識が不足しているといわれています。若手社員にITリテラシーの教育をする方法と知識を身につけるメリットについて紹介します。

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ

ITリテラシー

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ
ITリテラシーとは、インターネットを通じた情報を使いこなす知識のことをいいます。

具体的には、パソコンでウェブブラウザを使って必要な情報を集める能力や知識、スマートフォンのアプリを使う能力を身に付けることやSNSを便利に使いこなすための知識や能力を付けることを指します。

ITリテラシー教育の重要性

近年では若年者を中心にITリテラシーの教育の重要性が求められています。シニア層でもスマートフォンやパソコンを使いこなせない方もいるのですが、なぜ若年層に特に重要なのでしょうか。

若年層は小さい頃からスマートフォンに慣れ親しんでいることから、インターネットが身近になり、プライバシーとの境目が付かなくなり問題を起こす人が増えています。適切に使えるよう、若いうちからITリテラシー教育を行う必要があります。

社員のITリテラシーが低い場合

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ
社員のITリテラシーが低い場合、必要な情報をインターネットで収集するのが難しく業務に支障をきたす恐れがあります。悪気がなくてもネット上に企業秘密を漏えいさせてしまう心配もあり、パスワードを徹底管理する意識が低く自社に損害を与える恐れがあります。

社員が情報弱者になるのを防ぐのと、外部との無用なトラブルを避けるために、社員のITリテラシーの教育が必須となるでしょう。

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法3つ

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ
インターネットを使う機会が多くても、ITリテラシーが低く仕事に役立てられない若手社員がいる場合は、早めに教育する必要があるでしょう。

ITリテラシーが低い社員を教育する手段として、研修や他の社員との知識の共有を図るなどの方法があります。1回教育をして終了とするのではなく、継続して教育を行うと良いでしょう。

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法1:十分なIT研修を行う

若手社員にITリテラシーが低いと感じたら、インターネットについて十分な教育をする研修を行うと良いでしょう。単にインターネットの仕組みについて話をするだけでなく、正確な情報の集め方や安心して使えるサイトの選び方なども教育すると良いでしょう。

情報漏えいのリスクや、炎上させないためのSNSへの書き込みの仕方なども、失敗した例を挙げて教育を行うと、知識として頭に入りやすいでしょう。

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法2:ナレッジシェアリングを積極的に行う

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ
若手社員にITリテラシーの能力を付けさせるために、ナレッジシェアリングの活用をおすすめします。ナレッジシェアリングは知識を共有することで、先輩社員や同じ部署の人のノウハウを身に付けられます。

ITリテラシーが身についていないので、どのようにしたら良いかわからない若手社員がいたら、優秀な先輩の社員が作ったマニュアルやレポートを見て参考にするのも可能です。教育をしなくても自発的に知識を身に付けられます。

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法3:中長期ビジネス戦略に適したIT研修を実施する

ITは年数が経つにつれて技術が進んでいきます。それまでに十分なITリテラシーがあったとしても、進んで新しい知識を身に付ける努力をしないとすぐに時代遅れになってしまうこともあるでしょう。

ITリテラシーが低い社員は、直接仕事に関連しない物事だと自ら身に付けようという気にはならないので、随時中長期ビジネス戦略に適した研修をして教育する必要があるでしょう。

ITリテラシーが持つ意味3つ

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ
ITリテラシーとは、単にネットワークの使い方を知っていること、知識があることというだけではありません。インターネットを使って普段の生活や仕事に役立てられること、安全な運用が可能なこと、コンピューターを適切に操作できることなども含まれます。

教育を十分に行い、実際に使う際に全く問題なく利用できる能力を身に付けさせなくてはいけないでしょう。重大なトラブルを発生させるリスクは減らさなくてはいけません。

ITリテラシーが持つ意味1:情報基礎リテラシー

ITリテラシーの1つに情報基礎リテラシーがあります。情報基礎リテラシーとは、インターネットなどで得た情報を上手に使いこなす能力のことをいいます。

インターネットで効率良く調べる方法を知るのも大切です。そのまま鵜呑みにするのではなく、信頼できる正しい情報なのか見分ける力も必要となるでしょう。デマを真に受けてしまうと信頼を失うこともあります。教育を通じて情報の取り扱い方を学ぶ必要があるでしょう。

ITリテラシーが持つ意味2:コンピュータリテラシー

コンピューターリテラシーもITリテラシーの1つです。コンピューターやスマートフォンなどの情報端末を正確に使いこなせる能力を指します。

企業ではパソコンの操作の仕方の教育が必須となります。扱うデータが大きいため、パソコンをある程度使う能力がないと業務に差し障りが出る可能性があるでしょう。セキュリティ対策などの知識がないと、機密漏えいなどで会社に損害を与えることもあります。

ITリテラシーが持つ意味3:ネットワークリテラシー

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ
ITリテラシーの中でも、ネットワークについては最も教育が必要とされます。インターネットとの付き合い方を理解する能力のことで、インターネットが生活の一部になっている若い世代を中心に能力不足が心配されています。

ネットワークリテラシーが身についていないと、やってはいけないことを公開してSNSを通じて炎上したり、言葉の使い方を適切に使わなかったことが原因で多くの人に反感を買ったりすることがあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ITリテラシーを身につけるメリット3つ

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ
正しい情報の探し方や、コンピューターを安全に利用するためのセキュリティに対する知識、ネットワークとの距離感の取り方などの能力が身に付けられるメリットがあります。ITリテラシーを身に付けるメリットについて紹介します。

ITリテラシーを身につけるメリット1:正確な情報をすばやく得られる

ITリテラシー教育を適切にすると、仕事に必要な正確な情報を効率良く得ることができます。検索エンジンを使って、情報に関する単語や文章を入力して探した後に、どのサイトの情報が信頼できるかすばやく見分けることができるでしょう。

正しい情報が早く探せると、仕事の資料を作ったり報告書などを作成するスピードが速くなります。仕事がはかどるため、能力の向上も期待できるでしょう。

ITリテラシーを身につけるメリット2:セキュリティ事故を防げる

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ
コンピューターについての知識が深められると、セキュリティ対策の必要性がわかり、社外へ漏れるのを避けられるでしょう。

コンピューターの使い方に気を配る人が増え、セキュリティソフトを入れて対策する、パスワードの使い回しや目に付く所に置きっぱなしにするなどの危険な行動をしなくなるなどの効果を期待できます。

ITリテラシーを身につけるメリット3:ネット炎上を未然に防げる

ネット炎上は、SNSなどに業務に関する不適切なことを記載して多くの人から非難を浴びせられることをいいます。

アカウントに実名が入っている場合は、場所などから個人情報が特定されます。アカウントを閉鎖しても、ネット上に永遠に情報が残り続けるので、何かある度に蒸し返されて後ろ指を指される危険があります。

ITリテラシーの教育を受けると、炎上して個人や企業が不利益を被るのを避けられるでしょう。

ITリテラシー教育について理解を深めよう!

ITリテラシーが低い若手社員を教育する方法と身につけるメリット3つ
ITリテラシー教育は、個人の問題と考えて企業にはあまり関係ないのではと考える方もいるでしょう。

しかし、ITリテラシーを身に付けていないことで、個人のしたことが自分の身に降りかかるだけでなく、セキュリティ対策やSNSの炎上などの問題で企業にまでトラブルが降りかかることもあります。

ITリテラシー教育への理解を深めてインターネットのリスクを知り、使いこなせるようにする必要があるでしょう。

Related