リーダーシップの種類6つ|リーダーシップ力をつけるポイントの紹介

人材育成

リーダーシップとは

リーダーシップとは統率力を用いて、皆を導く人を指します。会社などの組織では、リーダーシップに必要な統率力を持つことで、自身の出世への道を拓いたり、部下の力を引き出すことができます。

リーダーシップを発揮したい人は、自分の職場にふさわしいリーダーシップの種類を選び、最終的な目標達成のために行動していきましょう。

リーダーシップが重要な理由

組織の有数がリーダーシップを発揮しなければいけない理由があります。リーダーが統率力を発揮することで、社員の力を引き出したり、現場の士気を上げることができます。そのため企業には優れたリーダーシップを持つ人が求められています。

役職に就いている人は、リーダーとしての自覚を持ち、一人一人の力を引き出すことで生産性を上げた仕事をさせるようにしましょう。

リーダーシップの種類6つ

リーダーシップにも6つほど種類があります。リーダーシップを発揮する場合、性別や勤務形態、年齢などを考慮してリーダーシップの種類を選ぶようにします。また、リーダーシップを発揮する職場や対象になる人の性格や価値観なども考慮して種類を変える必要があります。

役職に就いている人は、職場などに合わせてリーダーシップの種類を選んで、お互い信頼できる関係を築けるように動いていきましょう。

リーダーシップの種類1:コーチ型

リーダーシップの種類にコーチ型があります。スポーツのコーチのように1対1でのサポートができるので、対象となる人のモチベーションの維持や短所の補い方などを指導できるメリットがあります。

コーチ型のリーダーシップを選ぶ人は、指導をする人の負担にならない程度に接しながら、少しずつ目標を上げていきましょう。

リーダーシップの種類2:ビジョン型

リーダーシップの種類にビジョン型があります。目標をを示して、目標達成のためには一人一人がどう動いていけばいいのかを部下に提示する方法です。また、この種類のリーダーシップは部下の自立心を養い、創造力を高められるので社員の力を上げることにもつながります。

ビジョン型のリーダーシップを選ぶ人は、一人一人に仕事を委ねつつ、行き詰まった際のサポートを忘れないようにしましょう。

リーダーシップの種類3:強制型

リーダーシップの種類に強制型があります。文字どおり立場を活かして圧力をかける方法ですが、マイナス面が多いのであまりおすすめできない方法となっています。しかし、短期間で効果を上げることができるリーダーシップの種類です。

強制型のリーダーシップを選ぶ人は、メリットとデメリットをよく考えた上で強制型のリーダーシップの方法を選びましょう。また、よほど差し迫った目標がない限りこの方法を取らないようにします。

リーダーシップの種類4:ペースセッター型

リーダーシップの種類にペースセッター型があります。高い目標がある場合、リーダーがお手本を示して仕事へのイメージを掴んでもらう方法です。社員の能力が高くなければ難しい方法となっています。

ペースセッター型のリーダーシップを選ぶ人は、社員一人一人の能力を見極めてから、この方法を採用するか検討するようにしましょう。

リーダーシップの種類5:民主型

リーダーシップの種類に民主型があります。部下の声を聞き入れることで目標達成のためのアイデアを集めたり、チームワーク力を強めることができる利点があります。そのため、リーダーシップ力を発揮することに慣れていない人には、民主型が向いています。

リーダーシップの役割に慣れていない人は、民主型を選び、目標の焦点がずれない程度に意見を取り入れるようにします。

リーダーシップの種類6:関係重視型

リーダーシップの種類に関係重視型があります。関係重視型のリーダーシップの発揮の仕方は、メンバー同士に信頼関係を築かせてチームとしての力を高める方法です。

関係重視型のリーダーシップを選んだ人は、それぞれの役割分担をはっきりさせておき、役割に合わせた指導をするようにします。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて整理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。

リーダーシップ力をつけるポイント5つ

リーダーとしての資質がなければリーダーシップ力を発揮できないので、皆をまとめ上げることはできません。リーダーとなる人は、皆のお手本となり、尊敬される人物にならなければいけないので、優れた行動力を備えておく必要があります。

リーダーシップ力をつけいたい人は、信頼される仕事をこなすためにはどのようなことが必要かを考えて、自身に欠けているものを補うようにしましょう。

リーダーシップ力をつけるポイント1:決断力をつける

決断力をつけなければ、どの種類のリーダーシップの方法を選んでも力を発揮できません。企業で仕事をする場合、状況を把握する力がなければ決断に踏み切ることができません。また、リーダーになる人は、自分が決断したことに責任を持って仕事をすることも求められます。

役職に就いている人は、自分の決断が悪い方向へ進んでも、部下が信頼してついてきてくれるように普段から行動力を示して仕事をするようにしましょう。

リーダーシップ力をつけるポイント2:コミュニケーション能力をつける

リーダーシップを発揮するためには、コミュニケーション能力が高くなければいけません。どの種類のリーダーシップの方法を取っても基本的な会話やコミュニケーションが成立しなければ意思疎通ができないので、高いコミュニケーション能力が必要になります。

コミュニケーション能力をつけたい人は、会話をする相手に合わせて話題を変えてみたり、ユニークな言葉の表現を使い、他人の心掴むようにしましょう。

リーダーシップ力をつけるポイント3:自らの行動力をつける

自らが行動しなければ、リーダーシップ力をつけることはできません。行動力を示すことで、周囲の信頼度も上がるので、リーダーとなる人は他人より多く動くことが求められます。

行動力をつけたい人は、周囲の人が関心を持つような仕事量をこなすようにしましょう。また、行動力を持って仕事をすることで周囲の信頼度を上げることができます。

リーダーシップ力をつけるポイント4:明確なビジョンをもつ

リーダーとなる人には明確なビジョンが必要になります。明確なビジョンがあることで、どのようなことが必要なのかが把握できるので、部下へ具体的な指示を与えることができます。

リーダーとして仕事をする人は、部下の能力に合わせたビジョンを持ち、目標達成のために必要なことを一つ一つ叶えていくようにしましょう。

リーダーシップ力をつけるポイント5:リーダーの明確化した信念

明確化した信念がなければ、どの種類のリーダーシップの方法を取ってもリーダーとしての力を発揮することができないです。リーダーとして仕事への信念を明確化することができなければ、部下たちが仕事に必要なことはどのようなことかを考えにくくなります。

リーダーとして仕事をする人は、部下が目標を達成しやすいように、仕事をする上で必要な信念を明確化するようにしましょう。

リーダーシップ力を発揮しよう

リーダーの役割を任された人はリーダーシップを発揮するように仕事をしていきましょう。チームとして大きな成果を出すためにも、リーダーシップ力を発揮して皆の力を引き出さなければなりません。

リーダーとして仕事をする人は、一人一人の個性や能力を尊重しながら、思いやりを持って、皆を導くようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました