Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月02日

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう

新人研修を良くしたい方や、楽しく記憶に残る研修内容にするための記事です。新人研修は誰しもが受ける研修なので、他の職員や企業に差をつける絶好のチャンスです。そこで新人職員の質を上げるためのコツやオススメの方法を紹介しています。

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう

新人研修とは

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう
新人研修の目的は入社した新人職員が会社で仕事をしていくための勉強会です。

質の高い会社は将来的に効率よく新人職員を育てることができます。

新人研修をおこなうことで現場で働き始めてトラブルが起きた時や仕事を成功させる方法を事前に学ぶことができます。さらに社会人としてのマナーも学ぶことができるので新人研修はこれから社会で生きていく上で大切な研修になります。

新人研修を行う目的

基礎知識を得て仕事をスタートするための研修です。

これから働く会社のことを知ったり、会社のマナーや社会人のマナーを学ぶことが目的です。実際に働いている人の中でも新人研修の時に配られた資料をお見直したりして再認識しながら仕事に励んでいる人も多くいます。

新人研修は会社で働く上でいちばん大切な研修なのでおこなう会社側はその内容が今後働く人が一生役に立つ内容のものを提供する必要があります。

新人研修で習得させるべきスキル

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう
新人研修の内容が良ければ自然と新人職員が育ちます。

会社の内容や社会人としてのルールを学ぶことが重要です。きちんとマニュアルに沿った仕事がおこなえているかや、他社の方との関わり方などを学ぶことが大切です。

新人研修をきちんと受けていない新人職員は自分の会社だけでなく他社にも迷惑をかけてしまう可能性があります。そこで新入社員には最低限の社内の常識を知ってもらう必要があります。

新人研修を成功させるポイント12コ

新人研修は新入社員が、会社に入社して最初に受け、社会人として生きていく中で一番大切な研修です。そのため、新人研修の成功が会社の今後の業績を左右し、新入社員の成長に一番影響を与える研修になります。

そこで、新人研修を成功させ、新入社員にしっかりと学んでもらうためのポイントを紹介します。
新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう

新人研修を成功させるポイント1:現場の声を取り入れる

新人研修をおこなうなら必ず現場の声を聞いてからおこなうようにしましょう。

前年に新人研修研修を受けた職員の意見を取り入れておこなえば前年を上回る新人研修になること間違いなしです。前年度と同じ内容にならないように注意するようにしましょう。

新人研修を成功させるポイント2:ゴールを明確にする

新人研修をおこなう際は研修を受けている新入職員が何を学べば完了かを知ってもらってから始めるようにしましょう。

新人研修を受けている新入社員は何をどう学ぶことが研修の目的かを理解せず受けている場合が多々あります。そのせいでせっかく開催している研修も印象に残らず学ばなければならない内容も理解しないまま社会人としてスタートすることになります。

そうならないためにまず何を学べばゴールかを明確に伝うましょう。

新人研修を成功させるポイント3:基礎知識を得る機会を作る

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう
新人研修は基礎知識を学んでもらう研修なのでまわりの職員と一緒に再度基礎知識の確認を行う機会にしましょう。

毎年おこなわれる新人研修ですが、おこなう職員や周りの職員に基礎知識がないと新入社員が現場で働き始めて質問されたときに対応できないので毎年勉強するようにしましょう。そうすることで毎年新人研修の質を高めることができます。

新人研修を成功させるポイント4:一気に内容を詰め込み過ぎないように

新人研修はこまめな休憩と、ゆとりのあるスケジュールでおこないましょう。

新人研修は1日で内容を詰め込むのではなく、3日〜5日にかけておこなうようにしましょう。

一気に詰め込んでしまうと、集中力が切れてしまいあまり印象に残らないので午前中4時間研修をおこなえば、午後からは社内案内や実際に仕事をおこなっている現場を見学すれば午前中に受けた研修の内容がイメージしやすくなります。

新人研修を成功させるポイント5:毎回研修をおこなう人を変える

新人研修はいかに記憶に残すかがポイントです。

毎回同じ人の話を長時間聴くと誰だって飽きてしまいます。飽きてしまうとせっかくの研修内容も頭に入ってきません。

そこで、話をする人を変えるようにして進めれば、記憶に残りやすくなります。さらに、研修をおこなってくれた人の顔と名前は自然と記憶に残るので、自己紹介も含めて数人でおこなうようにしましょう。

新人研修を成功させるポイント6:専門知識を持ったゲストを呼ぶようにする

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう
専門家に依頼すれば一緒に学ぶことができます。

例えば、マナーに詳しい講師や、近年注目されているヨガや瞑想の講師を呼び学べば、入社してからのメンタルの保ち方や身体のコンディションを整える力が身につきます。近年、精神病が増えてきているので、最新のケア方法を積極的に取り入れるようにしましょう。

新人研修を成功させるポイント7:研修内容を参加型にする

ただ聴くだけより参加してもらう方が記憶に残りやすいので、必ず研修をおこなうときは研修を受けている人が参加できるプランを入れるようにしましょう。

マナーを学ぶなら必ず身体を動かして声を出しておこなってもらうようにしましょう。インプットよりも、アウトプットの方が大切で、聞いて覚えるより実践するほど身につくスピードが上がります。事前に経験しておけば、現場ですぐに役立ちます。

新人研修を成功させるポイント8:場所を変えて新人研修をおこなう

気分転換に外を案内したり、別の施設で研修をおこなえばより記憶に残ります。

場所を変えるには多くのメリットがあり、新入社員の気分転換や、研修内容を思い出す時に同じ場所でおこなうより思い出しやすくなります。

さらに、会社の施設内の場所なども把握できるので一石二鳥です。

新人研修を成功させるポイント9:講義だけでなく体を動かしてみよう

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう
人の記憶は聞くだけよりも、身体を動かしながらの方が残りやすくなります。

身体を動かすと、脳が活性化され記憶に残りやすくなります。さらに、実際にインプットした内容を実施するとより効果的です。実際におこなうことで、研修を受けている新入社員が退屈することはありません。

新人研修を成功させるポイント10:周りの職員にも手伝ってもらう

必ず新人研修の資料や内容は1人で決めないようにしましょう。

新人研修は各部署の方に協力してもらい、得意な内容を話すようにすれば、より良い内容の研修になります。

周りの職員と協力しておこなうと、研修資料を作成するために勉強して成長することができますし、何より作業を分担すれば効率がアップします。

新人研修を成功させるポイント11:仕事内容だけの研修内容になた内容にする

仕事の話は現場に出てからでも伝える機会はいくらでもあります。

新人研修の内容は仕事の内容ではなく、仕事をおこなう上でのマナーや一般常識などにしましょう。まだ実践したことのない職員にとって仕事内容や、仕事の進め方などを伝えてもよく理解できません。

内容例は、挨拶、コミュニケーションの取り方、日常のメンタルの整え方、食事や健康についてなど長く働いてもらうための方法を伝えるようにしましょう。

新人研修を成功させるポイント12:最新の情報を取り入れるようにする

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう
マニュアルや、古い情報を伝えるのではなく最新の情報を伝えましょう。

新人研修の内容が古いと、若い職員や情報に敏感な社員が研修に興味を持ちません。そうならないためには、研修内容を毎年見直し新しくしていく必要があります。

特に大切なのは、最近ニュースで取り上げられ得ている内容や、流行っているものを取り入れると少しでも興味を持つきっかけになります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ユニークな新人研修の内容例

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう
研修はゲストとアウトプットで盛り上げるようにしましょう。

研修3日間おこなうなら、1日目は会社についての勉強、2日目はマナーや一般常識、3日目はゲストを呼んで一緒に実践すると、盛り上がり楽しんでもらえます。

ヨガのインストラクターを呼びヨガを体験したり、料理教室を兼ねたテーブルマナー教室も学んでおいて役に立つ内容になります。必ず1日目に最終日にゲストが来ることを伝えれば楽しみにしてもらえます。

ポイントを押さえて有意義な新人研修にしよう

新人研修を成功させるポイント12コ|新入社員のやる気を上げよう
新人研修は今後仕事をしていく上で一番大切な研修です。

新人職員の中には、学校を卒業して入社した人が多くいるので、今後社会で役に立つ内容を学んでもらうようにしましょう。ゲストを呼ぶ際の注意点として、遊び感覚にならないような内容にしましょう。

今後一緒に働く新人職員のために、楽しく記憶に残る研修内容を心がけてプランを考えるようにしましょう。

Related