Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ

優秀な若手社員の行動特性とはどのようなモノかご存知でしょうか。優秀な若手社員の行動特性には共通する部分が多くみられます。優秀な若手社員の行動特性を知って類型化する事で、企業にとって研修や人事、採用などに役立てる事ができるようになるでしょう。

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ

行動特性とは?

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
行動特性という言葉を聞いた事がある方もいらっしゃるでしょう。行動特性という言葉はビジネスシーンでよく使われる言葉です。優秀な社員とそうではない社員の違いには「行動特性」というモノが関係してくるでしょう。

「行動特性」とはコンピテンシーとも呼ばれており、優秀な成果を上げる人材に共通した行動パターンや思考パターンの事です。このような行動特性は企業の人事評価などで取り入れられ活用されています。

行動特性が注目される場面は

行動特性は企業人事の現場で注目されています。企業の採用人事に行動特性を取り入れる事で、採用担当者は採用しようと考えている人材の特徴を読み取りやすくなり、業務適正についてもチェックしやすくなるでしょう。

優秀な社員の具体的な行動特性に着目してデータ化すれば、採用しようと考えている人材がどのような部分に秀でているのか、また配属先などを決めるといった事にも活用する事ができるようになります。

優秀な若手社員の行動特性17個

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
優秀な若手社員の行動特性を17個の項目にわけてご紹介します。入社してすぐに実績を上げられる若手社員もいますが、そうではない社員も少なくありません。

業績を上げられないといったマイナス面だけを評価するのではなく、行動特性に着目する事で、企業側から人材を活かせるような配置換えや客観的な評価ができるのではないでしょうか。企業にとって将来有望な若手社員かどうかを見抜くために行動特性に注目してみて下さい。

優秀な若手社員の行動特性1:誠実な対応

優秀な若手社員の行動特性には「誠実な対応」ができるという特徴があります。社員にとっての誠実な対応とは、相手との信頼関係にも繋がるでしょう。

信頼関係を築く事ができる社員は人間関係の輪が広がりやすく、業務を円滑に進める事ができるようになるのではないでしょうか。誠実な対応とは、相手の考えている事や望んでいる事を的確に読み取り真摯に向き合う事と言えます。

優秀な若手社員の行動特性2:ルール遵守

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
収集な若手社員の行動特性として「ルール遵守」も特徴のひとつです。ルールを守るという事は自分にきびしくできるという事に繋がります。

ルールを逸脱するような行動をおこなってしまっては信頼関係を結ぶことはできず、コンプライアンスの面で企業にとっても不利益を被る事になるのではないでしょうか。

優秀な若手社員の行動特性3:マナー意識

優秀な若手社員は行動特性として「マナー意識」の高さもポイントとしてあげられるでしょう。マナーという言葉の中にはさまざまな項目が含まれています。

言葉遣いがきちんとしているかどうか、身だしなみには気をつけているかどうかなど、基本的な事が多いですが、周囲の人間を不快にさせるような態度や見た目は企業にとっても好ましくありません。

優秀な若手社員の行動特性4:チームワーク

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
優秀な若手社員の行動特性には「チームワーク」も欠かす事はできないでしょう。

自分一人でも優秀な成果を上げられる社員もいますが、企業は組織として成り立っています。個人主義で成果をあげるのではなく、周りの社員と協力し合って成果を上げる姿勢は企業の成長にもつながっていくのではないでしょうか。

優秀な若手社員の行動特性5:共感力

優秀な若手社員の行動特性の中には「共感力」も含まれています。「共感力」とは言葉のとおり、共感する力です。

同じ社員同士で悩んでいる事を共感できる事や、頑張っていこうと努力している社員を見て自分も頑張ろうと考える事ができるような社員は共感力があると言えるのではないでしょうか。

そのような人物は他人からの信頼も得やすく、必要としている行動や気持ちに敏感に反応できるという事です。

優秀な若手社員の行動特性6:情報収集力

優秀な若手社員の行動特性には「情報収集力」も含まれていますが、これは企業が成長していく上で必要な特性といえるでしょう。

情報収集力とは、企業が属している業界全体の動きなどを情報として収集する力があるという事が言えます。さまざまな分野に興味を持って情報を収集し分析できる人材は優秀な社員といえるのではないでしょうか。

優秀な若手社員の行動特性7:学習意欲がある

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
優秀な若手社員は、企業に入社した当初から「学習意欲がある」でしょう。

どんな業務内容でも自分のモノにしようと自ら進んで学んでいく姿勢は、将来、人材にとっても企業にとっても大きな力になるのではないでしょうか。成長していく意思を感じ取る事ができる様な学習意欲のある人材は優秀であると言えます。

優秀な若手社員の行動特性8:状況把握力

優秀な若手社員の多くは「状況把握力」を特性として持っています。情報収集力と似ている部分がありますが、状況把握力とは自分や周囲を俯瞰で見る事ができ、冷静に対処する判断を下す事ができるという事に繋がっていくでしょう。

自分の置かれている立場や状況に応じて行動できる人材は「状況把握力がある」優秀な人材であると言えます。

優秀な若手社員の行動特性9:伝達力

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
「伝達力」とは伝える力の事ですが、優秀な若手社員の行動特性には「伝達力」の高さも含まれています。

さまざまなビジネスシーンにおいて、自分の考えや行動を正しく伝える力が無ければ、相手の心を揺さぶる事はできないでしょう。おしゃべりである必要はなく、仕事に関する熱意や行動の意味を正しく伝える力が必要になっていきます。

優秀な若手社員の行動特性10:柔軟性

優秀な若手社員の行動特性として「柔軟性」がポイントとして挙げられます。

実際に起きていないトラブルに自分に対してどのような対応をしていくのか、状況に応じた柔軟な対応ができるかどうかも優秀な社員かどうかを判断する材料になるのではないでしょうか。何事にも柔軟に対応できる事は優秀な社員に求められている事でもあります。

優秀な若手社員の行動特性11:企画を提案する力

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
自ら企画を提案したりする力を持っている社員は優秀だと判断される事が多いでしょう。企業によっても自身にとってもビジネスチャンスを掴むためには、現状に満足せずに更なるアイデアを必要とする事も大切ではないでしょうか。

優秀な若手社員の行動特性12:継続する力

「継続する力」は優秀な社員に特にみられる傾向の特性ではないでしょうか。

企業の業務内容によってはすぐに結果に繋がらない事も多くあります。そのような場合に焦らずに目標に向かって継続していく力を持っている社員は将来成長していくでしょう。あきらめずに努力していく姿勢を見る事で、周囲から信頼される場面も多くなります。

優秀な若手社員の行動特性13:バイタリティ

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
優秀な若手社員には「バイタリティ」があります。「バイタリティ」とはいわば「活力」のようなものであり、企業にとっては活気あふれる職場にするためには必要な要素と言えるのではないでしょうか。

「バイタリティ」のある社員は雰囲気だけでもすぐにわかりますし、一緒にいても感じよく業務をすすめる事ができますので企業は「バイタリティ」のある若手社員を優秀だと評価します。

優秀な若手社員の行動特性14:主体的に行動する

「主体的に行動する」ことで、企業は活性化をはかる事に繋がります。主体的に行動するとは、自らが行動し、考え、学んでいくという姿勢です。誰かのせいにした理、他人まかせにするのではなく、率先して行動できるような人材は企業にとってもプラスになるのではないでしょうか。

優秀な若手社員の行動特性15:プロ意識がある

若手社員だからといって、いつまでも上司に甘えているのではなく、プロとしての意識が高い人材は優秀といえるでしょう。アルバイトやパートというわけではなく、企業にとってのプロフェッショナルだという自覚を持っている人材は成長が期待できるのではないでしょうか。

優秀な若手社員の行動特性16:ストレスコントロールができる

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
優秀な若手社員の多くは、ストレスをコントロールする事が上手にできます。仕事に没頭するあまり、精神を病んでしまっては元も子もありません。そのためストレスコントロールができるという事はとても重要です。

ストレスを解消できるような趣味を持っていたり、時間を有効に使う事ができるなど、上手なストレスコントロールができるかどうかも優秀な社員かどうかの判断材料になります。

優秀な若手社員の行動特性17:度胸がある

優秀な若手社員は度胸があります。度胸があるという事は、どのような場面でも物おじしないという事にも置き換える事ができるでしょう。慎重に行動し過ぎてビジネスチャンスを逃がすような事にならない様な度胸も必要です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

行動特性導入の手順3つ

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
若手社員の行動特性をご紹介しましたが、実際に企業側で行動特性を導入するにはどのようにすれば良いのか考えてみましょう。行動特性を導入する手順には「類型化」「モデル化」「測定と運用」の3つの手順があります。

行動特性はさまざまありますので、まずは特性を理解する事が必要になるでしょう。行動特性を理解した上でどのように導入していけば良いのか、手順に沿って企業の人事に合った方法で導入してみて下さい。

行動特性導入の手順1:基本要素の類型化

導入の手順として、行動特性の基本要素の類型化をはかります。すべての行動特性を書き出してみましょう。書き出した行動特性を類型化しますが、行動特性の類型化には特に決まったわけ方はありません。

企業によって、あるいは研究者や学者によってそれぞれに類型化しています。企業によってどのような行動特性を必要としているのかを判断して類型化する必要がありますが、基本的な行動特性は共通している部分も多いでしょう。

行動特性導入の手順2:モデル化

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
導入の手順としてモデル化も大切なポイントになるでしょう。企業の業種によって必要になる行動特性は変わってきます。企業の役職や部署などで優秀な成果を上げているなど、目に見えてパフォーマンスの高い現役社員の行動特性データをモデル化してみる必要があるでしょう。

モデル化するためには、企業にとっての優秀な成果とはどういった事であるのか、どんな要素を含んでいる事が前提かなどを明確にしておく事も必要になります。

行動特性導入の手順3:測定と運用

手順の3つ目として「測定と運用」も必要になってくるでしょう。測定と運用とは、行動特性を段階にわけて設定しておけば、行動特性を持つ社員のレベルを測定するのが目に見えてわかりやすくなります。

運用の方法も決めておく必要があり、現役の社員全てに導入するのか、部分的な運用をおこなうのか決めておいた方が良いでしょう。まずは採用人事で運用してみて徐々に社員の評価のために活用していくなど始め方はさまざまあります。

優秀な社員の行動特性を把握して会社の運営に取り入れよう

優秀な若手社員の行動特性17個とは?|行動特性を導入する手順3つ
優秀な社員の行動特性についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。優秀な社員の行動特性を把握する事で、どのような人材が企業にとって将来有望であるのかを判断する材料になります。

優秀な人材には共通した行動特性がある事が分かっており、そのような行動特性はさまざまな活用方法があるでしょう。企業の運営に行動特性を取り入れれば、人材の優秀さを数値化する事ができるようになるのではないでしょうか。

Related