Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月19日

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ

多くの人が悩む、若手社員とベテラン社員の就業観の違いをご紹介します。若手社員の就業観を知ってベテラン社員の就業観とのギャップの差を埋める方法を考えよう。実際の年代層による就業観の差や若手育成のための大切なポイントなどもご紹介しています。

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ

若手社員の就業観とは

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ
自分の職場に新入社員が入った人や、新人の研修を担当されている人は、若手社員が考えていることがわからないと悩んでいる人も多いでしょう。世代の違いで仕事の就業観も違い、それがトラブルや若手社員が仕事を辞めてしまう原因につながります。

今回は、そんな若手社員の仕事の就業観についてご紹介します。この記事を参考に若手の就業観を理解し、若手とのギャップを埋め、どう接するべきなのかを考えましょう。

ベテラン社員とは就業観が違う

若手社員とベテラン社員とでは仕事に対する就業観が大きく違います。その違いをお互いが知らないままにコミュニケーションを取り続けてしまうことが、トラブルへとつながってしまいます。

若手社員の就業観を理解し歩み寄っていくことが、若手社員の成長と活躍を促すことにつながります。ベテラン社員と若手社員の就業観の差を上手く埋める方法を考えましょう。

若手の就業観の特徴5つ

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ
ここでは、若手の就業観を5つご紹介します。若手社員の就業観を理解し、ベテラン社員の就業観との差を理解しましょう。

双方がストレスを感じず切磋琢磨していける環境づくりができるようにしましょう。そうすることで、若手社員とベテラン社員両方の就業観を良い方向に変化させることができます。

若手の就業観の特徴1:意味のない仕事はしない

若手社員は仕事をする上で意味を見出したいと考えています。中には直接「この仕事に意味があるんですか?」と言ってしまう若手社員もいます。指示や仕事内容に詳しい意図や意味がわからないと意欲を削がれてしまうからです。

若手社員に指示を出す際は、その仕事にどういった意味や意図があるのかを説明すると良いでしょう。そうすることで若手社員のモチベーションを上げ、前向きに仕事へ取り組める環境を作りましょう。

若手の就業観の特徴2:業務時間を有効に使い残業をしない

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ
若手社員が残業をしない理由は、生産性を上げるために時間の制約を設けるためです。仕事が残ったら残業をするという考えを捨て、定時の時間内で仕事を完遂させるという緊張感を持たせたいからです。

近年では、youtube活動や在宅の仕事を副業とし、スキルアップや収入を期待している人も多く、就業後にそちらの活動に励みたいという若手も増えています。

若手の就業観の特徴3:計画通りに仕事を進める

若手社員の中で計画的に仕事を完遂し定時に帰宅することはモチベーションの向上に直結しています。定時に帰ることができたという達成感が、モチベーションにつながっています。そして明日の仕事も頑張ろうという力に変わっていきます。

逆に、定時間近のタイミングで急に仕事を振られ残業になってしまうとストレスを感じてしまい、モチベーションが低下してしまい仕事の効率を落としてしまうことにもつながってしまいます。

若手の就業観の特徴4:飲み会に参加したくない

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ
飲み会の席で、無礼講はあってないようなもので、上司には当然気を使います。せっかくの勤務外の時間で、気を使うようなことはしたくないと若手は考えます。まして、飲み会に行けば少なくない出費が発生します。

なので、若手社員は飲み会に割く時間やお金を自分のために使いたいと考えています。飲み会に若手社員を連れて行きたいのであれば、無理にお酒を飲ませたりせず、緊張しすぎない空気を作ってあげると良いでしょう。

若手の就業観の特徴5:失敗することが怖い

多くの若手社員は、失敗をすることを恐れてしまい仕事の効率が落ちてしまったり、逆にミスを起こしてしまう人がいます。

また、新しい仕事を振られた際に、失敗が怖いあまりその仕事自体を断ってしまう人もいます。何度も繰り返される失敗は良いことではありませんが、失敗から学べることも多くあります。

若手社員が失敗した際には、その失敗をどう活かすかを正しく教え、チャレンジ精神を向上させることが重要になります。

若手とベテランの就業観の違い3つ

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ
ここまで、若手社員の就業観についてご紹介してきました。これらを踏まえて実際に若手社員とベテラン社員の就業観の違いを見比べて見ましょう。

ここでは、若手とベテランの就業観の違いを3つご紹介します。

違い1:モチベーションの違い

若手の就業観でモチベーションに繋がるものは、就業時間内に仕事を終えることや、計画通りに仕事を完遂させることなのに対して、ベテラン社員は、難しい仕事を完遂し、成果に見合った給料を貰うことがモチベーションに繋がる人が多いです。

逆に若手社員の中には給料を多く貰うことよりも、定時に帰れることや休日を優先する人も多いです。

違い2:仕事と家庭の優先度の差

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ
ベテラン社員の多くは家庭や子供のために仕事を頑張れるという人も多いでしょう。しかし、若手社員の中にはそもそも結婚をしたくないと考える人が増えていっています。逆に趣味などを優先して会社の送別会などを断ったりする人も多くいます。

若手は誰かよりも自分を、ベテランは自分よりも家族やお客様をモチベーションにつなげる傾向があります。

違い3:理解できない指示に対する反応の違い

ベテランの多くは指示を出したことに対して自分で考え臨機応変に動いて欲しいと考えます。ですが、若手社員の中には指示を出せれていないことはやらないと考える人が多いです。そのため、お互いの中でストレスを感じてしまいトラブルの原因になります。

若手社員に指示を出す際は何をどこまでやって欲しいのかをきちんと説明しましょう。その上で経験を積んで指示の先を考えられるように育てていくことが重要になります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

若手社員育成の大切なポイント3つ

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ
若手社員の就業観を理解した上でベテラン社員の就業観とのギャップを埋め、この先会社のために貢献できるように育てていく必要があります。

若手社員を育てる上で大切なポイントを3つご紹介するので、自分の若手育成方法を向上させるための参考にしてください。

ポイント1:目的を正しく説明する

どのように些細に見える仕事にも意味や目的があることを説明してあげましょう。仕事を指示するだけでなく説明を加えることで、モチベーションの向上と同時に仕事への理解を深めさせることにも繋がります。

若手社員の中には疑問を感じても口にできない人や、自分の感じている疑問を正しく言葉にできない人もいます。若手社員の気持ちに寄り添ってあげることで、考える力やコミュニケーション能力の方面の向上も促すと良いでしょう。

ポイント2:一度で覚えさせようとしない

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ
若手社員に何かを教えるときに「一度しか言わない」や「同じことを聞かないように」という言葉を使わないようにしよう。これらの言葉は質問できない環境を作ってしまう原因になります。

何度でも質問できる空気や環境を作った上でメモを取らせて、若手社員も自分で確認が取れるようにしておきましょう。また、実際に取ったメモを確認し指摘をすることで、メモの取り方やメモを取ることに対する姿勢も向上させることができます。

ポイント3:根性論になっていないか意識する

ベテラン社員の中には「とにかくやってみる」や「見て覚える」ということを言う人がいます。こういった教え方では若手社員のモチベーションは下がってしまう一方です。

また、上司の若いころはという言葉を毛嫌いする若手も少なくありません。若手社員と接する際には、生産性や効率に重きを置いて話をすることを心がけましょう。

若手の就業観を知って理解しよう

若手の就業観の特徴5つとは?|若手とベテランの就業観の違い3つ
いかがでしたか。若手社員とベテラン社員の就業観の違いや、その差を埋めるためのポイントなどをご紹介しました。

年代層の考え方のギャップがストレスや誤解を生み、若手の会社離れえとつながってしまうことが無いように、上手く溝を埋め、多くの若手社員が将来のベテランへと成長できるように環境を作っていきましょう。

この記事をご覧いただき、少しでもそういったより良い環境づくりに役立てていってください。

Related