Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法

企業への愛社精神や忠誠心を示す言葉である「忠誠心(ロイヤリティ)」をご存知でしょうか。会社への忠誠心を向上させることでさまざまなメリットがあります。ここでは忠誠心を向上させるための方法や、忠誠心の高い社員の特徴などをご紹介します。

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法

忠誠心とは

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
忠誠心(ロイヤリティ)とは、会社への愛社精神や忠誠心を示す言葉です。

忠誠心は適正な人事評価や社内でのコミュニケーションなど、社員の満足度を高めることでアップできます。社員のロイヤリティ向上は、会社にとって大きな問題の一つです。

忠誠心が向上することによる会社へのメリット

社員の忠誠心が高まると、離職率の低下や生産性の向上につながります。

自社の製品やサービス、自社そのもののアピールにつながります。また、忠誠心の高い社員は、会社と顧客の双方に対して貢献度が高い傾向にあります。

忠誠心を向上させるための方法7つ

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
忠誠心を向上させるにはどうすれば良いのでしょうか。

日本では長年、終身雇用制度が保証されていたため、社員の忠誠心を維持できていました。しかし近年、そのような日本の伝統的な雇用制度が崩れつつあるため、忠誠心を向上させるにはさまざまな企業努力が必要となってきています。

ここでは会社への忠誠心を向上させるための方法についてご紹介します。

忠誠心を向上させるための方法1:会社の歴史について学ぶ

忠誠心を向上させるには、会社の歴史や功績を学ばせましょう。

会社の歴史を学び、どんな人物が働いてどんなことをしてきたのか知ることで、会社への忠誠心が高める効果が期待できます。

例えば研修やレクリエーションなどを通して、企業についての知識を深められる機会を設けるなどの方法があります。

忠誠心を向上させるための方法2:社員同士のコミュニケーションの場を設ける

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
忠誠心を向上させるには、会社の歴史や功績を学ばせましょう。

現代の働き方では、仕事とプライベートは別と考えるのがスタンダードとなっています。しかしあえて、社内レクリエーションなどでプライベートな時間を社員同士で過ごす機会を設けてみるのも効果的です。

会社側でコミュニケーションを取る機会を設けることで、相互理解を深めることに役立ちます。

忠誠心を向上させるための方法3:結果の数値だけでなく対話を重視

忠誠心を向上させるには、業務に対する目標や数値だけでなく対話を重視しましょう。

上司と部下の関係を構築する際、対話を行うことも非常に大切なポイントです。結果だけでなく個人を見てくれる企業だということが伝われば、会社へのより忠誠心を高めることができます。

そのためには、まずは部署のリーダーなど直属の上司とコミュニケーションを取る機会を設けましょう。

忠誠心を向上させるための方法4:部下と上司のコミュニケーションを深める

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
忠誠心を向上させるには、部下と上司のコミュニケーションを深めましょう。

会社が忠誠心の向上について施策を行っても、現場の上司と部下の関係が悪ければ忠誠心の向上は見込めません。普段からミーティングやヒアリングする機会を積極的に取り入れて、思っていることを正直に打ち明け合える関係を築きましょう。

忠誠心を向上させるための方法5:会社への貢献に対しインセンティブを付ける

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
忠誠心を向上させるには、会社への貢献に対してインセンティブを設けましょう。

勤続年数が長い社員や、会社に大きく貢献した社員に対して賞与を設けることで、社員のモチベーションアップを図ることが可能です。

また、近年では転職が普通になってきていますが、賞与を与えることで優秀な人材が他社へ流れることを防げます。

忠誠心を向上させるための方法6:カスタマージャーニーマップを社員にも活用する

忠誠心を向上させるには、カスタマージャーニーマップを社員にも活用しましょう。

カスタマージャーニーマップとは、顧客が商品やサービスの購入に際し、どのように感じたかの流れをマップにしたものです。これは社員の忠誠心向上にも活用できます。

具体的には、社員がなぜこの会社を選んで就職活動を行ったのか、働いていてどのように感じたのかなどを可視化することで、何が足りなかったのか把握することが可能になります。

忠誠心を向上させるための方法7:キャリアと忠誠心を組み合わせましょう

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
忠誠心を向上させるには、キャリアと忠誠心をうまく折り合わせようましょう。

社員自身のキャリアへの忠誠心と、会社への忠誠心は相容れないものではありません。社員のキャリアアップのために会社が支援することで、自分の技能向上に役立つと同時に、会社への忠誠心を向上させることが可能になります。

具体的には、資格取得のための研修や、資格取得者への報酬などを用意するなどの方法があります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

忠誠心が高い社員の特徴

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
忠誠心が高い社員にはどういった特徴があるのでしょうか。

会社としては忠誠心が高い社員に活躍してもらい、生産力の向上や利益に貢献してもらいたいと考えているでしょう。実際に、忠誠心が高い社員はさまざまな利益をもたらしてくれます。

ここでは忠誠心が高い社員に特徴についてご紹介します。

自社製品やサービスの優れた点を理解している

忠誠心が高い社員は、自社製品やサービスの優れた点を理解しています。

企業に対する忠誠心が高い社員は、自分が勤めている会社をもっとアピールしたいと考えるようになります。そのため、自発的に自社の製品やサービスを広めたり、顧客満足度の向上も図るようになります。

さらに自社製品の優れた点をより理解しているので解説やアピールの仕方も上手く、本心で接客することが可能となります。

就業時間外でも業務に役立つ勉強をしている

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
忠誠心が高い社員は、就業時間外で自主学習の時間を取っています。

忠誠心が高い社員は会社をより良くすることを考えています。そのため、会社により貢献するには何ができるかを考え、就業時間以外でも仕事に取り組んだり、業務の役に立つ自己学習を行ったりしています。

例えば、業務を効率化できるようなシステムを作ったり、業務に貢献できるような資格取得をしている社員は忠誠心が高いといえます。

忠誠心の4つの段階

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
忠誠心には4つの段階があります。

企業の成長のために、社員の忠誠心を向上させたいと思う経営者も多いでしょう。そのためには、まず社員の忠誠心の段階を確認することが必要です。忠誠心がどの段階にあるのかを知ることで、個別に忠誠心を向上させるアプローチが可能になります。

ここでは、忠誠心4つの段階について解説していきます。

忠誠心の段階1:誠の忠誠心

誠の忠誠心とは、企業に貢献しようという姿勢が見られる段階です。

企業に対する忠誠心が強く、それにともない業績も良いという特徴があります。すでに忠誠心が高い状態となるため、今後忠誠心が下がらないようにサポートを行うことが重要です。

忠誠心の段階2:表面的な忠誠心

表面的な忠誠心とは、一見会社に貢献しているように見えますが、会社に対する忠誠心がない段階です。

仕事内容は好きではないが、金銭的、精神的余裕がないため現在の企業や業務を選んでいるような状態になります。この段階は、機会があれば転職してしまう可能性も高くなります。

この段階の社員を思い留めさせるためには、仕事に対するやりがいを見つけさせる、職場でのコミュニケーションを増やすなどの工夫が必要です。

忠誠心の段階3:潜在的な忠誠心

潜在的な忠誠心とは、会社に対しては好意的な意見を持ちながらも行動が伴わない段階です。

忠誠心を持ちながらも、実力や資質が業務内容に伴わないなどの理由で表面上は結果を出せていないような社員のことを指します。

そういった場合はヒアリングを行い、潜在的な忠誠心を持つ社員がより実力を発揮できる環境をつくることができれば、より社員の忠誠心を向上させることも可能です。

忠誠心の段階4:非忠誠心

非忠誠心とは、会社に対して忠誠心がなく、転職や離職を考えている段階です。

この段階では高い忠誠心を求めるのは難しく、忠誠心を向上させるために施策を取っても無駄になってしまう可能性があります。

このような社員の離職を避けるためには、社員が会社に留まるような手段を考える必要があります。

社員の状態を把握することが忠誠心向上への第一歩

忠誠心(ロイヤリティ)とは何か? | 忠誠心を向上させる7つの方法
社員の忠誠心を向上させることは企業の重要なテーマです。

社員の忠誠心を高めるために、個人を尊重した社内環境を整え、モチベーションを維持することは大切です。また、社員一人ひとりの忠誠心の段階を見定め、それぞれにあったフォローを行うことも重要となります。

会社にとって貴重な人材を育てるためにも、社員の状態を把握し、忠誠心の向上に努めましょう。

Related