Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

人事のプロとは?人事のプロとしての重要ポイント4点を解説

人事は、会社経営の成功のために良い人材の採用に努めます。人事のプロは、人の隠れた能力を見抜く必要があります。人事のプロは見た目だけでは判断しません。能力はもちろんコミュニケーション力も、メンタルの強さも、価値観も全ての面において目を光らせます。

人事のプロとは?人事のプロとしての重要ポイント4点を解説
バナー

人事のプロの定義

人事のプロである限り、しっかりとした定義があります。企画・教育・運用など、人事にはたくさんの役割があります。

役割一つ一つにしっかりとした定義があり、人事のプロにかかれば採用面では成功あるのみです。プロではない人事しかいない会社は残念ですが成功の道はふさがってしまっているでしょう。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

人事担当の役割

人事担当の役割は一見、会社に貢献する人材を採用するという役割のように思えますが、他にもあります。

まずは企業の経営目標の達成のために優秀な人材を採用し、各部署に最適な人員を配置する、人材の教育、また社会でのマナーや研修、社会保険手続、勤怠管理、給与計算、健康診断、福利厚生業務や安全衛生管理なども人事の仕事となります。

マナーや研修に関しては、外部に委託するケースもあります。

主な仕事

人事の主な仕事は、優秀な人材を採用することです。組織が常に最適な状態であり、その組織の最適化に取り組めるような優秀な人材の採用に励んでいます。会社にとって縁の下の力持ちという存在でもあります。

与えられた仕事をしているということはもちろん会社のためにはなりますが、採用した人材こそが会社の経営を成り立たせているということになります。人事は会社にとって欠かせない人材です。

人事の重要性

人事という仕事は会社にとってとても重要な役割を任されています。一昔前は人事と言えば面接・採用というイメージでしたが、現在では教育・評価・企画といった採用以外にもたくさんの役割をもっています。

長時間労働はしていないか、また社員の健康管理などの幅広い役目がありますので人事は最も重要な仕事です。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

人事のプロとしての重要ポイント4点

人事のプロになるには必ず注意しなければならない点が4つあります。まずは成果の定義から始めることです。

仕事の中でまずは成果を考え、このような成果を出すにはどのように教育、指導するべきかを考えてから行動します。経営と現場の橋渡しをしてビジネスを進めていくことも重要です。また、運用に関しての割合も考えなければなりません。

プロとしての重要ポイント1:成果の定義から始める

人事のプロはまず、「どのようにすれば成功するのか」と考え行動に移します。逆に、人事のプロがいない会社はとにかく研修研修と、日々研修づくめで教育をしようとします。もちろん、ただ思うように教育をするだけで成功の絵など描きはしません。

人事のプロがいるいないとではこのように違います。人事のプロは「成果の定義から始める」ということを実践しています。どのように動けば成功するのか、まずはその考え方からスタートしましょう。

プロとしての重要ポイント2:経営と現場の橋渡し

人事のプロのもう一つの重要な役割は、経営側の方針と現場との考え方、やり方が一致しているかの調整をするということです。経営と現場の橋渡しがきちんとできていなければ会社は大変な危機に陥ります。

人事のプロは経営と現場の橋渡しがきちんとできますので、会社は安泰ということです。人事のプロは会社にとってとても大切な存在です。

プロとしての重要ポイント3:運用の割合

企画は会社にとっても社員にとってとても大切なことです。しかし人事のプロは企画が2とすれば運用を8として進めていきます。企画をたて企画通りに進めるというよりも、運用して成功をさせるということが重要だといえます。

もちろん企画をすることも大切なのですが、実際には企画をする段階よりも運用を重視して成功をさせましょう。企画の段階でこれは成功すると考えている人事はプロではありません。

プロとしての重要ポイント4:人を見る目

人事のプロになるには人を見る目がなければなりません。人を見る目は人の好いところ、悪いところが見れることです。時には騙されたりすることもありますが、人事のプロは的確に人間の本質を見抜き、しだいに周囲からも信頼されていきます。

まさに企業の人事は企業に携わる全体の人から信頼され、企業のために日々素晴らしい人材を探しています。服装や持ち物からも人の性格などを読み取れることも人事のすごいところです。
バナー

人事のプロが個人を理解するための要素5つ

人事のプロは、個人のどこを見るのかを決めており、その要素は5つあります。まず仕事に最も必要とされる能力、どんなことにも立ち向かうことができるのかというメンタルです。

仕事はチームワークが必要ですので、コミュニケーション力、個人が何が好きなのかそれがどれぐらい好きなのか、個人が周囲からどのように見られたいのか、これらの要素を一瞬で見抜く力を持っています。これら全ての要素が一個人を理解できるものとされます。

人事のプロが個人を理解するための要素1:能力

能力を持つ人は知識が豊富で何をどうしようという考えを持ち、また柔軟性のある応用の利く考え方ができる人です。こうなるためにはどのようにするべきか、考えて頭の中で整理して自らが持っている知識をもとにじっくりと考えて結論を出すという行動がとれます。

ただ、物知りなだけでなく、柔軟性のある知能でじっくりと考えて答えが出ます。

人事のプロが個人を理解するための要素2:メンタル

社会で仕事をするということは様々な試練と立ち向かうということも視野に入れなければなりません。チームワークで仕事をするにしても全ての人の考えが同じではありませんし、むしろぶつかり合うことのほうが多いでしょう。

そんなときは強いメンタルが必要になります。メンタルが強くなければ何かがあるたびに落ち込み、仕事どころではなくなってしまいます。

人事のプロが個人を理解するための要素3:コミュニケーション力

人と人とのコミュニケーション力のある人は仕事ができる人です。自分ひとりでどんどん仕事を進めていくような人はいつかは転落します。仕事はチームワークが必要ですので、コミュニケーション力を持つ人は必ず成功します。

人事のプロは個人のコミュニケーション力の有無を重要とします。コミュニケーション力は話しているだけでわかりますので、個人を理解するためにはとてもわかりやすい要素だと言えます。

人事のプロが個人を理解するための要素4:対象

その個人がどんなことが好きなのか、どんなことに興味があるか、逆にどんなことが嫌いなのかということです。

例えば、人と話すことが好きだから販売の仕事が好き、また営業の仕事が好き、ファッションが好きだからアパレル関係の仕事に就きたいなど人それぞれの好き嫌いはあります。その好きはどのぐらい好きなのかによってその個人の将来が見えてきます。

人事のプロは、その個人の対象さえ見抜きます。

人事のプロが個人を理解するための要素5:周囲との価値観

周囲からどのように見られたいのかということです。例で挙げれば、単純に「好かれたい」「頼られたい」または「人に負けたくない」などがあります。どの要素もそれぞれの個性がありますが、このうちの「人に負けたくない」という人は、伸びる可能性が大いにあります。

人は人、自分は自分といった人は競争心がないので、自分のペースで仕事ができればいいかなというマイペースな人が多いです。人事のプロは部署の雰囲気などを考慮して、色々なタイプの人を選びます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

人事のプロとは?人事のプロとしての重要ポイント4点を解説
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人事のプロの特徴

人事のプロは、神様ではないので人を見ただけで性格を見抜くわけではありません。話してみて接してみてその人が持つ様々な特徴を知り理解をしようとします。

さらに、その個人をどのように教育すれば育つか、どのように接すれば伸びるのかということを把握していますので、どんな人材でも人事のプロにかかれば思い通りに成長をします。ただし、個人にやる気がなければ人事のプロでも不成功に終わることもあります。

人事のプロになるには

人事のプロになるには、とにかく人を観察することです。

人事の仕事は、会社に貢献する人材を採用することだけではありません。人材の教育もしなければなりません。人を教育することはとても難しいことです。

個々の特性を理解した対応を心がけましょう。

人事のプロについて知ろう

企業に入社をするとどんな会社でも必ず最初は研修というものがあります。人事のプロは採用・不採用だけにかかわるだけではなく、研修でも大きくかかわります。

個人の特徴、性格をどのように活かせば成功をするのかをきっちりと把握きできているため、個々に応じた教育ができます。

教育を通して、会社の貢献に寄与できるような人材に成長させていきます。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related