Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?

さまざまな働き方が可能となっている現代、「企業」が望むリーダーシップとはどのような人材のことをいうのでしょうか。自由なワークスタイルを維持しながらも、更なる「企業」の発展を目指すために必要なリーダーシップについてのノウハウを詳しくご紹介します。

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?

リーダーシップとは

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
「企業」が望むリーダーシップとはどのような事を指すのでしょうか。本来リーダーシップとは企業という集団の中で統率を図りながら、組織を正しい方向へ導く管理者的業務を言います。

リーダーという職域を任されるには、判断力や忍耐力、仕事の円滑な進め方などさまざまなスキルを要します。「リーダーシップ」とは常に自身のモチベーションを保ちつつ、部下を育て、成果を残し、企業を発展へと導く大切な役割といえるでしょう。

定義

「リーダーシップ」の定義とは何を指すのでしょうか。人の上に立ち「指示」、「管理」だけを行うものではなく、成果を上げるためにチームと一緒に業務を遂行し、そこで働く人間の「信頼」を勝ち得た上で成り立ります。実現するためには「率いる力」を磨く必要があります。

学歴や年功序列といった企業が設けた判断基準で決められる職務ではなく、最後まで業務を共に成し遂げられる「強い信頼」を勝ち得た者がだけが許される職務です。

ピーター・ドラッカーの提唱

ピーター・ドラッカーとはオーストリア出身の経営学者です。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」という小説が記憶に新しいですが、企業に必要な「経営」や「管理」など、マネジメントにかかる様々な考え方を生み出した人物です。

常に提唱していることのひとつに、リーダーシップとは一人で成し遂げれるものではなく、チームからの厚い信頼とその者たちを率いる力だと述べています。

PM理論

PM理論とはP=performance「目標達成」と、M=maintenance「維持するための管理能力」という2つの要素から成り立つ理論のことを指します。この二つの軸のどちらが欠けても理想のリーダーシップとは言えません。

PとMの両方が高いスコアで維持できていることが「リーダーシップ」として能力が高いと評価されています。PM理論に基づき理想のリーダーシップを目指すことは、企業にとっても、そこで働く従業員にとっても非常に大切なことです。

リーダーシップの企業への効果3点

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
理想の「リーダーシップ」を目指すことは、企業にとって非常にプラスな効果をもたらすことにつながると言えます。「企業」が事業を発展させるうえで必要不可欠な要素は、優れたリーダーシップを持った人材を各プロジェクトに起用することです。

優秀且つ成果を上げることのできる人材を抱えることで企業は発展し、リーダーシップを兼ねそろえた人材は企業の大切な財産となり、更なる高みへと導いてくれる存在となるでしょう。

リーダーシップの企業への効果1:仕事の円滑化

企業でリーダーシップを発揮できるということは、プロジェクトを円滑に進めるうえで非常に大切なことです。リーダーシップを持った人材を起用できる企業や組織は、スムーズに成果を上げることが可能となります。

仕事をするうえで必要な一体感を高め、成果を出すために業務が着実に遂行できているかをコントロールする司令塔が必要です。仕事を円滑に進めるための組織管理やマネジメントは必要不可欠な要素と言えるでしょう。 

リーダーシップの企業への効果2:モチベーション

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
企業で働くうえで必要な要素のひとつが「モチベーション」です。働く従業員ひとりひとりがやる気と向上心を持ちながら業務に取り組むことで、高いパフォーマンスが発揮されます。

優れたリーダーシップのもと、常に従業員の置かれている状況を把握し、必要に応じた軌道修正を行うことで高いモチベーションが維持されます。リーダーシップ能力の高い企業で働く従業員は、常に高いモチベーションで業務に取り組むことができます。

リーダーシップの企業への効果3:社員の自主的行動の誘発

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
企業や組織の中には、非常に厳しい管理体制とルールのもとで業務を行わなければならない場合も少なくありません。

しかしながら、それでは働く従業員の「やる気」と一緒に「自主性」も失われ、その結果「決められたことだけを言われた通りにする」だけの受動的な働き方となり、高いパフォーマンスは見込めません。

企業のリーダーシップに求められることは、従業員ひとりひとりが能動的に行動できる環境作りと言えるでしょう。

リーダーシップに必要な能力5つ

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
企業に必要なリーダーシップには5つの能力が必要です。

「明確なビジョン」・「業務に関する管理能力」・「適材適所への人材配置」・「コミュニケーション能力」・「タイミングを見定めたうえでの行動力」であり、どれが欠けても企業が満足する成果は収めることができません。

理想的なリーダーシップを目指し、必要な能力を身に着けることが非常に大切です。企業に必要なリーダーシップについての能力5つを詳しくご紹介します。

リーダーシップに必要な能力1:明確なビジョン

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
企業の望むリーダーシップの能力に「明確なビジョン」があります。企業の売上アップを目指し、いくつものプロジェクトが進められている中、そこに携わる業務のゴールを明確にしなければいけません。

部下への適切な仕事配分、クライアントとの打合せなど、方向性の間違いが出ないように管理する事が大切です。リーダーシップには常に明確なビジョンと、しっかりした計画性、さらには周囲に伝えるコミュニケーション力も必要です。

リーダーシップに必要な能力2:業務状況の管理

企業の中で円滑に仕事を進めるためには、適切な「業務状況の管理」が重要です。クライアントへの納期やプロジェクト毎に契約している協力会社、部下の業務進捗など、全ての業務状況を把握する必要があります。

業務状況を理解し、今後発生するリスク回避をすることも必要です。リーダーシップに欠かせない業務状況の管理能力は、仕事を円滑に進めていく上でとても大切な要素のひとつと言えるでしょう。

リーダーシップに必要な能力3:適切な人材配置

企業が必要とするリーダーシップの能力は、プロジェクトに関わる人材の適切な配置です。個人ひとりひとりの能力を見極め、適切な仕事をさせて行く事がトラブル回避につながると言えるでしょう。

初めから完璧に出来る人材は少なくても、人材の適性をしっかり見極める事ができるリーダーシップがあれば、その人材の伸びしろを考えた計画的な業務遂行が可能になると言えます。

リーダーシップに必要な能力4:人間関係の配慮

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
多くの人が様々な考え方をもって集まっているのが企業です。ひとりひとりの仕事の捉え方や取り組み方が違うからこそ、個々の「能力」や「モチベーション」、「悩み」や「不満」をしっかり考慮することが大切です。

その人の目線で見て仕事に取り組むこともリーダーシップに必要な能力の1つと言えます。リーダーシップには、その人に適した人間関係の配慮と問題を察知した場合の迅速な対応が必要とされています。

リーダーシップに必要な能力5:必要なタイミングでの行動

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
企業で必要なリーダーシップに欠かせないのが「行動力」です。プロジェクトの目標達成にむけた適切な人員配置と業務管理、部下のモチベーション維持と最後まで業務に取り組む姿勢などがポイントになります。

全ての業務の中で必要に応じた行動力が求められており、アクションを起こすタイミングの見極めが重要な能力のひとつと言えるでしょう。「適切な判断」と「タイミングの見極め」はリーダーシップには必要不可欠な要素です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

リーダーシップ育成ツールの活用

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
リーダーシップに必要なスキルを磨くための育成ツールを活用し、次世代に後継者を創り出していかなければなりません。誰でもなりたいからと言ってなれるものではありません。

素養や経験を考慮し、リーダーに相応しい人材を育成する事は、企業の発展を遂げるために必要な取り組みの1つです。今いる逸材を未来のリーダーにするため、企業はあらゆるツールを用意し、リーダーシップが発揮出来るフィールドを提供する事が大切です。

ポインツ・オブ・ユーとは

ポインツ・オブ・ユーとはどのようなものでしょうか。リーダーシップやコーチングに必要な管理能力や、自己実現に向けての育成プログラムやツールを提供しています。

キーワードカードなどの専用ツールを使用することで、全く新しい視点で自分を見出し、潜在的にある自身の能力を引き出してくれる仕組みです。ポインツ・オブ・ユーを活用することで組織の問題点や課題を解決出来るリーダーシップ能力を身につける事ができます。

ポインツ・オブ・ユーの特徴

ポインツ・オブ・ユーの特徴のひとつに、写真やいくつものキーワードが書かれたカードを使用して、チームディスカッションを行うものがあります。

ひとつの物事も多方面から見て観察する事で、違った発想が閃き、見えていなかった問題点が可視化できるようになります。ポインツ・オブ・ユーで学ぶことで思考力を身につけるとともにチームで協力しながらさまざまな発想力を高めることが出来ます。

写真を使って話す

ポインツ・オブ・ユーでリーダーシップの能力を高めようとする手法の一つとして写真を使ったカリキュラムがあります。写真をある一定の角度からだけ眺めるのではなく、多方面から分析し結果を導き出します。

ひとりでは知り得なかったことも、チームで協力することで更なる効果が得られます。写真ひとつを「ただの写真」ではなく、さまざまな答えを導きだし、共有することで、表現力の豊かさがスキルとして身につくでしょう。

カードを使ったセッション

ポインツ・オブ・ユーのカードを使用したセッションはリーダーシップの育成に役立てられています。「カード」にはさまざまな「キーワード」が書かれています。その言葉を使う時の状況、心境など、考えられるケースをチームで話し合います。

人の気持ちは個々人によって異なり考え方も違います。他者の異なる見方を受け入れ、自身の行動に活かすことができるツールであり、セッションすることで尊重しあえる能力が身につきます。

採用している世界的企業

ポインツ・オブ・ユーのトレーニングを受けることで、優秀なリーダシップの能力が身につくと多くの企業がそのコーチング方法を採用しています。誰もが知っているGoogleやチームワークで華麗なパフォーマンスを繰り広げるシルクドソレイユもそのひとつです。

世界的に有名な企業も積極的に取り入れているポインツ・オブ・ユーの仕組みは、優秀なリーダシップを育てるツールとして魅力あるものの一つと言えるでしょう。

企業成長にはリーダーシップが欠かせない

リーダーシップと企業成長|リーダーシップに必要な能力5つとは?
働き方もさまざまな現代、企業が更なる発展を遂げるためには、強力なリーダーシップを持った逸材が必要です。

徹底した業務管理や緻密な戦略により売上向上に繋がる判断をし、部下や企業、クライアントとの間に立ち、突出した成果を成し遂げる能力は企業にとって無くてはならないものです。

そのために企業はリーダーシップを発揮出来る環境整備と、いかに人材育成に力を入れていくかが今後の重要な課題のひとつと言えるでしょう。

Related