Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

新入社員フォロー研修プログラムの例6つ|成長に必要な認識とは?

新入社員は真っ新な状態で入社されますので、うまく指導をしていくと正しい方向性に導きやすい傾向があります。しかし、正しい指導が容易なようで難しい一面があるので、新入社員研修やフォロー研修の外注がお勧めです。各研修についてまとめたので、参考にして下さい。

新入社員フォロー研修プログラムの例6つ|成長に必要な認識とは?
バナー

フォロー研修とは

フォロー研修とは、新入社員研修や中堅社員検収を終えて、しばらく経った後に、もう一度研修をすることを指します。

このフォロー研修の大きなメリットとしては、新入社員研修では学ぶだけになってしまう形になるので、現場に立った途端に躓いてしまうということがよくあります。

このように学んだ後に実践をし、その後に取りこぼしたところをフォローしていくのはフォロー研修の大きなメリットです。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

新入社員成長のために認識しておくこと3つ

フォロー研修を行うのは、中堅管理職などの上の立場の方も受けるのですが、新入社員の方もフォロー研修を受けることがありますが、そのために認識しておきたいことは3つあります。

新入社員が成長するために必要なフォロー研修とは、どのような事を認識しておいたら良いのでしょうか。その認識しておくべきこと3つを挙げていきましょう。

新入社員成長のために認識しておくこと1:成長を認識させ続ける

例え他の新入社員などに比べて、成長が今一つと思われるような新入社員の方であっても、必ず成長ポイントがあるはずですので、その成長認識させ続けることが必要です。

成長を望んでダメ出しや注意をするということは悪いことではないのですが、ともすれば「何をやってもダメだ」と考えて、成長が停滞することがあります。そのようなことから、フォロー研修でいかに成長しているかを実感してもらうことも必要です。

新入社員成長のために認識しておくこと2:身につけるべきスキルの把握

新入社員がフォロー研修で成長していくためには、身に付けるべきスキルを把握しておく必要があります。

新入社員の方は、可能性のある重要な人材です。身につけるべきスキルを把握し、成長していくことが必要です。新入社員の方であれば、どのように成長していくかを自主的に正しい方向に進ませるのは難しいことです。

フォロー研修をすることによって、正しく身につけるべきスキルを把握することができます。

新入社員成長のために認識しておくこと3:コミュニケーション力やチーム力の重要性

時折「仕事さえできていれば仲良しクラブではないのだから、社員の人と仲良くする必要はない」と言われる傾向がありますが、企業だからこそコミュニケーション能力がチーム力に必要ですので、フォロー研修で認識してもらう必要があります。

会社においては「報・連・相」なども重要ですが、これも人間関係が歪だと、うまくいきにくい傾向があります。そのためにも、コミュニケーション力、チーム力を必要となってきます。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

新入社員フォロー研修プログラムの例6つ

新入社員フォロー研修のプログラム例は、主に6つあります。

この6つは、仕事において全て必要なものですので、新入社員のフォロー研修のプログラムとしてぜひとも取り入れたい物です。では早速、新入社員フォロー研修のプログラムとして、必要なものの例6つを見ていきましょう。

新入社員フォロー研修プログラムの例1:仕事を進めるPDCAサイクル

PDCAサイクルとは、Plan(プラン)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)のことを指し、仕事を進める上では欠かせない物です。

何事においても行き当たりばったりではいけませんので、計画をする必要がありますし、それを実行しないと意味がありません。さらには、それに関する評価と改善点があるのであれば、改善点を見つけていくことでより、仕事の質を高めていくことができます。

新入社員フォロー研修プログラムの例2:報連相のやり方

「報・連・相」とは、報告、連絡、相談の3つのことを指しますが、企業に属しているのであれば必須のスキルですので、新入社員のフォロー研修としても取り上げられるところはあります。

例えば報告1つをとっても、事実だけを言うのか、それとも自分の意見も合わせて言うのかなど、報告の仕方が変わってくることがあります。報告の仕方1つとってもバリエーションは色々ですので、具体的に研修で学んでいく必要があります。

新入社員フォロー研修プログラムの例3:良質なコミュニケーションの方法

簡単なように見えて難しいコミュニケーションの方法ですが、ある程度の形を参考にすることによって、良質なコミュニケーションに近づいていくことができます。

こちらは得意な人と、不得意な人と大きく分かれますのですが、できれば苦手な人に合わせて研修していくことで効果が得やすいところがあるでしょう。

新入社員フォロー研修プログラムの例4:質の高い仕事をするためのコツ

優先順位をつけ、順位を付けた通りにやっていくことで、質の高い仕事ができる一面がありますが、新入社員の方はうまくできないこともあるので、研修で学んでいく必要があります。

さらには、この仕事のゴールを設定することも、慣れている方にとっては簡単にできることでも、初めてであったり経験が浅かったりすると難しいことがありますので、研修でそれを学んでいくということによって、質の高い仕事を目指すことができます。

新入社員フォロー研修プログラムの例5:ストレスとの上手な向き合い方

社会人にとってストレスはつきものですので、ストレスはどう付き合っていくかというのが、新入社員のフォロー研修でも重要になってきます。

昨今は、精神的に調子を崩して休養したり退職をしたりする方が増えています。

社会人として最も基本的なスキルですので、ストレスとの付き合い方はフォロー研修としては外せないところがあります。

新入社員フォロー研修プログラムの例6:基本のビジネススキル

フォロー研修として重要な事に、基本的なビジネススキルがあります。

このビジネススキルも社会人としてやっていくと、自然と身に付くところがあるのですが、新入社員であれば、そのようなことは未経験であるということから、基本的なビジネススキルを押さえていない可能性があります。

そのような時に、このビジネススキルに関するフォロー研修が役立ちます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー

新入社員フォロー研修におすすめのサイト

大企業であれば、自社で独特な研修はできるのでしょうけれど、中小企業においては、新入社員フォロー研修をする時間や手間、費用が潤沢に用意できない一面があるので、新入社員フォロー研修を外注する企業は増えています。

そこで新入社員フォロー研修についての日時や、どのようなことをするのかなどが詳しく書かれているサイトについて紹介していきます。

insource

コールセンター、営業など専門的な研修もあるのですが、もちろん新入社員のフォロー研修についても取り上げられているサイトで、色々な研修について見ることができます。

さらには研修員を派遣する形で独自の研修メニューを作ることができますので、どのような研修をしたいかということが選びやすいことも特徴です。

リクルートマネジメントスクール

リクルートマネジメントスクールは、1名からの研修も受け入れているので、中小企業などで新入社員を1名だけ採用した形であっても、参加できるフォロー研修が取り上げられています。

短いもので3時間、長いもので2日の通いが多いですので、仕事の合間に参加するということもできるでしょう。

フォロー研修はもちろんのこと、新入社員研修1年後の振り返りというような、細々とした研修を受けることができるのも特徴です。

新入社員のフォロー研修を積極的に行おう

新入社員は吸収する力が強い傾向にありますので、新入社員研修をしたことで基礎を固め、さらにフォロー研修をすることによって正しい方向に成長することができます。

このようなことから、積極的に新入社員のフォロー研修を行い、正しい思考や行動ができる人材を育成していきましょう 。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related