Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

ベテラン社員を活性化させる方法4つ|ベテラン社員の問題点4つ

ベテラン社員という言葉を聞いたことがありますか。ベテラン社員は会社にとってお荷物だとおもわれがちですが、活性化させることによって会社の大きな戦力となります。ここではベテラン社員の定義とタイプ、問題点と、ベテラン社員を活性化させる方法をご紹介します。

ベテラン社員を活性化させる方法4つ|ベテラン社員の問題点4つ
バナー

ベテラン社員とは

ベテラン社員という言葉を知っていますか。ベテラン社員とは、40代後半~65歳までの社員のうち、部下や責任ある部署を持つ管理職以外の人を指します。

一般的には長年勤め出世して管理職につく人が多い世代でも、出世もせず扱いにくい存在として「ベテラン社員」といった言い方でいわれています。ここではベテラン社員のタイプと、ベテラン社員の問題点、活性化させる方法などをみていきます。

ベテラン社員の定義

ベテラン社員の定義とは、40代後半~65歳までの人のうち、部下を持つような管理職になっていない人のことです。入社以来何年も勤務し、会社のことに精通してはいるものの、その仕事ぶりが上司や会社から評価されずにいるという立場の人です。

このベテラン社員は、現在組織にのしかかる存在として問題になっています。そのため、ベテラン社員をいかに活性化させて企業に貢献させるかが課題となっています。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

ベテラン社員のタイプ3つ

ベテラン社員は、ポストオフタイプ、職人タイプ、のんびりタイプの3つのタイプに分けられます。ベテラン社員がどういった特徴をもち、また陥っている課題や悩みがどういったことなのかを分析することは、今後ベテラン社員が活性化していくためには重要になってきます。

ここでは、ベテラン社員のタイプ別の特徴や陥っている課題をみていきます。

ベテラン社員のタイプ1:ポストオフ

ベテラン社員のタイプにポストオフタイプがあります。ポストオフタイプの特徴は、元管理職で仕事における能力は高いものの現状ではその実力を発揮できていないというタイプです。そのため課題としては、上司とのコミュニケーション不全を改善することが必要です。

また、昇進一途で方向性が見えにくくなる人もこのタイプです。このタイプのベテラン社員は実力はあるため、活用の仕方次第ではすぐに戦力になる可能性を秘めています。

ベテラン社員のタイプ2:職人タイプ

ベテラン社員のタイプに職人タイプがあります。職人タイプのベテラン社員の特徴としては、限定された専門性を持ち、異動経験も少なく過去のやり方しか知らないということです。

過去には専門性の高い部署で実力を発揮していたものの、異動によってその力を発揮できていないという人もこのタイプです。課題としては、専門性を持つ技術が陳腐化されていて付加価値がないことを認めて新たな技術を取り入れるよう努めることになります。

ベテラン社員のタイプ3:のんびりタイプ

ベテラン社員のタイプに、のんびりタイプがあります。のんびりタイプのベテラン社員の特徴は、現状に不満がなく、来たいされる役割より明らかに低レベルの業務を行い、それでも自分は会社に貢献していると自負しているというタイプになります。

このタイプはのんびりしており積極性がなく、自分自身と向き合ったことがないという課題があります。結果オーライなタイプで、何事も流れに任せるタイプです。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

ベテラン社員の問題点4つ

ベテラン社員とはどういった社員なのか、またタイプ別のベテラン社員の特徴をみてきましたが、ベテラン社員には問題点がいくつかあります。ここではベテラン社員の問題点について4つご紹介します。

これからベテラン社員を活用していきたいという方は、以下の問題点を確認して対応策を練ってみてはいかがでしょうか。

ベテラン社員の問題点1:モチベーションが低い

ベテラン社員の問題点としてはモチベーションが低いということが挙げられます。ベテラン社員は企業に長年勤務しても、管理職となることなく平社員のまま年を重ねた人です。

そのため、会社に貢献したい、もっと昇進したい、といったモチベーションは低い人が多い傾向にあります。または、入社当時は高かったモチベーションが年々なくなっていったという人もいるでしょう。モチベーションが低ければ成果を出しにくく問題といえます。

ベテラン社員の問題点2:できる仕事が限られる

ベテラン社員の問題点としては、できる仕事が限られるということが挙げられます。ベテラン社員は前述のようにモチベーションが低く、事なかれ主義の人が多いため、修得する仕事も範囲が狭い傾向にあります。

そのため、割り振れる仕事が限られており、使えない社員となっている可能性が高いです。中には仕事ができるベテラン社員もいますが、できる仕事の範囲が限られているという場合も多いです。

ベテラン社員の問題点3:年下上司の言う事を聞かない

ベテラン社員の問題点としては、年下上司の言う事を聞かないということが挙げられます。ベテラン社員は、勤続年数は長いものの出世できない状態の人たちですので、自分より年下の社員が上司になっていきます。

それまで自分たちが新人研修や後輩としてきた人たちが上司になるのですから、すぐに上司として言う事を聞きにくい状況です。特にベテラン社員の中にはプライドだけは高く実力が伴っていない人たちが多く、問題です。

ベテラン社員の問題点4:自分への自信がなくなっている

ベテラン社員の問題点としては、自分への自信がなくなっているということが挙げられます。ベテラン社員は、出世できず(または自ら諦め)にいる人たちですので、周囲からの信頼も高くはないことが多いです。

そのため、必要以上に自分の力に自信をなくしている可能性が高いです。必要以上に自信をなくしてしまうと、自己肯定ができず仕事に打ち込めなくなってきます。また自信のなさはモチベーションの低さにもつながっていきます。
バナー

ベテラン社員を活性化させる方法4つ

ベテラン社員の問題点がわかりました。ではベテラン社員は使えないとバッサリ切れば良いのでしょうか。ベテラン社員には社員としてそれまで培ったノウハウがありますし、また一朝一夕にはできない人脈があります。

それらを十分に発揮して会社に貢献してもらうこと、ベテラン社員を活性化させることが会社にとって最も有効です。ここではベテラン社員を活性化させる方法を4つご紹介します。

ベテラン社員を活性化させる方法1:キャリアデザイン研修を行う

ベテラン社員を活性化させる方法にキャリアデザイン研修を受けることがあります。キャリアデザイン研修とは自分の経験やスキルを肯定的に評価し、これから会社を通じどのように社会に関わりをもつか、また将来のビジョンについて考える研修です。

キャリアデザイン研修により、自分の置かれている位置を確認するとともに、将来の理想を思い描いてそれに向かって何をすれば良いかを前向きに考えることができ、活性化されます。

ベテラン社員を活性化させる方法2:一対一面談をする

ベテラン社員を活性化させる方法としては、一対一面談を設けるということがあります。一対一面談によって、会議のようなかしこまった場と違いお互いに自然体で話すことができます。

それにより、ベテラン社員がいま何に悩んでいるのか、課題は何かを探ることができます。また、本人のやる気についても一対一で話を聞いた方がわかりやすく、一人一人何をすれば良いのかわかり、ベテラン社員が活性化されます。

ベテラン社員を活性化させる方法3:本音で話し合う場を設ける

ベテラン社員を活性化させる方法としては、本音で話し合える場を設けるということがあります。ベテラン社員は年齢では同僚よりかなり上であるために、相談があってもなかなか打ち明けることができません。

しかし、ベテラン社員が本音で話し合える場を設けることにより、何に苦労しているか、どこをフォローすれば乗り越えられるかがわかりやすくなります。ベテラン社員を活性化させるためにも本音で話し合う場を設けてみましょう。

ベテラン社員を活性化させる方法4:思い込みを捨てるよう仕向ける

ベテラン社員が仕事への情熱をなくすきっかけは、年齢の割に出世できない、同期や後輩が自分を追い抜かし上司になったという状況です。しかし、そういった年齢と仕事の思い込みを取り除くことでベテラン社員を活性化することができます。

クオリティの高い仕事をする、チームワーク良く取り組むことは年齢関係なく重要で、ベテラン社員を活性化させるためには年齢と仕事の関係の思い込みを払拭し、仕事への情熱を取り戻すことです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ベテラン社員を活性化するメリット

ベテラン社員を活性化するメリットには、ベテラン社員には活用するだけのノウハウと人脈があるということです。ベテラン社員は総合的には出世できなかったとしても、それまで長年培ったビジネスにおけるノウハウや人脈があります。

ベテラン社員が活性化することによって、その潜在的な能力を企業のために活かすことができます。ベテラン社員を活性化することは企業にとって大きなメリットがあるということを認識しましょう。

ベテラン社員の活性化は重要

いかがでしたか。ベテラン社員は、もう役に立たない存在だと諦めず、その能力を活かすよう活性化に努めましょう。ベテラン社員は自分が置かれている状況に自信をなくして、仕事への情熱をなくしている場合も多いです。

しかし、仕事への意識を変えることで、それまで培ったノウハウいと人脈によって驚くほど企業への貢献をしてくれる可能性は高いです。ベテラン社員の活性化はとても重要だということを認識しましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related