Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

社員のためになる!内定者研修で取り入れるべき企画ゲーム厳選10選

内定者研修で行うゲームには、さまざまな種類と目的があります。企業が求めているスキルを参加者に養ってもらうために、適切なゲームを実施することが大切です。内定者研修で行うゲームの種類を知り、どのようなメリットが存在するのかを紹介します。

社員のためになる!内定者研修で取り入れるべき企画ゲーム厳選10選
バナー

内定者研修の意義

内定者研修は、企業の方針や社会人のマナーを学ぶ大切な機会です。責任を伴って組織の中で経験を培っていく社会人になることを意識づけます。

しかし、企業側の内定者研修の第一目的は「内定辞退の防止」と言われています。内定者は企業に対して「精神上の満足感」を求めている傾向にあります。

したがって、コミュニケーションを取る中で企業と内定者の考え方や求めていることをすり合わせていくことを企業は目的としています。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

内定者研修におすすめのゲーム10選

内定者研修で行うゲームの種類はさまざまあります。その中で、内定者に対して適切なゲームをするには、企業が研修を行うことで内定者に達成してもらいたいことや目的を理解する必要があります。

内定者が研修で学んだことをどのように自社で活かしていくか、そのために養ってもらいたいスキルは何なのかを考えることで、内定者研修を有意義な時間にすることができます。

ここで内定者研修に取り入れるのにおすすめゲームを紹介します。

内定者研修におすすめのゲームその1:想像と言葉 NEW

内定者研修におすすめのゲーム「想像と言葉」は、40枚の言葉のカードからランダムに選んだ3つの言葉から連想される単語を想像する連想ゲームです。それぞれ考えた単語を発表し、他の参加者と同じ言葉だったら1ポイント獲得し、1番ポイントの獲得数が高い人が勝利です。

人数は2~12人の約30分で比較的内定者研修に取り入れやすく、他人との共感力や語彙力が養われるので、人にサービスを提供する企業におすすめです。

内定者研修におすすめのゲームその2:マシュマロ・チャレンジ

内定者研修におすすめのゲーム「マシュマロ・チャレンジ」は、乾燥パスタとマシュマロを使ってチームで協力してタワーを作り、1番高いタワーを作れたチームが勝利というゲームです。

人数は4~6人の約30分~2時間なので、導入として取り入れることもじっくり取り組むこともできます。

PDCAサイクルを回す力が養われ、チーム全員で協力して役割分担することができるのでチームビルディングにも役立つゲームです。

内定者研修におすすめのゲームその3:十人十色

内定者研修におすすめのゲーム「十人十色」は、チーム内の1人を対象者にし、対象者に対して問題を出してチームの予想する答えと対象者の答えが一致したらポイントを獲得できるゲームです。人数は3~7人の約1時間でじっくりできます。

自分の好みと相手の好みの違いを知り、考え方は人それぞれだということを再認識できるため、第三者の好みや趣向を意識することを求められるマーケティングの考え方を養うことができます。

内定者研修におすすめのゲームその4:ルールライティングワーク

内定者研修におすすめのゲーム「ルールライティングワーク」は、全員が知っているゲームのルールを紙に書きだし、一人ずつ発表するゲームです。発表したら正解と間違いを指摘し合い、正解を多く出した人の勝利です。人数は3~8人で約20分程度でできます。

当たり前の情報を知らない人に伝える難しさを改めて知ることができ、業務のうえで欠かせない「わかりやすく人に説明する」ことの難しさと大切さを学ぶことができます。

内定者研修におすすめのゲームその5:他己紹介ゲーム

内定者研修におすすめのゲーム「他己紹介ゲーム」は、二人組になってお互いに質問を繰り返し、相手のことをチームに紹介するゲームです。人数は6~10人で約30分~1時間程度で行うので、じっくりとコミュニケーションをとりながら取り組むには最適なゲームです。

相手の情報を引き出す情報収集力と、自分のことを伝えるコミュニケーション能力を養われるため、内定者研修に取り入れるゲームとしておすすめです。

内定者研修におすすめのゲームその6:バースデイライン

内定者研修におすすめのゲーム「バースデイライン」は、チームを作り制限時間内に誕生日の早い人から順番に並ぶゲームです。会話や筆談はNGで、終始無言で行わなければなりません。制限時間がきたら自分の誕生日を発表し、メンバーの誕生日を間違えずに並べたチームが勝利です。

相手の気持ちを推測するノンバーバルコミュニケーションの重要性と、言葉で伝える切さを学ぶことができるので、組織の中での思考法を養います。

内定者研修におすすめのゲームその7:リアル脱出ゲーム

内定者研修におすすめのゲーム「リアル脱出ゲーム」は、数人でチームを組み、部屋に隠されたヒントを見つけながら謎を解いて部屋から脱出するゲームです。制限時間内に脱出できれば成功、できなければ失敗です。ネットで生まれたゲームで、比較的親しみやすいゲームです。

思考の柔軟性や発想力が試され、チームで情報共有したり役割分担して謎を解いていくことで、コミュニケーション能力やチームビルディングを養うことができます。

内定者研修におすすめのゲームその8:NASAゲーム

内定者研修におすすめのゲーム「NASAゲーム」は、アイテムの書かれたカードを使って出された問題をチームで解決するゲームです。このゲームの面白いところは、NASAによる模範解答があるところで、NASAによる正解に近いチームが勝利です。

それぞれ自分の意見を発表し、対立した場合は多数決や諦めではなく話し合って合意する必要があるので、合意形成の難しさを体験して自身のコミュニケーションスキルを把握できます。

内定者研修におすすめのゲームその9:ワークスタイルトランプ

内定研修者におすすめのゲーム「ワークスタイルトランプ」は、「働き方」に関するキーワードが書かれた52枚のトランプから、内定者が最も大切だと思うキーワードを10枚選び、価値観について話し合うことを目的としたゲームです。

内定者は自分の思考を可視化することで自分自身を見つめ直すことができ、企業側は自社との方向性をすり合わせすることができます。内定者の潜在意識を導き出し、認識のズレをなくしていきます。

内定者研修におすすめのゲームその10:ビブリオバトル

内定者研修におすすめのゲーム「ビブリオバトル」は、1人5分程度で自分の好きな書籍を紹介するゲームです。すべてのプレゼンが終了した後、読みたくなった本を投票し、一番投票数の多かった人が勝利です。

プレゼンでは、本の内容をまとめるだけでなく、自分のおすすめポイントや感想を伝えることが重要です。ゆえに、プレゼン力が試されるほか、アウトプットすることを意識して読書する力を身に着けることができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

内定者研修でゲームを取り入れるメリット5つ

「たかがゲームに貴重な内定者研修の時間を割くのはもったいない」と思われがちですが、内定者研修にゲームを取り入れることはいくつかのメリットがあります。

このメリットは参加者だけでなく、企業側にとってもプラスに働くことが多いため、内定者研修だけでなくグループワークなどにも積極的に取り入れている企業は数多く存在します。

ここからは内定者研修にゲームを取り入れるメリットをご紹介します。

内定者研修でゲームを取り入れるメリット1:コミュニケーション

入社したばかりの参加者は他の参加者のことを知らないので、会話がしにくい状況にあります。また、企業の研修という状況に緊張しています。

ゲームを取り入れることで、ゲームが他の参加者と会話するきっかけになり、円滑にコミュニケーションがとりやすくなります。

一緒にゲームをするうちに緊張感も解けていくので、リラックスした状態で研修に臨むこともできるので集中力が持続して充実感のある時間を過ごすことができます。

内定者研修でゲームを取り入れるメリット2:積極性

内定者研修で行うゲームは、自分たちが自主性を持って進めるゲームがほとんどです。それゆえに自ら意見を発信し、行動することを求められます。これは、実際の仕事の現場でも求められることです。上司の指示を待つのではなく、自分から行動する力を養う必要があります。

ゲームを通じて、参加者が発言や行動をしやすい環境を作ることができるので、目的に向かって自ら積極的に行動していく力を養うことができます。

内定者研修でゲームを取り入れるメリット3:時間の配分

実際の仕事では、納期や締め切りが存在します。これが守れないと取引先の信用を失ったり、仕事のできない人だと思われてしまいます。試行錯誤して良いものを作ることは大切ですが、納期を守ることは最重要事項です。

ゲームでは目的に到達する時間が決められています。決められた時間の中でチームの意見をまとめたり結果を明らかにすることで、時間配分を考える力や限られた時間の中で結果を出す力を養うことができます。

内定者研修でゲームを取り入れるメリット4:フィードバックする機会

内定者研修でゲームを取り入れると、参加者が今まで自分でも気づいていなかったスキルや得意不得意が明確化できます。また、自分の思考を視覚化しやすくなるので、自分の考えを改めて整理するきっかけになります。

ゲームは、進行の仕方や結果がはっきりと見えるので、参加者がそれぞれ良かった点と悪かった点をフィードバックして、その内容を仕事に活かしていくことができます。

内定者研修でゲームを取り入れるメリット5:入社前に親密度が上がる

ゲームを通してコミュニケーションをとったり、一緒に目的に達成した達成感を味わったことで、参加者同士の親密度が上がります。また、お互いの名前を覚えるきっかけにも繋がります。

親密度が上がると、互いの得意不得意や性格をある程度把握しているため、実際の仕事の現場でも円滑にコミュニケーションをとりながらチームビルディングを無意識に発揮できます。
バナー

内定者研修にゲームを取り入れよう

内定者研修のゲームにはいろんな種類と目的があること、たくさんのメリットがあることがわかりました。参加者が「楽しい研修だった」と思えることは、企業のイメージもプラスに働きます。

言葉だけではわかりにくい感覚的な部分を「わかる言葉」で相手に伝えるコミュニケーション力など技術的な部分などをゲームでは学ぶことができます。

楽しく学びつつ、実際の仕事にも活かせる有意義な内定者研修をしましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related