Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月18日

新入社員研修で習得させるべき6つのスキルと研修内容例|成功のポイント

新入社員研修は、毎年行っている会社が多いです。しかし新入社員研修の成果がいまいち出ないと考えている人事担当も多いでしょう。そこで、効果的な新入社員研修について詳しく紹介していきます。新入社員研修を見直して、会社の将来を明るいものにしていきましょう。

新入社員研修で習得させるべき6つのスキルと研修内容例|成功のポイント

新入社員研修を行う目的

新入社員研修を行う目的は、新入社員が社会人としてスムーズにスタートすることを支援することです。さらに業務上の基礎知識の取得はもちろんのこと、学生から社会人へのマインドチェンジを重視している場合も多いです。

さらに新入社員研修は、会社の事業の理解やコンプライアンスについて認識の取得を目指すことも増えてきています。

いずれにせよ、新入社員が早く一人前になることを念頭にプログラムを作っていることが多いです。

新入社員研修で習得させるべき6つのスキルと研修内容例

それでは、新入社員研修で習得させるべき6つのスキルと研修内容例を紹介させていきます。新入社員研修の効果が例年いまいちだと考えている会社は、スキルと研修内容の見直しをしてみると良いでしょう。

新入社員研修で習得させるべきスキル1:ビジネスマナー

新入社員研修で習得させるべき1つ目のスキルは、ビジネスマナーです。学生時代はビジネスマナーとは無縁の世界で暮らしていたという新入社員も多いでしょう。

ビジネスマナーは、身だしなみから電話対応、ビジネス文書やビジネスメールの作成など多岐に渡ります。教える量が多いので、新入社員研修では基本的なところのみを教えることが多いです。

新入社員研修担当の人は、教えておきたいという所を絞っておくと良いでしょう。

小見出し:研修で扱う内容の例

ビジネスマナーを教える際の研修で扱う内容の例は、挨拶や笑顔、身だしなみ、言葉遣いがメインになることが多いです。挨拶や身だしなみは、社会人の基本です。

さらに言葉遣いは、実際にベテラン社会人であっても完璧にできているという人は少ないでしょう。人事担当者が指導することも良いですが、新入社員研修で社外講師を呼ぶこともおすすめです。

新入社員研修では机上の勉強になることが多いので、注意が必要です。

新入社員研修で習得させるべきスキル2:対人力

対人力を付けることは、新入社員研修で大事です。対人力は、顧客だけでなく社内生活を円滑に進めていくためにも必要なスキルです。

さらにコミュニケーション力は、人として生きる上で大事になってきます。新入社員研修で改めて学習する機会を与えることで、社会人として活躍する道が見つかるでしょう。

最近の若者は、SNSの発達によって対面での人とのやり取りが苦手な人も多いです。対人力を研修でも身に付けさせましょう。

研修で扱う内容の例

対人力を付けさせたい新入社員研修で取り扱う例としては、話す力やチームワーく力、リーダーシップなどです。

考え方を教えるだけでなく、演習と組み合わせて学ばせることも大事です。チームに分かれて、商談ドラマで登場人物の気持ちを読み解かせるなどすることもおすすめです。

さらに新入社員研修で学んだ内容を配属先でも活かせるように工夫をすると効果が出やすいでしょう。研修内容を直属の上司に報告させても良いです。

新入社員研修で習得させるべきスキル3:タイムマネジメント力

タイムマネジメント力は、新入社員研修で取り扱いたいスキルです。何を優先して仕事をするかということを考えるきっかけにしてみると良いでしょう。

さらに学生時代は、不規則な生活をしていた人も多いです。しかし、社会人になって寝坊してしまうということは、タイムマネジメント力が付いていないと言えるでしょう。

実際の職場に行く前に規則正しい時間を身に付けさせるため、新入社員研修に遅れず参加させることも大事です。

研修で扱う内容の例

タイムマネジメント力を付ける研修の例は、業務管理をどのようにするのかということをチームで話し合いをさせるなどです。

実際の業務例などを参考にどの業務から行えば良いのかを考える機会を持たせましょう。場合によっては、外部から講師を読んで新入社員研修を行うこともおすすめです。

さらに時間の感覚を大事にしたい場合は、新入社員研修を合宿形式で行うことも良いでしょう。規則正しい生活が身につきます。

新入社員研修で習得させるべきスキル4:論理的思考力

論理的思考力は、社会人にとって大事なスキルです。すぐに身につけることは困難ですが、考え方の基礎作りをしてあげましょう。

先入観にとらわれていては、仕事上支障が生じるケースも少なくありません。状態を見つけ、適切に問題点を把握し解決していく力が必要です。

論理的思考力は、仕事の好きと以外にも人生に役立つ考え方です。しっかり身につくように研修で伝えていきましょう。

研修で扱う内容の例

論理的思考力を付けたい場合は、グループで問題を解決するなどゲーム感覚で行える研修がおすすめです。

座学だけではなかなか理解できない人もいるので、架空の問題などを提示し実際に考えさせてみることも良いでしょう。対人力もつくので、おすすめです。

色々な考え方があるということを知ることができば、新入社員の考え方の幅が広がります。外部講師などを上手く利用していきましょう。

新入社員研修で習得させるべきスキル5:ITリテラシー

ITリテラシーは、新入社員研修で習得させるべきスキルです。ブログやSNSに慣れ親しんでいる新入社員も多いですが、個人情報の取り扱いなどをしっかり学ばせる必要があります。

企業によっては、個人情報の取り扱いのミスは業務に大きく関係します。さらに最近ではTwitterなどに企業秘密をアップして、大騒動になってしまうケースも少なくありません。

ITリテラシーに関しては、専門家を呼ぶと良いです。

研修で扱う内容の例

ITリテラシーの研修で行う内容は、ビジネスソフトの操作や情報モラルなどがおすすめです。特に情報モラルは、新入社員研修でも時間を使うと良いでしょう。

新入社員研修では会社の独自のビジネスソフトがある場合は、簡単に取扱い方の学習をしておくと良いです。ただ実際現場に行ってから学ぶこともあるので、情報モラルや情報漏えいの恐ろしさを研修では重点的にしましょう。

実際の例などを紹介することもおすすめです。

新入社員研修で習得させるべきスキル6:感情のコントロール

新入社員研修で感情のコントロールについて学ぶことがとても大事です。最近では感情のコントロールが上手くできずに退職してしまう新入社員も少なくありません。

ストレス対策にも繋がりますが、会社側としてもモチベーションの維持を学ばせることはとても大事です。会社にメンタルを支える部署がある場合は、新入社員研修で周知させておくことも大事です。

感情のコントロールについては、新入社員の上司も学ぶ必要があるでしょう。

研修で扱う内容の例

研修で扱う内容の例としては、仕事で嫌なことがあった時にどうすれば良いのか新入社員で話し合うグループワークなどを取り入れることです。

さらにストレス対策をどうしているのかや困った時はどうすれば良いのかを話し合ったりする機会を新入社員研修で持たせることも大事です。

場合によっては、ストレス対策を専門にしている講師などに依頼して話をしてもらうこともおすすめです。

前向きに仕事をしてもらうように努めましょう。

新入社員研修の計画の5つの立て方

ここからは、新入社員研修の計画の立て方について紹介していきます。5つのポイントに絞っているので、ぜひ参考にしてみましょう。

特に新入社員研修が上手く行っていないと感じている場合は、計画が上手くなっていない場合があります。今一度見直してみましょう。

新入社員研修の計画の立て方1:現状を分析し課題の洗い出しを行う

現状を分析し課題の洗い出しを行うことは、新入社員研修の計画に大事なことです。。新入社員が本当に何を求めているのかを知ることが大事です。

毎年の新入社員をみて傾向がある程度把握できる場合もあります。毎年新入社員が躓いている共通のポイントがあれば、その部分を新入社員研修で取り扱った方が良いでしょう。

新入社員研修の後は、アンケートを取って次の新入社員研修の役に立てることもおすすめです。

新入社員研修の計画の立て方2:研修の実施目的とゴールを明確にする

研修の実施目的とゴールを明確にすることは、新入社員研修以外にも会社の研修でとても大事です。研修の実施目的とゴールを明確にしないと、新入社員側も困ってしまいます。

さらに高すぎるゴールを設定することは、新入社員にとって辛い研修になるでしょう。まずは新入社員が社会人になるための手助けをするつもりで研修を計画してみると良いです。

新入社員研修の計画が難しい場合は、外部講師と相談してみることもおすすめです。

新入社員研修の計画の立て方3:研修フローを作成する

研修フローを作成することは、とても大事です。研修フローを作成しないと、研修が計画どおりに進まないことが多いです。

ただ研修フロ―にばかり固執することは、おすすめできません。新入社員の反応を見て、研修フローを組み替えていくと良いでしょう。

積極的に新入社員にアンケートを取ったり、新入社員のざっくばらんな意見を聞いてフローを変化させていけばその年に最適な新入社員研修ができるでしょう。

新入社員研修の計画の立て方4:プログラムを決める

プログラムを決めることは、とても大事です。新入社員研修で何を学んでほしいのかを計画的に考えましょう。

新入社員研修は、時間が限られています。そのため全てを新入社員研修のプログラムに入れることはできません。

まずは会社が新入社員に何を求めるのかを人事で考えると良いでしょう。さらに人事だけではプログラムが考えられない場合は、外部講師などに相談した方が良いでしょう。

新入社員研修の計画の立て方5:新入社員研修の担当者を決める

新入社員研修の担当者を決めることは、まず最初に行いたい点です。新入社員研修の担当者は、ベテラン社員と若手社員でタッグを組んだ方が良いでしょう。

さらに男性社員と女性社員の両方が、新入社員研修の担当者になった方が良いでしょう。人事に精通している人だけでなく、新入社員の悩みを理解できる人を選ぶことがおすすめです。

新入社員研修の担当者を決めることは、その後の新入社員の社会人人生に大きく関わってきます。

新入社員研修を成功させる5つのポイント

ここからは、 新入社員研修を成功させる5つのポイントについて紹介していきます。 新入社員研修を成功させたいと考えている人は、ぜひチェックしておきましょう。

なかなか 新入社員研修を成功しない会社は、5つのポイントが押さえられていない可能性があります。計画を見直すなどしていきましょう。

新入社員研修を成功させるポイント1:現場と連携し情報を共有する

現場と連携し情報を共有することは、成功のポイントになってきます。人事ばかりで研修内容を考えていても、現場の即戦力にならないこともあります。

まずは、現場が新入社員に何を求めるのかを詳しく聞き取りましょう。さらに昨年の新入社員にアンケートをして、何を学びたかったのかを聞いてみることもおすすめです。

現場の不満をくみ取った研修をすることは、新入社員側が現場に言った時にもスムーズに溶け込めるでしょう。

新入社員研修を成功させるポイント2: 目的にあった研修形態を選択する

目的にあった研修形態を選択することは、何よりも大事です。まずは会社として目的を決めると良いでしょう。

座学中心で実際のことは現場で学んでほしい場合は、徹底的に机に向かって勉強させると良いでしょう。

実践も交えた研修にしたい場合は、グループになって話合いをしたり、ロールプレイなどをすると良いです。

さらに研修形態は新入社員のタイプによっても適切な形態が違います。新入社員の意見も取り入れてみましょう。

新入社員研修を成功させるポイント3:定期的に計画の見直しを行う

定期的に計画の見直しを行うことは、新入社員研修にとって大事です。毎年新入社員研修をバージョンアップしていくと良いでしょう。

特にITリテラシーの研修は、毎年取り巻く環境が変わっていきます。人事だけでは対応できない場合は、外部講師などを利用することをおすすめします。

さらに計画どおりにいかないことが当然なので、毎日見直していきましょう。現場の意見を聞きつつ、計画の見直しを行っていくと良いです。

新入社員研修を成功させるポイント4:効果測定を行い理解度を確認する

効果測定を行い理解度を確認することは、成功への近見です。テストなどが行える分野の場合は、テストを行っていくと良いでしょう。

さらに新入社員研修が終わった後の様子や実際仕事で学んだことを使えているかどうかを確認することが大事です。

あまり理解度が進んでいないと感じる分野に関しては、再度研修を行ったり、計画の見直しを行うと良いでしょう。

効果測定ができない場合は、現場の上司の声などを参考にすると良いです。

新入社員研修を成功させるポイント5:研修会社の活用

研修会社の活用は、成功への近道です。コストはかかりますが、研修をより良い物にすることができるでしょう。

多くの会社で研修の外部委託は、利用されています。懇意にしている他社の人事担当者がいれば、研修会社をどのように利用しているのかを聞いてみることもおすすめです。

研修会社を利用した場合も、新入社員にアンケートを実施し費用対効果を測ると良いでしょう。上手に活用し、頼り過ぎないことも大事です。

効果的な新入社員研修を実施しよう

効果的な新入社員研修は、会社の将来に大きく関わってきます。どのようにして効果的な新入社員研修を行うかを会社でよく話し合いましょう。

時には外部講師の力を借りたり、現場の声を参考にしてプログラムを作っていくことが大事です。新入社員の声も積極的に利用して活用していきましょう。

また効果的な新入社員研修は、アフターフォローも大事です。新入写真が長く働いてくれるように工夫していきましょう。

Related