Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月08日

適性検査の意味とは?|適性検査を行う6つの意味と検査の種類

適性検査はほとんどの企業が取り入れている方法ですが、適性検査をおこなう意味にはどのようなモノがあるのかご紹介します。適性検査には専門知識を問うようなテストもあるでしょう。適性検査をおこなう意味や適性検査の種類を知って人事を効率よく進めていけるようにして下さい。

適性検査の意味とは?|適性検査を行う6つの意味と検査の種類
バナー

適性検査とは

適性検査とはどのようなモノなのかご存知でしょうか。適性検査は今やほとんどの企業がおこなっている検査です。適性検査をおこなう意味についても考えてみましょう。

適性検査にはさまざまな種類があり、一般的な筆記テストや能力、性格などのテストを行います。受験者が多い場合には人数を絞るための意味も含めて実施する場合も多いでしょう。適性検査は人事の判断材料とするのにとても役立つ検査と言えるのではないでしょうか。

適性検査の歴史

適性検査をおこなうようになった意味には、歴史が深く関わってきます。適性検査をはじめておこなったのは、中国の「科挙」と呼ばれる試験です。身分に関係なく、さまざまな人物の中から優れた人材を見つけるためにおこなわれ、官吏になれるチャンスが与えられていました。

個人のスキルやどのような業務に向いているのか、人物像の総合的な把握のため、といった意味を持つ適性検査が、日本で導入されるようになったのは戦後です。

日本国内での適性検査

日本国内で適性検査が広く使われるようになったのは戦後です。アメリカでおこなわれていた適性検査の技術が導入され、経営人事のために活用されるようになりました。サポート制度も導入された適性検査のおかげでどんどん新たな適性検査が開発されていきます。

適性検査をおこなう意味として、人材の性格やスキルと言った人物像を把握し、数値として測定する事で人事の際の絞り込みを効率的にチェックしていく事ができるでしょう。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

適性検査を行う6つの意味

適性検査をおこなう意味についてわかりやすく6つの項目にわけてご紹介しますので、適性検査の意味を知るための参考にしてみてはいかがでしょうか。

適性検査をおこなう事によって、人材が持っている能力や性格を数値化する事ができます。数値化したスキルや性格をどのような業務に向いているのかを判断する材料できますし、人事に割く時間を短縮することができるほか、客観的なデータをもとに選考することができるでしょう。

適性検査を行う意味1:客観的な人的評価

適性検査をおこなう意味として、採用する人材の客観的な評価を数値化することができるという事が考えられるでしょう。数値化する事で、人材の持つ能力を客観的にデータとして可視化することができます。

客観的な評価が難しいと言うのはどのような場面でも考えられる事です。適性検査によって能力や性格をデータにすれば評価基準も付けやすいでしょう。客観的に評価される事は人事の際に意味のある評価となるのではないでしょうか。

適性検査を行う意味2:選考に公平感を与える

適性検査をおこなう意味には選考に公平感を与えるというモノも含まれているでしょう。人事や新入社員を採用する場合には、主観的な見方をして採用していると感じられては企業にとってもマイナスのイメージにつながるでしょう。

その様な不公平感がでないようにするためには、適性検査をおこなって、客観的なデータとして能力を数値化していく事が重要です。誰もが納得できる客観性を重視した検査をおこなう必要があります。

適性検査を行う意味3:多角的視点での評価

適性検査をおこなう意味として、多角的視点での評価も大切なポイントです。多角的な視点を持つという事は、一方向からしか見ないのではなく、あらゆる角度からみる事ができるという事であり、適性検査はさまざまな視点から評価する事ができます。

人材に対する評価をどのような面で見るのか、固定観念や主観的な意見を持たずに行う必要があります。多角的視点を持つ事は、ビジネスに関する考え方にも共通するでしょう。

適性検査を行う意味4:人事データの効率収集

適性検査をおこなう意味として、人事データの効率収集があります。適性検査をおこなう事によって、人事に必要なデータを効率よく集める事ができるのではないでしょうか。

人材の能力や性格などを数値化してデータとして蓄積していく事で、採用時の安定した基準を作り出すことができ、活用すれば効率よい人事をおこなう事ができるようになります。情報収集としても適性検査は意味を持っていると言えるでしょう。

適性検査を行う意味5:人事データの保管

適性検査をおこなう意味として、人事データの保管も考えられるでしょう。適性検査でおこなった人材のデータを数値化しておけば、保管して管理しておくうえでも難しくはないでしょう。

保管した人事データは企業の今後の発展のために活用できるモノです。人事や経営などに関する課題を分析したり、組織の状況などを把握するといった意味でも必要になるでしょう。即戦力となるスキルを持つ人材を育成するためにもオススメです。

適性検査を行う意味6:人事データの伝達

適性検査をおこなう意味には、人事データの伝達という部分もポイントです。人事データとは企業に関わる人材のデータになりますが、適性検査の内容以外にも、職務評価データや勤怠管理データなども含まれています。

人材がどのような性格を持っていて、スキルや考え方、特徴、これまでの実績などを人事データとして蓄積していく事で、離職率の低下や業務内容の改善案などを考えていくのに役立てる事ができるのではないでしょうか。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

適性検査の種類6つ

適性検査をおこなう意味についてご紹介しましたが、適性検査とはどのような種類の検査をおこなうのかもチェックしておきましょう。適性検査はさまざまな試験があり、企業によって、導入しているチェック方法も異なります。

ほとんどの場合、適性検査は企業が独自に行っているため、対策としてはそれぞれの会社や企業について勉強の他に、中学高校で習った学習内容も検査として出題される事もあります。業種の傾向を考えましょう。

適性検査の種類1:学力テスト

適性検査の種類には、企業によっては学力テストをおこなう企業もあるでしょう。学力テストは「SPI」という試験に含まれており、基礎的な学力があるのかどうかを判断する意味でおこないます。

国語や数学、英語といった一般的な基礎学力についての知識を身に着けているのかを確認するためにおこなって数値化しますが、それほど難しい問題ではなく中学生から高校生レベルの場合がほとんどです。

適性検査の種類2:能力テスト

適性検査の種類として能力も検査しなければいけません。学力などの基礎的な知識を問うのではなく、仕事に直接関わるような言語分野に関する問題や、自分が聞かれている事に対してどのような過程を踏めば答えを導き出せるかなどを数値化します。

外資系企業など、企業によっては能力テストには英語の言語能力を出題される場合もあるでしょう。業種によってさまざまな分野の能力テストをおこないます。

適性検査の種類3:性格テスト

適性検査の種類には、人材の考え方などを把握するための性格テストが含まれています。性格テストは心理テストのような形で行われることがあり、たくさんの質問を制限時間の中で答えていく問題です。

人が持っている目標や考え方、物事に対する対処方法として2択問題のように選択肢から選ぶようになっています。性格を診断する事で、どのような場所で活用できるのかもわかるでしょう。

適性検査の種類4:適性テスト

適性検査の種類の中の適性テストとは、適性検査の中でももっとも意味のある検査ではないでしょうか。単純な学力検査とは違い、仕事や業務内容に関する適性の値を数値化するために、さまざまな側面から見極める事ができる検査です。

問題に対する対処方法や意欲、行動力など、仕事の採用部分でどんな職種にあっているのかを数値化し、適応力があるかどうかを判断します。

適性検査の種類5:興味テスト

興味テストも適性検査の種類に含まれています。興味テストは職業に関する興味の度合いを測定するためのテストで、職場を選ぶ際に使われる事の多いテストです。

職務に関して、職業観や業務に対する好き嫌いを診断するため、性格テストと同じように扱われる事も多いでしょう。職業に興味があるかないかは適性を検査する事に繋がりますので、大切な検査と言えるのではないでしょうか。

適性検査の種類6:心理テスト

心理テストも適性検査の種類に含まれています。心理テストは心理学に基づいて開発されたテストですので、精神的に問題がないかどうか、業務内容に関して悲観的になりすぎたりはしないかといった部分を検査で把握します。

どのような場面でストレスを感じるのか、表面的には分からない部分を心理テストにおいてチェックすることができ、人事にとって採用の判断基準となるのではないでしょうか。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー

適性検査は採用以外でも使える

適性検査は採用時以外でも幅広く活用することができる事をご存知でしょうか。適性検査をおこなう意味が分かれば、なぜ適性検査が採用時以外にも活用することができるのかわかります。

一般的な利用方法である採用時以外にも、どのような場面で活用することができるのかご紹介します。人事に関するさまざまな問題を解決するために適性検査を活用しましょう。

研修に活用

適性検査を活用して、研修や教育、配属先などに関する問題を解決してみましょう。適性検査にはストレス耐性や職業に関する適性値などを把握することができます。

教育や研修に活用する場合には、適性検査の結果をもとにして、モチベーション管理などのような教育研修プログラムや、配属先の決定などへの応用が期待できるといえるのではないでしょうか。

昇進の評価

適性検査は人物の評価へも点数化して可視化することができます。人材のポテンシャル能力を数値化する事で、納得ができる公平な人事異動をおこなう事ができるでしょう。人事のためのデータを収集する事も目的とされています。

リーダーシップがあるかどうか、営業成績や一方的な見方ではわからない部分も適性検査によって把握することができるようになるのではないでしょうか。

社員の状態の把握

適性検査をおこなう事で、社員の状況を把握する事画できるでしょう。仕事へのモチベーションを測る事ができますし、自分をより理解するためにも、適性検査の結果は大切です。

他にも、適性検査によって精神状態を把握しておけば、社員の離職を防ぐためのケアをおこなう事ができるでしょう。

適性検査で人事を効率的に進めよう

適性検査をおこなう意味や、適性検査の種類についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。適性検査は採用時だけではなく、効率よく使えばさまざまな場所で活用することができるものです。

適性検査をおこない、人材の能力や性格など数値化してデータとしておくことは企業にとってメリットがたくさんありますが、過信し過ぎず面接などでも確認するようにしましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related