Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月20日

単身赴任から帰省する3つのメリット|帰省のデメリットも紹介!

単身赴任中の方、帰省はどの程度の頻度でされていますか。帰省はあくまで自分次第ですが、帰省の平均的な頻度やメリット・デメリットについて世間の人たちはどう考えているのか大まかなことを知っておいて損はありません。単身赴任中の方に読んでいただきたい記事です。

単身赴任から帰省する3つのメリット|帰省のデメリットも紹介!

単身赴任の人が帰省する理由

単身赴任から帰省する3つのメリット|帰省のデメリットも紹介!
最近では、SkypeやFaceTimeなどのソフトウエアや携帯のアプリのおかげで、世界のどこにいても話したい人と、互いに顔を見ながらリアルタイムで会話をすることが可能になりました。

こういったサービスは、単身赴任中の人たちにとっても心強い味方ですが、それでも単身赴任の人たちが帰省するのはどういった理由なのでしょうか。

ここでは単身赴任中の人の一般的な帰省の頻度やメリットについてお伝えしていきます。

家族との関係

単身赴任から帰省する3つのメリット|帰省のデメリットも紹介!
家族というのは、単にいっしょにいるだけでなく、互いの健康を気遣ったり、何気ない時に見せる、ふとした表情から、悩みに気づいたりすることができる存在です。

ですが、カメラを通しての会話ではそれができません。手料理を食べられず、外食で済ませたり、嫌なことがあっても愚痴を聞いてくれる人が常にそばにいないと、心身の健康状態も心配です。単身赴任中の人と家族との関係は、とても遠い関係だといえます。

単身赴任から帰省するメリット3つ

家族が恋しいと思いながらも、実際単身赴任先で仕事が軌道に乗っていると、なかなか帰省する時間を見つけるのが難しいのも事実です。

時間を見つけても、たまの休みがあれば日頃の睡眠不足を少しでも解消したいと、結局帰省するような元気が出ないこともよくあるでしょう。

できる限り帰省したいと考えてはいるものの、なかなかそうはいかないという人は、帰省することのメリットをいくつか考えてみましょう。

単身赴任から帰省するメリット1:家族と新鮮な気持ち

単身赴任から帰省する3つのメリット|帰省のデメリットも紹介!
毎日当たり前に周りにあるものは、日ごろはそのありがたみに気づきません。家族は家にいて当たり前の存在であり、妻がご飯を作ってくれるのも当たり前のことだと考えている人も少なくないでしょう。

単身赴任をして家族と離れて長く暮らして初めて、家族のありがたみがわかることがあります。帰省して顔を実際に見たら、お互い、結婚当初のような新鮮な気持ちになるでしょう。

単身赴任から帰省するメリット2:家族にサプライズ

単身赴任から帰省する3つのメリット|帰省のデメリットも紹介!
前もって帰省の予定を伝えておくのも、家族が楽しみにしてくれるでしょうが、サプライズ帰省もまた家族にとってはうれしいことでしょう。

お客様ではないので、突然の帰省でも家族の迷惑になることはありませんし、子供がいる家族なら子供たちも嬉しいにちがいありません。

単身赴任から帰省するメリット3:配偶者自分に感謝してくれる

家の大黒柱が単身赴任で不在だと、家族は当たり前のようにしてもらっていたことをしてもらうことができません。電球ひとつ取り換えるにも、パパがいないとすごく面倒なことなんだと家族は気づきます。

家族から離れて暮らすことで、家族が感謝してくれることがたくさんあります。

単身赴任の帰省するデメリット3つ

家族の在り方は家族の数だけあるので一概には言えませんが、世の中には仲の良い家族ばかりではありません。帰省することのメリットがあれば、当然デメリットもあります。

単身赴任している人たちが考える、帰省のデメリットとして多いのはどんなことでしょうか。

単身赴任から帰省するデメリット1:交通費がかかる

単身赴任から帰省する3つのメリット|帰省のデメリットも紹介!
帰省のデメリットで何と言ってもダントツに多いのが交通費がかかるという点です。平均で、月一回程度の帰省のための交通費を会社が負担してくれるところが多く、もっと頻度を多く帰省したい人にはかなりきつい状況と言えます。

単身赴任から帰省するデメリット2:疲労

単身赴任から帰省する3つのメリット|帰省のデメリットも紹介!
単身赴任は、そもそも自宅から遠距離にある場所に勤務するためのものですから、自宅とは遠く離れています。そのため、帰省の際には遠距離を移動する必要があります。

新幹線で2~3時間というのはごく普通の範囲で、それ以上の距離を移動する人たちもたくさんいます。長くてもせいぜい週末のみの帰省に長時間かけて移動するのは、身体的な負担が大きくかかり、下手をすると仕事に差し支えることもあります。

単身赴任から帰省するデメリット3:ゆっくり過ごす事が出来ない

意外と多いのが、帰省してもゆっくり過ごせないという問題です。一人の生活に慣れてしまうと、寂しくはあるけれど楽でもあり、単身赴任先では自由気ままに過ごしていたのが、自宅では気を使ってしまうことがあります。

また家族の方も、多少の不便はあるものの、パパがいない生活で毎日が回るようになると、それが普通の状態になってしまい、たまに帰省してもうまくサイクルが回らないということも起こってきます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

単身赴任者の帰省回数

赴任先との距離や家族間の人間関係によって、単身赴任をしている人の帰省回数はさまざまです。頻度別にどういったことが起こり得るか、そしてどのようなことに注意したらよいかという点について考えてみましょう。

1週間

一週間に一度帰省するという人は、赴任先と自宅の距離も、家族間の人間関係もかなり近い場合です。

子供がいる人は、子供の一週間の勉強を軽く見てやったり、学校の話を聞いてやったり、一緒にスポーツをするなどして、「いつもパパは見守っているからね」という気持ちを伝えましょう。

家事にも積極的に参加して、留守中家族を守ってくれている妻を労いましょう。

1か月に1回

一か月に一回分の帰省のための交通費を支給する会社が多いということから、単身赴任者にとっては、この帰省の頻度は一般的と言えます。

しかし一般的とは言っても、家族と離れて暮らすには十分に長い期間です。頻繁にメールやLINEでコンタクトを取りましょう。時間が許せば、SkypeやFaceTimeなど顔が見えるツールを使っての会話がおすすめです。

1か月に2回

1か月に2回の帰省ということは、おおよそ隔週で帰省することと同じくらいの頻度です。こまめに連絡を取り合うに越したことはありませんが、あまり神経質になる必要もありません。

子供の参観日などがあったら予定を調整して、週末以外の時にも帰省できるようにするなど、帰省を家族孝行に変えてしまいましょう。

1年に数回

単身赴任から帰省する3つのメリット|帰省のデメリットも紹介!
帰省の回数が年に数回となると、一番心配しなくてはいけないのが健康面です。健康を気遣ってくれる人が周りにいなくなるので、厳しい自己管理が求められます。

ご飯も炊いたことがないという人は特に要注意です。ついつい面倒で、三食とも即席ものや外食で済ませていると、栄養バランスが乱れ、病気にかかりやすくなります。

また家族との関係も密度が薄くなりますので、離れている期間の長さは愛情の深さで補いましょう。

単身赴任で帰省する場合無理をするのをやめよう

いろんな単身赴任のケースについて見てきましたが、最も大事なのは、家族の形態に合わせて帰省の頻度を決めるということです。

帰省にこだわるあまり、無理をして疲れが溜まるだけの帰省だったり、家族からも鬱陶しがられるような帰省では意味がありませんし、体を壊して仕事ができなくなっては元も子もありません。

単身赴任者と家族が互いに心地よい距離を保ちましょう。

Related