Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?

働き方を正社員からパートに変えた場合、正社員時に取得した有給がどうなるのか、有給を使うためにはどうしたらよいかをまとめています。有給を利用し、ご自身のライフスタイルに合わせたプライベートも充実した働き方を目指してみてはいかがでしょうか。

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?

そもそも有給休暇とは?

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?
有給休暇とは労働者の休暇日のうち、雇用主から賃金が支払われる休暇日のことを指します。

正しくは「年次有給休暇」と言い、1年ごとに毎年一定の日数が与えられます。また、これは労働基準法第39条で認められた権利です。法律上、雇い入れの日から6ヶ月時点で10日間付与され、その後は1年ごとに付与されていきます。

有給の取得率は?

日本での有給休暇取得日数は世界最少の10日間です。

日本における有給休暇の取得率は50%にとどまっています。これは他の国と比較しても3年連続で世界最下位となっており、下から2番目であるオーストラリアの70%にも大きく引き離された結果となっていました。

正社員からパートになる際に有給について知っておくべき事5つ

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?
正社員からパートになった場合、有給の制度はどう変わるのでしょうか。

さまざまな事情で正社員からパートやアルバイトに雇用契約が変わる場合があります。正社員時代には当たり前のように年度が変わるたびに付与されていた有給休暇ですが、正社員からパートになった場合は有給はどうなるのでしょうか。

ここでは、正社員からパートになる場合、有休について知っておくべきことをご紹介します。

正社員からパートになる際に有給について知っておく事1:正社員時代の有給日数はそのまま引き継がれる

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?
正社員からパートになった場合、すでに付与されている有給休暇の日数がそのまま引き継がれます。

正社員からパートになった場合、改めて有休付与日を計算し直すというようなことは発生しません。ただし、有給休暇の消滅時効は2年となっています。2年経過すると正社員時代から残っていた有給も消滅してしまいますので、その点に関しては注意が必要です。

正社員からパートになる際に有給について知っておく事2:会社は正社員時代の未消化有給を0にはできない

正社員からパートになった場合、会社は会社員時代の未消化有給を0にすることはできません。

雇用契約は変わりますが、正社員時代の有給をリセットするようなことにはなりません。ただし、会社によっては正社員からパートになった場合に一度形式的に退社扱いとするため、有給休暇をリセットしているところも存在します。

これは法律違反となりますので、注意が必要です。

正社員からパートになる際に有給について知っておく事3:有給取得には条件がある

正社員からパートになる場合、有給休暇取得には条件があります。

アルバイトやパートに対して有給休暇が認められるには、勤続期間や出勤日数といった2つの条件があります。正確には、これはアルバイト、パート、正社員など雇用形態に関わらず、すべての労働者に共通したルールとなっています。

勤続期間

働き始めた契約日から6か月勤務している場合、有給休暇を取得できます。

契約日から数えて6か月未満の人は対象になりません。そのため、3カ月だけの期間限定パートなどの場合は有給休暇がもらえないということになります。

全労働の8割以上出勤

全労働日の8割以上出勤している場合、有給休暇を取得できます。

全労働日とは雇用契約上所定されている労働日数のことです。働き始めた最初の契約日から半年後に最初の有給休暇が発生し、その日から1年ごとに付与日数が増えていきます。

正社員からパートになる際に有給について知っておく事4:正社員に採用された日から数えて有給付与日数を決める

正社員からパートになる場合、正社員として採用された日から通算した勤続年数を元に有休付与日数を決めます。

アルバイトやパートの有給休暇の日数は、勤務時間や日数によって変わります。しかし正社員からパートになった場合は、その有休付与日数のもととなる勤続年数は正社員として雇用された日からの通算です。

正社員からパートになる際に有給について知っておく事5:パートが有給取得できることを知らない会社もある

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?
正社員からパートになる場合、パートが有休取得できることを知らない会社があるので注意しましょう。

アルバイトやパートであっても有給休暇は取得可能ですが、有給は正社員だけのものだと勘違いしている会社もあります。

しかし有給休暇の取得は、労働基準法で定められた労働者の権利です。正社員でないから有給を取得させないといったことになると違法になりますので、雇用主は注意するようにしましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

有給休暇が取れない!会社への対処法4つ

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?
有給休暇の制度があっても実際には取得できない場合があります。制度的には有給が付与されているのに、会社の状況によっては申請できる状況ではなかったり、申請しても却下されたりする場合もあります。

ここでは、有給休暇に関するトラブルが発生した場合の対処法についてご紹介します。

有給休暇が取れない!会社への対処法1:上長に相談する

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?
有給が取れない場合は上長に相談しましょう。

有給休暇が取れない人の中には、自分が休むと周りの人に迷惑がかかると思い、取得を諦めている人もいるでしょう。そういった場合は、まずは取れるタイミングを見つけて上長に有給休暇の申請を出しましょう。

有給休暇が取れない!会社への対処法2:事前に日程を決めて押さえておく

有給取得が認められない場合、取得してよい日を確認して押さえておきましょう。

有給を申請しても却下されることもあるでしょう。そういった場合には、いつ頃なら有給を取得できるか上長に確認してください。

仮に、「うちには有給なんてない」、「休みたいのなら辞めてもらって結構」などと言われた場合、その会社は違法性が高いです。今後のために、念のためボイスレコーダーなどで記録に残しておくことをおすすめします。

有給休暇が取れない!会社への対処法3:社内相談窓口・労働組合に相談する

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?
有給取得が認められない場合、社内相談窓口や労働組合に相談してみましょう。

上長に相談してもキリがない場合は、社内のコンプライアンス窓口などに相談するのも手です。ただし、相手も社内の人間です。会社と争う姿勢を見せてしまうとその後会社に居づらくなってしまうこともあるので、あくまで困っているという姿勢で相談に望みましょう。

有給休暇が取れない!会社への対処法4:労働基準監督署に報告する

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?
社内で解決しそうにない場合は、都道府県に設置されている労働局や労働基準監督署に相談しましょう。

これは最終手段となります。ですが、一度労働局や労働基準監督署に申告してしまうと、会社と対立して争うことになってしまいます。穏便に解決したい場合は、可能な限り社内で解決させることが大切です。

正社員からパートになっても有給休暇を確実に取得しよう

社員からパートになる際に有給について知っておく事5つ|有給休暇とは?
正社員からパートになった場合でも、法律で認められている有給休暇を取得しましょう。

働いている限り、一定の条件を満たせばパートやアルバイトでも有給休暇は取得可能です。それは正社員からパート、アルバイトになった場合でも同様ですが、会社が制度をよく理解していない場合があるため注意が必要です。

正社員からパートになった場合には、有給休暇がリセットされたり、改めて計算し直されたりしないように気をつけましょう。

Related