Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較

皆さんこんにちは、今回は「大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較」と題して、「大企業の福利厚生が優れている6つの点」についての詳細情報をピックアップする上で、福利厚生費の平均金額を比較・ポイントについてご紹介します。

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較

大企業には必ずある福利厚生とは

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
大企業には必ずある福利厚生についてですが、基本的に福利厚生というのは「社員がプライベートと仕事を充実させるためになくてはならないもの」とされ、特に健康面の管理・仕事を快適に行なうための職場環境の設定や整備などを含む、資金援助にも見られます。

その福利厚生のうちに法定福利厚生というものがあり、これは法律に則った最低限の福利厚生制度であって、年金や保険料など、事業者負担料が発生する6種類が該当します。

法定福利厚生

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
先述でも少しご紹介しましたが、法定福利厚生というのは、基本的にすべての企業にも設けられているべき原則的な福利厚生を指します。一般の法律で義務づけられた最低限の福利厚生制度となり、この制度を設けない企業は違反となります。

主に社員のすべてに関わる年金・保険料などをはじめ、事業者負担料が発生する6種類の項目が該当することになります。これに対する形で「法定外福利厚生」が別にあります。

法定外福利厚生

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
次に「法定外福利厚生」ですが、これは一般の法律に関係なく取り決められ、企業独自に設けることができる福利厚生のことです。その種類は特定の企業によって個別であり、どのような制度を導入するかについては企業によって違ってきます。

このような福利厚生の充実性を巡り、企業の社会的評価、求職者・社員からの個別評価の対象になることが多いです。最近では、非常に独特の制度によって注目を集めている企業もあります。

給料以外の報酬やサービス

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
「給与」というのは、会社で働く社員がその労働の見返りとしてもらう金額であり、事業主から被雇用者へ支払われる全ての内容(給与・賞与・退職金・諸手当を含む)を指しています。

一般に労働基準法(労働法)においては賃金とも呼ばれ、健康保険法などの社会保険では「報酬」と呼んでいます。どちらも基本的に同じ意味合いとなり、このような給与システムにおいても、特に福利厚生では諸手当に課される賃金報酬が焦点になります。

社員の健康や生活の質を高める

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
大企業で設けられる福利厚生であるからこそ、社員の健康や生活の質を高めることへの注力は非常に顕著に見られます。大企業の場合は中小企業とは違い、そのビジネス規模・展開が非常に大きくなる場合が多く、その点で諸手当への配慮も必ず重要になってきます。

大企業の福利厚生では特にこの「諸手当への福利厚生面の充実」が求められることが多く、その点では社員が快適に仕事ができる職場環境の整備に徹底して努めます。

【大企業と中小企業】福利厚生の金額の差について3つ

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
さて、ここからは「大企業と中小企業、福利厚生の金額の差について3つ」と題して、大企業と中小企業における福利厚生の定義やそのメリット・デメリットなどについてご紹介していきます。

大企業と中小企業との違いはまずそのビジネス展開の規模に見られ、その上では諸手当への配慮に始まる「すべての社員が個別で仕事に打ち込める快適な環境整備」が徹底されなければなりません。そのための福利厚生の充実となります。

【大企業と中小企業】福利厚生の金額の違い1:大企業と中小企業を合わせた平均金額

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
大企業と中小企業を合わせた平均金額・福利厚生の金額の違いについてですが、これは給与査定に基づいてその支給範囲が取り決められる背景もあるため、中小企業だからと言って、一概にすべてが「安価」となることはありません。

しかし、大企業と中小企業との間にはかなり大きな福利厚生面での金額差があり、中小企業では業績によっては賞与が少ない場合、大企業では年収がもとから高い、などの生来の特典の違いが見られます。

法定福利厚生の場合

まず法定福利厚生の場合ですが、この場合は先述のように「法律に則って取り決められる福利厚生面での補充(給与・手当の支給)」となるため、その内訳には雇用保険、労災保険、子育て拠出金、介護保険など、一般に必要となる原則的な諸手当が含まれます。

この点において大企業の場合は中小企業とは違い、まず確実にそれぞれの諸手当が配当され、その上で手当て金額が充実して多額という一面が見られます。

法定外福利厚生の場合

次に法定外福利厚生についてですが、これは先述の「法律に則って取り決められる福利厚生面での補充(給与・手当の支給)」とは違い、その企業独自に打ち立てた福利厚生面での充実性が目立ってきます。

住宅手当、住宅ローン補助、社員寮の提供、健康・医療手当、慶弔・災害、育児・介護手当、自己啓発にかかる諸手当などが含まれ、特に社員個別で必要となる福利厚生費用となります。この点でも大企業の場合はかなり充実します。

【大企業と中小企業】福利厚生の金額の違い2:大企業の福利厚生費の平均金額

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
さて、「大企業の福利厚生費の平均金額」についてですが、これはインターネット情報でも普通に調べることができるので一度確認しておきましょう。

現代において見られる大企業に勤めた場合の福利厚生諸費用・手当については、一般的に、法定福利費が8万6000円以上、法定外福利費の場合で2万5千円から3万円前後となっています。これは中小企業の場合に比べてかなり充実する数字になるでしょう。

法定福利厚生の場合

先述でご紹介しましたように、大企業に勤めている場合にもらえる福利厚生面での諸手当・法定福利厚生費については、基本的に「8万円から9万円」前後になる見とおしが立てられています。

この法定福利厚生費というのは、もちろん社員個別の状況によって変わってくるため、社員によって福利厚生面での充実の度合いは微妙に変わることがあります。しかし法定福利厚生費は万民共通の諸手当配当がなされるため、大きな差はありません。

法定外福利厚生の場合

次に法定外福利厚生の場合ですが、この場合でも大企業に勤めた場合にはかなり充実した福利厚生面での配慮がなされ、多くの社員にとっては快適に仕事ができる環境が約束されるでしょう。

一般的には3万円前後の支給が各種配当によって見られ、住宅手当、住宅ローン補助、社員寮の提供、健康・医療手当、慶弔・災害、育児・介護手当などを含む多くの諸費用についても、大企業での福利厚生の面では十分賄ってくれます。

【大企業と中小企業】福利厚生の金額の違い3:中小企業の福利厚生費の平均金額

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
次に「中小企業の福利厚生費の平均金額」についてですが、中小企業の場合は大企業の場合と違い、その企業によって平均額がまちまちになる傾向があります。

しかし、法定福利厚生費については原則的に同じ金額が諸手当として支給されるため、大企業との差異はそれほど見られないでしょう。一般的には各種福利厚生費用において3万円前後となり、小計では10万円前後が加算される計算になるでしょう。

法定福利厚生の場合

中小企業に勤めた場合の法定福利厚生費についてですが、この場合は大企業とほぼ変わらない金額が諸手当としてもらうことができます。その場合、福利厚生費用に該当する各種項目において「8万円から10万円」前後がもらえ、十分な生活費になるでしょう。

法定福利厚生費の場合は原則として、大企業・中小企業を問わずすべての企業において共通の手当項目となるため、その差額において顕著な差異は認められません。

法定外福利厚生の場合

中小企業の場合でも大企業と同じく、住宅手当、住宅ローン補助、社員寮の提供、健康・医療手当、慶弔・災害、育児・介護手当、自己啓発にかかる諸手当などへの配慮がなされ、すべての項目において福利厚生費用の補充がなされます。

この場合でも特に当座の資金援助の形で福利厚生支援がなされるため、その手当金は個別の状況によって変わってきます。金額は先述でご紹介した手当金額となります。

大企業の福利厚生が優れている点

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
次に、大企業の福利厚生が優れている点についてのご紹介です。大企業の場合は中小企業の場合に比べて、法定福利厚生費においてはきちんと配備がなされ、また法定外福利厚生費についてはさらに十分な諸手当がなされるイメージ・実績が普通に見られています。

大企業の場合はそのビジネス展開・規模の側面から見て、この諸手当への配慮が大きくなされる傾向が強くあるため、すべての社員にとって満足のいく形になるでしょう。

大企業の福利厚生が優れている点1:住宅手当が支給されている

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
まず住宅手当ですが、これは大企業になればなるほど、その補充は非常に充実して見られます。大企業の場合は提携している寮などがしっかりあり、それへの配慮が定期的になされます。

大企業では社員数が多いため、人気のある住宅環境に配備することが課題ともされ、それについて継続的なメンテナンスをする形になります。借り上げ社宅の提供、社員寮の提供、住宅ローン補助、住宅手当、社宅物件を選択できる制度などが設けられます。

大企業の福利厚生が優れている点2:社員手当が支給されている

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
大企業で働く場合はこの社員手当が優れている点がメリットとなります。基本的には健康・医療、慶弔・災害、育児・介護、そして住宅手当に始まり、それぞれの諸手当・福利厚生面において充実して勤続できる環境整備が確実になされています。

その中でも特に「健康・医療」面での福利厚生は充実しており、健康診断、人間ドック、カウンセラーの配属、仮眠室の設置、ジムやスポーツ施設の設置などを含め、生活面のゆとりも約束します。

大企業の福利厚生が優れている点3:家族手当が支給されている

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
この家族手当においても大企業の福利厚生面では非常に充実しており、その人気ぶり・メリットを喜ぶ声は着実に見られます。この場合に多いのはやはり育児・介護、住宅手当の側面での福利厚生の充実で、それについて満足度の高い諸手当がなされるでしょう。

大企業の福利厚生が優れている点4:休暇制度が整っている

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
これも快適に仕事ができるための措置・配慮になりますが、大企業ではどうしても勤続する上で多忙になることが多く、休暇制度の充実を図らないことには快適に仕事ができない面が出てきます。

そのため大企業では、あらかじめ社員個別で休暇を持てる制度を構築しておき、それに対するメンテナンス的なチェックを随時に行なっています。休日出勤をなるべく減らし、一か月内での休暇日数を確約します。

大企業の福利厚生が優れている点5:仕事をする環境が良い

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
大企業で働く際の大きなメリットは、やはりまず「仕事をする環境が破格に良い」という点になるでしょう。一等地にオフィスを建てるのは大企業の定石とも言えるプランに組まれ、その上で社内整備をしっかりメンテナンスしておき、社員各自の仕事率を上げます。

この職場環境の整備・充実は、すべての社員にとって大きな喜びともなり、その喜びは仕事に対する覇気を生み、その覇気は結果的に企業利益に結び付くことになります。

大企業の福利厚生が優れている点6:設備が整っている

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
大企業では中小企業の場合と違い、仕事をするのに必要なツールがほぼ完璧の状態でそろっており、また各種機材のメンテナンスなども充実しています。これも大企業の特性・特典と言える内容ですが、仕事への覇気を燃やす上では非常に充実した環境になるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

大企業だけじゃない!中小企業の充実した福利厚生制度

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
さて、ここからは「中小企業の充実した福利厚生制度」をメインにピックアップし、大企業だけではなく、中小企業でもその独自の福利厚生面での充実を十分図っている事実をご紹介していきます。

中小企業の場合でも企業利益に結び付けるためには「社員個別の仕事に対する覇気を向上させること」が必須となるため、その点を踏まえた上で、福利厚生面での充実は徹底して図っています。

ユニークな取り組みをしている企業

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
先述から引き続き、ここからは「ユニークな取り組みをしている企業」と題して、実際に興味深い福利厚生面での充実を促進している中小企業をご紹介していきます。

この場合の「ユニーク」というのは「興味深い」という意味合いで用いられ、社員にとって仕事をする際の喜びになる(満足度の高い)福利厚生面での工夫を指しています。

エブリプラン

エブリプランでは「一週間のうちに1日だけ、1時間遅く出勤できる」という「ニコニコ出勤制度」というものがあります。

これはその名のとおりに月曜日なら月曜日、火曜日なら火曜日、とその社員が希望する曜日を選定する形で、その日だけ通常の勤務開始時間から1時間遅く出勤しても良いという制度になります。

このような「通常の勤務形態」から少し外れた嬉しい企画をすることも、社員によっては大きな満足につながります。

ヒューゴ

大阪を本拠地にして活動するインターネットコンサル系企業ヒューゴでは、スペインで採用されている「シエスタ(仮眠制度)」を設けることで、仕事率アップを目指しています。

1日の就業時間のうち昼の1時から4時までの間で仮眠制度を設けており、その仮眠時間を含めた上で9時間拘束8時間労働となるので満足度も高くなります。

この仮眠の間では社員個別で好きに過ごして良く、マッサージや美容、映画環境することもできます。

ランクアップ

オリジナルクレンジング製品を扱っているランクアップでは、「ベビーシッター契約制度」というものを設けており、特に子供がいる家庭において大助かりする制度が日常において見られます。

最寄りの保育所が遠方にある場合、どこの保育施設も子供を預かってくれない場合などを考慮し、社内で300円でその施設を利用できる画期的な制度です。アメリカなどではすでにこの制度を採用している企業が多く、日本でも増えてきました。

ファーストコラボレーション

株式会社ファーストコラボレーションでも、先述のランクアップの場合と似たような制度を設けており、「授乳室をオフィス内に設置して子育て支援に生かす」といった、特に子持ちの家庭にかなり助かる支援制度が見られます。

子育てに悩みながら仕事との両立を図っている家庭も多いため、そのような家庭にとってはこのような制度の採用がかなり役立つと満足の声も多く聞かれます。

大企業というだけではなく福利厚生が充実してるかどうかで就職先を決めよう

大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較
いかがでしたか。今回は「大企業の福利厚生が優れている6つの点|福利厚生費の平均金額を比較」と題して、「大企業の福利厚生が優れている6つの点」についての詳細情報をピックアップする上で、福利厚生費の平均金額を比較・ポイントをご紹介しました。

大企業・中小企業ではいろいろな福利厚生面での充実を目指し、現代でも社員個別で助かる支援方法を継続的に採用しています。そのサポート内容を事前に十分確認しましょう。

Related