人事制度が失敗する原因10個|人事制度で失敗しないためのポイント3つ

人事制度

人事制度を導入しても失敗してしまう企業は多い

従業員が快適な環境で働けるように人事制度を導入している企業も多くあり、従業員を定着させることができれば会社の成長に繋げることができます。しかし、人事制度を導入すれば必ず成功するわけではなく、失敗してしまうことも多いです。

人事制度を失敗させてしまうと労働環境が以前よりも悪化してしまい、従業員から反感を買ってしまうこともあります。最悪の場合、辞職する従業員が出てくることにもなるため、気をつけましょう。

人事制度が失敗する原因10個

人事制度が失敗してしまう理由はさまざまあり、多くの要素を含んでいる人事制度を導入してしまうと、失敗してしまう可能性が高まってしまいます。人事制度を失敗させないためには、失敗しない人事制度の特徴を把握しましょう。

次に、人事制度が失敗してしまう理由を10個紹介します。そのため、人事制度を失敗させたくないと考えている人は参考にしてください。

人事制度が失敗する原因1:成果主義が前提になっている

人事制度を成功主義にしてしまうと失敗してしまう可能性が高いです。成功主義にしてしまうと失敗することを恐れてしまい、新たな業務に挑戦したがらない従業員が増え、従業員が成長するスピードが遅れてしまいます。

また、従業員にとっては大きな負担になる制度であるため、ストレスで心が疲弊してしまいやすく、長続きしにくくなりやすいです。一部の人しか満足することができない考えでもあります。

人事制度が失敗する原因2:評価の着眼点が抽象的である

人事制度で従業員を評価することは大切ですが、具体的な方法で行われていないと失敗してしまいやすいです。

どのようなことをすれば評価を得ることができるかを従業員が把握していないと頑張りがいがないと感じてしまいやすく、高い評価を受けても何が良かったのか把握しづらいです。

また、評価が下がってしまった原因も具体的に知ることができないため、改善することも難しく、納得できないと感じてしまう従業員が多発するでしょう。

人事制度が失敗する原因3:評価の着眼点に性格的なことが含まれている

評価される項目の中に性格的な部分が含まれていると従業員から反感を買いやすくなり、人事制度が失敗しやすくなります。仕事内容ではなく性格で判断されることは従業員にとっては本望ではなく、不快な気持ちになることが多いです。

人事制度が失敗する原因4:評価の着眼点が減点方式になっている

評価方式を減点方式にしてしまうと従業員の仕事に対する意欲が減少してしまい作業効率が悪化してしまいます。そのため、減点方式ではなく加算方式にした方が人事制度としては成功しやすいです。

減点方式にしてしまうと現在の点数を維持することだけを考えてしまい、難しい状況に陥った際に対応することができない場合が多く、人材としても成長しにくいです。減点という言葉もマイナスのイメージがあり、失敗する要因でもあります。

人事制度が失敗する原因5:新しい部署を開設した

必要となる部署や需要がある部署を開設することは従業員だけではなく、企業側にもメリットになることもありますが、必要性がない部署を開設してしまう人事制度を行ってしまうこともあります。

あまり深く考えずに行動した結果であり、開設して必要性がないことに気づいてしまいます。このような失敗を行ってしまうと経営者や人事部の技量のなさを従業員に知らせる行動でもあるため、行ってはいけない失敗例です。

人事制度が失敗する原因6:階級制度を少なくした

シンプルなことを追求しすぎで階級を少なくする人事制度を行う企業もありますが、失敗してしまいやすい制度でもあります。多すぎる階級も失敗しやすいですが、少なくしすぎてしまうと従業員にまとまりがなくなってしまい統一性が欠けた企業になります。

そのため、不必要に階級を少なくすることは控えることをおすすめします。階級を上り詰めることをやりがいに感じている従業員もいるため、頻繁に変えないようにしましょう。

人事制度が失敗する原因7:賃金水準に合わせる

人事制度で給与面にも改革を起こすことがありますが、失敗してしまうと従業員から反感を買うだけではなく、経営にも大きく影響が出てしまうこともあります。平均賃金よりも自社が払っている賃金が少ない場合に無理に水準に合わせてしまうと経営を圧迫してしまいやすいです。

そのため、無理に賃金を上げるのではなく、経営が安定している場合や業績が良くなっている場合にのみ賃金を上げることをおすすめします。

人事制度が失敗する原因8:勝手に人事制度を行った

人事制度を導入する際は経営者や人事部が決定し、実際に行うことができますが、勝手に決めた人事制度は失敗しやすい傾向があります。従業員の意見も聞かずに勝手に決めること自体が不誠実であり、失敗させたくない場合は従業員にも意見を聞くことをおすすめします。

全て従業員の意見を聞けばよいわけではなく、どのような意見が出るかによって、取り入れるかそのまま導入するかなどの検討をしましょう。

人事制度が失敗する原因9:評価軸を同じにしてしまう

人事制度で評価軸を別にしたほうが不満を感じにくいと感じてしまうこともありますが、部署が違うにもかかわらず同じ評価軸で評価してしまうと、反感を買ってしまう原因になります。

仕事内容が全く違うにもかかわらず、同じ評価項目で評価されることは従業員も願っているわけではなく、部署ごとに適した評価軸を用意するように心がけましょう。部署ごとの評価軸を用意することは大変ですが、失敗しないためにも大切なことです。

人事制度が失敗する原因10:導入スケジュールを作成しない

人事制度を考えることも大切ですが、導入する時期を明確に決めておくことをおすすめします。スケジュールを決めておくことで、いつから新制度を実施するのかを従業員に知らせることができ、心の準備をすることもできます。

導入時期を明確にせずに導入してしまうと、従業員も対応することができず戸惑ってしまうことも多いです。また、導入されていること自体知らない事態にもなりやすく、後日トラブルになることもあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人事制度で失敗しないためのポイント3つ

人事制度を導入しても効果がなければ意味がなく、以前よりも企業のイメージや経営が悪化してしまうこともあります。そのため、人事制度を導入する場合はいかに失敗しないような人事制度を行うかを慎重に考える必要があります。

次に人事制度を失敗させないコツを紹介します。そのため、人事制度を慎重に吟味したい方や過去に失敗してしまった経験がある人は参考にしてください。

人事制度で失敗しないためのポイント1:導入する目的を明確にする

人事制度を導入する際には導入する理由を明確に伝えることが大切です。導入理由に対して従業員が納得すれば失敗しにくく、成功しやすくなります。そのため、なぜ人事制度を導入しようと考えているのかを明確に説明できるようにしましょう。

従業員が不満を感じやすい人事制度を取り入れる場合でも、メリットを得られる部分を説明することで納得させることも可能です。

人事制度で失敗しないためのポイント2:プロセスの評価方法を明確にする

プロセスの評価制度を明確にすることで成功しやすい人事制度にすることが可能です。高い評価を受けることができれば年収が上がったり、昇格しやすくなるため、従業員も仕事に対する意欲を高めることができます。

しかし、評価制度が曖昧では従業員も何をどのようにすればよい評価をもらうことができるのかを認識することができず、結果的に仕事に対する意欲がわかない原因にもなってしまいやすいです。

人事制度で失敗しないためのポイント3:定量的評価と定性的評価のバランスをとる

人事制度で従業員に評価をつけることも多いですが、定量的評価と定性的評価のバランスをとることが重要です。定量的とは従業員をさまざまな数字から評価することであり、定性的評価は従業員の内面的な情報から評価をすることです。

どちらか一方に偏った評価制度を導入してしまうと、一方の評価では高評価をとることができない従業員から反感を買ってしまいやすくなります。

失敗しない人事制度を導入しましょう

人事制度を導入する場合は、失敗しない制度を導入することが大切です。失敗しないためには過去の失敗をいかに活用するかが重要になり、過去の失敗例を参考にするだけでも大幅に失敗率を下げることができます。

タイトルとURLをコピーしました