より良い人事評価方法について知る|3種類の評価方法の特徴を徹底解説

人事制度

人事評価制度とは?

人事評価制度は、社員の仕事ぶりや給与を評価する制度のことを指します。昇進や昇給のための判断材料となることが多く非常に重要なポイントと言えます。

公正な判断、実績がきちんと認められると離職率の低下につながるでしょう。会社としては人材確保の面でも気を配るべき点です。

人事評価制度を導入する目的

社員からすると昇進や給料が上がるためモチベーションにも繋がるので、仕事に意欲が増します。また逆に企業側からすると、どの社員が会社にとって有益なのかが管理しやすい点があります。社員、企業両者にとって極めて重要なポイントと捉えて下さい。

人事評価制度における評価方法の種類3つ

人事評価制度の種類には3つの制度方法があります。会社や業務内容によって適切な種類を選び評価方法を最大限に高めましょう。

目標管理制度は会社と社員で共通の目的を定めて努力する制度です。コンピテンシー評価は仕事をこなした成果を出した場合に評価する制度を指します。

360度評価には大きな特徴があることに注意しましょう。上司部下と言った関係性だけではなく、もっと大きな視点から評価をする種類を指します。

人事評価制度における評価方法の種類1:目標管理制度

人事評価制度には種類があり、その中でも目標管理制度は社員や企業が同じ目標に向けて成果を上げることがポイントです。社員の利益にもなりえ企業の利益にもなるという点で会社全体の士気が上がると言えるでしょう。

双方の頑張りで業績を伸ばしていく評価方法なので、社員にばかり負担がかかるような内容ではありません。自主性や意欲性が増す傾向にあり強制ではない点が特徴です。

人事評価制度における評価方法の種類2:コンピテンシー評価

コンピテンシー評価は特別な業務を受け持った、成功させたなどの実績による評価方法です。例えば、全社員の給与を上げるは社員として当然の権利と言えます。しかし、自社の製品を海外輸出することに成功したAさんのみの給与を上げるとしても不満はないでしょう。

社員の頑張りに応じて認める評価方法と言えます。年功序列を重んじる企業よりも年齢に関係なく仕事を任されるような実力主義に力を注ぐ企業に多く採用される傾向にあります。

人事評価制度における評価方法の種類3:360度評価

昇進審査、人事審査と聞くと上司が部下の評価を行う種類なのが一般的です。360度評価の場合は、部下側も上司を評価することができます。これまでの在り方とは全く異なる種類と言えるでしょう。

部下から上司、上司から部下、同僚から同僚など一方通行ではない評価方法が最近増え始めています。評価面だけでなく、今まで見えにくかった相手の仕事内容が知るきっかけになるのでコミュニケーションが増すという点もあります。

人事評価制度に用いられる基準3つ

人事制度には3つの種類があります。「能力」「プロセス」「結果」の種類です。能力と結果は想像しやすいでしょう。コミュニケーション能力やクレーム処理能力など業務を進める上で欠かせないスキルを持った人が対象になります。

結果だけでなく過程を評価する種類なので、より評価精度が増すと言えます。

人事評価制度に用いられる基準1:能力

最もシンプルな評価制度が能力による評価でしょう。業務で必要な能力や成功事例によって社員を判断する評価制度の種類です。一律にこのラインを上回ると評価の対象になると決めやすいのもこの評価制度のポイントと言えます。会社や部署によって判断基準は異なるものの、一般的な評価方法でしょう。

人事評価制度に用いられる基準2:プロセス

評価方法の種類としてプロセスを重視する場合があります。成果だけでなく、成果を出した過程つまりプロセスも重視する種類と言えます。会社側からすれば成果をあげた人間には最大級の敬意を払いたいと考えるのが普通です。

それと同じように社員側からも成果に向けて自主的に勉強をしている取り組んでいることを加味してほしいと考えるのは当然でしょう。この2つが重なった評価方法と言えます。

人事評価制度に用いられる基準3:結果

人事評価方法で最も分かりやすい種類が結果による評価システムでしょう。ある程度の業務ができたら一人前、プロジェクトリーダーなどの次のステップに進むために結果を残すなどが評価方法の前提となります。

結果を出すことは客観的に見ても評価の対象と言えます。この基本的なシステムが最も稼働しやすいと言えるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人事評価制度を導入するメリット3つとデメリット3つ

人事評価の種類にはよりますが、必ずメリットとデメリットが生じます。メリットは社員が仕事に対するモチベーションが上がる、評価を目指して積極的にスキルを高めるなどがあります。

反対にデメリットに注意しましょう。正当な理由があってなら分かりますが判断を誤ってしまうと社員のやる気や信頼度を下げてしまうことに繋がります。

導入するメリット1:モチベーションが向上し生産性が高まる

仕事で成果を出しても全く評価されなければ社員のモチベーションが上がることはないでしょう。逆に成果を出せばしっかりと成果を出せる評価方法にすれば、「もっと仕事を頑張ろう」となるのが目に見えています。

評価方法の種類はたくさんありますが、正当な評価をされ昇給なり昇進がクリアになることが一番のメリットと言えます。

導入するメリット2:企業と従業員の間での信頼関係向上に繋がる

会社と社員との間に信頼が生まれることは間違いないでしょう。多少苦しい仕事やプロジェクトを任されても、正当に評価されるという事実があれば社員のモチベーションが上がります。

正当な評価がされるということは信頼関係があるということです。難関なプロジェクトの後は社員を評価方法にのっとり判断しましょう。

導入するメリット3:今後の人材開発に活用できる

評価方法を導入することで、人材開発にも発展することが可能になります。評価方法をすることで会社側は社員のどんなスキルが有効なのか今、どんなプロジェクトを任されているのかが一目でわかるようになります。

活用して新しい事業や企画の際に適切な人材を素早く見つけることに役立ててください。社員側も自分の功績やスキルがきちんと評価されていることを知ることで、より会社に尽くすことができます。

導入するデメリット1:従業員のモチベーションが下がることも

評価をされるということは必ずしもいい評価が貰えるというわけではありません。時には悪い評価をうけてしまうことだってあります。遅刻や早退などの勤務態度の悪さは適正な判断と言えます。しかし「あんなに頑張った仕事が評価されないなんて」と不満に感じる評価方法なら社員のモチベーションを下げてしまうでしょう。

結果が全てとは言わず、その過程や頑張りも含めて評価する種類をとるなどして対策をとるようにして下さい。

導入するデメリット2:評価に個人差が生じる可能性がある

例えば新人には評価方法が適応されず、勤務年数5年以上のみ適応となれば不満が出てくるのは目に見えています。特定の年齢層や個人にのみ適応される評価方法ならうまくいきません。同じプロジェクトを組んでいたのに、ある人は評価されてある人は評価されないそのような種類はやめましょう。

導入するデメリット3:企業によっては人事評価制度が適さない場合も

業務が細分化、複雑化している会社なら評価方法自体が適応できない場合もあります。例えば専門職など、特定の人にしか任せられない仕事です。この仕事の分野の評価は、ある特定の資格を持っている人にしか適応されません。

特別な業務や資格がいる場合や危険物を取り扱う仕事など、みんなができるわけではない仕事の評価種類は適さない場合があります。

評価制度の種類について理解しより良い制度を目指そう

以上が評価制度に関する解説でした。評価をすることは会社にとっても社員にとってもいいことです。評価対象を細分化し、より精度を増すようにして下さい。しかし制度自体が明確性がない内容だと不完全と言えるでしょう。

会社や部署によって組み合わせて考えることも重要です。評価は会社と人材を発展させる重要な項目です。今よりも改善できるように参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました