Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

おすすめの人事評価システム10選|システム導入のメリット3つ

人事評価システムについてのメリットや人事評価システムができることを紹介していく中でオススメの人事評価システムを10種類紹介し、人事評価システムを導入を検討している方達に人事評価システムの利便性や機能性について説明していきます。

おすすめの人事評価システム10選|システム導入のメリット3つ

人事評価とは

人事評価とは、社員の仕事と業績を定められた期間内で調べ、公正な評価を出すことです。

1人1人に対して、仕事と業績に関しての評価項目や評価基準を明らかにすることで、社員の働き方に方向性を与えることが可能になるシステムです。そして、人事評価の結果が、報酬査定や昇進・昇格に反映されることもあり、会社で働く上では切っても切り離すことができません。

人事評価の目的

人事評価の目的としては、評価をもとにした人事配置による業績アップ、人材の育成、社員のモチベーションアップを目的として行われています。

人事配置を行うことで業務のさらなる効率化が図られるが、判断に難しいので、人事評価にいくつかの項目を設けることで人事配置の判断材料となります。

また人材育成の面においても、上司が人事評価によって部下の現状や得意・不得意を把握できるので、今後の仕事の割り振りや教育の指針となります。

人事評価システムのメリット3つ

人事評価システムとは、社員の人事評価を効率よく適正に行うためのシステムです。

ここでは、人事評価システムのメリット3つを紹介していきます。人事評価システムを初めて聞いたなど馴染みのない人は、従来との違いをしっかりと知り、人事評価システムへの知識をより深めましょう。

人事評価システムのメリット1:時間の削減

人事評価システムを導入すると時間の削減になります。

人事評価を行う際には、評価シートの作成、面談後の記入、回収、集計、ファイリングなどの管理する作業は意外と時間がかかります。

人事評価システムを導入することで、データ化し、ペーパーレス化はもちろんですが、色々な項目からの集計を簡単になることで多岐に渡る質問項目を設けることができ、多岐にわたる質問によってより精度の高い人事評価を素早く行うことができます。

人事評価システムのメリット2:評価の質の向上

人事評価システムを導入すると評価の質が向上します。紙やエクセルファイルなどで評価シートを作成していた時代には、そのファイルの管理に多くの時間が割かれていました。

その結果、人事評価の質についてはあまり時間を割くことができず十分な評価が行われていませんでした。そこで、人事評価システムを導入すると評価結果に対するフィードバックなど、人事評価の本質的なことに時間を使えるようになります。

人事評価システムのメリット3:従業員の満足度の向上

人事評価システムを導入すると人事評価に対する従業員の満足度の向上になります。人事評価の質が向上したことで人事評価の結果をきちんと従業員にフィードバックすることができ、従業員の評価に対する満足度は向上します。

また、適正に人事評価されることで、離職の低下にも役立ちます。そして、従業員一人一人に応じた人材配置が行うことができ、さらなる満足度の向上につなげることができます。

おすすめの人事評価システム10選

ここからは、おすすめの人事評価システムについて紹介していきます。

今まで紹介した人事評価システムのメリットと他にそれぞれの人事評価システムにはそれぞれの強みがあります。それぞれの人事評価システムを10種類紹介していきますので、人事評価システムを導入することを検討している方はそれぞれを見比べて参考にしてみましょう。

おすすめの人事評価システム1:カオナビ

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、カオナビがあります。このカオナビでは、社員のスキルや評価履歴はもちろんで、さらに性格やモチベーションも一元管理することができます。

今まで管理していなかった個々の能力や特性を有効活用することで、会社が抱える課題の解決に繋げる事ができます。そして、一元化された情報を各役職にあわせて適切に共有する事ができ、社員の今に合わせて対応する事ができます。

おすすめの人事評価システム2:jiina

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、jiinaがあります。jiinaでは、社員の基本情報を一元管理でき、目標設定、業績評価をクラウド上で行うことができます。

また、次の幹部候補やマネジメント層の育成強化に利用されたり、各自の目標設定を自主的に考え、行動できる社員を増やし、客観的に評価できる仕組みが入っており、モチベーションを上げる仕組みがあります。

おすすめの人事評価システム3:ゼッタイ!評価

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、ゼッタイ評価があります。ゼッタイ評価では、従来のものに比べて評価業務をもっと簡単になり、いつどこにいても人事評価が可能になります。

そして、上司と部下のコミュニケーションを円滑に行うツールとして、オンライン、オフラインでの面談の履歴を手軽に残す事ができます。また、自由度の高い権限設定が可能なので、多様な運用を実現する事ができます。

おすすめの人事評価システム4:MINAGINE

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、MINAGINEがあります。

MINAGINEでは、評価資料をクラウドで一元化することで人事評価の作業負荷を大きく軽減する事ができます。また、成長や組織変更に応じて、評価項目をカスタマイズできます。

進捗状況はもちろん把握でき評価結果をPDFで1枚に出力される事で面談時の資料を格段に少なくなります。そして、各権限ごとに評価の記入・提出・配布ができます。

おすすめの人事評価システム5:明快

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、明快があります。

明快では、社内の評価制度が統一され、社員にもその評価基準が目に見えるようになるので、どのように仕事をしたらいいのかわかり、社員個人個人で目的が定まります。

そして、クラウドシステムを採用しているので、評価者がそれぞれパソコンやタブレットで評価がどこでも行えるます。その結果、集計にかかる時間的コストや人事コストも少なくなります。

おすすめの人事評価システム6:タレントパレット

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、タレントパレットがあります。タレントパレットでは、社員1人1人の分析から最適配置、採用ミスマッチ防止、離職防止、経営の意思決定支援まで広くカバーしています。

また、人事戦略・人材活用分野にマーケティング的思考を持ち込んでいるので、科学的人事戦略を実現する事ができ、科学的に人事を行う事ができ、より効率的な業務が実現されます。

おすすめの人事評価システム7:CYDAS PEOPLE

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、CYDAS PEOPLEがあります。

CYDAS PEOPLEでは、あるプロジェクトで必要な人材をすぐに探せ、発⾒する事ができます。社員育成の時に、適正な育成プランニングを製作してくれます。社員の適正配置を行う事ができます。

そして、導入に必要なステップを効率化されており、契約から設定まで約3分で完了するので、導入にかかる手間が少なくすみます。

おすすめの人事評価システム8:profile Manager

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、profile Managerがあります。profile Managerでは、社員の顔と名前はもちろん、スキルや経歴、過去の評価などを一目で把握することができます。

そのため、人材マネジメントの効率が飛躍的に上がります。そして、評価会議などをスムーズかつ有意義におこなえるようになります。さらに、目的に応じて人材を発見する機能にも優れています。

おすすめの人事評価システム9:P-TH人事考課システム

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、P-TH人事考課システムがあります。P-TH人事考課システムでは、現在の人事評価制度をそのままシステム化する事ができます。

また、システム化することで手作業を大幅削減する事で、評価担当者の負荷軽減につながり、部下とのコミュニケーション活性化になり、正しい評価を下す手助けとなります。そして、社内の人材情報を見える化する事で、人材活用が簡単に行えます。

おすすめの人事評価システム10:HRBrain

人事評価システムの中でオススメのシステムとして、HRBrainがあります。HRBrainでは、人事評価や目標をクラウドでラクラク管理する事ができ、常に目標を意識しやすい環境を作る事ができます。

そして、集計作業は 完全自動で効率化をはかる事ができます。また、社員の情報の公開範囲は自由に設定可能となっているので、デリケートな情報はしっかり保守する事ができ、全体向けに公開する内容は公開する事ができます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人事評価システムでできることは?

ここからは、人事評価システムでできることについて紹介していきます。

ここまでは、人事評価システムのメリットや紹介が中心でしたが、ここからは人事評価システムでしかできないことを3つ紹介していきます。人事評価システムのできることと、メリットを合わせて考え、先ほど紹介した人事評価システムの中から良いものがあれば導入を検討してみましょう。

人事評価システムでできること1:評価過程や結果の見える化

人事評価システムで、評価過程や結果の見える化をする事ができます。従来の評価過程では、不明瞭なところが多く納得のいく評価がされていなかったということもしばしばあります。

人事評価システムで評価過程や結果が見える事で、評価過程がはっきりとしたものとなるので社員にとってもわかりやすいものとなり、さらなる社員全体のモチベーションの向上につながります。

人事評価システムでできること2:評価シートの再現

人事評価システムで、評価シートの再現をする事ができます。従来の人事評価では、上司が面談でメモした手書きの評価表や、部署ごとにエクセルなどで管理・運用していた目標管理シートなどがばらばらになっており評価シートの再現は難しいものでした。

人事評価システムを利用することで、上記の全てを評価シートに落とし込めむ事ができるので、人事評価シートとしての再現が容易です。

人事評価システムでできること3:場所を選ばず評価できる

人事評価システムで、場所選ばずに人事評価をする事ができます。従来では、会社内で行うことしかできず、常に社内にいない人の負担は少なくありませんでした。

そこで、人事評価システムでは、クラウドを導入しているシステムが多いので場所を選ばずネット環境さえあれば評価を行ったり、評価の確認などができるようになりました。そのおかげで、評価にかかる時間の削減ができるようになりました。

人事評価システムでパフォーマンス向上を目指しましょう!

人事評価システムは従来の人事評価に比べてはるかに簡単かつ精度の高いものとなっています。

人事評価システムの便利なところとできるところを紹介していきました。上で紹介した人事評価システムが気になったかたは、ぜひ導入を検討してみてください。

Related