Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月20日

面接官が評価すべきポイント7つを紹介!面接でよくある質問10選

面接において、評価されているポイントはいくつかあります。評価されるポイントは、雇った際にどんな働きをしてくれるのかを評価する際も重要になります。評価されるポイントを知れば面接の対策もしやすくなります。面接の評価されるポイントを知り、面接の対策をしましょう。

面接官が評価すべきポイント7つを紹介!面接でよくある質問10選

採用面接の評価基準の決め方は?

採用面接の評価基準を決めるときに、会社が欲している人物像が重要視されます。面接官から見て、相手が欲しい人材かどうかをポイントに見ています。

個人としてみるよりも会社として見た方が、雇用する際にも欲しい人材を得やすいことから、面接でより良い人材を雇用するためには、評価基準を会社で設ける必要があります。

面接評価表とは

面接評価表とは、志望者の印象などを数値表記し、可視化するための表です。会社が欲しているポイントや、欲しているポイントに対する能力、第一印象がどのぐらいかなどが書かれています。

求人などで記載されている内容は、企業規則に基づいた内容が掲載されていたりします。例えば、第一印象はどうなのか、協調性はどのぐらいあるか、長期的に取り組んでいるものはあるかなどになります。

面接の評価基準を設けるメリット4つ

面接の評価基準を設けることによって、主なメリットは4つです。面接の評価基準を設けることは、会社により良い人材を獲得できるというメリットがあります。評価基準を設けることによって、面接官が評価するべきポイントが具体的になるでしょう。

例えば、評価基準がない場合、面接官によって評価するポイントにバラツキが出てしまい、求める人材が見定められなくなってしまうこともあるでしょう。

面接の評価基準を設けるメリット1:社会性を見極められる

面接の評価基準を設けることによって、会社の基準に対しての社会性を見極めることが可能です。面接の受け答えによっては、面接官から見ての評価にもバラツキが出てしまいますが、評価基準があることによって評価するべきポイントを見極められます。

評価基準が設けられていれば、どのポイントを見るべきかが明確となり、面接での評価もしやすくなるでしょう。

面接の評価基準を設けるメリット2:求める人物像とのマッチング

面接の評価基準を設けることによって、求める人物像とのマッチングが容易になります。設けた評価基準に基づいて面接をすれば、求める人物像のポイントと志望者が合っているか比較することが可能です。

求めるポイントと比較ができれば、自社で欲しい人材と志望者の人物像がマッチしているかを考えられますし、どのような働きができるかを考える事も可能です。マッチした人材を確保するためにも、評価基準は設けられています。

面接の評価基準を設けるメリット3:面接官内の評価のバラツキを抑えられる

面接の評価基準を設けることによって、面接官内での評価がバラつくことを抑えられることが可能です。基準に沿った面接をするので、評価基準を設けることで見るべきポイントが定められ、評価基準に基づいた面接が行われていれば、評価のバラツキも抑えられるでしょう。

評価のバラツキを抑えるためにも、面接の評価基準は設けられています。

面接の評価基準を設けるメリット4:重視するポイントが明確になる

面接の評価基準を設けることによって、重視するべきポイントが明確になります。会社として、どのポイントを重視するべきかを見極めるために、評価基準があればポイントが明確化し評価がしやすくなるのでしょう。

重視するべきポイントが明確化することにより、評価のバラツキも抑えられ、求める人物像とのマッチングもしやすくなり、さらに重視するポイントを明確化するためにも、面接の評価基準を設けられています。

面接官が評価するポイント7つ

面接官が評価するポイントは、多々ありますが、主にそのポイントを7つ紹介します。評価するポイントは、志望者がどのような働き方をするのかを知るためのものになっており、面接において評価するポイントを知れば、面接の対策もしやすくなるでしょう。

面接官が、評価するポイントはどのような部分なのかを知り、評価するポイントを知りましょう。

面接官が評価するポイント1:コミュニケーション能力

面接官が評価するポイントとして、会社内で調和が取れるかのコミュニケーション能力を見ています。調和が取れて、社内で上手くコミュニケーションが取れるかは非常に重要です。

もし、コミュニケーション能力が備わっていれば、それが仕事にも生かされ、円滑に仕事を進められるだろうと考えられます。そのため、コミュニケーション能力も評価のポイントになっているのでしょう。

面接官が評価するポイント2:主体性

面接官が評価するポイントとして、自分から率先して行動を起こせる主体性を持っているか見ています。主体性を評価のポイントにして、どのように仕事で会社に貢献してくれるのかを見ています。

働くにあたり、主体性を持っていれば、仕事においても率先して行動し、会社での働く環境をより良くしてくれるでしょう。そういった主体性を評価するポイントとして、面接官は見ているので注意しましょう。

面接官が評価するポイント3:協調性

面接官が評価するポイントとして、職員と協力しあえる協調性を持っているかが重要です。協調性は、周りとの調和においても重要になりますし、協力し合うことによって業績をあげれるので、協調性を評価のポイントにしているのでしょう。

協調性があれば一人当たりの負担を減らすことにも繋がりますし、協調性があることによって仕事の効率アップにも繋がります。そういった点もあり、協調性を評価のポイントに見ているのでしょう。

面接官が評価するポイント4:意欲性

面接官は、仕事に打ち込むための意欲性を評価のポイントに見ています。意欲性は、仕事をするにあたり、与えた仕事をこなせるのかという点でも重要になってくるでしょう。

意欲性があれば、仕事をどうこなすかの姿勢もより良い方向へ変わっていきますし、個人差はありますが仕事をこなすスピードも早くなっていくので、任せたい仕事を用意できます。仕事に対する意欲性をポイントに、面接官は見ているので気をつけましょう。

面接官が評価するポイント5:誠実性

面接官は、仕事をするための誠実性を評価のポイントに見ています。誠実性は、仕事において、誤魔化しがなく真っ当に仕事をしてもらうためにも重要なポイントになっています。

誠実性がなければ、信頼も無くなりますし、一人の信頼が落ちれば会社全体の信頼も落ちかねないので、会社は誠実性のある人材を求めてるは当然でしょう。面接官は、きちんと仕事をしてくれる誠実性を評価のポイントに見ているので気をつけましょう。

面接官が評価するポイント6:社会的マナー

面接官は、社会人として常識を持っているかの社会的マナーを評価のポイントに見ています。会社において、社会的マナーも要点になりますし、取引先など顧客への対応、職員との向き合い方に対しても重要になるのは間違いありません。

社会的マナーが備わっていれば、人付き合いもトラブルなく社風もより良くなりますし、それが会社の業績に繋がる事もあります。なので、社会的マナーを評価のポイントに見ているのでしょう。

面接官が評価するポイント7:入社に対する意欲

実は、一番に面接官が見ているポイントが、入社への意欲です。入社への意欲が強く感じられるかのポイントを全てのポイントに対して総合的に見ています。

入社への意欲が強く感じられれば、面接官としても入社できるような評価をするための面接をしますし、入社への意欲が強ければ他の評価するポイントも高いはずだと捉えます。面接において入社に対する意欲は、一番大切なポイントになるのを忘れないようにしましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

面接で正しく評価するためのよくある質問10選

面接で評価するポイントを見ながら正しく評価するために、よくある質問があります。質問の答えから、評価するためのポイントをより正しく評価するために、面接官がよく質問する内容を10選しました。

質問に対しての答えで、どのようなポイントを評価しているのかを知れば、面接に対する対策もしやすくなります。より良い評価を得るために、どのようなポイントを評価するための質問かを知りましょう。

面接でよくある質問1:短所

短所の質問によって、短所に対して改善するなどの向上心や社会性を評価ポイントに見ています。短所がどのような短所で、その短所をどのように向き合っているかや、その短所を自覚することによってどうするのかを面接官は評価ポイントにしています。

例えば、短所は自分に没頭してしまう部分なので、自分に余裕を持って大変なことは周りと協力しあって進めていくように心がけていますなど、協調性を感じられると評価しやすいです。

面接でよくある質問2:失敗経験

失敗経験を質問することによって、何を学び経験をどう生かすのかを評価のポイントに面接官は見ています。失敗経験を生かし、その経験が仕事に繋がれば、働く上でも大きな力になると評価できるでしょう。

例えば、失敗談から学んだことで社会的マナーを学んだり、協調性を学んだりしていれば、面接官も評価のポイントとして見るのは間違いありません。評価のポイントに繋がるように、学んだことなどをアピールしましょう。

面接でよくある質問3:就活を行う際の軸

就活を行う際の軸を質問して、仕事選びへの基準を持っているかをポイントに評価しています。仕事選びの基準を持っていれば、入社への意欲も読み取れますし、働くための意欲性などのポイントも評価しやすくなります。

例えば、就活を行う際の軸を具体的にわかりやすく伝えれば、その内容が会社にあっているならば入社への意欲が伝わります。そういったポイントを見るための質問です。

面接でよくある質問4:趣味

趣味の質問は、志望者の人物像を知り、どういった働き方をするのかをポイントに評価するために確認しています。雇用するにあたり、どのような人物なのか、それがどういう形で仕事に生かされるのかをポイントにしているのでしょう。

例えば、スポーツなどでチームに所属していれば、仲間と協力し合える協調性を感じることができるでしょう。そういったポイントと人物像を評価するために趣味の質問をしています。

面接でよくある質問5:気になるニュース

気になるニュースを質問することでとっさに回答できるコミュニケーション能力と、世の中への関心により会社への意欲をポイントに評価しています。

とっさの回答と内容に対する具体性が伝われば、対応力とコミュニケーション能力を備えていると感じられるでしょう。

そして世の中への関心があれば仕事に対しても関心を持てると意欲を感じる事もできますが、もし的確に答えられなければ、仕事への対応力を疑われる可能性があります。

面接でよくある質問6:社会人とは何か

社会人とは何かの質問によって、志望者の責任感とモラルなどの人物像をポイントに評価しています。

一人の社会人として、その人はどう考えているのかを知り、責任感と考え方から捉えられる主体性、社会的マナーを評価ポイントに見ており、人物像なども、この質問により知ることができます。

例えば社会人とは自主管理を行い、自分から仕事を行うことですというような答えならば、社会人としての責任感と主体性を感じ取れます。

面接でよくある質問7:5年後の自分

5年後の自分を質問することにより、将来を考えて自分を高めるための意欲を持っているのかを見ています。5年後の自分をイメージしていることを知り、入社する意欲を知ることができるのでしょう。

どのぐらい働くための意欲を持っているのかを知れば長く働いてもらえて仕事にも向上心を持ってもらえると判断できますし、5年後の自分をイメージするのは難しいので、どうなりたいかをイメージし伝えるといいでしょう。

面接でよくある質問8:特技

特技を質問することにより、人物像を知ることと、答え方でコミュニケーション能力をポイントに評価しています。

面接の場を和ませるために、話しやすい内容として特技を質問している場合もありますが、その質問によって受け答えのコミュニケーションが取れるかも見ています。

仕事に結びつく特技ならば、より良いですが、趣味としての特技でも人物像を知るために良いでしょう。

面接でよくある質問9:仕事で大切にしていること

仕事で大切なことを質問することによって、仕事への関心や意欲の度合いをポイントに評価しています。仕事で大切にしていることの質問は、雇用したあとに、どのように働いてくれるのかの人物像を知る事もできますし、仕事へどのぐらい関心を持っているかも把握が可能です。

例えば、特になかった場合、仕事への関心がないとなってしまいますが、大切にしていることを具体的に答えられたら、仕事への関心が感じてもらえるでしょう。

面接でよくある質問10:一緒に仕事をしてる後輩や部下にどう接するか

一緒に仕事をしている後輩や部下にどう接するかの質問によって、周りとの協調性や自分以外の立場の人の目線に立った仕事ができるのかを評価のポイントとして見ています。

相手へ接するための心掛けや、どう対応しているのかを知ることによって協調性と人としての人物像を知ることが可能となるのでしょう。

思いやりが持てると感じられたら、協調性とコミュニケーション能力を備えて、責任感も持っていると評価されるでしょう。

評価ポイントを明確にして面接を行いましょう

評価ポイントを明確にすることによって、面接はやりやすくなります。評価ポイントを明確にすることによって、志望者も面接官も質問のやり取りや重要視するポイント、答えるべきポイントが具体的になるからです。

例えば、評価ポイントが明確になることで、質問も回答もスムーズになれば、伝わるべき事もきちんと伝わりやすくなります。評価ポイントを明確にして面接を行いましょう。

Related