Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

なぜ人事制度改革が失敗する理由3つ|見直すポイント4つとは?

働き方改革が2019年4月からスタートしましたが、人事制度改革の導入に失敗している企業も中にはあるのではないでしょうか。本記事では人事制度改革が失敗する理由3つ、人事制度改革を見直すポイント4つについて紹介していきます。

なぜ人事制度改革が失敗する理由3つ|見直すポイント4つとは?
バナー

人事制度改革の現状

企業にとって人とは会社を動かす原動力であり、希少な財産ともいえる部分です。しかし、多くの企業では、業績としての成長や戦略展開に注力していることから、人事制度の検討・整備は、後手に回っているのが現状といえるでしょう。

本記事では、人事制度改革が失敗する理由3つ、人事制度改革を見直すポイント4つについて紹介していきます。人事制度改革に対して、見直しを考えていきたい方はぜひ参考にしてみてください。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

人事制度改革の前提となるもの

人事制度改革の前提となるものは、企業で働く従業員を中心として考えていくことでしょう。企業を動かしているのはそこで働く従業員です。彼らが高いモチベーションを維持して活動していけるかどうかが、業績アップの鍵になります。

企業への信頼の下、従業員が前向きに行動変革できるためのコミュニケーションが行われることも非常に重要になってくる部分でしょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

人事制度改革の基本的な考え方3つ

次は人事制度改革の基本的な考え方3つについて紹介します。人事制度改革の基本的な考え方を知らないままでは、突然制度を改革されたことで従業員に不満が募り成果が得られないことがあるでしょう。

人事制度改革の基本的な考え方1:人事評価力の向上

人事制度改革の基本的な考え方の1つ目は、人事評価力の向上です。人事評価力とは、設定した目標の達成率、業務上の成果など、従業員を客観的な数値で表す評価です。

勤怠状況や履歴書、人事考課や配属先での履歴、持っているスキルや資格など、従業員の状況を個々の項目で管理するのではなく、一元管理することで、人事評価力の向上を図ることができ、成果や役割、状態を見直すことができるでしょう。

人事制度改革の基本的な考え方2:人事考課力の向上

人事制度改革の基本的な考え方2つ目は、人事考課力の向上です。人事考課力とは従業員を特定期間の仕事の成果やプロセスを一定の基準により行動の価値を考課者が判定する力です。

考課者によって判断が異なってしまうと評価のずれが生じます。評価は従業員にとって仕事のモチベーションが関わる部分なので、具体的な評価ポイントは何であるのか、事前に告知するなど、明確な評価基準を示すことが公平感のある評価となるでしょう。

人事制度改革の基本的な考え方3:処遇の向上

人事制度改革の基本的な考え方3つ目は処遇の向上です。処遇の向上とは評価の曖昧さを修正していく上で、従業員の雇用形態や職務等級の見直しを図ることです。

古くからの企業など、責任や役割の範囲が曖昧であることが多い傾向があります。本来の仕事以上の内容をこなしているにもかかわらず、処遇が悪いままということもあるでしょう。

処遇での不公平さをなくし、役割に基づく処遇配分のあり方を検討していく必要があるでしょう。
バナー

人事制度改革が失敗する理由3つ

素晴らしい人事制度を作っても、現場に浸透しないのは非常に残念なことですが、企業によっては、人事制度改革が失敗してしまう可能性も多いにあります。次は人事制度改革が失敗する理由3つについて紹介していきます。

人事制度改革が失敗する理由1:要求が細かくなる

人事制度改革が失敗する理由1は、要求が細かくなることです。従業員の公平性を図ろうとしたばかりに、人事制度がやたらと細かくなってしまうことがありますが、あまりにも複雑なものは運用に向きません。

特に評価制度はどうしても細かくなりやすいです。あれもこれも手に付ける形ではなく、まずは現状の課題となっている点に注力し、達成率を上げるほうが改革として成功しやすいでしょう。

人事制度改革が失敗する理由2:改革スピードの遅さ

人事制度改革が失敗する理由2は、改革スピードの遅さです。人事制度改革を慎重に行おうとすると、どうしても時間がかかってしまいますが時間をかければかけるほどその間質が落ちた状態が続きます。

できれば可能な限り早めに改革をすべきです。とにかく短いスパンで人事制度改革を開始し、できれば作り直しやすく作っておくと良いでしょう。ある程度の期間で状況に応じて人事制度を見直していく、ということを視野にいれましょう。

人事制度改革が失敗する理由3:人事制度への興味

人事制度改革が失敗する理由3は、人事制度への興味です。

人事制度が改革されても、授業員が興味を示さないと会社が変わっていく意味につながりません。興味がなければ、自分がいま会社にどんなことを求められているか、具体的に分かっていないということになります。

人事制度改革が独り歩きしてしまわないよう、従業員からの納得感を得られるかなど、働く人に寄り添った形を考えましょう。

人事制度改革が失敗したときに見直すべきポイント4点

場合によっては人事制度改革が失敗してしまった、という事態になってしまうこともあるでしょう。次は人事制度改革が失敗したときに見直すべきポイント4点について紹介していきます。

人事制度改革で見直すべきポイント1:現状分析

人事制度改革で失敗した時に見直すべきポイント1つ目は、現状分析です。たとえ他社で成功した人事制度改革であっても、自社の環境ではマッチしていなかった、ということはあります。

なぜ失敗してしまったのか、という点に至るには制度の分析や現状の課題分析が必要です。問題点をスピーディに洗い出し、新たに人事制度改革を行いましょう。

人事制度改革で見直すべきポイント2:詳細設計

人事制度改革で失敗した時に見直すべきポイント2つ目は詳細設計です。詳細設計は各部署へ細かな調査が行われた上で、現状の役職や職務に求める要件を整理した職務評価基準、評価シート、処遇ルールなどが設計されているものです。

新しい基準によって処遇が下がってしまうなどマイナスな状況になり、該当する従業員から不満が出ることがあるので、この場合は詳細設計の内容を見直すか、該当者の仕事を調整する必要があるでしょう。

人事制度改革で見直すべきポイント3:導入準備

人事制度改革で失敗した時に見直すべきポイント3つ目は、導入準備です。導入に向けた準備がしっかりとできていたか、できたというのは従業員の意識に浸透していたかということで、説明会をただ行ったというだけでは不十分です。

説明会の内容についても従業員が理解しやすいものであったか、処遇内容など人事制度改革の説明に納得したのか、反対意見はあるか、など導入準備時点で確認をとる場面を入れておきましょう。

人事制度改革で見直すべきポイント4:運用後の状況

人事制度改革で失敗した時に見直すべきポイント4つ目は運用後の状況です。運用後の状況によって問題が発生することがあります。

例えば人事考課力の向上が出たことで大きく昇給する者とそうではない者が従来よりも大幅に出てきてしまい、あまりにも後者のモチベーションを下げてしまったなどです。

どうしても評価につながりにくい業務はあり、そのような人が昇給面で不満を持たないよう制度を見直す必要があるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

人事制度改革の成功事例

最後に人事制度改革の成功事例、イケア・ジャパン、コストコホールセール・ジャパンについて紹介していきます。人事制度改革に実際に取り組んで成功をあげた企業はいくつも出てきています。

イケア・ジャパン

人事制度改革の成功事例1つ目はイケア・ジャパンです。イケア・ジャパンでは、2014年9月から従業員がライフステージにあわせて働き方を選べるように人事制度改革が行われました。

男女を問わず、人生やキャリアを自由に選択し、パートを原則正社員にし、待遇の差をなくし、社員に等しく成長を期待するという改革です。従業員の雇用の質が向上することで、結果的に仕事の質や顧客満足度アップにも結び付いたといわれています。

コストコホールセール・ジャパン

人事制度改革の成功事例2つ目はコストコホールセール・ジャパンです。コストコホールセール・ジャパンでは、正社員・パート・アルバイトなどの雇用状況を問わず、全員が時給制となっています。

また、社内公募制度をとって、仕事内容を変えたいなど、異動希望を聞き、よりキャリアアップしやすい環境を目指しています。

常に従業員がやる気を持って長く働いていける仕組みであり、生産性の向上に成功した事例といえるでしょう。

人事制度改革を成功させるには段階ごとに準備すること

従来の制度に不満が出てきた、従業員の中で思ったように成長しない人が多く出ている、など課題があれば、人事評価制度を見直すべき時期に差し掛かってきています。

人事制度改革を成功させるには段階ごとにその企業に合った課題を準備することが必要です。働いている人を大切にしてこそ企業を盛り上げていく部分は大きいので、本記事を参考に人事制度改革については、しっかりと考えていきましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related