Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月01日

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ

行動評価を取り入れる企業が増えています。行動評価を取り入れたいという方も多いのではないでしょうか。この記事では、行動評価を取り入れるメリットや取り入れる理由などについて紹介します。行動評価を取り入れるメリットについて知りたいという方は、ぜひ読んでみてください。

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ

そもそも行動評価とは何か

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ
行動評価とは、近年主流となっているコンピテンシーに基づく評価のことです。コンピテンシーとは、高い業績を上げる人材の行動特性のことを指します。

日本独自の等級制度で、日本企業の間で長らく活用されてきた職能資格制度を廃止にする企業が増えています。

行動評価は、その基準である「業務で高い業績を上げている社員の行動特性」を指針とし、その指針に則った行動をしているかどうかを評価するという方法で行います。

行動評価を取り入れるメリット10個

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ
時代の流れと共に、職務ベースの評価として行動評価を取り入れる企業が増えています。プロセスを遂行できているかどうかで評価する職能資格制度とは違い、結果の状況や内容を評価の定義とした行動評価にはメリットがあります。

それでは、行動評価を取り入れるメリット10個を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

行動評価を取り入れるメリット1:業績や成果につながりやすい

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ
行動評価を取り入れるメリット1は、業績や成果に繋がりやすいことです。

行動評価を取り入れることにより社員だけではなく、業績アップを図ることで成果につながりやすく、企業の方向性を決める指針としても役立ちます。

また、行動評価を取り入れると人材育成という役割もあり、長期的視野を持っている社員のモチベーションや能力を上げ、その行動を奨励することも可能です。

行動評価を取り入れるメリット2:社員の納得感が得られる

行動評価を取り入れるメリット2は、社員の納得感が得られることです。

行動評価により、社員は自分の行動のどこが足りないのか、あるいは、足りているのかを具体的な形で知ることができるので、行動評価の内容を理解し納得感を得られます。

能力や成果に至るまでの評価では曖昧になりがちですが、行動評価は自分が何を努力すれば高い評価を得られるのかを、明確に理解することができます。

行動評価を取り入れるメリット3:能力開発がしやすくなる

行動評価を取り入れるメリット3は、能力開発がしやすくなることです。

行動評価の基準は「業務で高い成果を出している社員の行動特性」ですから、行動目標として設定しやすいのに伴い、能力開発がしやすくなります。

行動評価は、ただ闇雲に努力するのではなく、何に向かっての努力なのか明確なので、社員にとってもモチベーションを維持しやすい評価システムと言えます。

行動評価を取り入れるメリット4:現場でのマネジメントに活用できる

行動評価を取り入れるメリット4は、現場でのマネジメントに活用できることです。

それぞれの現場では、その業務に応じたスキルや知識が必要になります。行動評価を取り入れると、社員一人一人がどんな行動を取ることができるのか明確になるため、現場での社員の適性に合った業務分担や職務配置など、人材マネジメントに活用できます。

行動評価を取り入れると、人的資源の投資効率を高めるメリットもあります。

行動評価を取り入れるメリット5:戦略的な人材育成が可能

行動評価を取り入れるメリット5は、人材育成が可能だということです。

行動評価を取り入れますと、何を努力すれば評価されるのかが明確になりますので、社員のモチベーションも高まりますし、能力開発になり業績向上にも繋がるでしょう。

高い能力や知識、技術を持っているから成果が出るとは限りません。業績が低迷している社員の場合、行動や意識に変化が表われ、結果的に人材育成に繋がります。

行動評価を取り入れるメリット6:主観による評価の防止

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ
行動評価を取り入れるメリット6は、評価する側の主観による評価の防止です。

適切な行動評価を行うためには、評価する側とされる側の信頼関係が大切です。行動評価は評価基準が明確なので、評価する側の主観による評価のズレを防止し、より公平に評価することができます。

評価する側とされる側の認識の違いは小さくなり、これまでのように上下の人間関係や自身の出世、保身のために、評価を歪めることは減ってくるでしょう。

行動評価を取り入れるメリット7:目標設定・達成

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ
行動評価を取り入れるメリット7は、目標設定・達成です。

行動評価の基準は、具体的な行動特性や行動の内容ですので、行動評価を取り入れますと社員の行動や意識に変化が表われ、会社からの指示ではなく自発的に目標を設定します。

そして、モチベーションや業務効率をアップさせながら、上司や自己による評価で、業務を遂行していきます。

行動評価を取り入れることで、社員は自ずと中長期的に自己成長を遂げていくことができます。

行動評価を取り入れるメリット8:採用のミスマッチ防止

行動評価を取り入れるメリット8は、採用のミスマッチ防止です。

行動評価を採用の際の評価項目に取り入れることは可能です。行動評価を取り入れると、企業が求める優秀な人材の行動特性を明確化するため、書類や面接の段階でミスマッチを防止でき、入社後の人材育成もしやすくなります。

早期退職や採用コストの増加が日本の企業で問題視されています。行動評価を取り入れることで、離職率の改善も期待できます。

行動評価を取り入れるメリット9:社員の満足度の向上

行動評価を取り入れるメリット9は、社員の満足度の向上です。

行動評価を取り入れると、自分の仕事ぶりが可視化されることで、社員の仕事や会社に対する満足度が向上します。

行動評価を取り入れなければ、会社での信頼関係が築きにくく、自分よりも成果を出していない社員が昇給・昇進をすれば、人間関係が悪化していく可能性があります。

行動評価を取り入れるメリット10:離職率の低下

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ
行動評価を取り入れるメリット10は、離職率の低下です。行動評価を取り入れることで、企業の最大のリスクである離職率の低下を防ぐことができます。

行動評価を取り入れないと、社員はどんな努力をすればいいのか、目標が曖昧になってしまう可能性があります。その結果、正当に自分を評価してくれる会社へと優秀な人材が流出し、企業にとって大きな痛手となってしまいます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!

まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

行動評価を取り入れる理由3つ

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ
行動評価は、従来の年功序列や職務能力評価では判断されない、評価のグレーゾーンを明らかにすると言われています。

それでは、行動評価を取り入れる理由3つを紹介します。社内の人事制度に行動評価を取り入れたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

行動評価を取り入れる理由1:成果主義に限界を感じている

行動評価を取り入れる理由1は、社員は成果主義に限界を感じているからです。

成果主義の企業では、自分の仕事の成果を自己主張しなければいけないので、足の引っ張り合いが多く、弱い人は増々弱くなっていき、成果主義に限界を感じています。

行動評価を取り入れることで、自分の努力すべきことや、逆に何が自分に足りているのかを理解することができるので、モチベーションが上がり自ら業務を遂行するようになります。

行動評価を取り入れる理由2:会社方針に反発する社員の増加

行動評価を取り入れる理由2は、会社方針に反発する社員の増加です。

ライバルの足の引っ張り合いから、やがて社員のチームワークが乱れ、会社の雰囲気が悪化していき、そんな会社の方針に反発する社員が増加します。社員は自分の業績が可視化されないので、不満が増幅していく一方です。

会社方針に反発するだけではなく、社員の離職を防止するためにも、行動評価を取り入れることが望まれます。

行動評価を取り入れる理由3:評価者の主観が評価に入り込んでいる

行動評価を取り入れる理由3は、評価者の主観が評価に入り込んでいるからです。

行動評価を取り入れるメリット6で紹介しましたが、評価する側とされる側の間にコミュニケーション不足により信頼関係がない場合は、その社員の周囲の評判で評価してしまうなど、評価者の主観が評価に入り込んでしまい、適切な評価はできません。

行動評価を取り入れることで、評価の基準が明確となり、社員の不満を権限することにも繋がります。

人事制度に行動評価をうまく取り入れましょう

行動評価を取り入れるメリット10個|行動評価を取り入れる理由3つ
今回は、行動評価とは何かや行動評価を取り入れるメリット、取り入れる理由についてご紹介しました。能力評価よりも基準が明確な行動評価には、メリットが多いことに気づいた方も多いのではないでしょうか。

行動評価は近年注目されています。日本企業でも取り入れるところは少なくなく、広い分野で人材開発のために採用されています。社内の人事制度に行動評価をうまく取り入れましょう。

Related