いまさら聞けないプロパー社員の3つの意味|メリット3つとデメリット3つ

人事制度

プロパー社員とは何か?

プロパー社員という言葉を知っていますか。プロパー社員とは和製ビジネス英語で、日本固有の呼び方です。プロパー社員とはどういった社員のことを指すのでしょうか。

ここでは、プロパーとはどういった意味か、またプロパー社員とはどういう社員のことを指すのかについてみていきます。

「proper」とはどういう意味?

プロパー社員の「プロパー」は英語で「proper」と書き、「本来の」とか「適切な」という意味を持ちます。しかし、プロパー社員という和製ビジネス英語においっては、英語の「proper」の「本来の」という意味からはちょっと外れた意味をもっています。

では、プロパー社員とはどういった社員を意味するのでしょうか。以下において、プロパー社員の持つ3つの意味をご紹介します。

「プロパー社員」という言葉は使う場面で意味が変わる

プロパーという言葉は英語では「本来の」という意味ですが、和製英語として使う場合には「プロパーカード」といえば、他社と連携しないオリジナルカードという意味になりますし、セールなどで「プロパー価格」と書いてあれば値引きする前の正規価格を意味します。

このように同じ「プロパー」でも使う場面で意味が異なってきます。そして、「プロパー社員」という言葉には3つの意味があり、使う場面によって意味合いが異なります。

プロパー社員の3つの意味

プロパー社員は英語のプロパーとはちょっと違った意味を持つことや、使う場面によって異なる意味を持つことがわかりましたが、では実際にプロパー社員にはどういった意味があるのでしょうか。ここでは、プロパー社員の3つの意味についてご紹介します。

プロパー社員の意味1:新卒入社の生え抜き

プロパー社員には、新卒入社の生え抜きという意味があります。生え抜き社員とは新卒から採用されずっとその会社に勤務する社員のことを指します。生え抜き社員の意味でプロパー社員という言葉を使う場合は、中途社員と比較で使用されることが多いです。

「proper」の意味が「本来の」で、最初から働く「本来の社員」との意味で使われています。プロパー社員は生え抜き社員のため帰属意識が高く愛社精神が強い傾向にあります。

プロパー社員の意味2:正社員

プロパー社員には、正社員という意味で使用することもあります。その場合は、生え抜きも中途採用もすべてを含めた正社員という意味で使用します。この意味で使うプロパー社員という言葉は、派遣社員や契約社員との対比の際に使用します。

前述では生え抜きの新卒正社員と中途採用の社員の比較でしたが、この意味では正社員全般とそれ以外の派遣や契約社員という位置づけになっています。

プロパー社員の意味3:自社の社員

プロパー社員には自社の社員という意味もあります。自社の社員は協力会社から出向している社員との比較で使用します。たとえば、あるプロジェクトで他社から協力社員が来た場合に協力社員と自社社員とを対比するため「プロパー社員」を使います。

自社の社員には生え抜き社員、中途社員、派遣社員、契約社員など自社採用の全ての社員を含みます。そして、これと出向の社員を区別するため「プロパー社員」という言葉を使います。

プロパー社員のメリットとは

プロパー社員という言葉には3つの意味があることがわかりました。ではプロパー社員になることにメリットはあるのでしょうか。ここでは新卒からずっと同じ会社に働き続けるプロパー社員になることによってもたらされるメリットについてみていきます。

プロパー社員のメリット1:愛社精神の強さ

プロパー社員のメリットに愛社精神の強さができるということがあります。プロパー社員は新卒で入り長年同じ会社に勤め続けることによって会社への愛着が増していきます。

また、社会人として未経験のところから教育を受け勤め続けて、昇進や昇格をして成長していく中で愛社精神も培われていきます。プロパー社員は正社員として会社に貢献しているという意識が高く、自社の社員であるというこだわりがあるということがいえます。

プロパー社員のメリット2:つながりが強固

プロパー社員のメリットに、つながりが強固ということがあります。プロパー社員の場合は、同期入社も多く、またその後も先輩や後輩との関係性が強くなることが多いです。プロパー社員の場合は、たてとよこのつながりが非常に強固になるということです。

そのため、プロパー社員であれば、チームワークが必要な場面でも円滑なコミュニケーションによりスマートな対処が可能になってきます。

プロパー社員のメリット3:自社の事情に精通している

プロパー社員のメリットに自社の事情に精通しているということがあります。プロパー社員は新卒から現在に至るまでずっとその会社にいる社員ですので、自ずと自社のさまざまな事情に詳しくなっていきます。

そうすることで、ほかの派遣社員や契約社員には対応できないような細やかな対応ができたり、自社の内部事情や他社との関係性なども考慮して動くことができます。結果として、プロパー社員が会社へ貢献できる割合は高まります。

プロパー社員のデメリットとは

プロパー社員とは何か、またプロパー社員のメリットについてみてきましたが、プロパー社員にはデメリットも存在します。ここではプロパー社員のデメリットについてみていきます。

プロパー社員のデメリット1:視野が狭い

プロパー社員のデメリットに視野が狭いということがあります。

同じ会社に長い年月を経ているうちに、その会社の社風に染まってしまい新たな発想自体が生まれない状況に陥りやすいです。そういったことから、プロパー社員は視野が狭く、新たな発想を生みにくい状況になりがちです。

プロパー社員のデメリット2:融通が効かない

プロパー社員のデメリットとして、融通が効かないということがあります。プロパー社員は同じ会社に長年在籍し、その決まりや会社の方針をきっちりと守ろうとします。そして、プロパー社員は会社にとって最善の道を選ぼうと必死です。

そのため、会社の方針でいろいろと決めてあることに他の人から別案を提案された場合は、反対に回り勝ちです。プロパー社員の良いところでもあり、良くないところが融通が効かないことだといえます。

プロパー社員のデメリット3:他社を知らない

プロパー社員のデメリットに、他社を知らないということが挙げられます。プロパー社員は自社の中で研修を受けてから、担当として割り当てられます。そして、その中で出世し昇給していきます。

しかし、転職を決意して就職活動を始めると、自分が他社のことを全くしらなかったということがわかります。プロパー社員はその会社に何十年といることが多く、他社の事情に疎い傾向にあるといえます。

「プロパー社員」という概念を使う時の注意点

プロパー社員という言葉の意味とプロパー社員のメリット、デメリットがわかりましたが、プロパー社員という言葉を使う場合には注意が必要です。ここでは「プロパー社員」という概念を使う時の注意点をご説明します。

プロパー社員とは日本独自の表現である

プロパー社員という概念を使う時の注意点に、プロパー社員とは日本独自の表現であるということに注意が必要です。

プロパーは、英語で「本来の」とか「専門的な」というような意味を持ちますが、「プロパー社員」には前述のように従来の意味からはかけ離れた3つの意味があります。

しかもプロパー社員という言葉は日本のみで使われる和製ビジネス英語です。プロパー社員という言葉が世界では通用しないことを頭においておきましょう。

プロパー社員とその他の社員とのギャップ

プロパー社員という概念を使う時の注意点にプロパー社員とその他の社員とのギャップがあります。プロパー社員には、その会社に新卒から長年勤めている自負があり、また会社への愛着があります。

しかし、それ以外の派遣社員や契約社員は、「プロパー社員」という言葉を聞くたびに自分との扱いの違いを意識します。場合によっては「プロパー社員」という言葉をあえて使わない方が良い場合もありますので、注意するようにしましょう。

プロパー社員のメリットを活かしてチームワークに優れた組織をつくろう!

いかがでしたか。プロパー社員という言葉は和製ビジネス英語で、日本でのみ使われる言葉だということがわかりました。また、場面によって3つの意味があり、それぞれ意味合いが変わることもわかりました。

プロパー社員にはメリット、デメリットがありますが、プロパー社員ならではのメリットを活かし、チームワークに優れた祖組織を作っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました