Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月15日

定年退職の定年年齢の現状|定年退職後に働き続ける場合の制度3つ

多くの人が知っている定年退職ですが、実際のところ定年退職に関しての手続きや定年退職をしてからの生活など、実際そうなってみなければわからないことがたくさんあります。ここでは、定年退職に関してさまざまなことを説明していきます。

定年退職の定年年齢の現状|定年退職後に働き続ける場合の制度3つ

定年退職

定年退職は、制度として会社に取り入れられています。会社がそれぞれ就業規則などを定めた年齢に達したら雇用関係が終わる制度です。

最近では雇用や、定年年齢を上げることが義務付けられていますので、そういった会社が多くありますが昔は60歳で定年退職とされていました。定年退職は、それぞれの会社で年齢の違いがありますので確認する必要があります。

定年年齢の現状

現時点で定年がある会社は95%ほどです。定年退職についての年齢設定は8割が60歳になっていて、次は65歳です。

定年退職をしてから年金をもらうまでにあまり年数があると生活に不安が出てきてしまう場合もあります。しかし定年退職を65歳としている場合は、年金受給までスムーズに働けます。

定年年齢は、会社それぞれで違いがありますので自身の会社の定年退職年齢を確認しておく必要があります。

定年退職後に働き続ける場合の制度3つ

定年退職後も、同じ会社で働き続けるにはどのような制度があるのかは把握しておく必要があります。定年退職の自分の雇用形態や、仕事内容、そしてどのくらいの給与がもらえるのかは会社に確認しておくようにしましょう。

おおよその会社では、定年退職後の雇用に関しては、新たに雇用契約をする形をとっています。同じ会社で働かないとなれば、定年退職後の働き方について、得に働くことができるか調べてみてもよいでしょう。

継続雇用制度

定年退職後の継続雇用制度は、定年後の一定年齢になるまで会社が雇用を保証してくれる制度です。

以前よりも年金受給年齢が引き延ばされたので、定年後の生活安定をもとめて継続雇用制度が必要であると考えている会社は多くあります。会社によって違いがあり、また再雇用制度と勤務延長制度など多くの会社では導入されています。

再雇用制度

定年後の再雇用制度は、日本にある会社の9割近くが制定している制度です。一般的に定年年齢が60歳から65歳になりますが、その後同じ会社で継続して働きたい考えでしたら再雇用制度を利用しましょう。

再雇用制度を利用することによって、自身が新しく転職活動をすることなく、これまでいた会社にとっても即戦力となる人材をそのまま置いておくことができるといったメリットがあります。

勤務延長制

雇用を定年年齢で終了していたものを、以前のままの雇用形態で働くことを言います。役職や仕事の内容、職務そして賃金などは基本的には変わりません。勤務延長制度は、従来してきた勤務の延長とする制度ですので、定年後の条件変更はかなり難しいです。

また、勤務延長制度の働き方をした場合は、その期間中仕事を辞めてしまうと退職金が支払われませんので注意してください。延長期間を終了した時点で退職した場合は支払われます。

定年退職後の手続き4つ

定年退職後にそれぞれ、先の生活プランを思い描くでしょう。定年後は誰しも余裕をもってのんびりと過ぎしたいと考えるでしょう。しかし定年後は少なくともこれまでの収入は無くなりますので不安が残ります。

ここでは定年退職後の手続きをいくつか紹介していきます。手続きを間違えてしまうと生活にかかってくる金額がかなり違ってきますので注意しながら参考にし、わからないことは、会社に事前に聞いておくのもよいでしょう。

定年退職後の手続き1:年金

年金は定年退職をしてから自動的に受け取ることができるわけではなく、自分で申請をしなければ受け取れません。定年年齢を迎えるおよそ3か月まえから年金請求や請求の手続きが届くようになっています。

これは、日本年金機構から直接送られてくる書類ですでの、中身を見て用紙に記入していきましょう。また、記入のしかたがわからない場合や不安な場合は年金事務所に問い合わせをしましょう。

前準備

定年退職後に受給額が予想とは違い、後の生活に不安が出てしまってはいけません。前もって年金をいつからもらえるのか、受給額はいくななのかを調べておくようにしましょう。

年金機構から「ねんきん定期便」というものが送られてきますので、加入歴を把握しておきましょう。

記載事項に間違いがある場合は、年金機構に問い合わせ調査してもらいます。そのままにしておくと、受給額が大幅に変わってしまいます。

定年退職後の手続き2:雇用保険

退職後に会社側から離職票が受け取れます。離職票を必ずチェックしておくことが必要です。 しっかり重要視するポイントは、賃金部分です。これまでの給与明細が保管してあれば、自分で照らし合わせてチェックしましょう。

万が一もらっていた金額よりも低かった場合は、失業手当が低くなってしまいます。間違いがないかしっかり見て、間違いがあれなハローワークに問い合わせをします。給与明細が無い場合は区役所などで対応します。

前準備

雇用保険についての基本失業手当は退職後の半年分の賃金データからの算出です。失業後の試算をする場合は、定職前の半年分の明細が必要になるので準備しましょう。

退職後に出る会社側の書類に間違いが無いとは限らないので、給与明細は保管しておく必要がありますが、無い場合は役所や会社側からも出してもらうことができます。

退職後生活の目途などを把握することは必要なことですので、自分でできることは確認しておきましょう。

定年退職後の手続き3:健康保険

健康保険の手続きは、とても短いですので、退職後はすぐ手続きする必要があります。退職後に健康保険をどのようにするかは現役の頃に多少考えておく方が良いでしょう。しかし定年後に再就職する場合は、新規の勤務先の健康保険に加入するようになります。

手続きの期日は、原則として退職した翌日から5日以内です。家族の扶養に入る場合は保険料の支払いはありません。扶養になることが退職後、経済的にも有利でしょう。

前準備

手続き期間が短いので、できれば退職前に扶養家族を含めて保険料をどうするのかは、あらかじめ決めておく方がよいでしょう。家族内の扶養になる場合や、退職後も個人で支払いをしていくのかではかかる費用が違ってきます。

定年退職後の手続き4:税金

退職して退職金を受け取ったら、源泉徴収票を受け取ります。会社から退職金支給の時に受給に関しての申告書を提出することで、確定申告はしなくてもよいです。

申告書を自分でしない場合は、還付を受けられなくなりますので注意してください。また、一般的に定年後の確定申告で税金は戻ってきますので、源泉徴収票はしっかり保管しておきましょう。

前準備

定年後の生活に大きく関わってくる退職金ですので、退職規定をよく把握して照らし合わせせて確認しておく必要があります。

所得税と住民税がそれぞれ退職金にはかかりますので、自分で計算しておく必要もあります。退職金の支払い日などの確認をし、会社によっては分割支払いと一括支払いでわかれているので、税金や金利その他のことを考慮して受け取り方法を選びましょう。

定年退職する前に制度や手続きについてよく知ろう

定年退職をした後の生活は、できる限りゆとりのあるものにしたいと考えるものです。退職金についてさまざまなことを知り、事前に把握し準備しておくことで後に精神的にもゆとりをもって生活することができます。

Related