働き方改革について知ろう!取り組み方4つや取り組み事例3つを紹介

人事制度

働き方改革とは

働き方改革とは、労働環境の改善と働き方を多様化して働き手を増やし生産性を上げる取り組みのことを指します。

働き方改革はよく耳にする言葉ですが、内容を把握している人はまだ少ないことでしょう。簡単な説明をすると、働き方改革とは労働環境の改善と働き方を多様化して働き手を増やし生産性を上げる取り組みのことを指します。

ここでは、働き方改革で変わる点や働き方改革の課題、実践されている企業について紹介しましょう。

働き方改革で変わること

働き方改革で各個人に合った働き方の選択肢が増えます。

今まで日本の労働環境は、フルタイムで働くことが労働者に求められる社会でした。ですが、日本は人口減少に伴い働き手も減りGDPも落ちてきています。

労働意欲があるけれど、さまざまな問題を抱えフルタイムで働けない人たちがいます。そういった人たちにも働ける社会を作ろうとしているのが働き方改革です。

ここでは、働き方改革の取り組みについて紹介します。

働き方改革の取り組み方4つ

働き方改革の取り組み方にはどんなものがあるか知りましょう。

今日本が抱えている問題点は人口減少、労働力の減少、GDPの低下があると取り上げました。そして働き方改革で問題点を改善しようとしていることも理解していただけたことでしょう。

ここでは働き方改革で変わるものについて、具体的な取り組みの一部ではありますが取り上げます。

育児休暇、短時間勤務制度、フレックスタイム制度、テレワークについて紹介しましょう。

働き方改革の取り組み方1:育児休暇

男性も女性も育児休暇を取得しやすい社会に変えていこうとしています。

女性の育児休暇の取得する話は聞きますが、男性の育児休暇取得はあまり耳にしません。実際、日本は他国に比べて男性の育児休暇取得率日本は低い状況です。

そこで、政府としては男性の育児休暇取得を推進するように取り組みを始めました。男性の育児のサポートが入ることにより、女性の負担も減り会社への復帰もしやすくなり労働力を高めることに繋がります。

働き方改革の取り組み方2:短時間勤務制度

短時間勤務制度は、育児や介護をする人が仕事を両立できるために設けられた制度です。

短時間勤務制度とは、原則的に一日の労働を6時間までとするものです。この制度を利用することにより、フルタイムで働く労働者でも育児や介護を必要とする家族のケアなどを理由に仕事を辞めることなく続けられることができます。

この制度は育児をするために利用する場合は、3歳未満の子供がいる保護者が対象で男性でも女性でも利用が可能です。

働き方改革の取り組み方3:フレックスタイム制度

フレックスタイム制度とは始業時刻と終業時刻を労働者自身で決めることができる制度です。

昨今の労働者は育児や介護などライフスタイルが多様化しており、労働者の多様な働き方に対して社会の理解が求められています。

フレックスタイム制度は、労働者自身がライフスタイルに合わせて始業時刻と終業時刻を決めることが可能です。

ただし、フレックスタイム制度を利用する際は就業規則で採用されているか確認しましょう。

働き方改革の取り組み方4:テレワーク

テレワークとはインターネットなどを活用して時間や場所に縛られることなく働ける形態のことです。

働き方の多様化が求められるようになり、テレワークという形態が注目されています。

テレワークはインターネットを活用することによって会社以外で仕事をすることです。この形態の働き方としては、自宅で勤務する在宅勤務や場所や時間に制約を受けないモバイルワーク、職場とは別の場所で仕事をする施設利用型勤務があります。

働き方改革の課題3つ

働き方改革が解決しなくてはならない課題にはどんなものがあるか知りましょう。

働き方改革の政策が2019年の4月から一部施行されました。ですが、働き方改革には3つの課題が残されています。

それは長時間労働、非正規と正社員の格差、労働人口の減少です。この課題を解決していかなければ、社会での働き方改革の浸透は難しいこととなるでしょう。

ここでは、働き方改革が解決しなければならない課題について紹介します。

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」を提出しました。(平成30年4月6日)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/00001483…

働き方改革の課題1:長時間労働

長時間労働を無くすためには社会全体の意識の変化が求められています。

日本は今まで長時間労働が当たり前でした。また、長時間労働は働く女性にとっても子供を生み育てにくい状況となり少子高齢化の原因の一つとなりました。

労働法などで改善されていますが、個人を含め社会全体での労働時間への意識を変えていく必要性があります。

働き方改革の課題2:非正規と正社員の格差

非正規と正社員の格差を埋めることが働き方改革の課題です。

現在、非正規の社員と正社員には、基本給や賞与などの金銭面や職務の内容などで較差が生まれている労働環境になっています。

国としても、この問題を働き方改革で解決すべく、同一労働同一賃金という指針を設けました。

これは、非正規の社員と正社員基本給や賞与などの金銭面や職務内容などを含め全ての待遇での格差を無くすのを目標として掲げています。

働き方改革の課題3:労働人口不足

働き方改革で労働人口不足の改善が求められています。

日本は少子高齢化社会にあることはよく知られており、日本は人口が減少し続けていて、それに伴い労働人口も減り続けているのは理解できることでしょう。

働き方改革では、労働者の勤務形態、勤務時間や労働環境をより働きやすいものに変えて、労働者が家庭で過ごす時間を増やし育児や出産がしやすい環境にして、人口減少に歯止めをかけ労働人口の不足を改善しようとしています。

働き方改革の取り組み事例3つ

働き方改革の取り組みに力を入れている会社を3社紹介します。

働き方改革が始まりましたが、どのように取り組んでいけば良いか方向性が定まっておらず、働き方改革が進んでいない会社も少なくありません。

働く側の労働者の立場でも、他の会社がどのように働き方改革への取り組みを行っているか、自分の職場とはどう違うか気になる人も多いことでしょう。

ここでは、働き方改革の取り組みに力を入れている会社を3社紹介します。

働き方改革の取り組み事例1:トヨタ自動車

トヨタ自動車での働き方改革の取り組みについて紹介しましょう。

トヨタ自動車は、安定した経営基盤を支えているのは従業員という意識があり、従業員の安全と健康の確保を企業活動として必要なことと捉えている企業です。

働き方改革への取り組みも柔軟な対応をしており、在宅勤務制度の確立、有休休暇取得促進への取り組み、柔軟な勤務時間制度の確立、女性の職場進出への推進など働き方改革が掲げている方針をクリアしています。

働き方改革の取り組み事例2:株式会社ZOZO

株式会社ZOZOでの働き方改革の取り組みについて紹介しましょう。

日本の労働時間と言えば8時間ですが、株式会社ZOZOでは独自に労働時間が6時間制を設けています。

これは6時間勤務したら退社ということではなく、生産効率を上げて8時間勤務でする内容の仕事を6時間で達成するという考えです。

働き方改革で取り組んでいる労働時間を短縮し、生産効率を上げるという点を株式会社ZOZOは取り入れています。

働き方改革の取り組み事例3:花王株式会社

花王株式会社での働き方改革の取り組みについて紹介しましょう。

花王株式会社では、フレックスタイム制のコアタイム廃止や時間単位の休暇取得制度の新設などを設けて、社員それぞれのライフスタイルに合った働き方ができるようにワークライフバランスを推進しています。

他にも、育児休暇や有休などの制度を利用しやすい社内環境を整えており、育児休暇の取得率や有休休暇の取得率が高く、働きやすい環境の会社と言えるでしょう。

働き方改革について知ろう

働き方改革がどんなものか理解して自分の働き方に活かしましょう。

一人当たりの生産効率を上げ労働時間の短縮を進め、非正規と正社員の賃金などの格差を無くし育児休暇や有休制度を利用しやすくすること、これが働き方改革です。

国は、社会全体の労働に対する意識を大きく変えようとしていています。それに伴い、労働者が働きやすい環境が整うことでしょう。

働き方改革について知って、より良いライフワークを築きましょう。

タイトルとURLをコピーしました