Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月13日

人づくり革命とは?人づくり革命の施策6つ|人づくり革命と働き方改革の関係

「人づくり革命」という言葉を聞いたことがありますか。政府は誰もが生きがいを感じながら生活できる社会の実現を目指し、高い教育を受けられる環境を整える試みをしています。人材への投資ともいわれている人づくり革命について詳しく紹介していきます。

人づくり革命とは?人づくり革命の施策6つ|人づくり革命と働き方改革の関係

人づくり革命とは

「人づくり革命」という言葉を聞いたことがありますか。人づくり革命とは、誰もが生きがいを感じながら生活できる社会の実現するために、政府が高い教育を受けられる環境を整える取り組みのことを言います。

少子高齢社会となっている日本をより豊かな国にするべく、政策を進めています。「人材への投資」ともいわれている人づくり革命について詳しく知っていきましょう。

人づくり革命の予算

政府が人づくり革命に当てる予算は、国・地方合計で0.48兆円程度です。(平成31年度)教育を受けたいと願う人が、家の財政状況に関係なく学ぶことができるように政策を打ち出しています。

内訳としては、幼児教育の無償化、待機児童の解消・保育士の処遇改善、介護士の処遇改善の順に多くの予算が当てられています。幼児教育に重点を置いていることがわかることでしょう。

人づくり革命の施策6つ

続いて、人づくり革命にあげられている6つの施策について確認していきましょう。子どもの教育から高齢者の雇用に関することまで、幅広い施策が用意されています。

人づくり革命に関わる施策は、令和元年からアップする消費税率を見越して打ち出されています。私たちの収めた税金がどこに使われているのか、しっかり理解しておきましょう。

人づくり革命の施策1:幼児教育の無償化

1つ目の人づくり革命の施策は、「幼児教育の無償化」です。3歳から5歳までのすべての子どもを対象に、幼稚園・保育園の費用が無償化されます。

子育てにお金がかかるということは、少子化の一つの原因です。教育を無償化することで将来的に出生率の増加を見込んでいます。また、金銭面の影響で幼児教育を受けられない子どもを減らす目的もあります。

人づくり革命の施策2:高等教育の無償化

2つ目の人づくり革命の施策は、「高等教育の無償化」です。将来的に社会で貢献できる人材を育成するために、高等教育の無償化を打ち出しています。

学力が高くても金銭面で学業を続けられない、高校進学を諦めるという人も多いです。金銭面で進学を諦める人をなくし、将来社会に貢献する人材を増やす目的があります。

人づくり革命の施策3:待機児童の解消

3つ目の人づくり革命の施策は、「待機児童の解消」です。保育士の処遇改善をすることで、待機児童の解消を望んでいます。

働く女性が増加した現在、待機児童の問題が日本において大きな課題となっています。その対策として、保育所と保育士の増加を打ち出しました。保育士の賃金を高くすることで求人を増やし、待機児童の解消を見込んでいます。

人づくり革命の施策4:大学革命

4つ目の人づくり革命の施策は、「大学革命」です。大学で学ぶ意味を一度見直し、社会に貢献する人材を育成する場として改革を打ち出しています。

日本では大学への進学率が低く、また進学しても意欲的に学ぶ学生が少なくなっていることが課題です。大学の意義を一度見直し、社会に出る前の学生への教育を行っていきます。

人づくり革命の施策5:リカレント教育

5つ目の人づくり革命の施策は、「リカレント教育」です。学び直しを望む人に対して、サポートする制度です。

社会に出てからもう一度学びなおしたい、キャリアアップのためにスキルを上げたいと望む、働きながら教育を受けることをリカレント教育といいます。働きながら教育を受けられるように授業を土日に開講したり、企業の制度を見直したりしています。

人づくり革命の施策6:高齢者雇用の促進

6つ目の人づくり革命の施策は、「高齢者雇用の促進」です。少子高齢社会の日本にとって、高齢者に労働の場を与えることも重要です。

60歳定年という常識は今や通用しなくなっています。60歳を超えてもまだまだ働ける人は多く、また働く意欲がある人がほとんどです。高齢者を積極的に雇用する場やITなどの教育を受けられる場を作っています。

人づくり革命と働き方改革の関係

続いて、人づくり革命と働き方改革の関係について確認していきましょう。人づくり革命を達成するために欠かせない制度が、働き方改革です。働き方改革にのっとって労働者が実行することで、人づくり革命にも大きの影響が出てきます。

働き方改革とは

続いて、働き方改革について理解を深めていきましょう。「働き方改革」とは、日本企業の労働環境を大幅に見直す取り組みのことをいいます。

日本人は働くことで体調を崩したり、過労死をしてしまったりと、働きすぎであることが一つの課題です。当たり前になっていた働く環境を一度見直し、働き方を改善するように企業は取り組んでいます。

働き方改革の具体的取組

早速、働き方改革の具体的な取り組みを確認していきましょう。企業が積極的に行っている働き方改革ですが、社員が働き方を見直しプライベートを充実させることが目的となっています。

家族との時間を大切にしたり、自分のスキルアップを目指したり、働いているとなかなかできないことを積極的に行うように促しています。

育児休暇

1つ目の具体的な働き方改革の取り組みは、「育児休暇」です。男性も父親として育児休暇が取れたり、育児休暇の期間を延長できたりします。

育児休暇といえば女性が出産前後に取るものと言うのが、これまでの常識でした。しかし、育児は夫婦二人でするものという認識から、男性の育児休暇も認める企業が増えています。また、必要に応じて育児休暇は出産後1年以上取得することが可能です。

短時間勤務制度

2つ目の具体的な働き方改革の取り組みは、「短時間勤務制度」です。標準労働時間とされている8時間という概念にとらわれず、必要に応じて1日の働く時間を短くする制度です。

子どもとの時間を長くしたり、プライベートの時間をとるために、1日に働く時間を短くすることができます。プライベートを充実させることで、暮らしを豊かにすることが目的です。

フレックスタイム制度

3つ目の具体的な働き方改革の取り組みは、「フレックスタイム制度」です。フレックスタイム制度を取ることで、自分で時間管理をして働くことができます。

フレックスタイム制度とは、従業員が日々の始業・終業時刻を自身で決定して働く事ができる制度です。与えられた業務さえこなすことができれば、自分で自由に時間を使うことが認められています。

人づくり革命についてよく知ろう

いかがでしたでしょうか。人づくり革命の施策や働き方改革の取り組みについて紹介してきましたが、理解することはできたでしょうか。

日本の抱える課題解決のために、政府は次々と政策を打ち出しています。人づくり革命についても理解を深め、働き方改革との関係も把握しておきましょう。

Related