人事考課の面談の目的3つ|面談のポイント・注意点と上司の視点

人事制度

人事考課とは

恐らく、会社勤めをしている社会人の多くの方が人事考課を受けた経験があることでしょう。しかし、「人事考課って何だろう」と疑問を抱いている新社会人の方も少なくないはずです。

人事考課とは従業員に対して行われる評価のことであり、普段の仕事の取り組み方や業績の数字などをもとにして、従業員の働きぶりや会社への貢献度などを査定します。

人事考課は給料やボーナスに加えて、出世をも大きく左右する重要なものでもあります。

評価項目

人事考課でよい評価が得られれば給料やボーナスがアップする、あるいは出世する可能性が高くなりますし、反対にあまりよい評価が受けられなければボーナスが減額されたり、出世が遠のく可能性が高くなります。

では、人事考課においてはいったいどのような点が会社側から評価されることになるのでしょうか。

ここではまず、人事考課における評価のポイントや基準を3つピックアップしてご紹介していきます。

成績

人事考課における評価項目としてまず挙げられるのが、成績です。

自ら掲げた成績目標に対して、従業員がどの程度努力を行いそれを達成することができたのかが重視されることになります。

ただ、短期間で成績を上げることが難しい業務も少なくないため、人事考課においては単純な結果のみが評価されるわけではありません。

よい成績を出すことができるように努力をしているかといったプロセスも、評価項目に含まれることになります。

情意

情意も、人事考課における評価項目として挙げられるでしょう。

情意とは熱意をもって仕事に取り組んでいるか、主体的かつ積極的に仕事に向き合っているかといった、仕事に対する取り組み方や姿勢全般を意味する言葉です。

たとえ好成績を収めても仕事に対して不真面目であるならば人事考課はマイナスの評価に傾きますし、短期間で好成績を出すことができなくとも仕事に誠実に取り組んでいればプラスの評価に傾くこともあります。

能力

人事考課の評価項目のひとつとして忘れてはならないのが、能力に関してです。

現時点で業務遂行に必要な能力をどれほど身につけているのか、前回の人事考課から現在まで新たにいかなる能力を得て業務に活かすことができたのかといった点が評価されます。

求められ評価される能力は、業務内容やポジションによってさまざまです。人事考課に向けて、自分の求められる能力を正確に把握して磨くことが必要になってきます。

人事考課の面談の目的3つ

以上では、簡単ではありますが人事考課の概要についてご紹介してきました。そもそも、人事考課の面談はどのような目的のもと実施されるのでしょうか。

人事考課の目的をきちんと知ることで、従業員はその面談を通じて自分の改善点や問題点をよりよく理解し、自己成長につなげることができるはずです。

ここからは人事考課の面談の目的について3つピックアップしてご紹介してきますので、ぜひチェックしてみてください。

人事考課の面談の目的1:昇格・降格

人事考課の面談の目的としてまずご紹介したいのが、昇格や降格を考慮あるいは伝達するということです。

人事考課において成績・情意・能力の3つの評価項目をまんべんなく満たした従業員は面談で昇格を考慮されることになりますし、反対に評価項目を十分に満たすことができなかった従業員は降格の可能性を伝えられるか、それを決定されることになるでしょう。

昇格・降格の理由を従業員が理解できるというメリットもあります。

人事考課の面談の目的2:人事異動

人事異動の参考にするというのも、人事考課の面談の目的のひとつとして挙げられるでしょう。

人事考課の面談を通じて従業員にどのような能力や適性があるのか、現在までどれくらいの業績を上げることができているのかを総合的に判断することで、「適材適所」の人事異動を実現することが可能になります。

今の能力では業務をこなすことが難しいならば、別の部署に異動をさせられることもあるでしょう。

人事考課の面談の目的3:能力開発

人事考課の面談の目的のひとつとして知っておきたいのが、能力開発を行うということです。

管理職である上司が部下の現在の能力を客観的に把握し、優れている点・改善していくべき点を評価して業務遂行に求められる能力の開発・向上をサポートすることも、人事考課の面談の大切な目的だと言えるでしょう。

定期的に人事考課の面談を行うことで、人材育成を効率的に行い、職場の生産性を上げることも可能です。

人事考課の面談ポイント4つ

人事考課の目的として、昇格・降格や人事異動の考慮・判断も含まれていますので、従業員としては人事考課の面談を通じて上司に適切に自己アピールを行うことが必須となってくることでしょう。

また、上司としては人材育成のために人事考課を適切に主導することが求められます。

ここからは人事考課の面談における重要なポイントをご紹介していきますので、上司の方も部下の方もぜひご覧になってみてください。

人事考課の面談ポイント1:事前準備

人事考課の面談のポイントとしてまずご紹介したいのが、事前準備をきちんと行うということです。

あなたの働きぶりや努力について上司が全てを把握しているとは限らないため、人事考課の面談を通じて自分の頑張りを上司に認めてもらうためには、それを客観的に示すための書類や業績データを用意するなどの事前準備が必要になってきます。

人事考課の面談に受け身で臨むのではなく、主体的に取り組むようにしましょう。

人事考課の面談ポイント2:個人目標の振り返り

個人目標の振りかえりを行うというのも、人事考課の面談のポイントのひとつとして挙げられるでしょう。

自分が設定した目標の到達度を客観的に把握し、達成度が高いならばそれを上司に納得してもらえるように客観的なデータを用意したり、達成度が低いならばその理由をきちんと説明できるようになっておかねばなりません。

達成度が低い場合は降格につながりかねませんので、反省を述べ改善案を具体的に説明することも大切です。

人事考課の面談ポイント3:組織としての貢献度

人事考課の面談における大切なポイントのひとつとして、組織としての貢献度をアピールするということも挙げられます。

個人として設定した目標を達成できたかどうかも重要ですが、社員としては企業という組織に対して貢献できたかどうかも重要になってくるからです。

個人目標の達成の有無というレベルにとどまらず、より大きな視点に立って企業にいかなる利益をもたらすことができたのかについても考えてみましょう。

人事考課の面談ポイント4:資料を用意する

資料を用意するというのも、人事考課の面談の大切なポイントのひとつに数えられるでしょう。

上司はあなたの仕事の取り組みを全て把握しているわけではありませんので、上司に客観的に自分の頑張りや成果を認めてもらうためには、業績データなどの資料を用意することが大切です。

一目見ただけであなたの努力や頑張りがわかるような資料作りを行うことも、人事考課の面談でよい評価を得るために必要なポイントでしょう。

人事考課の面談注意点

たとえ達成した目標のレベルや会得した能力の有無・業績の高低が同じであったとしても、人事考課の面談を受ける姿勢や態度によっては評価が大きく変わってくるでしょう。

人事考課の面談では客観的な評価がなされるとは言え、評価を行う相手は上司という一人の人間ですので、面談への姿勢も評価を左右することになるからです。

ここからは人事考課の面談を受ける際の注意点について解説しますので、ぜひご参考ください。

自己主張

人事考課の面談を受ける際の注意点としてまず挙げられるのが、適切な形で自己主張を行うということです。

「秘するが花」という日本人的な美徳や謙遜は、現在のビジネスシーンにおいてはプラスにならないどころかマイナスになりかねません。

人事考課で正当な評価を受けるためには、恥ずかしがらずにきちんと上司に自己主張を行い、自分が成し遂げたことや努力した点をアピールすべきでしょう。

逆切れしない

決して逆切れしないということも、人事考課の面談の注意点のひとつとして挙げられるでしょう。

個人目標が達成できなかったり業績が芳しくないと、上司から厳しい指摘や注意を受けることもありますが、その際に思わず感情的になって言い返したり逆切れしてしまっては、評価が余計に悪くなるだけです。

逆切れするのではなく、なぜこのような結果になったのかを冷静に説明し、上司に理解をしてもらうように努めるべきです。

言いなりにならない

人事考課の面談を受ける際の注意点として、上司の言いなりにならないということも大切でしょう。

人事考課を行う上司のタイプによっては部下に一方的に評価を下そうとすることもありますが、その際は言いなりにならずに適切な形で自己主張を行うことが必要です。

上司の心証を悪くしてしまってはまずいので、笑顔でコミュニケーションを取りながら友好的な雰囲気を作った上で自己主張を行いましょう。

人事考課における上司の視点

以上では、もっぱら人事考課を受ける部下の視点に立って面談についてご紹介してきました。

しかし、人事考課は部下だけのものではなく、上司も大きく関わるものでもあります。ここからは、人事考課を上司の視点に立って詳しく見ていきましょう。

人材の資質

人事考課においては部下を一方的に評価することだけが目的ではなく、上司がいかに部下という人材の資質を見抜き、その成長を促すことができるのかということも重要になってきます。

人材の育成・能力の開発も人事考課の面談における大切な目的ですので、部下を批判したり注意したりする場としてではなく、人材の資質を把握しそれを育成する機会として捉えましょう。

自分も評価される立場

人事考課の面談においては、部下だけでなく上司も評価される立場にあることを理解しなければなりません。

部下の業績や成長は個人の努力によるところも大きいですが、上司が適切に指導・育成を行っているかどうかも重要になってくるからです。

だからこそ、人事考課においては部下と上司が二人三脚の部分もあることを理解しておく必要があるでしょう。

人事考課の目的や面談のコツを正しく理解しよう

今回は人事考課の面談の目的やポイント・注意点などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

人事考課の目的を正しく知り、どのような事前準備や姿勢で面談に臨めばよいのかをあらかじめ学んでおくことで、人事考課において納得する評価を得ることができるはずです。

タイトルとURLをコピーしました