Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月30日

人事制度の基本的な構築フロー9つ|時代に対応できる作り方とは?

人事制度の基本的な構築フロー9つと時代に対応できる作り方についてご紹介します。人事制度を構築する際には、働き方改革など時代に合わせて考えていく必要があります。人事制度は企業が運営していく中で最も重要なポイントの1つです。

人事制度の基本的な構築フロー9つ|時代に対応できる作り方とは?

人事制度とは何か

人事制度とは、人材の配置や評価、人材のスキルアップなど、雇用に関するあらゆる面を取り計らう制度のことを言います。人事制度がきちんと構築されてなければ有益な人材の確保などに影響がおよびます。

人事制度についても、近年では考え方や構築の方法が見直されてきており、時代と共にかわりつつあります。人事制度によって人材のモチベーションアップにも繋がります。

近年の人事制度問題・課題

近年では人材を育てるためや、それに伴う人材確保が課題となってきています。少子化問題や高齢化社会問題などがその背景にあります。人材が減りゆく一方で、人事制度を見直す動きが強くみられています。

人事制度を構築する中で、社員のモチベーションアップや品質向上も大切な課題ですが、社員のリタイア後の問題である年金や退職金などについても見直されています。では、近年の人事制度の課題をみていきましょう。

業務の高度化・個別性の高まり

近年では、IT関連やRPAなどの取り組みなどで、OA機器に関する高度化が進んでいます。それに伴い、人事制度の一環として、社員への講習会やセミナーなどを受講させる動きが活発になってきています。

また、個人主義やプライベートと会社を分けるような、個別性スタイルが高まっており、人事制度として、会社での飲み会の減少などによるコミュニケーション不足を補う構築に力を入れる企業もあります。

課題根幹の捉え方の変化

近年では、人事制度の捉え方の変化が著しく、これは働き方改革などとも関係性があります。残業時間や社員に対する福利厚生も人事制度で再構築されている動きがみられます。

また、人事制度の捉え方の変化により、能力が高く成果をだせる人材を昇格させることで、年功序列という昔ながらの人事制度がなくなりつつあります。これらの動きでモチベーションアップを構築しています。

人事制度の基本構築フロー9つ

人事制度を構築するときの基本的なフローを9つご紹介します。企業によって、人事制度の構築をする際、多少ポイントが異なることもありますが、基本的なフローはほとんどかわりません。

新たに人事制度を構築するときや、再構築するときにもご参考にしてください。人事制度は社員と企業のどちらにも適したメリットが大きく感じられる制度であることが理想的です。

人事制度の基本構築フロー1:経営理念の再確認

人事制度を構築するときには、企業の経営理念を再確認してみましょう。多くの企業では、社会に貢献すること、顧客満足、品質向上などを掲げているケースがあり、経営理念に準じた人事制度の構築を目指します。

経営理念に反する制度は取り除き、最も人事制度の基本となる部分になります。ここで、人事制度を構築する目的などを明確にしておくこと、職務や目標についても理解しておくことが大切です。

人事制度の基本構築フロー2:現状分析

人事制度の構築を行う際には、現状の分析を行いましょう。現状、不満や欠けていることなどを提案して、人事制度の構築により、それらの問題や提案などが改善されるようにすることがポイントです。

このときのポイントは、顧客と社員の満足度を知ることが重要です。また、働き方改革など社会の流れに沿っているかどうかなども含め、見直すようにしましょう。

人事制度の基本構築フロー3:グランドデザインの設計

グランドデザインとは、簡単に言えば全体構想のことを指します。経営会議などでもよく使用される単語です。グランドデザインを設計するときは、長期間での構築で用いられることが多く、改善や対策、営業企画などの場で用いられることが多々あります。

人事制度の構築を行う際にも、グランドデザインの設計を行うことでその後の手順がスムーズに行われるようになります。

人事制度の基本構築フロー4:等級制度の設計

人事制度の構築を行う際に等級制度を設計しておきましょう。等級制度は、1等級から10等級といったいように数字であったり、アルファベットを用いて、R社員などと独自に等級を設ける企業もあります。

等級制度を構築するときのポイントは、何段階にするかということです。少なすぎると等級が中々あがらず社員のモチベーションを下げる結果となる可能性があります。

人事制度の基本構築フロー5:評価制度の設計

人事制度の構築にあたり、評価制度が最も難しいと言われています。評価制度は社員を平等にみる必要があります。また、評価をする際にはできるだけ具体的な数字や目標などを設計することでより評価の判断がしやすくなります。

営業の場合は売上の数字とわかりやすいのですが、デスクワークのような職種は、評価制度が曖昧になりやすいため、基準値を設けることがポイントです。

人事制度の基本構築フロー6:報酬制度の設計

報酬制度を設計する際には、等級制度と比例させて設けることがよくあります。等級があがるとそれだけ報酬もアップするという仕組みです。

また、わかりやすい部署で言えば、営業などは販売目標を達成した際に、支給される報酬も社員のモチベーションアップに直結しています。販売目標値に対し、妥当性のある報酬金額に設定することがポイントです。

人事制度の基本構築フロー7:新人事制度のシミュレーション

新人の場合の業務教育は、実践からではなくシミュレーションから行うことがあります。新人は会社のことや仕組みなどを知らないため、説明されたとしてもイメージが不十分であることがあります。

理想的な新人に対する人事制度の構築は、新人をできる限り早く一人前、独り立ちさせられるかということです。短時間でよりわかりやすく学ぶためにもセミナーなどだけでなくシミュレーションを行うことは有効です。

人事制度の基本構築フロー8:人事制度の定着化

人事制度の構築を行ったら、その制度を定着させることが大切です。せっかく構築した人事制度をうまくアウトプットできずに、宙ぶらりんとなるケースも珍しくはありません。

会社の制度が反映されずに、ルールと実態が異なるということです。定着させるためにも、本当に必要で有効な人事制度を実施される段階以前に構築しておくことがポイントです。

人事制度の基本構築フロー9:振り返り・改善

人事制度のフローの最終段階では、必ず振り返りと改善を行いましょう。どのような業務であっても、始めから完璧なスタイルができることはなく、改善がつきものです。

社員や企業などのことを考えて構築された人事制度であっても、実際にアウトプットしてみると、予想と違った結果になることも充分に考えられます。その場合は、再構築することで問題解決ができるでしょう。

人事制度の考え方

人事制度の構築をする際には、どのようなことをポイントにして考え出すかによって内容もかわってきます。現状の分析で最も弱い部分を軸に考えてみることもよいでしょう。

しかし、今後の人事のトレンドを踏まえ、働く時間と人事制度における範囲は欠かせない課題となること間違いありません。これら2点についての人事制度の考え方をご紹介しますので、ご参考にしてください。

時間を軸にする

近年では、働き方改革などの取り組みにより、労働時間における短縮をはかる企業が増えています。これを元に人事制度を考えていくと、残業時間に対する給与支給に関することや、根本的に月の残業時間の制限などがあげられます。

そこで、労働時間を短縮することが提案され、そこからさらに業務の効率化やRPA導入などにより人材の縮小計画などへと展開していくことができることがわかります。

範囲を軸にする

人事制度の考え方の軸を範囲とした場合、人材育成プログラム、福利厚生などどこまでを人事制度ととらえるかを選定する必要があります。最近のトレンドとしては、副業を認める企業も増えており、ダブルワークをする社員の納税なども課題となっております。

そのため、あらゆる面で人事制度を構築する際には、知識が必要となります。

人事制度構築のイロハを学ぼう

人事制度の構築についてのご紹介はいかがでしたか。人事制度は時代の流れと共に変化していくことが予想されます。働き方改革のように社員も企業もWIN-WINである関係性を作っていくことが理想的です。

人事制度構築に関するイロハを学び、社員のモチベーションアップに繋がる制度を作りましょう。そうすることで企業の発展に繋がり、企業が発展することにより、社会貢献に繋がることも考えられます。

Related