Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

在宅プログラマーに必要な6つのスキル|仕事を獲得する方法をご紹介

在宅プログラマーという仕事を知っていますか。在宅プログラマーは、在宅でプログラムを組む仕事をする職業です。本記事では、在宅プログラマーに必要な6つのスキル、メリット・デメリット、在宅プログラマーとして仕事を獲得する方法について紹介していきます。

在宅プログラマーに必要な6つのスキル|仕事を獲得する方法をご紹介

在宅プログラマーとは?

在宅プログラマーという仕事を知っていますか。

在宅プログラマーとは、会社に出勤する形で働くのではなく、在宅でプログラム言語を用いて、コンピュータプログラムを組み、システムやソフトウェアなどを作成していく仕事です。

本記事では、在宅プログラマーに必要な6つのスキル、仕事を獲得する方法について紹介していきます。在宅プログラマーなりたい、と考えている方はぜひ参考にしてみてください。

在宅ワークの中でも単価の高い業種

在宅での仕事は、プログラマーのほかにもウェブデザイナー、ウェブライター、アフィリエイター、インターネットショップ経営など、いくつか存在しています。在宅プログラマーは、在宅ワークの中でも単価の高い業種といわれています。

ウェブライターの場合、1文字あたり0.5円から3円ぐらいが相場ですが、在宅プログラマーの場合案件によっては、1件で50万円以上という高額報酬を得られる場合もあります。

在宅プログラマーのメリットデメリット各3つ

在宅ワークの中でも単価の高い業種といわれている在宅プログラマーですが、メリットばかりというわけではありません。在宅プログラマーに憧れている方はデメリット面については十分注意し、頭に入れておく必要があるでしょう。

では、在宅プログラマーにはどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。次は、在宅プログラマーのメリットデメリットについて、それぞれ取り上げて紹介していきます。

在宅プログラマーのメリット1:通勤のストレスがない

在宅プログラマーのメリット1つ目は、通勤のストレスがないことです。

通勤というと会社までの距離にもよりますが、例えば、駅まで徒歩5分、電車で20分、会社まで徒歩5分、合計30分通勤の時間に割かなければいけません。行き帰りであれば1時間も通勤時間に使っています。

在宅プログラマーであれば通勤しなくてよいので、通勤時間はなく、通勤ラッシュのストレスから解放され、この時間を有効に使うことができます。

在宅プログラマーのメリット2:業務環境を自分でコントロールできる

在宅プログラマーのメリット2つ目は、業務環境を自分でコントロールできることです。業務環境は働くモチベーションに関わる大きなポイントです。

在宅プログラマーであれば、自分で働く環境を決めることができます。何時から何時まで働くか自分で判断し、家事や育児との両立も可能です。

自宅で働くので、職場の人間関係に悩むこともありません。不要なストレスが生まれにくいので、精神衛生上良いことも大きなメリットでしょう。

在宅プログラマーのメリット3:やり方次第では給料アップも

在宅プログラマーのメリット3つ目は、やり方次第では給料アップすることも可能です。

会社に勤めていると、会社の業績や年功序列なども関係し、必ずしも自分の頑張り次第で給与が上がっていく、というわけではありません。また、月給制であったり、固定給になっていることがベースでしょう。

在宅プログラマーの場合、自分の持っている技術を高め、多くの案件を受注できるようになれば給料がアップしていきます。

在宅プログラマーのデメリット1:自分でマネジメントしないといけない

在宅プログラマーのデメリット1つ目は、自分でマネジメントしないといけないことです。

経営を管理しなければいけないので、会社勤めの時はやる必要がなかった営業やペーパーワークも、全て自分一人でやらなければなりません。

今後の付き合いも全て自分の身の振りで変わってしまうので、会社のときは気にしなかった、対外的な面を重要視する必要があります。常に「仕事がなくなったらどうしよう」という不安があるでしょう。

在宅プログラマーのデメリット2:代替要員がいない

在宅プログラマーのデメリット2つ目は、代替要員がいないことです。

会社勤めであれば、会社として仕事を請け負っているので、仮に自分が倒れても自分の仕事を同僚に変わってもらったり、誰かに対応をお願いすることが可能です。

しかし、在宅プログラマーの場合は自分一人で仕事を請け負っているため、代替要員がいません。できない場合は仕事を断ることになり、信用に関わります。今後の付き合いにも影響を及ぼすでしょう。

在宅プログラマーのデメリット3:自分一人で責任を負うことも

在宅プログラマーのデメリット3つ目は、自分一人で責任を負うこともあるということです。

一人で仕事をしていると、トラブル・ミスがあったとき代わりに責任を取ってくれる上司はいません。お客様に迷惑が掛かっても謝るのは自分です。

大きな企業であれば力もあるので、お客様と問題が起きても和解しやすい傾向にありますが、個人であれば弱く見られてしまい、訴訟を起こされやすいというデメリットもあります。

在宅プログラマーに必要な6つのスキル

在宅プログラマーとして働くにはどのようなスキルが必要になっていくのでしょうか。プログラミングなど、一人で難なくこなすことができる、というのは最低限必要になってきますが、それ以外にも必要なスキルがあります。

ここでは在宅プログラマーに必要な6つのスキル、プログラミング力・営業力・交渉力・ヒアリング力・遂行力、について紹介していきます。

在宅プログラマーに必要なスキル1:相手の求める水準の「プログラミング力」

在宅プログラマーに必要なスキル1つ目は、相手の求める水準の「プログラミング力」です。

プログラミング力とは、プログラムを組む能力であり、HTML・Java・C#などの言語を使いこなせることが必要になります。

プログラミング力が伴っていないと、お客様から依頼された仕事内容に応えることができません。プログラミング力が低いことで、依頼された内容の完成度が低かった場合クレームにつながってしまうことがあります。

在宅プログラマーに必要なスキル2:自分自身を売り込める「営業力」

在宅プログラマーに必要なスキル2つ目は、自分自身を売り込める「営業力」です。営業力とは、営業目標を継続して達成し続けること、自分を売り込んでいく力があることをいいます。

パソコンと向き合っている時間が長いプログラマーは、営業力が伴っていないことが多いです。

営業力を身に着けるには、見つけた案件に対して積極的に応募していきましょう。あちこちに応募して、自分をどう売り込めば反応が得られるか探っていきます。

在宅プログラマーに必要なスキル3:期日や賃金などの「交渉力」

在宅プログラマーに必要なスキル3つ目は、期日や賃金などの「交渉力」です。

交渉力は、相手との間に問題が起きているときにお互いの妥協点、合意点を見つけるために必要になります。

交渉力が優れていれば、賃金の交渉では期待以上の収入を得ることができます。納期に関してなども、交渉力が高ければ自分がしやすい環境を交渉によって作り上げることができます。

在宅プログラマーに必要なスキル4:相手のニーズを把握する「ヒアリング力」

在宅プログラマーに必要なスキル4つ目は、相手のニーズを把握する「ヒアリング力」です。

お客様の課題としている内容を解決するシステムを開発する場合、ヒアリングから要望を読み取ることが必要です。

お客様によっては自分の作って欲しいものはあるものの、課題となっている部分がわかっていないことがあります。お客様とニーズを読み取るためにヒアリングを行い、抽象的なものから具体性を持たせていきます。

在宅プログラマーに必要なスキル5:成果までたどり着ける「遂行力」

在宅プログラマーに必要なスキル5つ目は、成果までたどり着ける「遂行力」です。遂行力は、仕事を成し遂げるために使う力をいいます。

プログラミングを仕事とする上で、作ったプログラムが上手くできておらず問題が発生するのは避けられないことです。問題が起きたときはどこが不具合になっている部分か、粘り強くバグを修正しなければいけません。自分一人で遂行していく力が必要です。

在宅プログラマーに必要なスキル6:時間から健康までをマネジメントする「管理能力」

在宅プログラマーに必要なスキル6つ目は、時間から健康までをマネジメントする「管理能力」です。

在宅プログラマーは、納期やクオリティを気にかけてくれるディレクターなどは存在しないので自分自身で、適切な成果物を仕上げる能力、意識が大切です。時間の使い方にも十分気をつけましょう。

無制限に仕事に没頭してしまうと健康を害してしまうことがあります。睡眠・食事についても気にとめる必要があるでしょう。

在宅で仕事を獲得するために必要なこと5つ

在宅で仕事を獲得していくには、まずはどのようなことから初めて在宅プログラマーとしての力を付けていくと良いのでしょうか。

次は、在宅で仕事を獲得するために必要なこと5つについて紹介していきます。

在宅で仕事獲得のために必要なこと1:最低限の知識とスキルを身につける

在宅で仕事獲得のために必要なこと1は、最低限の知識とスキルを身につけることです。在宅プログラマーであればプログラム言語を抑えておく必要があります。

プログラマーのジャンルは、Web系・ゲーム系などあり必要な言語も異なります。Web系であればHTML・PHP・CSS、Perl・PHP・Javaなど、ゲーム系であれば、C言語やC++言語、端末アプリでは、Objective-CやJavaの知識が必要です。

在宅で仕事獲得のために必要なこと2:最初は低い報酬で実績を積む

在宅で仕事獲得のために必要なこと2は、最初は低い報酬で実績を積むことです。

最初は実績もないので高い報酬の仕事がくることはそうないでしょう。低い報酬でも数多くこなしていき、実績を作っていきましょう。実績はプログラマーとしての信用につながっていきます。スキルアップという意味合いでも、実践の場が必要です。

在宅プログラマーに必要なスキル3:在宅で仕事獲得のために必要なこと3:個人的に成果物を作ってみる

在宅で仕事獲得のために必要なこと3は、個人的に成果物を作ってみることです。仕事を獲得していくためには、相手に自分の魅力が伝わりやすい条件を揃えることが必要になります。

口頭だけで、自分が作ることができるプログラムの説明や言語の話をされても、相手にその知識がなければ良さは伝わりにくいです。

成果物を作ることで「こんなことができます」ということをよりわかりやすくお客様に伝えることができます。

在宅で仕事獲得のために必要なこと4:積極的に自分を売り込む

在宅で仕事獲得のために必要なこと4は、積極的に自分を売り込むことです。

能力があっても、受け身な態度では次の仕事にはつながっていきにくいでしょう。どんなチャンスも見逃さず自分を売り込み、仕事につなげていく積極的な姿勢が必要です。

1度目の仕事を2度目につなげていくにも、積極的に自分を売り込む行動は、相手にとって強く印象に残り、「じゃあ次もお願いしようかな」という気持ちにさせるでしょう。

在宅で仕事獲得のために必要なこと5:次に繋がる仕事をする

在宅で仕事獲得のために必要なこと5は、次に繋がる仕事をすることです。

在宅での仕事は、自分自身で次につながる仕事を行う努力が必要です。次に繋がる仕事とは、お客様が満足するものを仕上げることはもちろん、何か困ったことが発生したらすぐに対応するなど、細かなところにも気を配ったサービスを行うと良いでしょう。

在宅のメリットデメリットやリスクもきちんと把握

在宅プログラマーに必要な6つのスキル、仕事を獲得する方法について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

在宅プログラマーは通勤や職場の人間関係なども気にせず、自分のペースで働くことができる仕事です。現在会社勤のプログラマーは将来的に在宅プログラマーになろうと考えている方も多いでしょう。

在宅プログラマーには、メリットもありますがデメリットやリスクもあるので、この機会にきちんと把握しておきましょう。

Related