Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月08日

採用管理システムとは?広く活用できる採用管理システム31選

皆さんこんにちは、今回は「採用管理システムとは?広く活用できる採用管理システム31選」と題して、「採用管理システムとその活用方法」を中心にした詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で役立つ「採用管理システムの種別」をご紹介します。

採用管理システムとは?広く活用できる採用管理システム31選
バナー

採用管理システム(ATS)とは?

一般的に企業でもよく使われている「採用管理システム(ATS)」というのは「応募者追跡システム」のことを指し、主に求人管理(求人案件)、情報管理、選考管理、内定者管理などを専門的に行なってくれるアプリケーションの1つとして認められます。

採用管理システムは従来「一元管理システム」によって管理されてきた経過があり、特に求人から採用までの個別情報を効率良く、リストアップする形で賄ってきました。

応募から採用までの流れを一元化して管理するシステム

基本的に「IT資産管理」というのは、パソコンやサーバーなどの管理をすることを指します。基本的には「ハードウェア」、システムやライセンスなどの「ソフトウェア」、プリンタや複合機などの「周辺機器」などがメインとなるでしょうか。

採用管理システムもこの一元管理によって賄われることによって、人材コストやツールコストをなるべく削減することができ、企業側としても非常に成果を上げてくれます。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

幅広く活用できる採用管理システム31選

採用管理システムの利点は何と言っても「膨大な量の情報を一元管理によって簡単にリスト化する点」に見られ、この簡潔型のアプリケーションのおかげで、人材採用に関するすべての作業においても非常にコスト削減を想定しながら行えるようになりました。

今回は「幅広く活用できる採用管理システム31選」と題して、現代において使用されている採用管理システムの種別をいろいろな角度からご紹介していきます。

1:MOCHICA

まず「MOCHICA」ですが、この「MOCHICA」の魅力は何と言っても負担軽減・コスト低減しながら効率の良い資産管理ツールになってくれる点です。採用管理システムとセキュリティ管理の統合環境によるシナジー効果が特徴的です。

主に1つの管理システムで採用管理、セキュリティ対策を実現できるため、PC容量としてもかなり効率よく扱えます。その上でさまざまなデバイス機器に対応できる有能な資産管理ツールです。

2:HERP ATS

次に採用管理システム「HERP ATS」ですが、この「HERP ATS」の魅力も膨大な情報量をすべて一元管理によって賄うことができる利点です。多くの企業でも採用されています。

「複数の媒体からの応募情報を自動で一元化」、「応募情報・選考についてのやり取りを社員にSlackで通知」、「経路別の採用成果をリアルタイムに可視化」などの特典を採用する上で、コストも7万円弱と非常に安価で導入できる優れモノです。

3:GoQ採用管理

次は中小企業にも非常に人気の高い採用管理システム「GoQ」のご紹介です。この場合の利点は情報をリスト化する場合に「写真やイラストのデザインによってさらに見やすくできる点」に見られ、誰が使用しても非常に円滑に管理できるという良点にあります。

「写真とテキストを合わせてリスト化できる」、「採用管理で作成した求人情報をIndeedへ掲載できる」、「応募者の進捗がひと目で分かる」などの魅力があります。

4:楽リク

次も一元管理によって情報を管理しやすい採用管理システム「楽リク」のご紹介です。この「楽リク」の場合は「自動的に応募者情報を取り込める」という魅力があり、選考過程での労働量が大幅にカットされる点が大きな利点になります。

「複数媒体から応募者情報を自動で取り込める」、「面接状況が一元管理によって安定して確認できる」、「応募経路を簡単に確認できるため採用活動の戦略を企画できる」などの魅力があります。

5:TalentMind

プログラミングの側面でも非常に名高い採用管理システム「TalentMind」です。この場合の利点は、「候補者のSNS・履歴書・コンピテンシーを分析する上で、いろいろな応募経路から最適の人材確保ができる」という点が最大の魅力となるでしょうか。

社員のコンピテンシー・スキル・パフォーマンスの向上にも貢献し、Web上のオープンデータから優秀な人材の情報を取得できるといった高度な魅力が備わります。

6:Zoho リクルート

インドから生まれたクラウド型採用管理サービスに精通した採用管理システム「Zoho リクルート」のご紹介です。この場合の利点は一元管理によって膨大な量の情報を簡単に管理できる上、求職者・採用者の部類を部門別で扱えるという優れモノの一品です。

とにかく「人材採用・募集」を行なう場合には最適の一品で、非常に多彩な採用サイトとも提携しており、その上でモバイルデバイスでも簡単に扱うことができます。

7:アクセスオンライン キャリア

多くの企業でもトップクラス並みの導入が検討される採用管理システム「アクセスオンライン キャリア」のご紹介です。この場合の利点はまず信頼性の実績の点でナンバーワンを誇っており、課金を必要としない初期状態からのバックアップが非常に優れています。

求人広告、人材紹介、採用HPなどを作成する場合でも、すべて一元管理によって情報を管理することができるため、人材コスト・電力コストも非常に安価で済むでしょう。

8:TalentCloud

才能のシンクタンクから人材を的確に採用できる採用管理システム「TalentCloud」のご紹介です。この場合の利点・魅力はまず「情報管理に特化したバックアップシステム」ですべての採用希望者情報を管理でき、その上で適材適所を円滑に図れる点にあります。

特定のサイトへのアクセス状況から自社に適切な人材を発掘できるオプション機能も搭載され、コスト面から見ても安価で済むため、多くの企業に人気があります。

9:ジョブカン採用管理

非常に多くの企業で導入がなされている採用管理システム「ジョブカン採用管理」のご紹介です。この場合の利点は「見える形で情報を管理する」というタスク面の軽減を背景に置き、ワンクリックでほとんどの情報管理ができるという、非常に優れモノの一品になります。

求人サイトやカレンダーが連携して提示されるため、作業分担する際でも非常に効率良くタスクを終えることが可能です。とにかく視覚でわかりやすいシステムです。

10:talentio

次は人材募集の際の情報管理には効果てきめんの採用管理システム「talentio」のご紹介です。この場合の利点は、求人から採用過程をすべて網羅できる「スケジュールの一元管理システム」によって見守られる上、すべての個別情報がデジタルで識別されます。

つまり、人材の個別情報を1画面ですべて確認できる程の許容量を備えているため、その後の就活状況・採用状況をグラフ化して分析できる、未来型のシステムです。

11:salesforce 人材採用管理

人材採用の際に個別情報のフォローアップまで可能な採用管理システム「salesforce 人材採用管理」のご紹介です。この場合の利点はまず「応募者・候補者の連絡方式が多彩に用意している点」を踏まえ、採用に関するフォローアップが着実にできる点にあります。

どの人材が採用の状況にあるかなど一目で確認でき、採用希望者の個別状況を1画面において一覧できるという許容量の強みが魅力です。扱いやすさの点でも絶品です。

12:EHR

主に中途採用管理に特化した採用管理システム「HER」のご紹介です。この場合の利点・魅力は、中途採用希望者の複雑化する情報を簡潔に管理できる点にあり、主に部門別でリスト化することによって、適材適所を可能にする効果において非常に優れています。

エントリー状況の確認から選考状況、就活そのものの経過状況までを一元管理によって管理でき、その上で就活生とのスムーズなコミュニケーションも可能になります。

13:HRMOS

簡潔型の採用管理システムとして誕生した「HRMOS」のご紹介です。この場合の利点・魅力は何と言っても「すべての情報管理を簡潔に行なうことができる」という点で、主に求人情報から就活状況、採用状況までを円滑に管理でき、目視で状況を見ることができます。

採用プロセスにおいても非常に無駄のない過程を踏まえた上で、採用業務を最低限にするための自動化機能を搭載しており、あらゆる作業コストを抑えられます。

14:ACCUUM

非常にシンプルなデザインで有名な採用管理システム「ACCUUM」のご紹介です。この場合の利点・魅力はやはり「シンプルイズベスト」の基本を実現する上で、独自の採用管理システムをなるべく向上させて円滑にしてくれる次世代型の機能に優れる点です。

採用希望者をリスト化する上で、写真付きで職務経歴や学歴・資格の有無などを確認でき、さらにスライド方式によって、就活状況を目視できる利点があります。

15:SONAR

この「SONAR」も主に中途採用希望者の就活状況を確認できる、一元管理による採用管理システムになります。これは主に中小企業において非常に多く導入されており、応募者のプロフィールや就活における基本情報をはじめ、選考ステータスを一目できる点で優れます。

さらに応募者とのコミュニケーションツールに優れているため、個別での情報確認が可能となり、その上で人材・コスト削減を実現してくれる優れモノになります。

16:ジョブスイート

その名前だけでも非常に知名度の高い採用管理システム「ジョブスイート」のご紹介です。この場合の利点・魅力も主に中途採用業務に特化したシステム設計がなされ、そのための多彩なシステム機能・パフォーマンスが目視できる形で実現されます。

誰にでも扱いやすい管理システムとなるため、大手企業から中小企業まで、非常に幅広い企業分野で導入されています。特にリアルタイムでの情報管理に長じています。

17:スタンバイ・カンパニー

課金要らず・完全無料で有名な採用管理システム「スタンバイ・カンパニー」のご紹介です。この場合の魅力はその名のとおりに、まず無課金ですべてのオプションシステムまでを扱うことができ、その上で一元管理によって多量の情報を簡潔に管理することができます。

自社独自のサイトの立ち上げもきわめて簡単で、そのサイトの宣伝作業でも有名企業・採用サイトとの連携を図ることができるため、非常に低コストでの運営が可能です。

18:RPM

情報のオート機能が非常に魅力的な採用管理システム「RPM」のご紹介です。この場合の利点は複数の情報を一元化する上で、目視できる非常にわかりやすい情報ページを自動で立ち上げてくれる点にあります。

もちろん情報基盤を立ち上げておく際には人手が必要ですが、一度採用業務用のサイトを立ち上げた後では情報を一括して管理できるため、独自サイト管理の上では破格に効率的な管理が可能になります。

19:Cycle

現代でもその人気が非常に高い採用管理システム「Cycle」のご紹介です。この場合の利点はまず「施策、実施、検証」の手順で採用活動システム全体の効率改善・向上を図れる点にあり、その上でWeb上の情報管理を一元化のもとで簡単に確認できる点にあります。

応募者状況を年齢・性別・大学などの項目別に管理することができ、その情報をすべて自動で振り分けることができる点も、低コストで情報管理できる良点です。

20:SuccessFactors Recruiting

とにかく規模が大きい採用管理システム「SuccessFactors Recruiting」のご紹介です。この場合の利点・魅力は一元管理によって簡潔に情報管理できる点はもとより、優秀な人材を大量の情報の中から的確にピックアップできる点に見られます。

モバイルデバイスからでもこの一元管理は可能となるため、24時間どこからでも情報管理・確認ができる非常に優れた一品です。採用状況の確認規模は破格に大きいです。

21:SPIRAL

Web履歴書を自動的に管理できる優れモノの採用管理システム「SPIRAL」のご紹介です。この場合の魅力はやはりIT時代の現代においては非常に重宝されるもので、全国規模の採用情報を一括でまとめて管理できる「情報管理に特化したシステム」に見られます。

応募者の経歴・資格・大卒などを含め、それまでの職務経歴や活動実績などを考慮しながら、自動的に適材適所をかねた人材確保が可能になります。かなり人気です。

22:OpenHire

タイムリー戦略にも特化している非常に扱いやすい採用管理システム「OpenHire」のご紹介です。この場合の利点は「人材発掘・人材確保、求人広告の掲載」に特化したシステムプログラムの設定で、普通の採用管理システムより分析・報告の側面に優れています。

応募者個別の就活状況に配慮した上で、適材適所を想定した人材発掘ができ、その上でさらに人選するために必要な情報を一元管理によって教えてくれます。

23:マッチングッド

人材採用システムとしては非常に高速で有名な採用管理システム「マッチングッド」のご紹介です。この場合の利点・魅力はその名のとおりに「すべての情報を高速で処理できる」といった利点に見られ、とにかく膨大な量の情報を一元管理のもとですぐ確認できます。

情報管理システムという点ではやはり「スピード性の高いシステム・的確に管理できるシステム」が求められるため、この採用管理システムは非常に優れモノとなるでしょう。

24:リクログ

日本国内でも非常に人気の高い採用管理システム「リクログ」のご紹介です。この場合の利点も主に就活状況の一元管理、それによるリスト化の明瞭さにあり、基本的には母集団形成の情報確認をした上で面接・選考状況の管理を簡潔にできる点が魅力的です。

特に採用状況の全工程を見据えた上での情報管理に優れており、人材紹介者との連携効率も非常に高い上、さらに人材採用プロセスを可視化できる点が利点となります。

25:HITO-Linkリクルーティング

この「HITO-Linkリクルーティング」も非常に多くの企業から採用・導入されている人気の採用管理システムになります。まずこの場合の利点はマスタ登録が契約前からなされているため、導入後すぐに扱えるという簡単なステップに見られます。

その上で応募者データを一元管理によって目視化でき、個別情報を採用過程の全工程をとおして確認できるため、リクルート状況の確認においても非常に魅力のシステムになります。

26:ジョブオプ採用管理

目視化できる上で情報の一元化によってスムーズに扱える採用管理システム「ジョブオプ採用管理」のご紹介です。この場合の利点もまず「低コストでのシステムサービスを扱える点」に見られ、採用過程におけるすべての行程をかなりスムーズに運ぶことができます。

応募者の個別情報をリスト化によって確認でき、それぞれの応募者とのコミュニケーションツールも充実しており、さらに予定・プログラムの確認もワンクリックで可能です。

27:Dot-Entry

日本国内でもとにかく実績が高い採用管理システム「Dot-Entry」のご紹介です。この場合の利点・魅力は「書類選考中」「面接予定」などのプログラムに関するステータス状況の確認が一目で可能な点で、採用管理システムとしての基本的な利便性に見られます。

膨大な量の情報を一元管理によって賄うことができ、採用業務のすべての過程・項目をかなりスムーズに運べる点が魅力です。初期導入費用も掛かりません。

28:ADSUR HR

多くの採用サイトとの連携に名高い採用管理システム「ADSUR HR」のご紹介です。この場合の利点・魅力はまず非常に多くの就活関連サイトとの連携に見られ、その上でプロジェクト企画・宣伝業務などに特化したシステム設計がなされている点です。

知名度を上げられるメリットが豊富に用意されており、多くの応募者からの信頼を一度に引き上げる点でも魅力となるでしょう。さらに使用過程も非常に簡単です。

29:gate

主に派遣会社でも多く導入している採用管理システム「gate」のご紹介です。この場合の利点は主に、人材紹介会社との連携を含む情報の簡略化に見られ、応募者の採用状況を提出書類・日程などから簡潔に読み取れるシステム設計に見られます。

採用管理システムの基本的な利点をすべて兼ねそろえている魅力がある上で、チャット共有システムの環境も充実しており、リアルタイムでの情報共有に特化しています。

30:Jobギア採促 らくらく採用管理

膨大な情報も簡潔かつ的確にファイルできる採用管理システム「Jobギア採促 らくらく採用管理」のご紹介です。この場合の利点は主に採用サイトとの綿密な連携に見られ、たとえばIndeedをはじめとする就職サポートサイトとの情報共有に特化している点です。

その上で応募者の個別情報もWeb応募によって一元管理でき、採用業務の効率を常に低コストでサポートしてくれる上で、情報管理が24時間対応で可能になります。

31:HRMOS[ハーモス]採用管理

採用管理システムとしては非常に簡単に扱うことができる「HRMOS[ハーモス]採用管理」のご紹介です。この場合の利点はまず採用業務の自動化に見られ、膨大な情報量を一元管理によってスムーズに確認することができ、さらに個別情報を的確に識別できます。

応募・選考状況や採用コストの側面においても非常に簡単に確認でき、やはり情報をグラフ化することによって目視化できる利点が非常に高く評価されます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

新卒採用に特化した採用管理システム11選

新卒採用に必要な採用管理システムの基本としては、やはり応募者の個別情報を的確に管理することができる上で、適材適所を意図した情報管理をスムーズに運べる点にあるでしょう。この基本的なメリットを網羅できる採用管理システムが常に求められます。

特に新卒採用の場合は中途採用業務の場合と違い、個別情報の中から優れた能力・スキルの持ち主を発掘するのはむずかしく、その点での情報提供が必須となるでしょう。

1:ネクストリクルーティング・システム

まず新卒採用の情報管理に特化した採用管理システム「ネクストリクルーティング・システム」のご紹介です。この場合の利点・魅力は何と言っても「応募者の経歴を参考にする上で、適材適所に能力・スキルを振り分けることができる点」に見られます。

膨大な情報量の中から採用母集団のストックを形成しておき、さらにそのうちから適材適所に見合った情報管理が一元管理によってなされます。かなり有力なシステムです。

2:i-web

応募者との連携を密に保てる採用管理システム「i-web」のご紹介です。この場合の利点はその名のとおりに「Web上での連絡のやり取りに特化している点」にあり、その上で採用サイトである「リクナビ」や「キャリタス就活」などの大手サイトとの連携が強みです。

応募者も安心して利用することができる上で、採用業務の側面から見てもプログラム化された情報管理が可能になるため、応募者状況を詳細に把握できます。

3:ReBOT

次は24時間対応で自動情報取り込みが魅力の採用管理システム「ReBOT」のご紹介です。この場合の利点はその名にあるように「24時間対応で労働力ロボットが情報管理をしてくれる」という次世代の採用管理システムの魅力にあり、低コストでの作業が可能です。

採用業務の基本としてもまず低コストで作業を分担できる点が重視され、この「ReBOT」が持つ機能性はかなり多くの企業からの人気を一点に集めています。

4:ACCESS ON LINE

マイナビサイトが提供している日本最大級の採用管理システム「ACCESS ON LINE」のご紹介です。採用管理業務に必要な機能のほとんどをパッケージ化した統合管理アプリケーションとして有名で、採用業務においてもその使いやすさの点では非常に魅力です。

応募者状況を一元管理によって目視できる利点を持つ上、採用選考管理ツールとしてはかなり効率の良いオプション機能が搭載されています。

5:e2R

企業個別の採用フロー・プログラムに合わせた採用管理システム「e2R」のご紹介です。この場合の利点は応募者の個別情報を適材適所を念頭に置いて識別し、その上で低コストですべての採用業務工程を行なうことができる優れモノの一品として人気があります。

大学・専攻・イベント参加状況をはじめ、応募者のそれまでの経歴を詳細に識別した上で能力を発揮できる部署への採用を考査するなど、採用業務の基本に配慮されます。

6:Peace!

求職者管理機能とコンテンツ管理機能を備えたASPサービスとしてかなり人気が高く、エントリー受付や説明会・選考予約・活動履歴管理・アンケート集計をはじめ、応募者管理に必須の機能を完備した採用管理システムです。

上記を踏まえた上で、個別で送信するブログ情報やメール広告などをはじめ、コミュニケーションツールも非常に特化しているため、利用する上ではかなり利便性が高くなるでしょう。

7:LePMOS

この「LePMOS」の特徴は「オンライン会社説明会」や「動画による企業紹介」などをはじめ、電子ネットを最大限に活用した近代型システムの完備に見られるでしょう。ユーザー(応募者)からはとても人気が高いです。

アカウント登録の上限がなく、採用効率をアップさせるためのツールが軒並み揃っているところに大きな魅力が見られます。これも非常に利便性が高い採用管理システムです。

8:GJコミュニケータ

「GJコミュニケータ」の利点・魅力は新卒採用に関するデータを総合的に管理するのに向いており、特に応募者データを一元管理する際のツール機能は抜群のモデムを備えています。これも多くの企業によって導入されています。

特に情報管理の側面から見る上では当システムの機能性は破格に高く、エントリーカードのデータ確認から内定フォローまでを一括で賄うため、採用管理システムとして非常に優れます。

9:dotManager

採用業務を行なう上では非常に使い勝手が良い採用管理システムとなります。母集団管理、選考プロセス管理などをはじめ、採用のすべてのステップを効率的に一元管理でき、スクリーニング機能が充実しています。

次世代Webスクリーニングシステム、筆記試験結果などの得点管理、管理者権限の階層化、オリジナルコンテンツによるeラーニングなどを含む、採用業務には完璧型の採用管理システムです。

10:Smart Shuttle

この「Smart Shuttle」の特徴はまず「企業ごとの採用手法に応じたシステムのカスタマイズ」が可能な点に見られ、企業独自の採用業務に特化した採用管理システムとなる点でしょう。

基本的には選考状況の評価・記録・管理、登録学生のマイペースでの情報確認機能、応募者情報の一元管理などをはじめ、採用業務を行なう上で必須項目を完全に満たしてくれます。非常に採用業務に最適のシステムです。

11:リクナビHRTech 採用管理

現在においても非常に人気の高い「リクナビ」関連のアプリケーションになりますが、この「リクナビHRTech」の管理機能性も非常に優れています。特に新卒生・中途採用者を募集することから、年代問わずの柔軟性の高いシステム管理が特徴・魅力となります。

応募者一元管理、面接自動設定、媒体効果の集計機能などをはじめ、採用業務に必要となるそれぞれの行程を完璧なバックアップで管理できる有能システムです。
バナー

アルバイト採用に特化した採用管理システム5選

先述では主に一般採用に特化した管理システムについてご紹介しましたが、ここからは「アルバイト採用に特化した採用管理システム6選」と題し、アルバイト・パート採用に有能な採用管理システムをご紹介していきます。ぜひご参考下さい。

このアルバイト・パートの場合でも、企業によってはかなり多く募集されることがあり、その際の採用業務においても個別情報の一元管理が必須事項となる場合があります。

1:バイトルマスター

これまでにも非常に人気の高い「バイトル」関連のアプリケーションになりますが、この「バイトルマスター」の管理機能性も非常に優れています。特にアルバイト・パートを募集することから、年代問わずの柔軟性の高いシステム管理が特徴・魅力となります。

主に応募者一元管理、面接自動設定、媒体効果の集計機能などをはじめ、採用業務に必要となるそれぞれの行程を完璧なバックアップで管理してくれる有能システムです。

2:HITOManager

次は「HITOManager」のご紹介です。この「HITOManager」の魅力はSNSを多用したバックアップ体制が取られ、現代の若者から大人まで、モバイルデバイスやパソコンでじっくり情報交換できる利点にあります。

主にパーソルキャリア提供の企業情報がフェイスブックによって開示され、企業説明会などの個別のイベント情報がSNSによって開示されるなど、とにかくかなりの情報量をユーザーに向けて発信します。

3:リクオプ

「リクオプ」のご紹介ですが、この「リクオプ」は現在のアルバイト・パート向けの管理システムとしては非常に優れたものとなります。特に定形している大手企業、参入企業が破格に豊富で、利用者の数も最多を誇る程の人気ぶりを見せています。

基本的には「リクオプ」の利点は採用募集希望者の一元管理をはじめ、各種イベント情報の発信内容もバラエティに富んでおり、採用者・被採用者にとって非常に利便性が高いです。

4:ハイソル

現在も根強い人気を誇る「ハイソル」のご紹介です。この「ハイソル」の魅力にはユーザーが使いやすい点がまずあり、そのため利用者数もかなり増えてきている傾向にあります。

応募者情報の一元管理、候補者選考機能、詳細分析レポート、求人広告発注などをはじめ、採用業務に必要なサポート管理システムが破格に優れている点が魅力となります。特に広告戦略には秀でているため、応募数を増やす際には効果的です。

5:EntryPocket

求人検索エンジンとしてかなり実力の高い「EntryPocket」のご紹介です。この「EntryPocket」の大きな特徴はまずSEO対策に優れており、ネットでの利用率が破格に高い点がポイントです。

特に20媒体以上の応募者情報を自動で取り入れることができ、その場合でも自社宣伝に最適な媒体ツールが搭載されていて、他社との競合にも非常に有利な機能性を持ち合わせます。とにかく自動連携の対応が激速です。

採用管理システムを活用して効率化をしよう

いかがでしたか。今回は「採用管理システムとは?広く活用できる採用管理システム31選」と題して、「採用管理システムとその活用方法」を中心にした詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で役立つ「採用管理システムの種別」をご紹介しました。

採用業務では特に応募者の個別情報やスキル管理が基本となるため、採用管理システムの導入をはじめとする、情報管理の正確性が必須となります。ぜひご参考下さい。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related