Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

おすすめの人材探し方法8つ|人材探しにおすすめのWeb求人サイト

人材探しの方法で悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか。人材探しをする方法によってコストを軽減できたり、すぐに求めていた人材を確保することもできます。ここでは、人材探しの方法をいくつか紹介しているため、人材探しをする際には参考にしてください。

おすすめの人材探し方法8つ|人材探しにおすすめのWeb求人サイト
バナー

人材探しを行う前に

会社を経営していたり、人事の業務をしていると人材探しを行う必要があります。人材を探す方法はさまざまありますが、まず人材を探す前に行うことがあります。人材が欲しいから人材を探していると最悪経営が傾いてしまうこともあります。

そのため、人材を探す前に解決できる方法がないのかを確認しましょう。次に、人材を探す前に確認すべきことを紹介するため、人材を探している人は参考にしてトラブルを未然に防ぎましょう。

採用予算は計算できているのか

人材を探す際や雇い入れるためには資金が必要になるため、人材を探すことで採算があうのか計算するようにしましょう。採用予算が用意できないにも関わらず、人材を探す方法を行ってしまうと経営が傾いてしまいます。

採用予算を計算することで、雇い入れれる人材の数を把握することができ、経営を圧迫することを未然に防ぐことができます。人材を探す方法によりますが、費用がかかる方法であるため頭に入れておきましょう。

異動で解決できることはないか

人材を探す前に異動する方法で人材不足を解決できないか確認するようにしましょう。余っている部署の人材を人手不足の部署に異動させることで人材を探す方法を見つける必要がなくなり、無駄な支出もなくすことができます。

しかし、異動させる従業員の意思をしっかり確認しないと不審に感じられ、辞められてしまうこともあります。そのため、よく相談してもし、拒否するようなら違う人に相談するか違う方法を考えましょう。

人材育成で解決できることはないか

人材を探す前に人材育成の方法を選ぶことで人材不足を解決することもできます。例えば、技術者が退社などした場合は、技術者がいなくなるため、技術を有した人材を探す場合もありますが、現在が働いている若手に技術を身につけることで人材を確保することができます。

人材育成することで人材を探す費用を削減することができ、技術者を雇う賃金も軽減できます。しかし、人材育成するのにもある程度時間が必要になります。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

人材探しの方法を探す前に考えること

人材探しをうまく行うことで会社にかかる負担を軽減することができるため、大切な業務の一つでもあります。よりよい人材を選ぶことができれば長く働いてくれるため、人材選びを行う頻度を少なくすることができ、結果的に費用を削減することができます。

人材を採用するためには探す前にさまざまなことを準備することが大切です。次に、人材探しをする前に行う方法を紹介します。

採用ターゲットは明確なのか

人材を探す前に採用するターゲットを明白にしておくことが大切です。採用ターゲットを明確にしない方法で人材探しを開始してしまうと求めていない人材まで応募してくるため、無駄な手間が増えてしまいます。また、入社後に役立たない人材の可能性も出てきます。

そのため、若手を求めているのか経験豊富な技術者を求めているのかを明白にするようにしましょう。誰でもいいから雇いたいという方法を行わないことが大切です。

上長に確認は取れているのか

人材探しをする際は上長に確認する必要があります。個人の独断で人材を探すことや雇い入れることは不可能であるため、人事部や社長に直接相談するようにしましょう。人事部や社長は人材を雇い入れる決定権を所有しているため、必ず許可を得るようにしましょう。

その際に、ただ人材が欲しいと説明する方法では許可が下りない可能性が高いため、人材が欲しい明確な理由を説明するようにしましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

オススメの人材探しの8つの方法

人材探しの方法はさまざまなあるため、どの方法で人材探しをすればよいのか悩んでしまうことが多いです。人材探しの方法ごとにメリット・デメリットがあるため、それぞれの方法の特徴を把握して最適な人材探しの方法を選ぶようにしましょう。

次に、おすすめの人材探しの方法を8つ紹介します。そのため、人材探しの方法で悩んでいる人やより適した人材探しの方法を選びたい人は参考にしてください。

方法1:ハローワーク

人材探しの方法でまず思い浮かぶのがハローワークを利用することではないでしょうか。そのため、求人者もそのような考えが根強くついているため、多くの求人者が閲覧する可能性が高いです。幅広い求人者が利用する特徴もあるため、幅広い職種でも対応することができます。

若い人から中年の人まで幅広い求人者を求めることができ、企業側からすれば利用しやすいメリットがありますが、求人者は行く手間がかかる欠点があります。

方法2:大学専門学校

大学や専門学校に直接人材を求めていると知らせることでも人材を探すことができます。この方法は求めている人材を比較的雇い入れやすい特徴があります。しかし、専門学校の場合は専門の職業ではないとメリットを得ることができず、企業の職種に左右される方法でもあります。

また、大学や専門学校とある程度つながりがないと利用することができない欠点もあり、実際に利用することができない場合が多いです。

方法3:求人メディア

最近求人者と企業側の利用が増えているのが求人メディアです。転職サイトのことを示している場合も多く、手軽に利用できるメリットがあるため、上記で紹介したハローワークよりも求人者が閲覧する可能性が高いです。

なかにはある条件に特化した求人メディアも存在しているため、利用することで求めている人材探しをすることができます。人材探しの負担を軽減できる方法でもあるため、費用も削減することができます。

方法4:人材紹介

人材を紹介している企業を利用することでも人材を見つけることができます。特殊な方法であるため、利用する企業は少ないですが、高確率で求めている人材を確保することができます。

ハローワークや求人メディアは求人者が企業を選ぶ特徴がありましたが、人材紹介の場合は、企業が求人者を閲覧するため、ほかの方法とは選び方が異なっています。比較的優秀な人材を紹介している割合が高く即戦力になることも可能です。

方法5:人材派遣

人材派遣を利用することで効率よく人材を探すことができます。そのため、派遣の雇用形態の人材探しに最も適した方法でもあります。

派遣は短期間や期間限定で働いてもらいことができるため、一時的に人材が不足している際におすすめです。産休や育児休暇を取る従業員がいる場合は、その期間だけ雇い入れることでほかの従業員の負担を軽減することができます。しかし、簡単な業務しかできない場合もあります。

方法6:SNS

SNSは拡散力が非常に高いため、求人探しの方法で利用されることもあり、幅広い人に求人者を求めていることを知らせることができます。また、人材探しにかかる費用を実質0にすることができる特徴があります。

しかし、仕事探しでみることが少なく、冷やかしの連絡もある欠点があります。また、頻繁に投稿してしまうと常に求人者を求めているため、ブラック企業と勘違いされてしまうこともあります。

方法7:知人の紹介

知人の紹介で人材を確保することもできます。そのためには日ごろから人脈を広げておく必要があり、友好関係を築いている必要があります。簡単に利用できない方法ですが、同じ職種の知り合いなら即戦力の人材を雇い入れることも可能です。

コストも少なくすむメリットもありますが、断りにくいデメリットもあります。特に、知り合いが自身より上の立場であればより断り切れず求めていない求人者を雇い入れる可能性も出てくるでしょう。

方法8:張り紙

張り紙で人材探しをすることもでき、近場で求人者を探すことができます。張り紙を作る方法によってはコストを下げることができ、低予算で人材探しを行うことができます。

しかし、張り紙を貼る作業が大変になりやすく、貼り場所も決められているため知識も必要になります。また、求人者側からすると怪しい会社というイメージをもたれやすく連絡することを躊躇うこと多く、早期に人材を確保したい際には不向きです。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー

人材探しにおすすめのWeb求人サイト

人材探しを行う際に求人サイトを利用することをおすすめします。多くの人が閲覧するだけではなく、登録することが非常に簡単であるため、求人者探しの負担を大幅に削減することもできます。また、ある条件に特化した求人サイトを利用すれば求めている人材を確保しやすいです。

次に、人材探しをする際におすすめの求人サイトを紹介します。そのため、効率よく人材を探したい人は参考にしてください。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは求人サイトの中でも大手であるため、多くの利用者が登録している求人サイトでもあります。そのため、登録することで多くの求人者に閲覧してもらうことができ、多くの応募をもらうことができます。

また、スカウト機能を採用しているため、企業側が応募が来るのを待つだけではなく、気になっている人材がいれば直接連絡を入れることができます。求めている人材を確保しやすい特徴があります。

マイナビ転職

マイナビ転職は20~30代に対した求人情報を多く紹介している求人サイトであるため、若手の人材が欲しい時におすすめの求人サイトです。若手の人材は長く働いてくれる可能性があり、さまざまな技術を身につける将来性があるため、多くの企業が採用することが多いです。

大手企業から中小企業までの求人情報を掲載することができるため、企業側も気軽に登録することができます。

エン転職

エン転職では求人情報を登録する際に職員の一人が必ず自社に訪問します。訪問することで自社の良い点をより理解してくれるため、求人者に紹介する際により具体的に自社の雰囲気を伝えてくれます。

そのため、日ごろからよい仕事環境を作っておく必要があります。明らかにブラックの雰囲気がある企業では登録することを拒否されてしまうこともあります。

人材探しの方法は複合的なものがベスト

人材探しを効率的に行う場合は、一つの方法にこだわらずさまざまな方法を複合的に行うことがおすすめです。例えば、ハローワークに登録するだけではなく、求人サイトにも登録することでより多くの人に閲覧してもらうことができ、多くの応募を受けることができます。

人材探しを行う際にはより早く、即戦力になるうる人材を選ぶ必要があるため、応募してきた求人者をより高い分析能力で雇い入れるか判断することも必要です。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related