Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月08日

新卒採用の現状と将来性|新卒に人気のオススメリクルートサイト12選

今回は「新卒採用の現状と将来性|新卒に人気のオススメリクルートサイト12選」と題して、「新卒採用の現状と将来性」をメインに取り上げ、その際に必要となるポイント・注意点・新卒に人気のオススメリクルートサイトなどを具体的にご紹介します。

新卒採用の現状と将来性|新卒に人気のオススメリクルートサイト12選

新卒採用時の新卒者の進路

一般に新卒採用時の新卒者の進路を問う時、たいていは就職、進学、アルバイト・非正規雇用、留学などと分かれ、それぞれの能力・希望・計画に沿った道に進んでいきます。この中でも最近で多いのはさらなる進学と就職で、そのどちらも安定を求めた就活のためです。

新卒採用で求められるのはまず将来性と「仕事環境に順応できる実力」で、仕事能力・スキルよりも若さに見立てられた将来への展望の方が重点となるでしょう。

新卒者の進路1:就職

新卒採用で就職する場合は、先述のようにその将来性と仕事環境への順応力の方がまず求められやすく、まだ社会を知らない若者(学生)に対し、どれだけ社会人としての実力・モラルがあるかといった点が重要視されるでしょう。

これは中途採用の場合と大きく違うところで、若さによる将来性が武器になるのは就活に際してとても強い味方になる上、希望する職先への就職がさらにスムーズになるきっかけを生みます。

新卒者の進路2:進学

最近では大学を卒業してからさらに専門学校や大学院などへ進学する人も非常に増えてきています。これは「まだ理想の職先が決まらない場合」に取られる行動としてよく見受けられ、とにかくその期間に必要なスキル・能力を身に付けることを先決とした行動です。

進学することによって、それまでの(現時点での)社会的ステータス・スキルをさらに引き伸ばすことができ、それによって希望する就職口をさらに広げることが可能です。

新卒者の進路3:アルバイト・非正規雇用

この場合も先述の「進学」によく似た行動背景になりますが、とりあえず理想の就職先が手もとへ転がってくるまで実力を引き上げることを目的にした場合の行動に見られます。アルバイトやパートはかなり就職しやすいこともあり、小遣い稼ぎに最適になるでしょう。

そうして資金を少なからず用意した上で、今の自分にとって必要な資格を取得することもでき、この場合に先述と同じく、現時点からの実力を向上させる機会が得られます。

新卒者の進路4:留学

留学した場合はその将来において、外資系企業への職先も広げることができます。主に語学を引き上げることが可能になるため、その点でまずお得と言えるでしょう。さらに異国の分野に携わることもできるため、それまでより広いジャンルの仕事に就くこともできます。

留学の利点はさまざまであり、主に外資系企業へ就職できることがかなり人気のステータスとなる現代では、そのための最も効率の良い「近道」として認められます。

新卒採用の現状と将来性

新卒採用の現状と将来性についてですが、これは主に選考基準であるていど見定められます。それまでの活動実績をはじめ、今後の行動予定がその志望動機や自己PRを記した履歴書・職務経歴書などで把握でき、その後の新卒採用者のプランニングが把握されます。

その場合、それまでの過去のあり方から「次はこのような資格取得をし、このような企業を理想の職種とするだろう」といった即席の見方が立てられ、将来性の基準になります。

新卒採用の現状

新卒採用の現状についでですが、これは多くの就職情報誌などでも騒がれているように主に「派遣社員」や「パート社員」として働かされる現状が多く、正規社員として働ける新卒採用者はあまり多くないことがわかっています。

現代の日本で流行している派遣社員の雇用枠は今後も次第に増える可能性が指摘されており、それによって新卒採用の場合でも理想の企業にはスムーズに就職できない現状が想定されています。

新卒採用の将来性

新卒採用の将来性においては、先述のように「その時点での仕事に対する能力・スキル」に加え、その新卒採用者の将来性と仕事環境への順応力の方に焦点が当てられやすく、その点で実力が認められた新卒採用者は「その場で採用」ということも珍しくありません。

つまり若さによる将来の安定性をどの企業も欲しがるものであり、その安定性は「就職後の勤続の期間」によって得られるでしょう。この点が中途採用時とは大きく違います。

新卒採用時に好印象な人の特徴とは?

さて、ここまでは「新卒採用者の現状・採用までの注意点」などについてご紹介してきましたが、ここからは「新卒採用時に好印象な人の特徴とは」と題し、新卒採用者が実際に就職する場合、どの辺りが注目されやすく、どのように評価されるかをご紹介していきます。

新卒採用の場合は文字どおりに「新しく社会に進出する求職者」となるため、まずはその人間性のあり方が評価基準となり、人間力への評価がその土台を占めるでしょう。

新卒採用時に好印象な人の特徴1:外見

新卒採用時に好印象な人の特徴の1つとして、まず重要になるのがその「外見」です。これは新卒採用向けの面接時の50%以上の評価対象となるほど重要視される傾向があり、それだけビジュアル・第一印象を評価の対象にしている企業が多いことを表しています。

この場合の外見というのは当然イケメンということではなく、身だしなみ、清潔感、社会人として通用する容姿をしているかどうかになります。よく配慮しましょう。

新卒採用時に好印象な人の特徴2:堂々としている

次に新卒採用時に好印象を与える点としてあげられるのは「自分の主張に堂々としている新卒採用者」、また「立ち振る舞いそのものが堂々としている新卒採用者」となります。

この場合の注意点として、何の根拠もなくただ堂々としていることが評価されるのではなく、それなりの将来的ビジョンを持った上で堂々としていること、その企業から必要とされる実力を持つ上で堂々としていることなどが求められます。

新卒採用時に好印象な人の特徴3:簡潔に内容を伝えられる

これも新卒採用者にとって非常に大事なことですが、たとえば面接で聞かれた質問に的確かつ簡潔に応えられるかについてはどの企業でも重要視します。

簡潔に自分の主張を話せることはいわゆるコミュニケーション能力の高低が評価されるため、新卒採用時には特に大切な評価項目となります。

これは書類選考でも大事な評価点ですので、事前に簡潔にまとめる能力を身に付けておきましょう。

新卒採用時に好印象な人の特徴4:フィーリング

新卒採用の場合は、その企業や面接担当者とのフィーリングが合うことも非常に大切な点になります。それまでお互いに何も知らない者同士が取り交わす書類選考時の情報交換、またその状態で臨む面接などでは、そのフィーリングの良し悪しが採用を左右します。

これはどの企業によってもたいてい同じなので、このフィーリングを良くするためにも、希望する企業の基本情報をしっかり把握し、その外見にも品を持たせておきましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

新卒に人気のリクルートサイト12選

さて、ここからは「新卒に人気のリクルートサイト12選」と題して、新卒採用時に大手の就職エージェントを活用していくための「おすすめエージェント」のご紹介をしていきます。

この場合は特に「新卒採用時に必要な自分の状態・環境・能力・スキル」と「各企業で求められている基本的な採用条件」とを照らし合わせた上で、その両方の条件を上手く合致させることを念頭に置く形での就職エージェント利用が必須となります。

新卒に人気のリクルートサイト1:マイナビ

まずこのマイナビエージェントですが、この就職エージェントでは「就職希望者にとって理想的な就職先」を探してくれる実践的な就職エージェントになります。

新卒採用向けの就活では「自分にとって理想的な就職先」を優先的に見付けてくれるでしょう。

新卒採用向けの就職アドバイザーも丁寧に活動のコツを教えてくれるため、ほぼすべての不動産業への就職希望者にとっても、就職する際の大きな安心感を与えてくれるでしょう。

新卒に人気のリクルートサイト2:リクナビ

新卒採用時に多くの就職希望者が活用する「リクナビNEXT」です。中途採用向けの状況に見合った就職情報を提供し、就職希望者個別の実務キャリアによって幅広い斡旋が行われます。

新卒採用向けの就職用履歴書の書き方を教えてくれる上、就職斡旋率も状況に見合わせてかなり高いため、「自分にとって最適の就職先」を見付けられる土台を得られるでしょう。

新卒に人気のリクルートサイト3:日経就職ナビ

「日経就職ナビ」は「新卒採用時の就職活動をどうして進めるべきかわからない」という人にとって、とても利便性の高い就職サイトです。理想的な職種分野を率先して見付けてくれる上で、個別支援に注力しながら求職者の適職を探し出してくれます。

新卒採用向けの就職用履歴書の書き方を教えてくれる上、若年層向けの就職サイトとして有名で、中途採用者の能力・スキルを企業別に斡旋してくれます。

新卒に人気のリクルートサイト4:朝日学情ナビ

朝日学情ナビの特徴・利点はまず「求人情報の豊富さ」、「サポート力の高さ」、「利用する際に利用者側の満足度」などにおいて破格に高い人気を得ている点です。

新卒採用向けの履歴書の書き方を教えてくれる上、朝日学情ナビ独自のストック情報を提示してくれるでしょう。この就活サイトの魅力は一般的就活への不安や懸念を払拭する程のサポート力の高さを誇っています。

新卒に人気のリクルートサイト5:ダイヤモンド就活ナビ

「ダイヤモンド就活ナビ」では「就活活動をどうして進めるべきかわからない」という人にとって、とても利便性の高い就活サイトとなります。現実的な職種分野を率先して見付けてくれる上で、個別環境に注力しながら求職者の適職を探し出してくれます。

新卒採用向けの履歴書の書き方を教えてくれる上、特に理系職種向けの就活サイトとしても有名で、新卒採用向けの能力・スキルを企業別に斡旋してくれます。

新卒に人気のリクルートサイト6:就活ラボ

一般的に新卒採用を対象とし、無資格者・未経験者が利用する際に非常に良質な求人情報をそろえています。就職後も、仕事とプライベートの安定したライフサポートを約束してくれる点が魅力でしょう。

新卒採用向けの履歴書の書き方を教えてくれる上、「働きやすい職場提供」を念頭に置きつつ、特に「企業側にとって魅力的な実務キャリアのPR」が魅力です。マイペースで利用できるサイトです。

新卒に人気のリクルートサイト7:キャリタス

キャリタスは「新卒採用求職者のキャリア形成の個別」によって求人情報をピックアップし、その時の就職活動に必要な知識・スキルが提供されます。就活サイトランキングでも常に上位で、壮年層利用者もかなり多いです。

新卒採用向けの履歴書の書き方を教えてくれる上、まず「就職に無駄のないキャリア形成」という点に配慮し、その後の就活をスムーズに展開させてくれるでしょう。

新卒に人気のリクルートサイト8:アスリート就職ナビ

理想的なキャリア形成を望みながらリクルート活動をする場合、アスリート就職ナビでは上級クラスの企業層を斡旋してくれる上で、自己PRの活性を約束してくれます。

新卒採用向けの履歴書の書き方を教えてくれる上、将来的なキャリアデザインを的確に充実する方法やコツを提示し、さまざまな状況にある求職者にとって非常に利用価値のあるサイトです。

新卒に人気のリクルートサイト9:スポナビ

さまざまな新卒採用者が集まる「スポナビ」ですが、ここでもキャリアデザインに配慮したPRの方法を教えてくれます。

新卒採用向けの履歴書の書き方を教えてくれる上で多彩な職種分野から求人情報を集めてストックしつつ、将来的なキャリアデザインについても支援してくれるでしょう

新卒採用時の就活を始める場合は、まずこのスポナビを活用してみましょう。

新卒に人気のリクルートサイト10:クリ博ナビ

クリ博ナビでは一般的に壮年層の新卒採用での求職者が多く、その分、多彩な状況にある求職者のサポート提供がなされます。

新卒採用向けの履歴書の書き方を教えてくれる上で充実したキャリアデザインの活性についても積極的にPRし、企業への就職斡旋はかなり充実しています。

実務キャリアを生かした具体的な就活ニーズも教えてくれるため、ぜひ一度活用してみると良いでしょう。

新卒に人気のリクルートサイト11:マスナビ

マスナビでは「新卒採用向けの就職における必須情報の利用」を念頭に置き、企業研究・企業情報の活用方法をはじめ、企業ニーズを把握する上での最適な情報を伝えてくれます。

新卒採用向けの履歴書の書き方を伝授してくれる上で、必要に応じた情報のピックアップ、その企業ニーズを充足するために必須の能力・スキルを具体的に提供してくれるでしょう。

新卒に人気のリクルートサイト12:新卒アドベンチャーズ

「総合的な就活斡旋力」が実に高いことで知られる就職エージェント「新卒アドベンチャーズ」です。新卒採用向けに最適な就職先が見付かれば「必ず面接まで漕ぎつけられる」という、求職者にとって確約に近い安堵感が得られるでしょう。

新卒採用向けの履歴書の作成の仕方や面接でのハウトゥを教えてくれる上、就職活動で必須の情報をいち早く的確に教えてくれます。

新卒採用の現状を知りましょう

いかがでしたか。今回は「新卒採用の現状と将来性|新卒に人気のオススメリクルートサイト12選」と題して、「新卒採用の現状と将来性」をメインに取り上げ、その際に必要となるポイント・注意点・新卒に人気のオススメリクルートサイトなどを具体的にご紹介しました。

新卒採用というのは、その求職者の将来性が具体的なPRとなるため、第三者に認められるスキルデザインを把握し、安定した就職活動をすることが必要です。

Related