Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

学生を正社員として採用できる?企業が学生を採用する理由5つ

近年、学生を正社員として採用するケースもあります。学生を雇用するメリットは何があるのか気になる方もいらっしゃると思います。本記事では、学生を採用するメリットについて解説していきます。会社で採用する人材について悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

学生を正社員として採用できる?企業が学生を採用する理由5つ

学生を正社員に採用する場合

学生の間に、正社員として働くことができることを、皆様はご存じでしょうか。正社員として働き、健康保険の加入や雇用保険の加入ができるのも、学生としてのメリットでしょう。また、学生を正社員にする場合、「大学側に支障はないか」を確認する必要があります。

このように、学生には注意するべき点があります。今回は、学生を正社員に採用する場合について説明していきます。それでは、ご一読ください。

夜間学生の場合

当然ですが、夜間学生の場合、夜に働くことができる(時間に余裕がある)方でないと、働くことができません。夜間学生の場合、「勉学に支障はないのか」を確認しましょう。

また、通信制や定額制の学生でも正社員として働くこともできます。しかし、通信制や定額制の方は、健康保険や雇用保険などには加入できないため注意する必要があります。

昼間学生の場合

昼間学生の場合、普段講義などを受ける平日の隙間に働くこともできる会社もありますが、休日などの多く休める日は正社員として働くこともあります。

また、学生という職業についているので、休日出勤する場合があります。ですので、その学校に支障はないのかも確認しておきましょう。こちらも、アルバイトなどで何年か経験を積んだ後に採用するのが無難な方法でしょう。

インターン

インターンとは、学生に就業体験の機会を提供する制度で、一定の期間学生などを職場に行かせ、職場体験できることをいいます。インターンは無利益なので注意しましょう。正社員を目指しインターン中の学生は意識が高い傾向にありますので、採用しましょう。

また、インターンの学生は、その会社に向かおうと会社を絞ってきている可能性があるので、即正社員に採用されることがあります。

学生を正社員として採用した理由5つ

ここからは、学生を正社員として採用した理由を5つご紹介します。学生で正社員として働くことで得られるメリットは高く、正社員の実力向上のために実際に採用しているケースがあります。

皆様も、経済基盤向上のために採用してみてはいかがでしょうか。それでは、見ていきます。

学生を正社員として採用した理由1:人材獲得

実際に人材が少ないというケースがあるのが現状です。人口の多い学生やインターン生を候補にしているのではないでしょうか。人が合う合わないのためではなく、この人がどこまで仕事と向き合っているのかを確認するようにしましょう。人材獲得をし、効率の良い職場づくりを行っていきましょう。

学生を正社員として採用した理由2:経済力の向上

学生という身分の方たちは、日常、その学校の人たちや先生方、世間と向き合っていているので、学生の情報収集は最適な方法です。正社員にすることで新しい情報を聞き出し実行して行きましょう。

学生の目に止まり、人が集まるといった事例もあります。このように、学生という新しい分野に視野を置き、経済力の向上を図っていきましょう。

学生を正社員として採用した理由3:競争力の向上

学生という身分の方でも、熱の入った新人さんがいることがあります。競争力の向上を図るには、熱の入った学生を採用するようにしましょう。当然ですが、「みんながやっているから」といった学生は採用されません。

このように、戦力の増大のために、優秀な学生を採用するケースがほとんどです。

学生を正社員として採用した理由4:組織の底上げ

正社員には、組織で動いてもらうことがあります。経営は組織で動いているので、正社員の方たちの基盤はどのくらいなのかを検討します。学生を採用することで、新しいアイデアが生まれるので組織の底上げができます。このように、学生を採用して、組織改革を行っていきましょう。

学生を正社員として採用した理由5:アルバイト学生の採用メリット

アルバイト学生の採用メリットもあります。それは、普段からアルバイトで経験を積んでいるので、1年間などの期間で学んだ知識やノウハウなどがあるはずです。アルバイトならではの本場で実際に培った能力をさらに生かせるので、採用するメリットはあります。

また、パートやアルバイト学生の場合、生活力があるので、職場の即戦力となるでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

学生を採用する時の注意点4つ

これから学生を採用するときの注意点を4つご紹介します。学生ならではの価値観や行動心理など、学生にしかわからないことだってあります。また、大手企業の場合に限られるなどの特殊な例もありますので、一緒に見ていきましょう。

学生を採用する時の注意点1:大手企業の場合

大手企業の場合、求人の募集をかけて、一斉に採用することがあります。この時に、学生の中で特別な事情を持っていたり、まだ分からないままで職場に馴染めなかったりなどするケースもあるので、学生のことを考えて行動していきましょう。

ですので、大手企業の場合、指定を確実にしていき、優秀な人材の確保のため、人手や応募の再確認などに注意して採用しましょう。

学生を採用する時の注意点2:大学に確認

学生の中には大学で学生をしている方たちもいます。大学側に支障や問題がないのかを確認する必要があります。大学の講義の時間や、出勤時間の調節など、シフトを入れるのに計画をまず面接などで立てることが大事です。

また、初心者や経験者と幅広い学生が来るので、管理することが大切でしょう。まずは、大学に確認することを怠らないようにしましょう。

学生を採用する時の注意点3:会社の配慮が必要

学生を採用するときに会社の雰囲気だったり、環境を整えたりすることが必要になります。

なぜなら、学生はまだ学校に通っていて、事情を抱えていたり、忙しかったりするときもあるので、職場に馴染めない時期もあります。学生には、アニメやゲームの話題をしたり、コミュニケーションを取ることが大事です。

新しい職場で、会社の環境を整えてあげたり、コミュニケーションを毎日取ってあげましょう。

学生を採用する時の注意点4:社会保険料の加入

学生には、社会保険料の加入をすることができるメリットなどもあります。例えば、会社の中で、年収が130万円だったりすると、雇用保険や健康保険などに加入するケースもあります。ですので、社会保険料に加入してもらい、学生の負担を軽減することが必要になっていきます。

学生を正社員にするメリットがある

いかがだったでしょうか。実際に、学生にも優秀な学生やふわふわとした気持ちで入る学生もいるので、そこには注意して採用するようにしましょう。

職場の経済基盤を上げるために、学生を正社員にしましょう。このように、正社員を採用する際に、学生という視野も入れてみることも大事でしょう。

Related