Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月06日

業界別にみる離職率の平均7つ|離職しやすい業界や離職率の低い業界

離職率とは入社後1年や3年など、一定期間後に退職した人の割合のことです。離職率が高ければ、それだけ退職した人が多いことを表します。離職率が高ければ悪い企業、業界ということではありませんが、離職率から把握できることもあります。

業界別にみる離職率の平均7つ|離職しやすい業界や離職率の低い業界

離職率の計算方法

自身のステップアップや、新しい環境を求めるなどの理由で転職を決断する人は増えています。しかし、退職理由はポジティブなものだけでなく、労働環境や条件が合わないなどが理由となる場合もあります。

労働環境や条件が合わないと感じる人が多い職場や業界などでは離職率が高くなります。離職率とは入社後1年や3年など、一定期間後に退職した人の割合のことです。離職率が高ければ、それだけ退職した人が多いことを表します。

離職しやすい業界

入社1年や3年などの短期間で退職する人が多いと、離職率は高くなります。退職する理由は人によってことなります。ですが、短期間で退職する定番の理由はいくつかあります。

その定番の理由には、労働時間が長い、残業が多い、休日出勤が多い、仕事が過酷、給与が低いなどがあります。これらの理由が当てはまりやすい業界や職場は離職率が高くなる傾向が強いです。

業界別にみる離職率の平均

上記で述べた通り、離職率が高くなってしまう理由はいくつかあります。これら離職率が高くなる理由は業界や職場によって、持っている種類や数、重さなどが異なります。また、業界自体の持つ仕事内容によっても離職率は左右されます。

なので、これから転職や就職をするために企業研究や業界研究をしている人は、企業や業界の離職率を知ることで、その労働環境や条件などの参考となることがあります。

離職率の平均1:飲食・宿泊業界

飲食や宿泊業界の離職率は50%を超える年もあるほど高いです。その理由はいくつか考えられます。飲食関係の仕事はアルバイトで経験をしている人が多く、飲食や宿泊業界は多くの人手を必要とするため、転職や就職がしやすいです。

しかし、サービスの多様化や品質の向上などが進み、その仕事内容は非常に過酷となっています。また、仕事内容は過酷にも関わらず、平均給与が低いということもありまづ。

離職率の平均2:不動産業界

不動産業課の平均離職率は40%前後と飲食や宿泊業界と並んで高くなっています。不動産業界の離職率が高くなる理由の1つとして、厳しい労働条件があります。

不動産業界は意外と激務で、毎日のように残業が必要となることも多いです。また、週末に物件探しをする人が多いため、土日や祝日はなかなか休めません。また、会社によってはノルマを達成しないといけないため、休日出勤も増えてしまうという場合もあります。

離職率の平均3:教育業界

教育業界の平均離職率は48%と非常に高いです。教育業界の離職率が高い理由の1つに、特殊な労働環境があります。

生徒や保護者と1年単位で接するため、嫌な人や苦手な人から逃げたり、距離を取ったりすることが難しいことや、教師であれば立場上、愚痴などを言えない状況になったり、教育現場に求められることが多くなり激務となっていたりなどします。

離職率の平均4:教育業界

教育業界の平均離職率は48%と非常に高いです。教育業界の離職率が高い理由の1つに、特殊な労働環境があります。

生徒や保護者と1年単位で接するため、嫌な人や苦手な人から逃げたり、距離を取ったりすることが難しいことや、教師であれば立場上、愚痴などを言えない状況になったり、教育現場に求められることが多くなり激務となっていたりなどします。

離職率の平均5:小売り業界

小売業界の平均離職率は38%ほどです。小売業界も飲食や宿泊業界などと同様に、サービスの多様化や品質の向上などが進み、その仕事内容は非常に過酷となっています。

また、小売業は早朝から出勤しなくてはいけない会社もあり、勤務時間も夜遅いなど、勤務体系が過酷なこともあります。さらに、扱う商品によっては重い商品を扱うこともあるので、意外と肉体労働となる場合もあります。

離職率の平均6:医療福祉業界

医療福祉業界の平均離職率は38%ほどとなっています。医療福祉業界ではきつい、きたない、給料が安いのいわゆる3Kが離職率を高めている理由としてあります。

また、介護職は女性が主に活躍しているため、結婚や出産、育児などを離職する人が多いことも離職率が高い理由となっています。他にも、人間関係や上下関係、派閥関係が原因で離職してしまう人も多いです。

離職率の平均7:専門・技術サービス業界

飲食や宿泊、小売など以外にも、お客さんと接するサービス業はいろいろあり、美容室や旅行代理店、ブライダル関連などがあります。また、人材派遣や自動車整備などの技術系のサービスもあります。

これらのサービス業界もサービスの多様化や品質向上などが進み、仕事内容が過酷となっています。しかし、これらの仕事では給料が高かったり、憧れの職業などであったりするため、平均離職率は20%前後と少し低めになっています。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

離職率の低い業界6コ

業界の平均離職率は労働環境や条件が過酷であったりなどすると、高くなる傾向があります。離職率が高い場合には、離職率を下げるための対策などを取られることもありますが、業界によって、仕事内容はある程度は決まってしまうため、改善できる範囲には限界もあります。

ですが、中には離職率を下げる対策をしなくても、もともと平均離職率が低い業界もあります。

離職率の低い業界1:インフラ業界

インフラ業界の仕事は、その文字の通り、電気やガス、水道といったインフラ整備などを行うことになります。これらは生活に必要不可欠なものなので、仕事が安定しています。また、インフラ業界は給料が高いという特徴もあります。

そのため、平均離職率が10%以下と非常に低くなっています。企業で見れば離職率ゼロもありますが、業界として平均離職率がこれだけ低いのは、インフラ業界だけでしょう。

離職率の低い業界2:製造業界

製造業は非常に幅広いカテゴリーがありますが、そのおおよその平均離職率は20%ほどと言われています。特に日本の製造業には、電機メーカーや自動車メーカーなど、世界で活躍する企業が多くあります。

そのため、製造業には大手も多く、労働環境や条件がよく整っています。また、大きな仕事に携わっているという誇りを持って仕事ができている人が多いことも平均離職率を下げる理由の1つとなっています。

離職率の低い業界3:鉱業・砕石・砂利採取業界

鉱業・砕石・砂利採取業界の仕事では金属や石炭、鉄、石油、天然ガスなどの地下資源を扱います。これらを採取、採掘するためにはユンボ、ブル、ダンプ、ローラなどの重機を扱います。これらを扱うためには免許が必要となります。

取得した免許を活かせる職場はあまり多くないため、平均離職率が上がりにくくなっています。また、これらの重機を扱う技術が高ければ少し高齢になっても仕事が続けられることも平均離職を下げています。

離職率の低い業界4:金融業界

金融業界は給料が高く、安定しているため、就職や転職で人気の高い業界です。そのため、競争率も高いので、採用まで至った人は簡単に退職をしたりはしません。そのため、離職率も20%ほどとそれほど高くありません。

それでも離職してしまう人がいる理由として、ノルマがきつかったり、専門的で高度な知識が必要であったりなどするため、仕事を覚える段階で挫折してしまうということもあります。

離職率の低い業界5:複合サービス業界

複合サービス業界は郵便局や協同組合、信用事業、共済事業などを行っています。これらの仕事は繁忙期などはあるものの、他の業界に比べるとそれほど激務にはなりません。

ですが、給料もそれほど悪いということもなく、労働環境も条件も整っているため、離職する人が少なく、平均離職率が23%ほどになっています。

離職率の低い業界6:情報通信業界

情報やIT業界は非常に激務なため、平均離職率は高いと思われがちですが、実際の平均離職率は25%ほどと、 想像されるよりは高くはありません。

情報やIT業界は非常に激務ではありますが、業界内で環境改善が行われていたり、会社によっては激務に見合った環境や条件を整えられていることもあるので、離職率はそこまで高くありません。

離職率の差を知って就職活動の参考にしよう

就職活動や転職活動では企業研究や業界研究を行います。しかし、実際に働いて見ないとわからないことも多々あります。その実際に働いて見ないとわからない部分を少しでも把握するためには離職率が参考になります。

離職率が高ければ悪い企業、業界ということではありませんが、どのような部分が離職の原因となっているかを事前に把握することができます。

Related