Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月28日

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?

パートをはじめようと思ったとき、パートの賃金が気になるという人は多いのではないでしょうか。この記事ではパートの平均賃金と、パートの賃金を左右する要因について詳しくみていきます。賃金が高く自分に合った職種のパートを見つけたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?

パートの平均賃金を左右するもの3つ

パートの平均賃金は勤務地と職種、会社の規模に左右されることが多く、時給の高いパートを見つける上でとても重要な要素になっています。

ここからはパートの平均賃金を左右する3つの要因について詳しくみていきます。これからパートを探す人はもちろん、今よりも良い条件のパートがないか気になっている人も、ぜひ確認してみてください。

パートの平均賃金を左右するもの1:勤務地

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?
パートの平均賃金を左右するものの1つ目は勤務地です。勤務地は各政令指定都市や東京のように、人口が多い地域の方が平均賃金が高い傾向にあります。人口が多い地域の中でも首都圏のオフィス街や若者の集まる繁華街、富裕層が多く集まるブランド街は特に平均賃金が高いです。

やりたい仕事が決まっている場合には、勤務地にこだわることで短い時間でも多くの収入を得ることができます。

パートの平均賃金を左右するもの2:職種

パートの平均賃金を左右するものの2つ目は職種です。パートで働くことのできる職種は多くありますが、販売や接客の仕事よりも事務や専門職の平均賃金の方が高くなっています。

パートの平均賃金に職種によって差がでるのは、販売や接客の仕事は初心者でも始めやすく日雇いアルバイトでも対応できるのに対して、事務や専門職は経験のある人材でないと戦力として扱えないため企業は高い賃金を払ってでも雇いたいと考えるからです。

パートの平均賃金を左右するもの3:会社の規模

パートの平均賃金を左右するものの3つ目は会社の規模です。同じ職種を選んでも個人経営のお店では賃金が低く、大手企業が経営しているお店では賃金が高くなる傾向にあります。

会社の規模によってパートの平均賃金に差が出るのは、規模が大きな会社ほど安定して高い利益を上げやすく人件費のお金をかけられるからです。働くお店に特にこだわりがない場合には、会社の規模を比べながらパート選びをしていくのがおすすめです。

パートの平均賃金とは?

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?
パートの平均賃金は地域や職種によって違いがあり、違いを知ったうえでパート探しをすると高時給のパートを見つけやすいです。

ここからはパートの平均賃金について詳しくみていきます。高時給のパートを効率よく見つけたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

地域別

パートの平均賃金は働く地域によって大きく異なります。パートの平均賃金の差には各都道府県によって異なる最低賃金の設定額が影響しています。

最低賃金は現在東京都が985円に設定されているのに対し、鹿児島県では761円に設定されており、地域の違いで200円以上の差がでています。生活にかかる費用や人口、売り上げなどさまざまな要因によって最低賃金が異なることでパートの平均賃金も大きく変化しています。

首都圏

パートの平均賃金は特に首都圏で高い傾向にあります。首都圏では近いうちに国の定める最低賃金が1000円を超える地域も多く出てくることが予想されています。

首都圏で仕事をすればどんな職種でも比較的高時給で働くことができるので、通勤時間が1時間以内であれば首都圏で仕事をするのがおすすめです。

首都圏以外

首都圏以外の地域でも全体的に最低賃金は上昇傾向にありますが、首都圏との平均賃金の差が縮まるには時間がかかりそうです。

首都圏以外の場所でパートを探す際には、自分の前職での経験を活かせる専門性の高い仕事を見つけると首都圏と同じ水準の時給で働くことができる場合が多いです。

しかし専門性の高い仕事は個人にかかる負担や責任も大きいので、自分の経験が通用するかどうかをよく考えパートを選ぶ必要があります。

職種別

パートの平均賃金は働く地域だけでなく働く職種によっても大きな差が出てくるため、職種は慎重に選んでいく必要があります。

ここからは職種別の平均賃金について詳しくみていきます。高時給で働きたい人や扶養の範囲内など限られた範囲の中で収入を得たいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

販売・フード系

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?
販売・フード系の仕事は、他の職種に比べて平均賃金が低い傾向にあります。販売・フード系の平均賃金が低いのは、初心者でも仕事を覚えやすいく日雇いバイトなどの短期間バイトでも戦力になり、新しい働き手を見つけやすいことが挙げられます。

販売・フード系の平均賃金は時給950円前後の場所が多いです。時給は安いですが販売・フード系は販売実績に応じて賞与がある店舗も多くあります。

事務系

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?
事務系の仕事は簿記や経理などの資格や経験が必要である場合が多いため、販売・フード系の仕事に比べて平均賃金が高い傾向にあります。

事務系の仕事は平均賃金が時給1000円前後の場所が多く高収入ですが、時期によって残業を求められる場合があるので、勤務時間に制限がある人は注意が必要です。

専門職系

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?
専門職系の仕事は他の職種に比べて平均賃金が高い傾向にあります。平均賃金が高いのは誰でもできる仕事ではなく、個人が担う責任も大きいためです。

専門職系の仕事は専門としている内容によって平均賃金が変わりやすく、デザイン関係で時給1000円前後、通訳や翻訳の仕事で時給1200円前後となっています。専門職は高収入ですが、仕事以外の時間でも学び続ける必要があり、自己投資にかけるお金が増えていきます。

営業系

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?
営業系の仕事は自分で顧客を獲得していかなければいけないので、他の職種より人が集まりにくく、賃金を上げることで人材を確保しています。

営業系の仕事の平均賃金は時給1100円前後で、営業成績が高くなればなるほど賃金もよくなっていきます。人に積極的に話をすることができ自分の実績が実感できる仕事をしたい人に賃金の高い営業系の仕事は向いています。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

時給が高いといわれるパートは?

パートの賃金は地域や職種によって大きく左右されますが、パートの中には地域に左右されにくく、時給が高いといわれているものがいくつかあります。

ここからは時給が高いといわれるパートについて詳しくみていきます。時給に重点を置いて仕事をしたい人は、参考にしてみてください。

時給の高いパート1:短期パート

時給が高いといわれているパートの1つ目は短期パートです。短期パートを募集している企業は繁忙期だったり人手不足だったりして少しでも多くの人材を集めたいので、時給が高く設定されています。

短期バイトの派遣会社に登録をしておけば自分の好きなタイミングで時給1200円以上の仕事をはじめることができます。また高時給の割に単純な作業を任されることが多いので、仕事を覚えるストレスが少ないというメリットがあります。

時給の高いパート2:コールセンタースタッフ

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?
時給が高いといわれているパートの2つ目がコールセンタースタッフです。コールセンタースタッフはどこの地域でも時給が1000円以下ということはほとんどなく、時給が1500円以上の場所も多くあります。

コールセンタースタッフは、マニュアルどおりに対応すればいいので仕事内容は難しいものではありません。しかし、人と話しをするのが仕事の基本なので高いコミュニケーション能力と話しながらタイピングをする能力は必須です。

賃金の高いパートを探してみよう

パートの平均賃金とは?|ペパートの賃金を左右する3つの要因とは?
今回はパートの平均賃金とパートの賃金を左右する要因について詳しくみてきました。仕事を選ぶときには家からの距離や時給ばかりに目を向けるのではなく、選ぶ職種も重要であるということが分かった人も多いでしょう。

パートを探すときにはパートの自分がどの程度の責任を担わなければいけない仕事なのかを考えながら、賃金の高いパートを選ぶようにしていきましょう。

Related