Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月21日

書類選考で不採用になる理由7選|不採用にならないためにできる対策

いつも書類選考の段階で不採用になってしまうという方も少なくないことでしょう。書類選考を乗り越えなければ、内定を勝ち取ることはできません。この記事では書類選考で不採用になる理由について徹底解説しているので、ぜひご参考ください。

書類選考で不採用になる理由7選|不採用にならないためにできる対策

書類選考で不採用になる割合とは?

いつも書類選考の段階で不採用になってしまい、なかなか面接まで進めないことにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

一般的に、約10人に7人の割合で書類選考が不採用になると言われています。つまり、書類選考の不採用率としては大体70%ほどと見積もってよいでしょう。

厳しい就職・転職戦線を勝ち抜くためには、まずは書類選考の段階で不採用になるのを防ぎ、少しでも面接への道を広げることが不可欠です。

書類選考が重要である理由

そもそも、どうして書類選考が重要なのでしょうか。まずは書類選考をパスしなければ、入社を希望する企業から内定を得ることはできません。

書類選考が不採用であるということは、入社するためのスタートラインにさえ立たせてもらえないということです。

どんなに優秀な人物であっても、それを面接でアピールする機会がもらえないのは、とてももったいないことだと言えるでしょう。

書類選考で不採用にならない方法とは?

書類選考で不採用になる理由7選|不採用にならないためにできる対策
では、書類選考で不採用にならないためにはどうすればよいのでしょうか。人によって、書類選考で不採用になる理由はさまざまです。

毎回書類選考で不採用になってしまうのならば、どうして不採用になってしまうのか、まずはその理由を突き止め、それに合わせた対処法を講じることが必要です。

この記事では書類選考で不採用になる理由を知り、それを解消するための方法について解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

書類選考で不採用になる理由7選

書類選考で不採用になる理由7選|不採用にならないためにできる対策
以上で見たように、書類選考にパスするためには、書類選考で不採用になる理由を知り、それを反面教師とすることが欠かせません。

どうして自分が書類選考で不採用になるのか、その理由が皆目見当もつかないという方も少なくないことでしょう。

ここからは、書類選考で不採用になる主な理由を7つピックアップしてご紹介していきます。

就活が上手くいかない方は、以下で挙げる理由に当てはまっていないかチェックしてみてください。

書類選考で不採用になる理由1:誤字脱字が多い

書類選考で不採用になる理由としてまず考えられるのが、誤字脱字が多いということです。誤字脱字が多いということは、集中力散漫であるだけでなく、応募書類を記入後にきちんと見直しをしていないということの証拠です。

決して難しくない応募書類の記入において、誤字と脱字を繰り返しているならば、採用担当者はその応募者に対して「明らかにやる気がない」と見なし、不採用の判断を下すことでしょう。

書類選考で不採用になる理由2:応募要件を満たしていない

応募要件を満たしていないというのも、書類選考で不採用になる理由のひとつとして挙げられるでしょう。

どんなに完璧な応募書類を用意したところで、企業側が提示している応募要項や条件を満たしていなければ、自動的に不採用になってしまいます。

このような理由で不採用になるのは、時間と労力の無駄です。企業に応募をする際には、まずはその応募要項を熟読し、自分に応募資格があるかどうかを確認しておきたいところです。

書類選考で不採用になる理由3:空欄が多くやる気が感じられない

書類選考で不採用になる理由のひとつに、空欄部分が多くてやる気が全く感じられないということも含まれるでしょう。

応募書類の欄を埋めるようにして記入するのは、基本中の基本です。書類に空欄が多いということは、手抜きをしているということの証拠であり、入社したいという熱意ややる気がないとことの表れだと見なされます。

そのような人物に面接を受けさせるのは、全くの時間の無駄だと企業側は判断するでしょう。

書類選考で不採用になる理由4:字が汚い

字が汚いというのも、書類選考で不採用になる理由のひとつとして挙げられます。字の上手い・下手には個人差がありますが、下手でも下手なりに丁寧に美しい字を書こうとする姿勢が不可欠です。

字が汚く、明らかに雑に適当に書いているならば、採用担当者は「こんな書類をよこしてくる人間は社会人としての常識がない」と判断し、ろくに内容を見ずにすぐにその場で不採用にしてしまうでしょう。

書類選考で不採用になる理由5:書類が汚れている

書類選考で不採用になる理由のひとつとして挙げられるのが、書類が汚れているということです。

書類がヨレヨレだったりところどころにシワがついていたり、あるいはお茶やコーヒーなどのシミがあるならば、採用担当者の心証は一発で悪くなるでしょう。

また、字がにじんでいる箇所が多かったり、修正液・テープを多用している書類もNGです。このような書類を応募すること自体、常識がないと判断されるでしょう。

書類選考で不採用になる理由6:ネットの例文を丸写ししている

ネット上に掲載されている応募書類の例文を丸写ししているというのも、書類選考で不採用になる理由のひとつです。

採用担当者はこれまでに何十枚も何百枚も応募書類を読んでその内容を精査してきているため、ネット上の文章を丸写しした応募書類にはすぐに気づきます。

「この人は自分の頭で考えずにネット上の例文を適当に選んで丸写ししただけだな」と見なされるため、やる気なしと判断され不採用になるでしょう。

書類選考で不採用になる理由7:志望動機が不明瞭

書類選考で不採用になる理由のひとつとして挙げられるのが、志望動機が不明瞭であるということです。

企業側は、熱意がありモチベーションの高い人物を採用したいと考えているものですが、なぜ自分の会社に応募してきたのか分からない応募者に対しては、「意欲なし」と見なして不採用にするでしょう。

つまり、応募書類を通じて企業側に自分のやる気や情熱を適切に自己アピールできないというのが、不採用の理由として考えられます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

書類選考で不採用にならないためにできる対策4つ

以上で見たように、書類選考で不採用になる理由はさまざまです。中には、上で挙げた理由の複数に当てはまっているという人もいることでしょう。

書類選考を通過し、面接まで勝ち進むためには、応募書類の正しい書き方をマスターすることが欠かせません。

ここからは、書類選考で不採用にならないためにできる対策を4つご紹介していきます。

いつも書類選考の段階で落ちてしまうという方は、ぜひ以下の対策を参考にしてみてください。

書類選考で不採用にならないためにできる対策1:不備の無い書類を作成する

書類選考で不採用にならないためにまず実践したいのが、不備のないパーフェクトな書類を作成するということです。

企業側が求めている書類をきちんと把握し、履歴書や職務経歴書など、それぞれの書類で誤字脱字などのミスがないように心がけましょう。

書類を一通り書き終えた後、2回ほどそれらをチェックしてミスがないかを確認する作業が欠かせません。

書類選考で不採用にならないためにできる対策2:キャリアの棚卸しをする

キャリアの棚卸をするというのも、書類選考で不採用にならないためにできる対策として挙げられるでしょう。

採用担当者に「この人はうちの会社にとって役に立つ可能性がある」と思わせるためには、これまでのキャリアにもとづいた適切な自己アピールができることが不可欠です。

そのためにも、これまでの職務経歴を書き出し、またその中で経験したことや得た知識・スキルをリストアップしてみましょう。

書類選考で不採用にならないためにできる対策3:応募企業に合わせた内容にする

書類選考で不採用になる理由7選|不採用にならないためにできる対策
書類選考に通過するための方法のひとつとして、応募企業に合わせた書類を作成するということも重要です。

企業によってどのような内容の書類を求めているのかはさまざまですので、企業分析をきちんと行い、企業の求める人物像に沿った形で自己アピールをした書類を作成してみてください。

書類選考で不採用にならないためにできる対策4:転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するというのも、書類選考に通過するために実践したい対策のひとつです。

独力で書類を作成しようとしても、それには限界があります。転職エージェントによっては無料で経験豊富なキャリアアドバイザーから、応募書類の添削や書き方の指導を受けることができるので、ぜひ利用してみてください。

書類選考で不採用になる理由を知ろう

書類選考で不採用になる理由7選|不採用にならないためにできる対策
今回は書類選考で不採用になる理由について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。書類選考に通過しないことには、内定を得ることはできません。

書類選考に落ちる理由を知り、それを反面教師としながら適切な応募書類の作成方法を学ぶことで、内定をゲットする確率を上げていきましょう。

Related