Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月01日

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例

転職活動中の面接では、その転職を決断した理由を聞かれることになります。退職理由の答え方には注意をしないと選考が不利になってしまうことがあります。そのため、面接官へ退職理由を伝える際には、慎重に伝え方を選ぶ必要があります。

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例

面接で退職理由を聞かれるのはなぜか?

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
同じ職場に長く勤めることは良いことです。しかし、いろいろな理由によって、転職を決断する人も増えてきています。転職を決断するということは、今勤めている職場を退職することになります。

その退職理由は転職活動の面接では、必ずと言ってよいほど確認されることになります。多くの企業が求職者に対して、退職理由を確認するにはいくつかの理由があります。そのため、求職者側もその答え方には注意が必要となります。

今回も同じ理由で退職しないか

退職を決断したということには理由があるはずです。その理由がスキルアップや、どうしてもやりたい仕事があったなどの理由であれば、面接官はその理由と会社の求める人材の条件とお互いがミスマッチしていないかを判断することができます。

しかし、仕事が合わなかった、人間関係がうまく行かなかったなどの理由で、前職を短期間で辞めている場合には、再び同じ理由で退職されてしまうのではないかと警戒されることがあります。

退職理由の答え方で仕事への姿勢がわかる

退職理由は内容によっては選考が不利になってしまうことがあります。

しかし、選考が不利となる退職理由であったとしても、その退職理由に正当性があったり、答え方によって同じ過ちを繰り返さないという仕事に対する姿勢を見せることができれば、不利な要素を打ち消すことができる場合もあります。

なので、退職理由の内容が不利なものであっても、その答え方で面接官の印象を変えることができる場合もあります。

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
上記で述べた通り、退職理由の内容によっては選考を不利にしてしまうこともあります。しかし、答え方によってその不利な要素を打ち消すことができる場合もあります。

なので、退職理由を質問された際には、前職を退職した理由や、転職を決断した理由を変えることはできないため、その答え方が非常に重要となります。また、面接官は人を見るプロのため、退職理由を答える際にはいくつか注意しないといけない点もあります。

退職理由の答え方で注意すべきポイント1:正直に答えていい?

退職理由は内容によっては選考を不利にしてしまうことがあります。そのため、退職理由を正直に答えてしまうと選考を不利にしてしまう可能性があると感じている人は、正直に退職理由を答えて良いか悩んでしまうことがあります。

しかし、面接で嘘をつくことはできないため、退職理由は正直に答えなければいけません。ただし、その退職理由の正当性や、今後の仕事の取り組み方など、前向きな意見も含ませるようにしましょう。

退職理由の答え方で注意すべきポイント2:嘘をつかない

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
上記で述べた通り、面接で嘘をつくことはできないため、退職理由は正直に話さなくてはいけません。もし、嘘をついて、その嘘が面接官にバレてしまうと印象が非常に悪くなってしまう可能性があります。

また、面接官は多くの人を面接しています。そのため、些細な矛盾点などから嘘を見破ることもできます。嘘がバレても、面接中にその嘘を指摘されるようなことは少ないですが、確実に印象を悪くしてしまうことになってしまいます。

退職理由の答え方で注意すべきポイント3:前職の悪口は言わない

人間関係や労働環境や条件の不満などが退職理由の場合、面接で退職理由を答えた際に、流れからその前職のことを悪く言ってしまう人もいます。

面接では人柄や信用性なども確認されています。そのため、たとえ退職に正当な理由があったとしても、その悪口を言う姿を見せてしまっては、面接官から人柄が悪いと判断されてしまったり、信用性を大きく落としてしまう可能性があります。

退職理由の答え方で注意すべきポイント4:ネガティブな退職理由をポジティブに変換

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
退職理由がステップアップ、やりたい仕事があるなどのポジティブな人もいます。しかし、中には、人間関係が合わない、労働環境や条件が悪いなどのネガティブな印象の退職理由を持つ人もいます。

先に述べた通り、このようなネガティブな退職理由であったとしても、嘘をつくことはできません。なので、新しい職場環境を求めて、自分の力で挑戦するためになどのようにポジティブな言葉に変換したり、加えたりするようにしましょう。

退職理由の答え方で注意すべきポイント5:待遇面ばかりを理由にしない

上記で述べた通り、退職理由が労働環境や条件が合わないという人もいます。このような待遇面の退職理由として多くあるのは、給与が少ないことです。給与が少ないことに不満を持ち、正当な評価をされていないと感じたことが退職理由という人もいます。

ただし、本人が正当な評価をされていないと思い込んでいるだけの場合もよくあります。このような場合は、待遇面を高く望む人として、印象を悪くしてしまう可能性があります。

退職理由の答え方で注意すべきポイント6:退職理由を志望動機につなげる

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
ポジティブな退職理由を持つ人もいますが、ネガティブな退職理由を持つ人も多くいます。ネガティブな退職理由だけを面接官に伝えてしまうと、ネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。

なので、ネガティブな退職理由を伝えた後には、そのネガティブな退職を経験して、何を学び、今後の仕事でどのようにその経験を活かすかなどを説明して、ポジティブな志望動機への流れを作るようにしましょう。

退職理由の答え方で注意すべきポイント7:自信をもって答える

どれだけポジティブな退職理由を持っていても、面接での受け答えで自信がなさそうにしていると、面接官にネガティブな印象を与えてしまうことがあります。

明るくとハキハキとした答え方をすることは面接での基本でもあります。その基本の答え方ができていないということも選考を不利にしてしまう可能性もあります。なので、退職理由に関わらず、面接官からの質問には自信を持った答え方をするようにしましょう。

退職理由の答え方で注意すべきポイント8:具体的に話す

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
退職理由が人間関係が合わなかった、労働環境や条件などが合わなかったなどという人もいます。

このようなネガティブな退職理由の場合は、退職理由の正当性を説明するような答え方をしないと、面接官に我慢のできない人、自分で状況を変える努力をしない人など、勘違いをされてしまう可能性があります。

退職理由の正当性を説明するためには、その退職理由を具体的に話す必要があります。

退職理由の答え方で注意すべきポイント9:応募企業に合わせた退職理由を答える

退職理由はネガティブな内容になりやすいため、退職理由の説明からポジティブな志望動機への答え方に繋げることが理想的な流れとなります。志望動機は会社の事業内容や、自分がしたい仕事などの内容を含めるため、面接を受けている会社に合わせる必要があります。

また、うまくポジティブな志望動機への流れを作るための、退職理由の答え方もある程度は準備しておくようにしましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

面接官が納得する転職理由の答え方事例6つ

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
転職理由がステップアップや、やりたい仕事があるなどのポジティブな内容であれば、印象が悪くなることは少ないです。しかし、身勝手な理由や仕事への考えが甘いなどの理由であれば、面接官を納得させることができず、選考が不利になることがあります。

なので、もし転職理由がネガティブな内容であっても、ポジティブな答え方に置き換えて、面接官を納得させる答え方をする必要があります。

転職理由の答え方事例1:人間関係が理由の場合

人間関係が理由で転職を決断する人は少なくありません。しかし、人間関係で転職を決断したことをそのまま面接官に伝えてしまうと、ネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。

なので、「個人ではなく、チームで仕事をしたい」、「積極的にコミュニケーションが取れる環境で成長したい」など、前職の職場では人間関係を重視しにくい環境だったので、新しく人間関係が築ける環境を求めたなどの前向きな答え方をしましょう。

転職理由の答え方事例2:待遇が理由の場合

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
労働条件や環境への不満が転職の理由となることがあります。このような待遇が理由で転職を決断をする人の中には、正当な評価をされていない、給与が低いなどと感じたことが転職を決断する人は多いです。

しかし、これらを転職理由を面接官に伝える場合には、その理由の根拠を説明する必要があります。そのため、「本来の給与相場よりも極端に低かったので、正当に評価してもらえる環境を求めた」などのような答え方をしましょう。

転職理由の答え方事例3:病気が理由の場合

病気が理由で退職をすることは仕方のないことなので、病気で前職を退職したことは正直に伝えても印象が悪くなることはありません。逆に、病気を隠すために嘘をつき、その嘘がバレた際には印象を大きく落とすことになります。

また、仕事に復帰するための転職活動であれば、その仕事に病気が影響しないことや、影響がある場合には、どのようなことに注意すべきなのか、できること、できないことを中心に伝える答え方をしましょう。

転職理由の答え方事例4:残業が理由の場合

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
残業や勤務時間が転職理由という人もいます。しかし、このような場合は答え方に注意しないと、効率の悪い仕事の仕方をしているため、時間がかかっているなどと勘違いされてしまう可能性があります。

また、前職の悪口も印象を悪くしてしまう可能性があります。なので、「別にやりたい仕事ができた」、「新しい職場環境を求める」などの心機一転で仕事に対して前向きになっている印象を与える答え方を意識しましょう。

転職理由の答え方事例5:転居が理由の場合

結婚や家庭の事情などで引っ越しをしなければいけない状況になる人もいます。引っ越し先から職場に通えなくなってしまう場合には、退職をして、引っ越し先で転職をする必要があります。

このような場合には、退職した理由を正直に答えるようにしましょう。仕方のない理由であれば選考が不利になってしまうことはありません。

転職理由の答え方事例6:家族の介護が理由の場合

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
上記で述べたように家庭の事情が退職の理由となることがあります。家庭の事情の中には、家族の介護が理由ということもあります。このような場合も仕方のない理由なので、正直に理由を答えるようにしましょう。

状況が改善したことで転職活動をしている場合には、その状況がどの程度の改善がされ、仕事に取り組める環境になっていることを含めた答え方を意識しましょう。

退職理由は答え方に注意しよう

退職理由の答え方で注意すべきポイント9つ|面接官が納得する答え方事例
転職を決断する人は増えています。転職活動中の面接では、その転職を決断した理由を聞かれることが多いです。退職理由の答え方には注意をしないと選考が不利になってしまうことがあります。

しかし、正しい答え方をすることで、ネガティブな退職理由もポジティブな内容に変換することもできます。なので、うまく退職理由を面接官に伝えて、好印象を与えられるようにしましょう。

Related