Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ

もし、採用でミスマッチを起こしてしまうと、労働者と企業にとって、多くのデメリットが発生します。そのため、企業が採用活動を行う際には求める人材像と一致する人を探さなくてはいけません。その求める人材像と一致する人を見つけるためにはいくつかのコツがあります。

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ

採用を成功に導くには?

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
転職を決断する人は増えています。また、毎年就活シーズンになれば多くの新卒者が就職活動を行います。転職や就職で人を採用する際には企業側は慎重に採用活動を行う必要があります。

もし、採用でミスマッチを起こしてしまうと、労働者と企業にとって、多くのデメリットが発生します。なので、採用の失敗しないために、採用活動のコツがいくつかあるので、それらを事前に把握しておく必要があります。

採用までの流れ

採用までの流れは企業によって異なったり、どのような採用方法を行うかによってその流れが変わったりもします。しかし、定番の流れはあります。

まずは転職サイトや転職エージェント、学校やハローワークなどを通して、選考の申し込みをしてもらいます。その後、書類選考や筆記試験、数回の面接などを行います。会社が求める条件と一致する人がいれば、内定を出し、その後は入社の手続きを行います。

採用成功のコツは?

採用までの流れは企業によって異なります。そのため、採用までの流れによって採用のコツも変わります。ですが、採用までの流れには定番の流れもあります。

面接では、応募者のこれまでの経歴だけでなく、受け答えの仕方や仕事に対する姿勢なども重視して進める必要があります。単純に学歴や職歴、資格などの能力だけで判断してしまうと、社風者仕事内容が合わないなどのミスマッチを起こしてしまう可能性があります。

採用を成功に導く面接のコツ9個

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
学歴や職歴、資格などの能力面だけで判断をしてしまうと、ミスマッチを起こしてしまう可能性があります。

もし、能力が高くても、仕事内容や社風が合わなくてすぐに退社されてしまったり、真面目に仕事をしてくれないなどの状況になってしまうと、会社にとっては大きな損害となってしまうことがあります。

そのような採用の失敗をしないためにも、採用のコツを把握しておく必要があります。

採用を成功に導く面接のコツ1:応募者がリラックスできる環境を作る

採用を成功させるのコツとして、応募者のことをよく知ることは大切です。面接でのやりとりなどから、その人の性格などを把握することで、会社に適した人材かどうかを見極める必要があります。

しかし、面接などで応募者が緊張していたりすると、本来の自分を伝えることができないこともあります。なので、応募者の内面をできるだけ知るためにも、リラックスできる環境作りをしてあげることも採用を成功させるコツの1つとなります。

採用を成功に導く面接のコツ2:圧迫面接にならないようにする

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
応募者のことを知るために、リラックスできる環境を整えることは採用を成功させるためのコツの1つとなります。そのため、圧迫面接は逆効果となります。また、圧迫面接は会社の評判を落としてしまったり、トラブルになる可能性もあるので避けるべきです。

圧迫面接をする企業は減っていますが、面接の進め方には注意しないと、会社側は圧迫面接と思っていなくても、応募者側が圧迫面接と感じてしまうこともあります。

採用を成功に導く面接のコツ3:第一印象に気を付ける

面接では応募者だけでなく、面接官側も緊張しているということもあります。緊張している応募者が、空気の張り詰めた面接会場で緊張して表情が強張っている面接官を見ると、第一印象で怖い印象を与えてしまう可能性が高くなります。

第一印象が固まってしまうと、その印象を短時間で変えることは難しいため、応募者をリラックスさせることができなくなってしまうので、第一印象を良くすることも採用成功のコツです。

採用を成功に導く面接のコツ4:会社の顔であることを自覚する

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
先に述べた通り、圧迫面接などで応募者に悪い印象を与えてしまうと、その後に会社の評判が落ちてしまうことがあります。また、圧迫面接に限らず、面接や選考の進め方、接し方なども悪いと会社の評判が悪くなってしまう可能性があります。

応募者はまだ社員ではないため、お客さんと同じような立場であることと、その応募者と接する人は会社の顔として接していることを忘れないようにすることも採用成功のためのコツとなります。

採用を成功に導く面接のコツ5:応募者の話をしっかり聞く

選考に対応が忙しくなると、応募者への対応が事務的になったり、流れ作業的になったりしてしまうことがあります。

そのときの対応で応募者からの印象が悪くなってしまう可能性があります。会社の印象が悪くなると、応募者が減ってしまい、それだけ優秀な人材が集まる可能性を低くしてしまうことになります。

なので、どのような状況でも応募者の話しはしっかりと聞き、丁寧な対応をすることも採用成功のためのコツとなります。

採用を成功に導く面接のコツ6:積極的に会社の魅力を伝える努力をする

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
上記で述べた通り、できるだけ多くの人に選考を受けてもらうことで、優秀な人材を確保できる可能性を上げることができます。

できるだけ多くの人に選考を受けてもらうためには、転職希望者や、就職活動を行う学生たちなどから、魅力的な会社であるということを知ってもらう必要があります。

魅力的な会社ということを積極的にアピールして、多くの人から働きたいと思ってもらえるようにすることも採用成功のためのコツです。

採用を成功に導く面接のコツ7:面接官(企業)も選考されているという意識を持つ

面接官は会社の顔として応募者に対応しなければなりません。面接官は会社の顔のため、応募者の対応に不備があれば会社の評判を落としてしまうことがあります。

会社の評判が落ちることで、選考を受ける人が減ってしまったり、対応に不満を感じた応募者が選考を辞退してしまう可能性もあります。

なので、面接官も応募者から選考されているということでもあるので、常にその意識を持つことが採用成功へのコツとなります。

採用を成功に導く面接のコツ8:理由を具体的に聞く

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
選考では面接を1回ではなく、何度も行うことが多いです。1次面接などの選考の初期段階では、コミュニケーション能力や履歴書などから経験やスキルなどを確認したりなどします。

しかし、選考が進むにつれて、入社後のビジョンや、やりたい仕事など、できるだけ具体的な内容を確認しておく必要があります。できるだけ具体的な内容をやりとりすることで、ミスマッチを防ぐことが採用成功のコツです。

採用を成功に導く面接のコツ9:様々な角度から質問する

ミスマッチを防ぐためには、応募者に入社後のビジョンや、やりたい仕事などをできるだけ詳しく質問することがコツとなります。

他にも、仕事に求めることや、転職の理由、志望動機など、ミスマッチとなる可能性がないかいろいろな角度から質問をして確認をする必要があります。

効果的な採用活動のポイント3つ

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
求人をかけると非常に多くの応募が集まることもあります。しかし、その多くの応募者の中から、求める条件と一致する人材を見つけないといけません。そのため、採用活動は効率的に行わないと、時間も費用もかかってしまいます。

優秀な人材を効率良く探すことも、採用を成功させるためのコツです。また、優秀な人材を効率良く探すことにもいくつかのコツやポイントがあります。

効果的な採用活動のポイント1:「採用方針」を固める

就活シーズンがきたから、人材はすぐに確保できないため、常に募集をかけているという企業もあります。このような場合は、求める人材像が明確ではないため、どのような人を採用すれば良いも明確ではありません。

そのため、入社後にミスマッチに気がつくということがよくあります。なので、求人をかける際には、どのような人材が会社に必要かを明確にして、採用方針を固めておくことが重要となります。

効果的な採用活動のポイント2:欲しい人材に合わせた求人方法・求人媒体を選択

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
効率良く求める人材を集めるためには、その求める人材に合わせた求人方法や、求人媒体を選ぶことがコツとなります。

即戦力の人材が欲しい場合には、誰でも応募ができる転職サイトよりも、転職エージェントの利用が有効であったり、若い世代の新卒者の人材が欲しい場合には、転職サイトや、その運営会社が開く合同企業説明会などへの参加が有効であったりなど、状況に合わせた採用活動をすることも採用成功へのコツとなります。

効果的な採用活動のポイント3:募集条件のレベルを高く設定しすぎない

会社が採用活動を行う際には、できるだけ優秀な人材を求めます。しかし、あまりに優秀な人材を求めすぎるあまりに、募集条件に資格や実務経験など、必要以上にレベルを高く設定してしまうことがあります。

募集レベルを高く設定すると選考を受ける人が減ってしまうので、適度に間口を広げることも採用成功のコツとなります。また、このような場合は優秀な人材がきても、ハイクラス転職となるので別対応が必要となる場合もあります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

ハローワークで優秀な人材を採るコツ3つ

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
求人募集をかける際にはいろいろな媒体や求人方法があります。その中には、ハローワークを利用した採用活動もあります。

ハローワークを利用しての求人は基本的に無料であることが多いため、採用活動で利用する企業も多いです。しかし、先に述べた通り、求人方法や求人媒体は求める人材条件に合わせる必要があります。

なので、ハローワークで優秀な人材を採用するためにも、求める人材の条件を絞っておく必要があります。

ハローワークで優秀な人材を採るコツ1:「無料だから」という考え方を捨てる

ハローワークへの求人情報登録が無料で行うことができます。また、利用者も無料で利用できるため、両者が採用に関して少し気楽になってしまうことがあります。

しかし、先に述べた通り、どのような採用活動であっても、応募者がいて、その対応をする場合には担当者は会社の顔となります。そのため、企業側は無料で利用できるハローワークだからと、対応に気を抜いてはいけません。

ハローワークで優秀な人材を採るコツ2:「求職者目線」で考える

ハローワークを利用して転職活動を行う人の中には、ハローワークからの応募ということで、少し気楽に構えてしまっている人もいます。しかし、当然ながら真剣に転職活動に取り組んでいる人も多く、中には高い能力を持っている人もいます。

求職活動への姿勢や、持っている能力は人それぞれです。そのため、ハローワークから応募した人ではなく、応募してきた人それぞれに合わせで目線を変えて、選考を行う必要があります。

ハローワークで優秀な人材を採るコツ3:ターゲットを絞る

先に述べた通り、採用を効率良く行い、優秀な人材を獲得するためには、求める人材像を明確にしておくことがコツとなります。これはハローワークを利用しての採用活動でも同様です。

どのような人材が必要であるかを明確にして、審査基準の内容に含めておき、、ターゲットを絞ることが効率良く採用活動を進めるコツでもあります。

採用成功に導くコツを参考にしてみよう!

採用を成功に導く面接のコツ9個とは?|効果的な採用活動のポイント3つ
転職を決断する人は増えています。また、就活シーズンになると毎年多くの学生が就職活動を始めます。企業が採用活動を行う際には、その多くの人材の中から、求める人材像と一致する人を探さなくてはいけません。

もし、うまく求める人材を見つけることができない場合には、ミスマッチを起こしてしまう可能性があります。そのため、企業は採用活動のコツを事前に把握しておくようにしましょう。

Related