Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月22日

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?

ほとんどの転職の面接で、退職理由は尋ねられます。しかし、どのように退職理由を話したらよいのかを悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では納得される退職理由の答え方を紹介します。自信をもって転職の面接にのぞみたい方は、ぜひ読んでみてください。

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?

退職理由とは

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
退職理由はかなりの確率で面接で聞かれます。退職理由とは、なぜ現職(前職)を辞めたのかを説明することです。転職の面接では志望動機に加えて、退職理由を聞かれると想定した方が良いでしょう。

面接官はその理由を聞くことで、仕事への姿勢や人柄、考え方なども感じ取ることでしょう。退職理由を聞く重要性について説明します。

退職理由を聞かれる理由

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
退職理由を聞くことで仕事への姿勢や決意を把握できます。退職をするということは、それ相応の決意があるはずです。どうしてそのようになったのか説明を聞くことで、仕事に対する考え方や人柄がくみ取れます。また、転職後の仕事の姿勢も想像することができます。

さらに退職理由の答え方によっては、同じ理由で退職することはないかを見られています。退職されることは企業にとっても損失なので、繰り返すことがないかを検討します。

退職理由の重要性

転職採用は新卒採用と違い、退職理由を聞くことによって志望理由を把握するのでとても重要です。

新卒採用ではもちろん現職(前職)がないため、意欲や考え方を聞かれます。しかし、転職採用では必ず退職理由があるため面接で聞かれることが多いです。現職(前職)でどのように活躍していたのか、入社しても活躍する姿が想像できるかを判断しています。

決意や覚悟を見るために聞きますので、退職理由は重要なポイントです。

採用担当者はどこを見る?

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
採用担当者は会社に入った後、活躍ができる人材なのかを見ています。

採用担当者は退職理由を聞いて、過去の話を聞きたいのではありません。現職(前職)で何を身につけてきたのか、それをどう転職先でどう活かすのかを見ています。そのために退職理由の話し方のポイントをつかむことも大切ですし、内容だけでなく話し方にも留意しましょう。

納得される退職理由の答え方のポイント6つ

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
ポイントをつかんで、納得される退職理由を考えましょう。退職理由があいまいであったり、マイナスな理由であると面接官は納得ができず、悪い印象しか与えないでしょう。

都合の良い言葉ばかり並べたり、本音ではなく建前だけで理由を考えたりするのではなく、ポイントをつかんで自分も納得できる理由を答えましょう。答え方のポイントを6つ紹介します。

退職理由の答え方のポイント1:どうして転職したいのかを洗い直して言語化

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
転職後の働いている自分を想像して、ポジティブな言葉を書きだしましょう。転職したい理由を、前向きな言葉で書きだしましょう。その際には、働いている自分を想像することでどうして転職したいのかを具体的に考えた答え方ができます。

具体的に書くことがポイントですが、まずは箇条書きで良いのでキーワードを書きましょう。キーワードを考えることで転職理由を洗い直して言語化することができます。

退職理由の答え方のポイント2:転職理由をポジティブな内容に変換する

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
ネガティブな理由も言葉の選び方次第でポジティブな内容になります。退職理由にはネガティブな内容があることでしょう。しかし、それをそのまま話してしまっては、ネガティブな性格で転職後も不平不満を持っていくのではと受け取られます。

ネガティブな言葉も、言い方や見方を変えるとポジティブなポイントになります。言葉選びに気をつけた答え方にしましょう。

退職理由の答え方のポイント3:転職後に「どのようになりたいか」を考える

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
転職後のことを考えることで、現状の自分を把握できます。「どのようになりたいか」を考えることで、いま何を望んでいるのかを把握することができます。そして、退職理由のなかに未来志向の言葉を使った答え方ができます。

ポイントとしては、大きな目標ではなく具体的で現実的な目標を考えることです。もしその目標が今の現状の自分で達成することができないのならば、転職後のことを見据えた退職理由を答えることができます。

退職理由の答え方のポイント4:退職理由と志望理由をつなげる

退職理由は立派な志望理由につなげましょう

退職したい(した)から転職をするのではなく、転職することに志望理由があって退職したという前向きな視点にもっていくのがポイントです。退職理由だけ語る答え方では、現職(前職)への不平不満になってしまします。

例えば「仕事が合わなかった」のではなく「御社では自分の企画力ををさらに活かせると考えた」など、答え方は転職先の志望理由とつながるように退職理由を答えましょう。

退職理由の答え方のポイント5:「入社したい」という意欲につなげる

退職理由が仕事の内容や部署の異動だった場合は入社の意欲を伝えやすいです。

仕事の内容が退職理由だった場合は、転職後にその会社で実現できることをポイントとして意欲をアピールできます。「御社ではこのような仕事内容ができ、自分の技術がいかせると思った」などと、転職先の仕事先ではどうしたいのかを退職理由と比較して伝えることができます。

退職理由の答え方のポイント6:自信をもってハキハキと丁寧に話す

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
自信があるように、退職理由に対して前向きな印象をもってもらいましょう。

ポイントをつかんで、退職理由を考えたとしても、話し方に自信がないと内容にも自信がないように思われます。ポジティブな内容もネガティブに聞こえてしまうでしょう。不信感が出ないよう、丁寧にハキハキと答えましょう。

答え方のポイントは、背筋を伸ばして腹式呼吸で声を出すことです。鏡で自分の姿を映したり、録音をしたりして練習しましょう。

【パターン別】受けの良い退職理由の答え方例4選

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
どのような理由であっても、答え方によって受けの良し悪しが変わります。

退職理由にはそれぞれの理由があります。しかし、ネガティブな答え方をするかポジティブな答え方をするかによって受けが良いか悪いかが変わります。そこで、パターン別に受けの良い答え方のポイントを紹介します。

【パターン別】受けの良い退職理由の答え方例1:給与面に不満があった場合

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
不満を伝えるのではなく、見合わなかったことを強調しましょう。給与が低かったことに不満を持っている場合は、そのまま伝えるとただ報酬を求めるだけの人と思われてしまいます。

話し方のポイントは、自分が出した実績を具体的に話し、その評価が見合わなかったことを語りましょう。マイナスな印象にはならないです。転職先の評価体系を把握しておきましょう。

【パターン別】受けの良い退職理由の答え方例2:人間関係が理由だった場合

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
人間関係が悪かった場合は、「個人主義だった」や「個人プレー重視だった」などと言い換えましょう。

人間関係が退職理由の場合は、パワハラや同僚とのトラブル、上手く関係が築けなかったなどがあります。しかし、その言葉をそのまま使った話し方では自分のコミュニケーション不足を心配されてしまい、さらに転職後も変わらないのではと思われてしまいます。

ポイントは「個々の業績を重視していた」などと言葉を選ぶことです。

【パターン別】受けの良い退職理由の答え方例3:残業が多いなどの勤務待遇が理由の場合

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
勤務待遇が良くなることで、何ができるのかを伝えましょう。

残業が多い、休日出勤が多いなどは法律上でも制限されているために、退職理由としては伝えやすいです。しかし、ポイントを間違えると今の勤務待遇から逃げたいのかと思われてしまいます。転職をして勤務待遇が良くなればその時間を使って自分に何ができるでしょう。

例えば、資格を取るのか自分の技術を磨くのか会社のためになる時間に充てた答え方が良いでしょう。

【パターン別】受けの良い退職理由の答え方例4:短期間で前職を退いた場合

短期間の間でも得たことを語りながら、退職理由を答えましょう。現職(前職)を短期間で退いた場合は、面接官はその理由が気になるところです。

退職理由を言うときには、そのなかで自分が行った事や身につけた事、考えた事を情熱をもって話す事によって辞めてしまわれるのではないかという不安が減ります。そして、意欲的に動いているというポジティブな印象をもってもらえます。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて友好活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

NGな退職理由の答え方4つ

納得される退職理由の答え方ポイント6つ|NGな退職理由の答え方とは?
面接官の視点に立って、NGなポイントを把握しておきましょう。

退職理由として話しがちなNGポイントを4つ紹介します。なぜNGなのか、今まで使いそうだったと思う場合は、一度面接官の視点に立ってこの答え方でどのように感じるかを想像しましょう。これらのポイントを把握しておくだけで、面接の印象がより良くなります。

NGな退職理由の答え方1:ネガティブな視点で語る

ネガティブな言葉は相手にマイナスなイメージを与えます。

ネガティブな視点で語ると、自然とネガティブな言葉を発することになります。また、表情も暗くなりがちです。相手はその全てをあなたのイメージとして捉えるので、マイナスなイメージを持たれてしまいます。

退職理由がネガティブなものだったとしても、視点を変えてポジティブな言葉を選びましょう。転職後はどうしたいかを考えるとポジティブな答え方になりやすいです。

NGな退職理由の答え方2:キャリアチェンジという言葉を使う

前キャリアに情熱がなかったように捉えられてしまします。

キャリアチェンジとは、未経験の職種や業種に転職することです。退職理由としてキャリアチェンジを使うと、現職(前職)で従事する中で他のキャリアに希望が出てきて、その時に携わっていた仕事に対していやいや取り組んでいたように思われます。

転職理由の答え方としてはキャリアチェンジという言葉が使われますが、退職理由の答え方には適さないでしょう。

NGな退職理由の答え方3:スキルアップ・ステップアップという言葉を使う

スキルアップ・ステップアップできないことを環境のせいにしていると思われます。

現職(前職)でスキルアップ・ステップアップすることができないのは、自分で努力ができないと思われてしまいます。また、退職理由の答え方として「スキル」という言葉を使うことによって、今の時点でスキルが無いのではと思われてしまいます。

自分に身についたスキルを探し、それを活かすための退職であることと考えましょう。

NGな退職理由の答え方4:退職理由だけで終わってしまう

退職理由から転職理由や自己アピールに繋げましょう。

退職理由だけでは、過去の事実や経験のみを語ることになってしまいます。退職理由を踏まえたうえで、今後どうするのか、どのようなスキルが身についていてどう活かしたいのかを語る答え方にしましょう。

未来への考え方を伝えることで、退職理由にも納得がいくことでしょう。そしてポジティブな印象になります。焦点を上手に移して、自己アピールをするのがポイントです。

納得される退職理由の答え方を参考にしよう!

答え方のポイントを参考にして自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

今回は納得される退職理由の答え方、受けの良い退職理由の答え方のポイントを紹介しました。退職理由の話し方には、言葉の選び方によって同じ内容でも面接官に伝わる印象が全く変わることがわかった方が多いことでしょう。

どのような退職理由であっても、面接官に納得される答え方をすることができます。ポイントをつかんで、退職理由を話すと同時に情熱や前向きな姿勢を示しましょう。

Related